「SUUMO」「LIFULL HOMES」「LIMIA」…物件情報アプリのユーザー属性別ポジショニングマップ2019

「SUUMO」「LIFULL HOMES」「LIMIA」…物件情報アプリのユーザー属性別ポジショニングマップ2019

情報メディアは「LIMIA」、不動産・住宅は「SUUMO」が1位


分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「住まい&インテリア」カテゴリのアプリの月間ランキング、属性などを調査しました。
※集計期間:2019年1月
※アプリ名、カテゴリはGooglePlayのアプリカテゴリに準拠。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※グラフ上のアプリ名は以下の通りに省略。

「住まい&インテリア」アプリ、ユーザー数1位は「LIMIA」

進学や就職、異動や転勤などに伴う4月からの新生活に向けて、新しい住まい探しをする人が多くなる1月から3月。その中でも1月は入居募集が年間で最も多い月と言われており、物件情報を探す人も集中します。では、消費者はどのアプリを利用して情報収集を行うのでしょうか? 

Google Playカテゴリ「住まい&インテリア」の2019年1月度における人気アプリの利用実態や利用者属性を、「VALUES eMark+」を用いて分析しました。

まず、2019年1月のユーザー数TOP10のランキングを作成しました【図1】。1位は住まい・暮らしの情報メディア「LIMIA」で、利用者数は月間約270万人。2位と2.6倍以上の差をつけてトップとなっていました。昨年と比較しても利用者数が1.3倍以上に増加しており、着実にユーザーを獲得しています。

2位以降は「SUUMO(スーモ)」などの物件探しアプリが多くランクインしており、TOP10のうち6件が不動産・住宅系のアプリとなっていました。また、昨年と比較して利用者数が顕著に増えているのが、部屋のインテリア実例共有サイト「RoomClip」と、有名不動産サイトをまとめて検索できる「賃貸物件検索」。直近1年間の利用ユーザー数推移【図2】を見ても、「RoomClip」と「賃貸物件検索」の訪問者数は順調に伸びていることがわかります。

「SUUMO」は王道、「goodroom」は女性特化。物件情報アプリのポジショニングマップ

これら「住まい&インテリア」アプリのサービスごとの特徴を調べるため、利用者を性年代別にマッピングしてみます【図3】。すると、利用者属性の違いから、各サービスのポジショニングが見えてきました。

まずは「物件探し」アプリを比較してみます。【図3】では右にプロットされたアプリほど利用者の女性比率が高くなりますが、物件探しアプリの中で最も女性比率が高かったのが「goodroom」でした。「goodroom」はデザイナーズやリノベーションなどのおしゃれな物件探しに特化したアプリで、部屋にこだわりのある若年層女性が利用していることがわかります。

そのほか、物件探しアプリの大手「SUUMO」と「LIFULL HOMES」は左右の中央付近にプロットされ、男女割合はほぼ同数。男性割合が高い物件探しアプリは「アットホーム(at home)」と「Yahoo!不動産」であることがわかりました。

インテリア系アプリ「LIMIA」「RoomClip」は30~40代女性がボリュームゾーン

次に、インテリア系アプリのポジショニングを見てみましょう。【図3】の青色の点線で囲まれている「LIMIA」と「RoomClip」はDIY・インテリアのアイデアを発見できるメディア。これらは女性ユーザー割合が多く、かつ年齢層も比較的高い位置にあります。年齢層が上がるにつれて、物件探しというよりは現在の住まいのリノベーション・整理整頓に目的が変化していく傾向があるのではないでしょうか。

それ以外のアプリでは、独自のポジションを確立していたのが家電の取扱説明書を無料で閲覧できる「トリセツ」。平均年齢が54歳と他アプリに比べて中高年の男性利用者割合が高くなっています。また、外出先から家電の操作ができるスマートリモコンのアプリ「Nature Remo」も男性割合が非常に高いことが分かりました。

このようにデモグラフィックデータを使って各サービスをマッピングしてみると、それぞれのターゲットユーザーや戦略の違いが見えてきます。さらに詳しくアプリ内のコンテンツやデザインといった定性情報を見ていけば、ユーザーが何を価値として利用しているかを考えるきっかけになるでしょう。

最先端のマーケティング調査結果をお試し価格で! 調査レポート・データ提供について

本リリースで用いたデータをはじめ、ネット行動ログ分析サービス【eMark+】や、中国本土でのインターネットリサーチによる定期アンケートを活用した調査レポート・データを販売しています。

データご希望のお問合せはこちら

訪問者数からアプリランキングまで、スマートフォンのデータがわかる! 【eMark+】Site Analyzerについて

アプリを毎月利用ユーザー数順にランキング。インストールユーザー数もわかるのでアクティブ率も把握できます。また、性別・年代・職業など、どんなユーザー層がそのサイトやアプリを利用しているのかがわかります。

「【eMark+】site Analytics」の資料請求・お申込みはこちら

【登録無料】色々なサイトのユーザーがわかる! 【eMark+】Freeについて

本リリースで用いたデータは、当社サービス【eMark+】を使用して集計・分析を行いました。本サービスには<無料トライアル版>である「【eMark+】Free」もございます。 「【eMark+】Free」では、業界別にサイトの訪問者数ランキングや、見たいサイトを指定して、過去からの訪問者数の推移、ユーザー属性(性別、年代など)を確認できます。ご登録・ご利用は無料です。

「【eMark+】Free」のお申込みはこちら

株式会社ヴァリューズについて

株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。モニター会員の協力により、行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用した次世代マーケティング手法「VALUES eMark+」(ヴァリューズ イーマークプラス)サービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。

資料請求・お問い合わせ

詳しい調査レポートをご要望の場合や、分析のご相談、ご質問などはこちらからお問い合わせください。

資料請求・お問合わせ

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 不動産

関連する投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年4月~2019年5月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年4月~2019年5月)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/9~2019/6/15)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/9~2019/6/15)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。


最新の投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

世界では既に浸透しており、最近では徐々に日本でも取り入れられつつある営業手法が「インサイドセールス」です。インサイドセールスは電話やEメールを介して行う営業活動なので、「テレアポと同じなのではないか?」と考えられがちですが、テレアポとインサイドセールスは目的や成果が異なります。どういった点がテレアポとは違うのか詳しく見ていきましょう。


インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスが海外では広がりを見せ、日本国内の企業でも新しい営業手法として今後どんどん取り入れられていくことが予想されています。 インサイドセールスを導入した際には、どのようなKPI設計が必要なのでしょうか? 目標設計の設定こそがインサイドセールスを構築するにあたって重要なポイントとなります。 インサイドセールスの目標設計方法について解説していきます。


インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

ここ数年で、インサイドセールスという新しい営業手法が注目されています。 インサイドセールスによってコストカットや営業の働き方改革など多数のメリットがあるため、日本の企業でも徐々に取り入れられてきているのです。しかし、いざインサイドセールスを導入したいと思っても、どこから始めるべきか分からないものです。そこで、インサイドセールスを始めるために便利なツールを紹介していきます。


最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


市場調査 アプリ アンケート 行動ログ 外食 SEO SNS EdTech

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら