オウンドメディアの購買貢献度分析

オウンドメディアの購買貢献度分析

ネット行動とユーザー意識から探る Vol.1


株式会社ヴァリューズでは、インターネット行動ログとアンケート調査結果から、ブランド好意度・商品購入意向とメーカーサイトの相関を分析しました。
オウンドメディア戦略において、実際の購買行動がオフラインでも行われる場合、自社の企業サイトが実購買に対しどの程度の貢献をあげているかを把握する事が重要です。
アンケートによる意識調査と実際のネット行動をクラスタ分析し、定量的に評価しました。

分析概要

株式会社ヴァリューズが保持するインターネット行動モニタより、PC・デジタルカメラ購入意向者を抽出。アンケートにて好意度や購入意向を聴取、合わせてネット回遊状況を行動データベースより抽出し、分析を行いました。

考察サマリ

(1)カメラ購入検討者は流通サイト、PC購入検討者ではメーカーサイト接触が最も多い。(図表1、図表2)

(2)カメラ・PC購入検討者におけるメーカーサイト接触経験率は1割程度。PC購入検討者に関しては、クチコミサイトや流通サイトのそれよりも接触量が多くなっている。(図表2)

(3)メーカーサイトへの接触頻度が高いほど、そのメーカーへの好感度は高くなる。
その傾向は、カメラ業界でもPC業界においても変わらない。

(4)メーカーサイトへの接触頻度が高いほど、純粋想起率も高くなる傾向がPC業界でみられる。

(5)アクティブかつスペック重視クラスタ(cls3)は、業界問わずメーカーサイト接触の「量」だけでなく「質(PVや時間)」の面でも他クラスタを上回る。

カメラメーカーサイト接触状況
  全体 cls1 cls2 cls3 cls4 cls5
1人あたり平均訪問回数(回数) 4.78 5.07 2.99 5.22 5.11 5.36
1訪問あたり平均PV数(PV数) 23.60 23.93 13.44 30.92 19.33 24.08
1訪問あたり平均滞在時間数(秒) 202.92 185.02 213.02 249.20 161.96 160.75
 
PCメーカーサイト接触状況
  全体 cls1 cls2 cls3 cls4 cls5
1人あたり平均訪問回数(回数) 6.36 5.81 7.60 7.31 4.29 5.88
1訪問あたり平均PV数(PV数) 3.61 3.75 3.14 3.90 3.38 3.59
1訪問あたり平均滞在時間数(秒) 157.77 167.30 128.40 167.86 163.03 153.13

調査概要

有効回答数 ・カメラ購入意向者 1,335名(男性:52.7%、女性:47.3%)
・PC購入意向者 2,164名(男性:61.3%、女性:38.7%)
アンケート調査期間 2012年6月8日~13日
行動ログ集計対象期間 2012年5月(1ヶ月間)


活用方法

その他、インターネット行動ログとアンケート調査を組み合わせることで、以下のような分析が可能です。

・サイト接触状況別にみた、デモグラ特性や意識
・コンタクトポイントと、ログ接触の関係性
・サイト接触/非接触における、GAP分析(“歩留り”の把握)
・サイト接触が影響する、ブランドイメージ醸成
・サイコグラフィック:セグメントによる、ログデータ分析
 …etc.

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ロックダウン前後の中国人の行動・消費意識変化を調査 ~ 休日の過ごし方は“ネットショッピング”が継続1位

ロックダウン前後の中国人の行動・消費意識変化を調査 ~ 休日の過ごし方は“ネットショッピング”が継続1位

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国の20~40代の男女1,071人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大およびロックダウンによって中国人の消費意識がどのように変化したのかアンケート調査を実施しました。


三越伊勢丹やメルカリからオウンドメディアの集客方法を学ぶ。ステイホーム需要をすくい取ったヒットコンテンツとは

三越伊勢丹やメルカリからオウンドメディアの集客方法を学ぶ。ステイホーム需要をすくい取ったヒットコンテンツとは

本稿では、新型コロナに大きく影響されたこの期間に、訪問者数が伸びたオウンドメディアを調査。動きが顕著だった4メディア「FOODIE(三越伊勢丹)」「メルカリマガジン(メルカリ)」「Hayakawa Books & Magazines(β)(早川書房) 」「SMART MAGAZINE(ジェイトリップ)」のヒットの背景を分析します。


「楽器に関心のある人ってどんな人?~性別、楽器『ギター』『ピアノ』『ベース』ごとに行動データ×意識調査から人物特徴をあぶり出す」レポート

「楽器に関心のある人ってどんな人?~性別、楽器『ギター』『ピアノ』『ベース』ごとに行動データ×意識調査から人物特徴をあぶり出す」レポート

新型コロナウイルスの蔓延によりライブやコンサートの中止が相次ぎ、大きな打撃を受けた音楽業界。一方、おうち時間の増加により、自宅で音楽を聴いたり演奏したりと音楽に触れる時間が増えた人も多いのではないでしょうか。今回は「楽器」という切り口から、個々の楽器に興味を持つ人の特徴について調査しました。(ページ数|11p)


オウンドメディア担当者がGAとeMark+を使って3C分析を行い、コンテンツの改善策を考えてみた

オウンドメディア担当者がGAとeMark+を使って3C分析を行い、コンテンツの改善策を考えてみた

ヴァリューズのオウンドメディア・マナミナでGoogleアナリティクスとeMark+による3C分析を行い、改善策を考えてみた話です。データ分析はヴァリューズのデータアナリスト・今井さんに協力してもらいました。マナミナの課題は回遊率のアップ…。データ分析による考察→仮説立案のプロセスを公開します。


「損保関心層・検討層のWeb行動~コロナ影響はあったのか」レポート

「損保関心層・検討層のWeb行動~コロナ影響はあったのか」レポート

日本で初めての緊急事態宣言が発出された4月以降、対面販売の自粛や営業時間の短縮等により、販売業は大きな打撃を受けました。そんな中、ダイレクト型損害保険のサイトユーザー数は、昨年よりも増加傾向にあったようです。コロナ禍において、損保関心者や検討者はどのような行動をとっているのか、考察します。(ページ数|14p)


最新の投稿


「カスタマージャーニーマップ」を作るワークショップを通じて、顧客理解を深めよう

「カスタマージャーニーマップ」を作るワークショップを通じて、顧客理解を深めよう

顧客の購買プロセスを旅にたとえて図式化するカスタマージャーニーマップは、チームメンバーや関係部署間でのカスタマーエクスペリエンスの共通理解を促進できるメリットがあります。このメリットを活かすのにおすすめなのが、カスタマージャーニーマップのワークショップによる作成です。ワークショップ開催にあたってどのようなメンバーを集めるのが最適か、また、ワークショップの円滑化のための施策を紹介します。


待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

2020年6月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。6月のトレンドを調査しました。


急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

2020年7月26日~8月1日週の検索急上昇ワードでは、8月1日に気象庁から発表された東海と関東甲信の「梅雨明け」に注目が集まったようです。梅雨明けの発表は、いずれの地域も去年より8日遅く、待ち遠しく感じていた人も多いのではないでしょうか。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「タッチポイント」を明確にしてカスタマージャーニーマップの精度を上げる方法

「タッチポイント」を明確にしてカスタマージャーニーマップの精度を上げる方法

顧客の購買行動を「旅」にたとえるカスタマージャーニーと、それを図式化したカスタマージャーニーマップ。カスタマージャーニーでは「認知・注意」「興味・関心」などの購買ステージごとに顧客とのタッチポイント(顧客接点)と、その際の顧客の行動や感情・思考を洗い出し、そのタッチポイントにおける課題と改善施策を検討します。


マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

2020年9月から「マイナポイント」が開始されます。この申し込みが7月1日始まったことで、マイナポイントの仕組みや予約・申し込みなどの情報、キャッシュレス決済業者各社への注目が高まり始めています。今回はマイナポイントを取り巻くユーザー動向を、検索キーワードやアプリダウンロードの調査データを使って分析します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら