ブックマーク(お気に入り)流入が多いサイトランキング

ブックマーク(お気に入り)流入が多いサイトランキング

- [VALUES eMark+]で見る! WEBサイトのブックマーク利用実態調査 -


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、サイトのブックマーク(お気に入り)の利用実態について調査・分析しました。

分析概要

ヴァリューズが保有する全国のモニター会員に対し、2014年12月2日~8日に、ブックマーク(お気に入り)利用調査を実施(20代以上の男女/回答者:15,005人)。加えて、2014年9月~11月のネット行動ログデータを解析し、ブラウザのブックマーク(お気に入り)機能を利用したアクセスを集計。ブックマーク経由の流入が多いサイトをランキングして分析しました。
分析ツールは、インターネット行動ログ分析サービス「VALUES eMark+」を用いています。
※ネット行動データはPC上のログが分析対象。サイトカテゴリはヴァリューズが独自に定義。

考察サマリ

サイトにアクセスする際に、ブックマークを「ほぼ毎日」利用するユーザーは約6割

アンケート調査にて、サイトにアクセスする際のブックマーク利用頻度をたずねたところ、「ほぼ毎日」と回答したユーザーが62.3%にのぼりました。アンケートによると、約8割以上のユーザーが週に1回以上、ブラウザのブックマークを使ってサイトにアクセスしているようです。【図1】

また、閲覧しているサイトをブックマークに登録する理由をたずねると、「次回から簡単にアクセスしたい」が87.5%と最も多く、次いで「頻繁に利用するサイトだから」(39.4%)、「検索してアクセスするのが面倒」(30.1%)と続きました。【図2】

リピート利用したいサイトへすぐアクセスできるように、ブックマークに登録しておく傾向が強いようです。

「FC2」や「Ameba」などのブログや、銀行など金融機関サイトは、ブックマーク流入が多い

続いて、2014年9月~11月のヴァリューズ保有モニタ会員のネット行動ログを解析し、ブックマークからの流入ユーザー数が多いサイトをランキングしました。【図3】

同期間のサイト訪問者全体のランキングと比較してみましょう。まずサイト訪問者全体のランキングでは、「Yahoo!」や「Google」、「Amazon.co.jp」や「楽天市場」が上位にきています。一方、ブックマーク経由の流入数ランキングでは、「FC2 ブログ」「アメーバブログ」「livedoor ブログ」などのブログサービス、「YouTube」、「Facebook」などが上位にランクインしています。お気に入りのブログを頻繁にチェックしているのでしょうか。また、「みずほ銀行」、「三菱東京UFJ銀行」といった金融機関のWEBサイトがランクインしているのも特徴的です。

「weathernews」等の天気情報や、生協の宅配など日常的に利用するサイトは、ブックマーク経由の流入がサイト訪問者の半数を超える。証券会社・銀行サイトもブックマークの流入割合が高い。

さらに、各サイト訪問者のうち、ブックマークから流入するユーザーの割合が高いサイトをランキングしました(集計期間は2014年9月~11月)。【図4】

上位20サイトのうち、銀行や証券会社など金融機関のサイトが約半数を占めています。インターネットバンキングなどで利用頻度が高いことや、詐欺メールからフィッシングサイトへ誘導する金融犯罪も増えているため、ブックマークから確実にアクセスしたいユーザーが多いことが仮説として挙げられます。

また、天気予報の「weathernews」、食材宅配の「CO-OP eフレンズ」など日常的に利用するサイトが上位に入り、ブックマーク経由の流入割合は5割を超えています。「日本中央競馬会 (JRA)」などファンが毎週定期的にアクセスするようなサイトも、ブックマークの経由の流入割合が高いようです。

なお、上位20サイトでキーワード検索から流入するユーザーの割合も集計したところ、殆どのサイトでブックマーク経由での流入が検索経由を上回っていることがわかりました。

検索やSNS経由でのトラフィックが増えている中で、今なお存在感の高いブックマーク流入。特にCRM観点でリピート顧客を重視しているサイトにとっては、ブックマーク率も注目すべきKPIといえるのではないでしょうか。

【図1】ブックマークからのアクセス利用頻度

【図2】ブックマークに登録する理由

【図3】サイトランキング

【図4】ブックマークから流入するユーザーの割合が高いサイトランキング

● 本リリースでご紹介したブックマーク流入ランキングについて、20位以下のランキングやブックマーク流入が増えているサイトなど詳細データをご希望の場合は、こちらまでお問い合わせください

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 ランキング

関連する投稿


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はメルカリ【2020年12月~2021年1月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はメルカリ【2020年12月~2021年1月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2021年1月のアプリインストール数1位は「メルカリ」でした。本記事では最新のアプリインストール数ランキングTop5を掲載。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


コロナ前後で変化したシニア市場を理解する|ヴァリューズ×リクシス共催セミナーレポート

コロナ前後で変化したシニア市場を理解する|ヴァリューズ×リクシス共催セミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に3568万人と、シニアマーケットはその存在感を大きく増しています。しかしながら、実際のシニアがどのような生活を送っているのか、コロナ禍でどのような生活の変化があったのかといった実態を的確に知ることはなかなかできません。そこで消費者のインターネット行動データ分析に強みをもつヴァリューズと、シニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスで協力し、ウェブ行動ログ分析と定性調査の手法を駆使して調査。コロナ前後のシニアの生活実態に着目した調査結果をオンラインセミナーにて紹介・解説しました。


2020年観光関連サイト閲覧者数ランキング ー 都道府県別の公式観光サイトでは大阪、三重、沖縄がトップ3に

2020年観光関連サイト閲覧者数ランキング ー 都道府県別の公式観光サイトでは大阪、三重、沖縄がトップ3に

公益社団法人日本観光振興協会(本部:東京都港区、会長:山西 健一郎)は、ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)と協同で、2020年の観光関連Webサイトの年間閲覧者数を調査しました。


家具・家電など耐久消費財のWeb広告出稿量は伸びているのか?コロナ禍におけるEC化の影響を見る

家具・家電など耐久消費財のWeb広告出稿量は伸びているのか?コロナ禍におけるEC化の影響を見る

Web広告の出稿量は年々増加しており、マス広告主体であったビジネスの集客構造は大きな転換期を迎えようとしています。特に、2020年はコロナ禍の影響を受け、実店舗とECの販売割合を戦略的に見直す企業も増えています。今回は、「耐久消費財」の3ジャンルに絞り、Web広告の出稿量が伸びているのかどうかを探っていきます。


スマホアプリの最新インストール数ランキング、1位はCoke ONに【2020年11月~12月】

スマホアプリの最新インストール数ランキング、1位はCoke ONに【2020年11月~12月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年12月のアプリインストール数1位は、自販機とスマホを接続してスタンプを貯められる、コカコーラの公式ポイントカードアプリ「Coke ON(コークオン) 」でした。


最新の投稿


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はメルカリ【2020年12月~2021年1月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はメルカリ【2020年12月~2021年1月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2021年1月のアプリインストール数1位は「メルカリ」でした。本記事では最新のアプリインストール数ランキングTop5を掲載。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


「人口が多いから売れるだろう」で中国越境ECを捉えてはいけない理由をBaidu Japanの國井氏に聞く

「人口が多いから売れるだろう」で中国越境ECを捉えてはいけない理由をBaidu Japanの國井氏に聞く

新型コロナの影響でインバウンド観光客が停止した今、「第3次越境ECブーム」とも言われ中国越境ECに取り組む日本企業が増えています。しかし、「中国現地のメーカーも商品のクオリティを上げたいま、生半可な気持ちで勝つことは難しい」とBaidu Japanの國井雅史さんは語ります。その理由はなぜでしょうか。同社と共に中国向けマーケティングのプロジェクトを行ってきたヴァリューズの中国人リサーチャー、姜茹楠が國井さんに取材しました。


国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

Tableauを学ぶシリーズの番外編となる本稿では、国や自治体が公開しているサイトからTableauの活用事例を学びます!国・自治体が提供している、市場調査やマーケティングにも使えるオープンデータをまとめました。Tableau活用事例の参考にもなるでしょう。


【3/8(月)】製薬業界向け|WEB行動ログデータから読み解く患者の情報収集の実態|オンラインセミナー

【3/8(月)】製薬業界向け|WEB行動ログデータから読み解く患者の情報収集の実態|オンラインセミナー

コロナ禍によりWEBの利用時間が伸びている今、消費行動・情報収集行動もWEBで行われることが活発になり、ターゲットにオンライン上でアプローチする必要性が高まっています。しかし一方で、よく聞く課題として「病気に悩む人がオンライン上でどういった情報収集行動を起こしているのか不明瞭で、どうアプローチしていいか分からない」といった声を多くお聞きします。 本セミナーではWEB行動ログデータを活用して、オンライン上で患者は実際どのように情報収集しているのか、実際のデータをご覧いただきながらご紹介します。


【2021年上半期】売上をアップさせるのに重要な3つのSEOトレンド

【2021年上半期】売上をアップさせるのに重要な3つのSEOトレンド

2021年上半期にWebサイト担当者が抑えておくべきポイントとは? 2020年12月のコアアルゴリズムアップデート、UXの重要指標である「core web vitals(コアウェブバイタル)」、「Google Analytics4(GA4)」の3つの最新トレンドを踏まえ、SEO担当者がやるべきこと/意識すべき点について、ヴァリューズの岩間が初心者にも分かりやすく解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング