「ポケモンGO」配信1ヵ月で国内インストール数は約1,740万人!

「ポケモンGO」配信1ヵ月で国内インストール数は約1,740万人!

― スマホゲーム初心者の取り込みに成功。マクドナルドのアプリへの波及効果も ―


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「ポケモンGO」アプリの利用動向について、調査を行いました。

分析概要

ヴァリューズが保有する全国の行動ログモニター会員の協力により、2016年7月22日から8月31日において、スマートフォンアプリ別にデータを集計した。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※カテゴリはGoogle Playのアプリカテゴリより取得

考察サマリ

「ポケモンGO」国内インストールユーザー数は配信1か月で約1,740万人。Instagramを超える。

2016年7月22日(金)、待望の「ポケモンGO」が配信されると、3日間でインストールユーザー数が1,147万人となりました。驚異的な初速を見せた「ポケモンGO」ですが、配信から1ヶ月が経過した今、「ポケモンGO」は人々の生活にどのような影響を与えているのでしょうか。

8月のインストールユーザー数を見てみると、1,738万人と更なる伸びを見せ、国内ではInstagramのインストールユーザー数を超えています。

マクドナルドアプリのアクティブユーザー数が「ポケモンGO」配信開始日の5倍に急増。 TwitterやInstagramなどSNSに迫るアクティブ率に。

また、配信開始当初から提携を発表していたマクドナルドにも影響が見られます。マクドナルドアプリのアクティブユーザー数の推移を見ると、7月22日の「ポケモンGO」配信開始時には約100万人だったアクティブユーザー数が、8月末には約500万人にまで増加しています。

 アクティブ率(=アクティブユーザー数/インストールユーザー数)も、7月22日には7.5%でしたが、8月末には25.9%となり、TwitterやInstagramなどSNSアプリに迫るアクティブ率になっています。

他ゲームアプリと異なり、幅広いユーザーが楽しむ「ポケモンGO」

 他のアプリと比べると、「ポケモンGO」はどのようなユーザーに利用されているのでしょうか。性別を横軸、年齢を縦軸に取り、アクティブユーザーの分布を見てみると、「ポケモンGO」は他のアプリと比べ、中央に近いことが見てとれます。「ポケモンGO」は性年代で見ると、幅広い層に使われているアプリと言えそうです。

また、「ポケモンGO」ユーザーの所持ゲームアプリの数をみてみると、「1個」が約17%と最も高くなっていました。他のゲームアプリを入れず、「ポケモンGO」のみをインストールしているユーザーが、他のゲームアプリと比較して多いことがわかります(下図)。普段スマホにゲームアプリを複数入れることをしないユーザーでも、「ポケモンGO」はインストールしているようです。「ポケモンGO」はゲームアプリの新たな顧客層を獲得できていると考えられます。

アクティブユーザー層にも変化あり。女性比率が増加し、30~40代の利用比率が上がる。 被災地復興支援の影響も見られる。

アクティブユーザーの属性の推移を見てみると、多くの項目で変化が見られました。「ポケモンGO」を利用するユーザーは、配信開始から1ヵ月で徐々に変化しているようです。

 まず、「ポケモンGO」配信初週と8月最終週の属性を比較すると、性別では、女性比率が40.9%から44.5%に増加しています。

次に、年代別で見ると、10代(-9.7%)、20代(-2.9%)、30代(+4.9%)、40代(+4.6%)、50代(+2.3%)、60代(+0.8%)となっており、特に30~40代の比率が高まっています。配信当初は20代の関心が高かったポケモンGOですが、継続利用しているのは30代以上のユーザーだと見られます。

エリア別に見ると、東北地方(+2.6%)、九州地方(+5.0%)の比率が高まっています。東北3県と熊本県は8月10日、ナイアンティック社と共同記者会見を開いており、「ポケモンGO」を被災地復興に活用することを発表しています。該当地域のユーザーがニュースを受けて「ポケモンGO」を使っている可能性が考えられます。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 アプリ ゲーム

関連する投稿


急上昇ワードに“IPHONE11”、“ZOZO”など..「週間」検索キーワードランキング(2019/9/8~2019/9/14)

急上昇ワードに“IPHONE11”、“ZOZO”など..「週間」検索キーワードランキング(2019/9/8~2019/9/14)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


8月は“PayPay”が1位に!「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年7月~2019年8月)

8月は“PayPay”が1位に!「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年7月~2019年8月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


【2019上半期】マーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”は? マーケティングメディアの人気キーワードTOP50を調査

【2019上半期】マーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”は? マーケティングメディアの人気キーワードTOP50を調査

マーケティングメディアで2019年上半期に人気のあったコンテンツ...気になりませんか? 今回は、マーケティングメディアのコンテンツタイトルに含まれるホットトピックから、人気の高いキーワードを分析しました。


登山地図アプリ、配車アプリGrabなど知っていると便利なアプリが続々!「国内旅行」好き「海外旅行」好きが利用するアプリランキング

登山地図アプリ、配車アプリGrabなど知っていると便利なアプリが続々!「国内旅行」好き「海外旅行」好きが利用するアプリランキング

「国内旅行」好きと「海外旅行」好きで利用しているアプリにどんな違いがあるのでしょうか?株式会社ヴァリューズのアンケート調査で「国内旅行」好きと「海外旅行」好きと答えたモニターのインターネット行動ログから、よく利用しているアプリを調査しました。


3大ECモール(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)を競合サイト分析ツールeMark+で比較してみた

3大ECモール(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)を競合サイト分析ツールeMark+で比較してみた

経済産業省によると、2017年のEC(BtoC)市場規模は、16 兆 5,054 億円。前年と比較すると9.1%の増加、まさに成長市場です。その市場を牽引する3大ECモールといえば、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング。今回はそれぞれのサイトの特徴について、競合サイト分析ツールeMark+を用いて比較します。


最新の投稿


アウトドア好きの関心キーワードを調査。Colemanやシマノが上位にランクイン

アウトドア好きの関心キーワードを調査。Colemanやシマノが上位にランクイン

株式会社ヴァリューズのアンケート調査で「アウトドアに興味がある」と答えたモニターのインターネット行動ログから、関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析しインサイトを探ってみました。注目しているブランドは、Colemanやシマノ。興味を持っているのは男性が多いなど、改めてデータを見てみるとおもしろい結果が。


ユーザーシナリオとカスタマージャーニーの違い

ユーザーシナリオとカスタマージャーニーの違い

顧客が商品・サービスを認知してから購入に至るまでを「旅」に例えるカスタマージャーニーにはいくつか似たマーケティング用語があります。 本記事ではカスタマージャーニーの概要を再確認したあと、ユーザーシナリオ、コンセプトダイアグラム、パーセプションフローなどとの違い、使い分けについて説明します。


急上昇ワードに“IPHONE11”、“ZOZO”など..「週間」検索キーワードランキング(2019/9/8~2019/9/14)

急上昇ワードに“IPHONE11”、“ZOZO”など..「週間」検索キーワードランキング(2019/9/8~2019/9/14)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


マーケティングの基礎!STP分析を使った市場参入

マーケティングの基礎!STP分析を使った市場参入

STP分析はマーケティングのフレームワークで、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの頭文字を取ったもの。新規参入にあたって、市場全体の中でどの分野を狙い、自社が競争優位なポジショニングはどこかを決めるのに役立ちます。


1位は“Yahoo!ファイルマネージャー”、2位は…「業界別」アプリランキング - 仕事効率化編 -

1位は“Yahoo!ファイルマネージャー”、2位は…「業界別」アプリランキング - 仕事効率化編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら