記事総数:1813

公開中の記事


行動プロセスを分解!フレームワーク「AARRR」の活用法

行動プロセスを分解!フレームワーク「AARRR」の活用法

Dave McClure(デイブ・マクルーア)氏の提唱した、経営のデータ分析を行う際に重要なフレームワーク「AARRR」。「アーモデル」と呼ばれます。


新事業、Webマーケティング施策を成功させる企画立案のプロセスとは?

新事業、Webマーケティング施策を成功させる企画立案のプロセスとは?

新事業、Webマーケティング施策の企画立案プロセスでは、Webマーケティングを実施する際は、市場分析とSTPの策定段階で、より具体的な情報やデータを収集することが大切なポイントです。より具体的なデータを集めることができれば、次のフェーズに進む前に現在検討している企画の良し悪しを判断することが可能になります。


定量的なデータに基づくペルソナの作り方

定量的なデータに基づくペルソナの作り方

マーケティングで使われる「ペルソナ」の意味と作り方を解説します。詳細で具体的なユーザー像を設定すれば、商品・サービスが顧客目線でどうか?を見るのに役立ちます。ペルソナを作るには定量的な属性データに、定性データを加えて一人の人物像としてまとめます。


「本当」の潜在層を見つけよう!オウンドメディアの分析手法

「本当」の潜在層を見つけよう!オウンドメディアの分析手法

「オウンドメディア」(自社がOwned(所有する)メディア)が注目を浴びています。企業が商品情報発信やカスタマーとのコミュニケーション強化を目的としてメディアを立ち上げ、顧客の育成に乗り出すようになりました。一方的な広告メッセージだけではなく、トレンドや潜在顧客のニーズを捉えたコンテンツを用意し、ターゲットユーザーが検索やSNSなどを通じて自然と集まるメディアの構築がもとめられています。オウンドメディアを作り、成長させていくためにはどのような分析をすればよいのでしょうか。


仮説だけで作ってない?カスタマージャーニーを分析してみよう

仮説だけで作ってない?カスタマージャーニーを分析してみよう

ユーザーエクスペリエンスマップとして、UI設計で使用されてきた「カスタマージャーニーマップ」は、顧客の経験価値を上昇させるために注目を集めているマーケティングの手法です。カスタマージャーニーマップを作成する上では、ターゲットユーザーの分析が欠かせません。ここでは、「正確なデータの収集」や「顧客情報の獲得」が必要となり、VALUESの「eMark+」シリーズが有効です。カスタマージャーニーマップの作成をお考えの方は、以下をご一読いただき、ぜひ無料利用をお試しください。


RFM分析の活用法!顧客セグメントを展開する際の軸とは

RFM分析の活用法!顧客セグメントを展開する際の軸とは

「より効果的なマーケティング施策を実施したい」と考える時、重要になるのが「どんな顧客セグメントの軸を使用するのか」ということです。性別や年代などのデモグラにRFM分析をあわせることで、顧客のニーズを正確に捉えることが大切です。 今回は、RFM分析や顧客セグメンテーション、そしてリードナーチャリングの手法をご紹介します。効果的なマーケティング施策を実施するために、WebマーケティングやECサイト事業部の担当者の方は、ぜひご一読ください。


競合調査でライバルに勝つ!Webサイト分析ツール10選(無料)

競合調査でライバルに勝つ!Webサイト分析ツール10選(無料)

SEO対策のために、競合サイトをツールで分析する「競合調査」が一般的になりつつあります。Googleの検索ロジックが複雑化する中、競合調査では検索上位のサイトには評価される要素があるとみなして自社サイトと比較し、差分を埋めていきます。無料のもの含む複数のツールで競合調査すれば流入キーワードや被リンク、ドメインの強さなど競合サイトのかなりのことがわかります。


競合分析の要!ベンチマークするWebサイトの選び方と分析手法

競合分析の要!ベンチマークするWebサイトの選び方と分析手法

いまやWebサイトは業種業界を問わず全ての企業に欠かせないツールとなっています。オフラインでの消費を促すことはもちろん、ECサイトとしてWebサイト上で収益上げることは日毎ビジネスにおける重要度を増しています。では、最大の効果を発揮するためのWebマーケティング施策とはどのようにして生み出されるのでしょうか?一つの正解は他社のWebサイトをベンチマークし、成功要因を分析することです。本記事ではベンチマークすべきWebサイトの選び方や分析方法を紹介します。


LTVを底上げする!ECサイトの利益率を向上させる方法

LTVを底上げする!ECサイトの利益率を向上させる方法

ECサイトの利益率を向上させるためには、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)の底上げを行い、PCDAサイクルをより効果的に回すのが大切なポイント。 ECサイトの運営で注目したいCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)とLTVの概要や、情報収集・分析、そして顧客管理の重要性をご紹介します。コンバージョンにつながる施策にお悩みのマーケティング担当者様は、ぜひご一読ください。


ECサイトにおけるKPIを策定する際のポイント

ECサイトにおけるKPIを策定する際のポイント

ECサイトの売り上げをあげるためには、KGIの設定だけではなく、KPIの策定が重要なポイントになります。そこで、気になるKPIの策定ポイントや、課題の洗い出し・分析についてご紹介します。効果的なマーケティング施策にお悩みの方や、ECサイトの売り上げが伸び悩んでいる方はぜひ参考になさってください。


今すぐ真似できる!外部環境を調査!ECサイトの市場動向の調査方法

今すぐ真似できる!外部環境を調査!ECサイトの市場動向の調査方法

EC市場の活性化が騒がれる昨今、ECサイトの新規参入を考えられている方も多いのではないでしょうか。ECサイトへ新規参入するにあたり、市場動向調査は不可欠なステップとなります。市場動向調査と一言で言っても、その中にはマクロ・ミクロ両方の視点が含まれており、どちらが欠けていてもそれは市場動向を把握したとは言えません。そこで当記事では、「ECサイトへの新規参入を狙っている家電メーカー」を例に出し、マクロ・ミクロの両視点から、全て無料で簡単に行えるEC市場の動向調査方法をご紹介します。


ECサイトへのリピート率を改善するために検討すべき施策とは

ECサイトへのリピート率を改善するために検討すべき施策とは

ECサイトの売り上げを増加させるためには、優良顧客を増やすことが重要であり、そのためにリピート率を改善することが必要です。本記事では、はじめにリピート率改善に向けてCRM戦略が重要であることを紹介し、次に家電ECサイトを例に、リピート率改善に向けたCRM戦略に基づく具体的な施策検討の流れをご紹介します。


中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査

中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査

資生堂、SK-Ⅱが日本ブランド2トップ。韓国3ブランドがSK-Ⅱを超える認知率。


中国人女性の美容に対する意識と支出金額調査

中国人女性の美容に対する意識と支出金額調査

“美”をテーマにした中国人女性へのマーケティングでは、世代間の差に要注意。


中国人の食に対する意識と支出金額調査

中国人の食に対する意識と支出金額調査

若い中国人カップルに向けた食品ギフトにチャンスあり?


アンケート×ログで見る、SNS利用動向調査

アンケート×ログで見る、SNS利用動向調査

どんな目的で各SNSを利用し、企業公式アカウントをフォローして、商品を買っている?約1万人のアンケート調査とアクセスログ分析を行い、LINE、Facebook、Twitter、インスタなど主要SNSの利用目的を調査しました。


年代別 就職・転職メディアランキング

年代別 就職・転職メディアランキング

20代 若年層と40代 ミドル層の違いを比較


radiko、2年間でユーザー数倍増の軌跡

radiko、2年間でユーザー数倍増の軌跡

NHK効果で50代ユーザーを獲得


アプリ内課金実態調査

アプリ内課金実態調査

20代男性の支払い額は月平均5千円超


クラウドファンディングの利用者層を比較調査。「Makuake」「CAMPFIRE」の2強変わらず。

クラウドファンディングの利用者層を比較調査。「Makuake」「CAMPFIRE」の2強変わらず。

近年、市場が拡大し資金調達の手段としてさらに身近なツールとなりつつあるクラウドファンディング。約1年半前にヴァリューズでも購入型サイトに着目した分析を行いましたが、その後どのような変化があったのでしょうか。利用者数やユーザーの年齢層などを、サイト分析ツールの「eMark+」を用いて調査しました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング