ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

最新の調査レポートや過去に反響が大きかった分析レポートをはじめ、ヴァリューズのサービス資料を無料でダウンロードできます。


ホワイトペーパーの記事一覧

住宅メーカー選びは本格検討の前から始まる?住宅購入検討者の「プレ検討リサーチ」調査レポート

住宅メーカー選びは本格検討の前から始まる?住宅購入検討者の「プレ検討リサーチ」調査レポート

住宅購入を検討する人の一連の動きには、具体的な情報を集める前に「プレ検討リサーチ」という段階が存在することが、ヴァリューズの調査で判明しました。本レポートでは「いつかは家を買いたいな」と思い描きながら情報収集を行う様子を「プレ検討リサーチ」と命名。「プレ検討リサーチ」と「本格的な検討」の情報収集行動の違いをアンケートとWebログで分析し明らかにしています。(ページ数|24ページ) ※詳細なレポートは記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


「フードデリバリー市場の動向と2大サービスユーザーのペルソナ像」レポート

「フードデリバリー市場の動向と2大サービスユーザーのペルソナ像」レポート

コロナ禍で、より身近な存在となったフードデリバリー。コロナ禍の巣ごもり需要を経て今なお、注目すべき業界と言えるのではないでしょうか。本レポートではDockpitとstory bankを用いて、市場動向や主要サービス利用者のペルソナ像を分析しました。(ページ数|38ページ)


「品切れ続出!? 人気急上昇中の『ヤクルト1000』 深掘り調査」レポート

「品切れ続出!? 人気急上昇中の『ヤクルト1000』 深掘り調査」レポート

店舗から自販機まで品切れ続出と言われ、人気急上昇中の「ヤクルト1000」 。ブームの背景には何があったのか。どんな人が関心を持っているのか。Dockpitとstory bankを用いて深掘り分析を行いました。(ページ数|27ページ)


リアルな消費者像とWeb行動を把握できる分析ツール「story bank」の活用事例集

リアルな消費者像とWeb行動を把握できる分析ツール「story bank」の活用事例集

消費者の検討背景やニーズ、購入のアクションを起こすきっかけを、実際のWeb行動データとアンケートデータから定量的に分析・把握することができるツールが「story bank(ストーリーバンク)」。今回は、検索キーワードや属性などのデータを用いて、リアルな消費者像を掴むためにWeb行動を分析し、ペルソナ設計やメディアプランニング等に活用した事例をまとめました。


流行に火がついたスイーツを振り返る!「Dockpit」と「story bank」でスイーツ関心層を調査

流行に火がついたスイーツを振り返る!「Dockpit」と「story bank」でスイーツ関心層を調査

2021年はマリトッツォをはじめとして、フルーツ大福やフルーツサンド、カヌレなど可愛らしく、美味しいスイーツが様々な人から注目を集めました。2021年の流行スイーツをWebツール「Dockpit」と「story bank」を用いて分析し、調査レポートにまとめました。Webログデータをもとに定量と定性の両面から調査・分析し、最新情報をお伝えします。※詳細なレポートは記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


withコロナで食に対する価値観はどう変化した?食品業界の調査レポートまとめ

withコロナで食に対する価値観はどう変化した?食品業界の調査レポートまとめ

コロナ禍で消費者の関心が大きく変化した「食品業界」に注目。食事形態や料理に対する価値観はどのように変化したのか。コロナ禍で消費者がよく調べた飲食物とは。これまでにマナミナで発信してきた食品業界に関する調査レポートをまとめました。各レポートは全て無料でダウンロードできますので、リンク先のフォームからお申し込みください。


購入者の「人となり」に合わせた、チャネル別サプリメント市場の訴求方法とは?

購入者の「人となり」に合わせた、チャネル別サプリメント市場の訴求方法とは?

コロナ禍で高まった健康意識が追い風となり、サプリメント市場の拡大が続いているようです。さらに、デジタル化・ネット消費の拡大で、サプリメントを含む健康食品が隠れたネット巨大市場になっているとも言われています。オフラインでの購買が盛んなサプリメント市場に、オンラインの購入チャネルの勢力が加わり、今後はますますチャネルに合わせた販売戦略が必要となるはずです。そこで今回は、サプリメント市場全体を捉え、購入チャネル別に市場とユーザー像を分析しました。


アフターコロナのコネクテッドカー・マーケティング|セミナー資料

アフターコロナのコネクテッドカー・マーケティング|セミナー資料

生活様式がコロナ禍によって大きく変貌してから約2年。この間に大きく変わった消費者意識は多岐に渡るでしょう。一番身近なところでは「外出」に対する考え方でしょうか。その意識変化の影響を受けた市場の一つとして「自動車業界」も挙げられます。Web行動ログデータを活用し調査したところ、自動車販売台数が伸び悩んでいる中でも、「中古車」や「EV」への関心の高さは伸びていることや、「自動車」が、より「ネット」との接合性が高まっていることがわかってきました。ヴァリューズではこれらを受け、更にデジタルとの融合性が問われる「コネクテッドカー」に焦点を当て、アプリ利用やユーザー像に向けたマーケティングの今などを解説したセミナーを開催しました。


心がゆれる瞬間を捉える!新消費行動「バタフライサーキット」を活用して、化粧品の購入検討行動を徹底調査

心がゆれる瞬間を捉える!新消費行動「バタフライサーキット」を活用して、化粧品の購入検討行動を徹底調査

ヴァリューズがGoogle社と共同で研究した「バタフライサーキット」は、『さぐる』と『かためる』という2種類の動機を蝶(バタフライ)のように行き来する情報探索行動モデルです。今回は「バタフライサーキット」を用いて、化粧品の購入を例に情報探索モチベーションの具体を調査・分析しました。


通信事業者別スマホユーザー徹底調査レポート|新プランに対するユーザーの動向を分析

通信事業者別スマホユーザー徹底調査レポート|新プランに対するユーザーの動向を分析

2020年12月にNTTドコモが「ahamo」を発表したのを皮切りに、auが「povo」、ソフトバンクが「LINEMO」という新ブランドで料金プランを発表し、2021年3月頃から各サービスがスタートしました。またその後は、楽天モバイルが「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表、auは更に「povo2.0」の提供を新たに開始するなど、スマートフォン向けの新料金プラン市場が活気を帯びています。そこでVALUESでは、スマートフォンユーザーへのアンケート配信、インターネット行動ログデータを用いたユーザー検討行動の分析を実施し、現在の携帯電話会社の実態と新プランの動向をレポートにまとめました。


中国の衣料用洗剤業界におけるワンヘルス(One Health)とは?業界規模とトレンドを徹底調査!

中国の衣料用洗剤業界におけるワンヘルス(One Health)とは?業界規模とトレンドを徹底調査!

ユーザー・従業員・社会・環境などすべてにやさしいことを指す「ワンヘルス」。中国において、このワンヘルス施策が衣料用洗剤業界にどんな影響が与えているのか?また、どんなトレンドを生んでいるのかについて調査をしました。(ページ数|30p)


Webログデータから「髪悩みユーザー」のデジタル行動を考える

Webログデータから「髪悩みユーザー」のデジタル行動を考える

「コロナ抜け毛」に代表されるように、コロナ禍で盛り上がりが注目されている「髪悩み市場」。一方で、新規プレーヤーの参入、広告への規制強化、ECの台頭等、「髪悩みユーザー」の獲得は、ますます競争が激しくなっています。そのような中で「髪悩みユーザー」はどんな悩みを抱え、デジタル上ではどのように行動しているのでしょうか?同市場におけるWeb上でのトレンドや、今後の「髪悩みユーザー」市場のマーケティングに重要なポイントを解説したセミナー資料を公開いたします。


カーリースWebサイトのユーザー数ランキング調査レポート

カーリースWebサイトのユーザー数ランキング調査レポート

コロナ禍を経て拡大し続けているカーリース分野について、Web集客に成功しているサイトのランキングを、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて調査。TOP10サイトに関して、訪問者の性別×年代でマッピングを行い、訪問者の傾向の違いについても分析しました。(ページ数|6p)


最新Webログデータから現代人のリアルな「不」を読み解く調査レポート ~「改善」「解消」「対処」と掛け合わせられるキーワードから明らかに

最新Webログデータから現代人のリアルな「不」を読み解く調査レポート ~「改善」「解消」「対処」と掛け合わせられるキーワードから明らかに

ネット行動ログ分析ツール『Dockpit』を用いて「改善」「解消」「対処」の掛け合わせワードを分析し、現代人の悩みについて探ります。加えて、厚労省から発表されている最新調査と照らし合わせ、その結果の差分についても考察しました。調査レポートは記事末尾のフォームから無料でダウンロード頂けます。(ページ数|32p)


電力の切り替えに関する状況把握と再エネ系新電力のユーザー獲得のためのヒントを探る

電力の切り替えに関する状況把握と再エネ系新電力のユーザー獲得のためのヒントを探る

電力自由化により、消費者が電力会社や料金プランを自由に選べるようになってから5年が経過しました。従来の電力会社を使い続ける人、新電力会社に切り替える人などさまざまですが、電力市場は現在どのような状況なのでしょうか。アンケート調査を用いて、電力市場の動向を詳しく分析しました。(ページ数|37p)


中国Z世代の新しいトレンド「養生ブーム」を徹底調査!

中国Z世代の新しいトレンド「養生ブーム」を徹底調査!

あらゆる市場で消費者の中心になり得る中国Z世代の若者たち。そんな彼らの間で広がる「養生ブーム」について調査を行い、健康食品や化粧品分野における中国市場への拡販の足掛かりを探りました。(ページ数|46p)


目的は身体の悩みの解消以外にも?グルテンフリー関心層の人物像を紐解く調査レポート

目的は身体の悩みの解消以外にも?グルテンフリー関心層の人物像を紐解く調査レポート

ライフスタイルや価値観が多様化し、ビーガンやオーガニック、グルテンフリーなどさまざまな食にまつわる言葉が聞かれるようになりました。その中から今回は、小麦などに含まれるグルテンを接種しない食事方法や食品を意味する「グルテンフリー」に着目し、グルテンフリーに関心を寄せる消費者の実態について分析しました。※詳しい調査レポートは記事末尾のフォームから無料でダウンロード頂けます(ページ数|31p)


コロナ感染拡大前~現在までの消費者動向変化を公開。第一弾としてネット購入・余暇の過ごし方・働き方などの生活変化実態を分析

コロナ感染拡大前~現在までの消費者動向変化を公開。第一弾としてネット購入・余暇の過ごし方・働き方などの生活変化実態を分析

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女25,401人を対象に、新型コロナウイルス影響2年目のいま現在の消費者動向実態をアンケート調査いたしました。また、これまで聴取してきたアンケートから、感染拡大前~コロナ1年目~コロナ2年目現在までの消費者動向変化をまとめ、今回第一弾「生活変化編」としてネット購入・余暇の過ごし方・働き方などの生活変化実態を公開いたします。なおアンケート調査に加え、ヴァリューズが提供する消費者行動ログ分析ツールDockpitでも分析を実施しています。※詳しい調査レポートは記事末尾のフォームから無料でダウンロード頂けます


アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きなダメージを受けた飲食業界。外食市場規模は、2021年7月には2019年比で48.1%にまで減少したとも言われています。コロナによって外食への意識が大きく変わる中、飲食店はどのように選ばれているのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを用いて、消費者の飲食店選びの現状について詳しく分析しました。(ページ数|30p)


化粧品購入プロセス調査レポート ~店舗とEC利用者で検討行動はどう違うのか

化粧品購入プロセス調査レポート ~店舗とEC利用者で検討行動はどう違うのか

コロナ禍でEC利用が増えるにつれ、化粧品の購入形態にも変化が出てきているようです。店舗利用者とEC利用者の購買行動の比較から、EC利用者拡大のための糸口を探りました。(ページ数|37p)