中国人男性の消費意識を掴む。「中国人の消費意識に関するクラスター分析(男性編)」レポート

中国人男性の消費意識を掴む。「中国人の消費意識に関するクラスター分析(男性編)」レポート

世界的にもトップ規模を誇る中国市場。その市場を構成する中国人消費者は、どのような趣向や関心を抱き、どのような環境で生活しているのでしょうか。中国人消費者の購買意欲を捉えるためには、消費背景にある意識、環境特性などを的確に把握することが必要不可欠です。本レポートでは中国人男性にフォーカスし、5つの特徴的なクラスターに分類。それぞれの特性について分析しました。(ページ数|59ページ)


2022年10月時点での、消費に対する価値観や消費行動をもとに、中国人男性消費者を5つのパターンにクラスタリング。2021年と比べた消費意識の変化、店舗・商品選びの重視点、各購買チャネルの利用頻度など、各クラスターの消費インサイトを探ります。

レポートは無料でダウンロードできます。下記フォームからお申し込みください。

レポートの例

クラスター分析結果

クラスター2:お金無頓着さん(奢华消费さん)

クラスター2:お金無頓着さんの購買チャネル①:店舗選びの重視点(奢华消费さん)

目次

●調査実施概要
・因子分析、クラスター分析について
・クラスター分析結果
・クラスター分類マップ
・クラスター概要

●中国人男性消費者クラスター
・クラスター1:最高の買い物をしたいさん
・クラスター2:お金無頓着さん
・クラスター3:買い物無関心さん
・クラスター4:冷静な消費者さん
・クラスター5:こだわりなしさん

●Appendix:中国人男性消費者の消費意識調査結果
・収入が増えると、消費意識は変わる
・年齢が上がると、消費意識は変わる
・街が変わると、消費意識は変わる
・年齢が上がると、今後のお金のかけ方は変わる
・街が変わると、今後のお金のかけ方は変わる
・性別が変わると、消費意識は変わる
・性別が変わると、購入重視点は変わる
・性別が変わると、今後のお金のかけ方は変わる

本レポートのセミナーはこちら

関連記事

セミナー資料ダウンロード【無料】|中国人消費者の消費意識に関するクラスター分析(男性編)|ホワイトペーパー

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


中国市場における「機能性スナック菓子」ブームを探る|ホワイトペーパー

中国市場における「機能性スナック菓子」ブームを探る|ホワイトペーパー

中国市場では今、「機能性スナック菓子」に注目が集まっています。特に若い世代は、メンタルヘルスや肌、体重管理に焦点を当て、健康改善に対するより強い意識を持っていると言われており、若者独自の「遊びながら健康を維持する」スタイルが流行している、との興味深い現象も。本レポートでは、中国市場における機能性スナック菓子の、食べやすさ、効果の高さ、携帯の便利さ等のメリットなどを解説します。(ページ数:29ページ)


Cluster analysis of those interested in "Fuel Efficiency"

Cluster analysis of those interested in "Fuel Efficiency"

Gasoline prices have skyrocketed due to high prices of crude oil, affecting logistics and putting a strain on household budgets, influencing a greater awareness in energy conservation. Using VALUES’ online behavior analytics tool “story bank,” we conducted a cluster analysis of people interested in "fuel efficiency."


高まるSNSの影響力。「中国における日本車のソーシャルリスニング分析~トヨタCROWN・日産ARIYA比較~」レポート

高まるSNSの影響力。「中国における日本車のソーシャルリスニング分析~トヨタCROWN・日産ARIYA比較~」レポート

中国では、商品の検討や購入といった購買行動において、SNSの影響が大きくなっているとされています。これを受けて、近年では中国企業の他、日本企業も中国SNSで公式アカウントを開設する事が一般的になってきています。本レポートでは日本の大手自動車メーカー、トヨタと日産について、各社のSNS活用やユーザー動向を比較調査しました。(ページ数|9ページ)


中国人女性の消費意識を掴む。「中国人の消費意識に関するクラスター分析(女性編)」レポート

中国人女性の消費意識を掴む。「中国人の消費意識に関するクラスター分析(女性編)」レポート

巨大な中国市場。中国人女性の心を掴み消費行動へつなげるには、消費の背景にある意識や、消費者の置かれている状況などの特性を正確に把握することが重要となります。本レポートでは、「トレンディーさん」「こだわりさん」「衝動買いさん」など、中国人女性を5つのクラスターに分類し、価値観や消費行動について分析しました。(ページ数|64ページ)


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら