自動車メディアの市場を調査。「カービュー」「くるまのニュース」が2強に!

自動車メディアの市場を調査。「カービュー」「くるまのニュース」が2強に!

クルマの情報や魅力、楽しさなどを発信する自動車メディア。今回は、数多くある自動車メディアについて調査します。自動車メディア市場の概観や勢力図、ユーザー属性などについて分析していきます。


年末年始やGWなど休暇の多い月に自動車メディア閲覧者数が増加

まず、ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」で直近1年間の「自動車メディア」カテゴリのユーザー数推移を見てみましょう。
※対象サイトは独自に定義し、後半で紹介しています

1月や5月、7月~9月は検索数が増加していることがわかりました。新型車発売やフルモデルチェンジの影響というよりは、年末年始やGW、お盆休みなど休暇が多い月に伸びていることから、外出の機会が増えるタイミングで車の購入や買い替えを検討していたり、情報収集をしていることが考えられます。

「自動車メディア」カテゴリのユーザー数推移

「自動車メディア」カテゴリのユーザー数推移

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

関心層は、世帯年収が高めの40~50代の男性

次は、「自動車メディア」カテゴリのユーザーの属性について見てみましょう。

性別では、男性比率が高く7割以上となっていました。

「自動車メディア」カテゴリのユーザー属性:性別

「自動車メディア」カテゴリのユーザー属性:性別

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

年代別では、40代が最も多く、ネット利用者全体と比較すると50代が高めとなっていました。

「自動車メディア」カテゴリのユーザー属性:年代別

「自動車メディア」カテゴリのユーザー属性:年代別

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

世帯年収別では、ネット全体と比較すると年収がやや高めであることがわかりました。

「自動車メディア」カテゴリのユーザー属性:世帯年収別

「自動車メディア」カテゴリのユーザー属性:世帯年収別

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「カービュー」と「くるまのニュース」の2強

では、Webサイトのセッション数で「自動車メディア」カテゴリでの業界シェアも見てみましょう。

「カービュー」が24.8%とトップで、次いで「くるまのニュース」が20.0%、「ベストカー」が9.6%という結果でした。「カービュー」と「くるまのニュース」で約半分を占めており、「カービュー」と「くるまのニュース」の2強となっていることがわかりました。

「自動車メディア」カテゴリの業界シェア ※セッション数

「自動車メディア」カテゴリの業界シェア ※セッション数

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

高年層は「くるまのニュース」、若年層は「MOBY」

各サイトをユーザー属性別(縦軸:年齢、横軸:子供有無)にマッピングしたところ、下記の傾向にあるようです。

高年層子供なし

「CarWatch」が人気

若年層子供なし
「レスポンス」や「MOBY」が人気。より若年層には「Motorz」が人気
高年層子供あり
「くるまのニュース」、「カービュー」が人気
若年層子供あり
「ベストカー」が人気
「自動車メディア」カテゴリのポジショニングマップ

「自動車メディア」カテゴリのポジショニングマップ

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

年齢別(縦軸)と世帯年収(横軸)でも見てみたところ、高年収世帯に好まれているサイトは「最新自動車情報」、「webCG」、「AUTOCAR」となっており、逆に世帯年収低めのユーザーは「MOBY」や「Motorz」を利用しているようです。

「自動車メディア」カテゴリのポジショニングマップ

「自動車メディア」カテゴリのポジショニングマップ

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「webCG」はサイト名検索が多く、認知度が高い

どんなワードで各サイトに流入しているかも見てみましょう。

上位には「webCG」や「レスポンス」、「ベストカー」などのサイト名がランクイン。「webCG」は業界シェアの中で9番目に位置しているにも関わらず、サイト名検索が最も多いことから認知度が高いことがうかがえました。

また、「新型車」も気になっており、さらに「CX-60」や「クラウン」、「カローラ」などの車種も人気のようです。

「自動車メディア」カテゴリの流入キーワード

「自動車メディア」カテゴリの流入キーワード

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「自動車メディア」業界のトップ3を分析

最後に、業界シェアの上位3サイトの「カービュー」「くるまのニュース」「ベストカー」について少し掘り下げてみましょう。

カービュー

くるまのニュース

ベストカー

ページビュー数では「カービュー」が他を圧倒

ユーザー数は「くるまのニュース」がトップとなっており、「カービュー」の1.5倍となっていました。
また、「カービュー」はページビュー数が圧倒的に多く、1人当たりページビュー数も52ページと他を圧倒していることがわかりました。ページビュー数が多いことも関係して平均滞在時間も3分以上となっており他サイトより1分以上長く、直帰率も約3割と低いことから、回遊しやすく魅力的なコンテンツが多いことが考えられます。

「カービュー」「くるまのニュース」「ベストカー」の年間基本指標

「カービュー」「くるまのニュース」「ベストカー」の年間基本指標

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

では、「カービュー」の中でどんなコンテンツが人気なのか見てみましょう。

『中古車情報関連』のコンテンツが人気となっており多くランクインしていました。『新車情報カタログ』や『自動車最新ニュース』にも関心が高いことがわかりましたが、中古車関連のページが多くランクインしていることから、ユーザーはより中古車に興味があることがうかがえました。

「カービュー」のコンテンツランキング

「カービュー」のコンテンツランキング

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

検索モチベーションから動機を探る

Google社が提唱する「バタフライ・サーキットと8つの動機」のフレームワークに沿って、検索ワードを自動分類する検索モチベーションを用いて見てみましょう。

ユーザーは各サイトにどんな動機をもって訪問するのでしょうか。

「くるまのニュース」と「ベストカー」は“さぐる”ためのサイトとして、「カービュー」は“かためる”ためのサイトとして役立っていることが分かりました。

「カービュー」「くるまのニュース」「ベストカー」の検索モチベーション

「カービュー」「くるまのニュース」「ベストカー」の検索モチベーション

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

もう少し詳しく見ていくと、3サイトとも“学ばせて(今まで知らなったことに対して、網羅的に知識を蓄積したい検索動機)”と思われているサイトであるようです。

その中でも「ベストカー」は他サイトよりも“気晴らしさせて(関心があるものに対して、情報収集自体を楽しみたい検索動機)”が高くなっており、「カービュー」は“解決させて(具体的な方法や手段がわからないときに、今すぐ役立つ答えを手に入れたい検索動機)”が高いことが特徴的でした。

ユーザーがサイトの使い分けをしていることが考えられます。

「カービュー」「くるまのニュース」「ベストカー」の検索モチベーション

「カービュー」「くるまのニュース」「ベストカー」の検索モチベーション

期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマートフォン

※対象サイトについて

「自動車メディア」カテゴリは、Google検索で『自動車情報サイト』又は『自動車メディア』と入力して検索上位にヒットした下記のサイトをピックアップしています。
(但し、中古車・売買系の「カーセンサー」や「goo」などは除外)

くるまのニュース

https://kuruma-news.jp/

クルマ(自動車)をもっと身近にする情報メディアです。

新車・中古車の自動車総合情報サイト【carview!】

https://carview.yahoo.co.jp/

日本最大級のクルマの情報サイト「carview!(カービュー)」。

クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・カーグラフィック

https://www.webcg.net/

1962年創刊の自動車専門誌『CAR GRAPHIC』のインターネットサイトとして、1998年6月にオープンした『webCG』。

WEB CARTOP

https://www.webcartop.jp/

自動車情報総合誌『CARトップ』のWebサイトです。

最新自動車情報

https://car-repo.jp/

最新自動車情報はトヨタ 日産 ホンダ マツダ スバル ベンツ など様々な車種の自動車情報を掲載。

AUTOCAR JAPAN|自動車情報メディアサイト

https://www.autocar.jp/

AUTOCAR JAPAN (オートカー・ジャパン)公式ウェブサイトです。

Motor-Fan[総合TOP]

https://motor-fan.jp/

自動車最新ニュース・速報、テクノロジーからインプレッションまで、クルマとカーライフを楽しむサイト

車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア

https://car-moby.jp/

MOBY(モビー)は"MOTOR&HOBBY"をコンセプトに、クルマの楽しさや魅力を発信する自動車メディアです。

Webモーターマガジン

https://web.motormagazine.co.jp/

自動車専門誌「Motor Magazine」を発行するモーターマガジン社が運営する、カーライフがもっと楽しくなる自動車情報メディアです。

Car Watch

https://car.watch.impress.co.jp/

新車やカーアクセサリーのニュースなどクルマ生活情報を配信

Motorz(モーターズ) - クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア -

https://motorz.jp/

Motorz(モーターズ)は、クルマ・バイク・モータースポーツ・乗り物などの情報が集まるプラットフォームです。

クルマを楽しむクルマで楽しむ生活提案webマガジン『clicccar』

https://clicccar.com/

クルマ好きにもクルマをまったく知らない人にも、乗り物が生活を豊かにしてくれることを提案する自動車ニュースメディア。

まとめ

今回は、「自動車メディア」について調査・分析しました。

Webサイトのセッション数では、「カービュー」と「くるのニュース」が2強となっていました。関心層は、世帯年収が高めの40代~50代の男性となっており、年齢や子供の有無、世帯年収によって、好まれるサイトが異なっていました。

また、2強のうち「くるまのニュース」はユーザー数がトップ、「カービュー」はページビュー数が他を圧倒する結果となりました。

今回分析に使用した『Dockpit』のような分析ツールを利用することで、市場の現状把握やユーザーのニーズにも迫ることが可能です。目的やターゲットを正しく理解し、利用者の心をしっかりキャッチして、よりよいコンテンツ制作や最適な情報提供にお役立てください。

▼『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

ここ数年で需要が高まったデリバリーアプリ。コロナ禍に利用し始めた人も多いのではないでしょうか。デリバリーサービスが注目され始めて数年が経った今、需要はどう変化したのか、また各社アプリを今利用しているのはどのような人たちなのか、人気デリバリーアプリの「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」を比較しながら分析します。


平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

30周年を迎えた「美少女戦士セーラームーン」と20周年を迎えた「プリキュア」。この2つの作品名を聞いたことがない方はいないでしょう。セーラームーンは特に女性人気が高く、プリキュアは男女どちらからも愛されているようです。本記事では、この2つの作品のファンについてより深く分析します。また、ファンの特徴から作品が愛される理由を考察します。


Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

There’s often a lot of focus on social media use among young people. But we also want to look at trends among “digital seniors.” We will investigate seniors’ usage of Facebook, Instagram, X (formerly Twitter), YouTube, and TikTok, analyzing usage characteristics and comparing them to usage among those in their 20s.


シニアのSNS利用実態を調査!YouTubeに集中も、TikTok利用の伸びが顕著

シニアのSNS利用実態を調査!YouTubeに集中も、TikTok利用の伸びが顕著

若者のSNS利用が注目されがちな昨今。一方、「デジタルシニア」の動向も注目しておきたいところです。今回は、Facebook・Instagram・X(旧Twitter)・YouTube・TikTokについて、シニアの利用実態を調査。20代と比較しながら、シニアのSNS利用の特徴を分析します。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ