SalesforceとSlackを連携するには? ~ Summer '22 対応版

SalesforceとSlackを連携するには? ~ Summer '22 対応版

2021年12月に Salesforce社とSlack社が合併し、Salesforce と Slack サービスを連携する方法も形を変えて進化しています。それに伴い、数ある連携アプリの内どのアプリを活用すればよいのか戸惑っている方はいらっしゃいませんか? 新しい Salesforce × Slack 連携ツールの紹介記事も少ない中、今回は 標準機能のみで Salesforce × Slack 連携アプリを導入する方向けに、各アプリの違いをご紹介します。


Slackとは

Slack(Searchable Log of All Conversation and Knowledge) は2013年にリリースされたビジネス用のメッセージングアプリです。 2017年11月に日本語版がリリースされ、弊社ではメールに変わる「主たるコミュニケーションの場」「なくてはならないインフラ」として活用しています。

2023年1月現在、Slackの主な機能は以下【表1】になります。
今回は【表1】 ⑥アプリ連携の1つである「Salesforce × Slack」連携アプリを取り扱います。

【表1】Slack の主な機能

2023年1月時点
No 機能 機能概要
基本
機能
チャンネル 招待した関係者とコミュニケーションを取る場所(パブリックチャンネル)
招待されていない方も閲覧・投稿可能
関係者を限定することも可能(プライベートチャンネル)
招待されていない方は閲覧・投稿不可
音声またはビデオ通話(ハドルミーティング)
ファイルやリンク共有
スタンプ機能(リアクション)
Slackコネクト 社外の方とも同じように指定したチャンネルを利用可能
ダイレクトメッセージ プライベートチャンネルを作成するほどでもない個別のやりとり
応用
機能
ワークフロー タスク・プロセスの自動化
Todo管理・アラート 通知やアラート、リマインドなどのお知らせ
アプリ連携 自社システムやクラウドサービスとのシームレスな連携を実現
(ゲストユーザは利用不可)

Salesforce×Slack連携アプリについて

まず、Salesforce社とSlack社が提供している連携アプリの一部 を【図1】で表現しましたのでご覧ください。
Slack社はSalesforce社と合併する前から、Salesforceと連携可能なアプリ(図1-①)を提供していました。
合併後、Summer'22 (2022年6月)に Salesforce社による新たな連携アプリ(図1-②以降)が正式リリースされました。今後も機能を取捨選択した上でのサービス統合が進み、ゆくゆくSlack社が構築したアプリ(図1-①)は利用できなくなる旨案内されています。

そのため、今から連携機能を活用しようと考えているのであれば、目的に応じて最近リリースされた 連携アプリ(図1-②以降)を利用して構築していくのが望ましい 状況です。但し、Slack社が提供しているアプリ(図1-①)との連携方法を記載している記事やサイトが非常に多いのでご注意ください。和訳の兼ね合いでヘルプ・記事によってアプリ名称が異なるケースもありますのでアイコンで確認するのが確実です。

【図1】Salesforce社とSlack社が提供している連携アプリ

2023年1月時点
Salesforceサービス共通の
連携アプリ
Salesforceサービス毎に提供される
連携アプリ(一部掲載)
Slack社提供 Salesforce社
提供
Salesforce社提供
Salesforce Salesforce
for Slack

(Salesforce Digital HQ アプリ)
Sales Cloud
for Slack
Service Cloud
for Slack
Account Angagement
for Alack

(旧Pardot)
CRM Analytics
for Slack

(旧TableauCRM)
図1①Salesforce 図1②Salesforce for Slack 図1③SalesCloudf for Slack 画像のタイトル 画像のタイトル 画像のタイトル
廃止予定
(時期未定)
Summer'22
正式リリース
Summer'22
正式リリース
Winter'23
正式リリース
etc...

簡潔に申し上げると、目的に応じてアプリを使い分け、場合によっては複数利用されるのがオススメです。

 ②Salesforce for Slack アプリ
  L Lightning Platform を利用していて、承認/否認機能や、
   全てのSalesforce アプリのサインイン・認証を共通化したい場合

 ③Sales Cloud for Slack アプリ
  L Sales Cloudを利用していて、通知やレコード検索・編集機能を利用したい場合
    他、商談とチャンネルを紐づける(販売チャンネル機能を利用)ことで、レコードのステータス・
   フェーズの変化、金額の変動、完了予定日の更新等を通知し、チャンネルメンバーと
   リアルタイムに商談の状況を共有・可視化することができます。

廃止予定の①Salesforce アプリは、③に近い機能になります。
また、「図1-②以降」のアプリは各サービス毎に連携アプリを開発している(開発者も異なる)為、できることが異なるそうです。共通化できる機能については一元化を期待したいですね。

※参考動画:Sales Cloud for Slack | Where the future works

https://www.youtube.com/watch?v=TIyEULO1rx0

Sales Cloud for Slack を活用した Salesforce と Slack の連携イメージ像を紹介(日本語字幕有り)

以降は、【図1】①~③の連携アプリに着目して、主な機能、詳細、設定を比較表を元にご案内します。

【表2】主な機能

【記号説明】◎:特徴的な機能、◯:機能有り、✕:機能無し
主な機能 \ アプリ
Salesforce(廃止予定)

Salesforce for Slack

Sales Cloud for Slack
salesforeアプリ画面イメージ Salesforeforslackアプリ画面イメージ SalesforeCloudforSlackアプリ画面イメージ
① Slack上でSalesforceレコードの操作
検索・表示・共有

承認・否認・共有

検索・表示・変更・共有
② 任意のSlackチャンネルにSalesforceレコードを紐づけ ×
③ Slackチャンネルや自分へ通知
フローで対応

フローで対応
④ Slack-Salesforce 間でメッセージを反映 × ×
⑤ Slack上で承認/否認 × ×
⑥ Slack上で画面フローを起動(β版) ×
⑦ 一括認証 × ×
補足 通知の言語の初期値:英語Salesforce for Slack にサインする事でワークスペース内の他のアプリにサインインする必要無し ②③を行うことで、任意のチャンネルに自動通知等が可能になり、チャンネルメンバーで状況確認が可能に

【表3】機能詳細

【記号説明】◎:特徴的な機能、◯:機能有り、✕:機能無し
機能詳細 \ アプリ
Salesforce
(廃止予定)

Salesforce for Slack

Sales Cloud for Slack
① Slack上でSalesforceレコードの操作 レコードを検索し、確認、共有
共有のみ
レコードを作成、更新 ×
承認・否認のみ
標準オブジェクト 取引先
取引先責任者
商談
リード
ケース
Todo
×
カスタムオブジェクト システム管理者による設定が必要 システム管理者による設定が必要、
Salesforceでグローバル検索可能なオブジェクトが対象(※1)
表示/編集項目の設定
9項目まで
カスタマイズ可能

Slack レコード レイアウト
でカスタマイズ可能(※2)
初期値:コンパクトレイアウト
セールスパイプライン(商談リストビュー)を確認して、商談レコードを管理 × ×
② 任意のチャンネルにSalesforceレコードを紐づけ Slack上でチャンネルとレコードを紐づける ×
販売チャンネル
チャンネルとレコードを紐づけた時、Slackチャンネルに自動でレコードURLをピン止め × ×
Salesforce上からレコードを紐づけながら、チャンネルを作成・招待 × ×
Salesforce上でチャンネルとレコードの紐づけを確認 × ×
関連レコード
③ Slackチャンネルや自分へ通知 自分にレコードが割り当てられると自分に通知が届く
My Alerts
Salesforce のレコードが変更されると任意のSlack のチャンネルに投稿
Channel Alerts

固定のチャンネル

販売チャンネル
特定のオブジェクトのレコードに関する更新情報を任意のチャンネルに投稿
Bulk Alerts

固定のチャンネル

フィードチャンネル
④ Slack-Salesforce 間でメッセージを反映 Slack メッセージを Salesforce に送信(リンク) × ×
Salesforce レコードを Slack に送信 × ×

※1:オブジェクトマネージャ>オブジェクトを選択>詳細>検索状況:検索を許可をONにする ことで、全ユーザが Salesfoce 内でもSales Cloud For Slack内でもレコード検索が可能になる

※2:オブジェクトマネージャ>オブジェクトを選択>Slack レイアウトを作成 で設定することで、Slack上で作成・変更・表示可能な項目が決定される。ただし、2023年1月現在「言語とタイムゾーン」の設定を英語に変更した上での設定が必要(日本語ですとチェックボックス項目を必須表示する現象有り、Spring'23環境にて事象解消予定)

アプリの設定・インストールについて

【表4】設定・インストール

【記号説明】◯:機能有り、✕:機能無し
設定・インストール \ アプリ
Salesforce(廃止予定)

Salesforce for Slack

Sales Cloud for Slack
1) セットアップページ セットアップページ Salesforce
「Slack Setup」アプリケーション(2)のアプリインストール後に利用可能 )
× ×
Salesforce上の設定画面(一部抜粋) ①Salesforce_SlackSetupアプリケーションTOP

①「Slack の初期設定」

②表4②設定

①「Slack の初期設定」
②「Sales Cloud for Slack」

③表4③設定
・上記ガイドに従って設定を進めることで利用可能
・事前に該当アプリで「何ができるか」を理解しておく事が重要
2) インストールアプリ Salesforce 「AppExchange」 Salesforce for Slack
- Unlock collaboration across sales and service
× ×
Slack 「Slack app directory」 Salesforce Salesforce for Slack
Slackワークスペース管理者による承認、並びにSlack へのインストールが必要
Sales Cloud for Slack
Slackワークスペース管理者による承認、並びにSlack へのインストールが必要
3) 必要な「権限セット」(権限) Salesforce 「Slack Standard User」
・Slack Auth
・Slack Message
・Slack Setup
・Salesforce を Slack に接続 「Sales Cloud for Slack」
・Salesforce を Slack に接続
・Slack Sales ユーザ
・フローを実行
4) 必要な「Salesforceのインターフェース」 Lightning Experience
Classic Experience × ×
5) 必要な「Salesforceのエディション」 Enterprise、
Unlimited、Developer
Professional
※Salesforce API へのアクセス権限が必要
×
Performance
6) 問い合わせ先 アプリのWEBサポート ツールの連携とタスクの自動化
(画面右上のお問い合わせボタンを押下)
機能追加・改修予定無
Salesforceの通常のお問い合わせ・サポート
(トピック SalesCloud for Slack を選択)
7) 複数組織への接続 不可。Salesforce とSlackは1つの環境としか接続できないので注意(本番環境/Sandbox の併用は不可)

※参考サイト:Salesforce×Slack インストール・初期設定

https://musukano.com/launch-flow-from-slack/

Salesfoce × Slackの初期設定方法を画面イメージ付きで解説(②Salesforce for Slack、③SalesCloud for Slack利用時に活用)

参考サイト一覧 No.9 参照

Sales Cloud for Slack_通知例_1

Sales Cloud for Slack_通知例_2

また、通知例3のように商談URLを可変にしたい場合は、フロー内のコアアクション「Slack メッセージを送信」を編集を用いて、Slackメッセージテキストを作成します。Slack で使われる "mrkdwn" 形式でリンクを表現することで対応可能です。

「Slack 通知(カスタム通知)」の差し込み項目では、商談のURLを可変にすることができませんのでご注意ください。(カスタムデスクトップ通知とモバイル通知のタイトル項目と本文項目では、テキスト形式のみをサポート)

【図2】②Salesforce for Slack 利用時のSlack投稿画面

図2②Salesforce for Slack利用時のSlack投稿画面

通常、Slack上にSalesforceのURLを投稿・共有すると【図2】①のようにリンクが表示されます。
②Salesforce for Slack を利用すると【図2】②のようにリンクとレコード情報が自動で表示され、
「Slackで表示」ボタンを押下すると「Slackレコードレイアウト」で設定した項目を表示し、Slack上で更新が可能になります。
「Slaesforceで開く」ボタンを押下すると、リンク同様Salesforce画面が表示されます。

弊社では、③SalesCloud for Slack を通知メインで利用していく予定です。
・Slackの領域の占有度合いを下げたい為、②Salesfoce for Slack の利用は先送り。
・Slackレイアウトにも課題があり、③SalesCloud for Slack のレコード登録・更新機能はもう少し使い勝手がよくなってから活用を検討。

最後に

冒頭に記載した問いかけは著者自身のことです。弊社にて本ツールの導入・設定を進めていた際、どのアプリをどんな時に活用すればよいのかわからず一時迷走しました。ヘルプページもまだあまり日本語化されていない中、誘導されすぎてWEB上で迷子にも。。
しかしながら、ツールの関係性・全体像を理解できたことで、各種設定をスムーズに行えるようになりました。今後は、プリインストールしたフローの中身・構造を理解し、オリジナルの通知設定に取り組む予定です。Salesforce × Slackの連携関連の Trailehead の充実はこれからのようですので、本記事を通して、Salesforce × Slack 連携アプリ 導入の足がかりとなりましたら幸いです。

参考サイト一覧

  • ②Salesforce for Slack、③Sales Cloud for Slack アプリ関連

    Chrome をご利用で英語のヘルプページを日本語でご覧になりたい方は「右クリック」の上「日本語に翻訳」機能をご利用ください。

    No 内容 URL
    1 サービス紹介ページ Salesforce Integrations for Slack 英語
    日本語
    2 Salesforce×Slack連携のヘルプポータル Salesforce for Slack Integrations 英語
    3 Salesforce for Slack 統合リリースノート Salesforce for Slack Integrations Release Notes 英語
    3-1 Salesforce Apps for Slack リリースノート Salesforce Apps for Slack Release Notes 英語
    3-1-1 Sales Cloud for Slack リリースノート Sales Cloud for Slack Release Notes 英語
    3-2 管理ツール リリースノート Salesforce Admin Tools for Slack Release Notes 英語
    3-2-1 Salesforce for Slack リリースノート Salesforce for Slack App Release Notes 英語
    4 Salesforce for Slack 機能紹介 Salesforce for Slack 英語
    5 Sales Cloud for Slack 機能紹介 Sales Cloud for Slack 英語
    6 Sales Cloud for Slack (正式リリース) Sales Cloud for Slack (Generally Available) 英語
    7 Sales Cloud for Slack 通知フローのリファレンス Sales Cloud for Slack Notification Flows Reference 英語
    8 Slackのフローコアアクション Slack Flow Core Actions 英語
    9 カスタム Slack 通知への標準通知のコピー 日本語
    10 Slack 通知の差し込み項目 日本語
    11 通知ビルダーに関する考慮事項 日本語
    12 Slack 向け Salesforce アプリの制限事項 英語
  • 以降は、廃止予定の ①Salesforce アプリ関連

    No 内容 URL
    1 ツールの連携とタスクの自動化(Slack で Salesforce を使えるように設定する) 日本語
    2 ツールの連携とタスクの自動化(Slack 用 Salesforce アプリ) 日本語
  • 当メディア「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズでは自社データの分析・活用支援も行っております。興味をお持ちの方はぜひ下記よりお問い合わせください。

    この記事のライター

    大手独立系SIer、ITベンチャー企業、大手マーケティングリサーチ企業での職務を経て、2015年に株式会社ヴァリューズへ中途入社。2021年からSalesforceの業務支援に携わるようになり現在に至る。趣味は旅行、散歩。

    関連するキーワード


    Salesforce

    関連する投稿


    ワークフロー・プロセスビルダーからSalesforceフローへの移行の心得とは?

    ワークフロー・プロセスビルダーからSalesforceフローへの移行の心得とは?

    Salesforce の導入利点として、年に3回行われるメジャーリリースがあげられます。それにより、Salesforce のサービスがアップグレードし、更に拡張された機能が利用できるようになります。一方で、利用できなくなる機能もあり、今回は廃止予定の「ワークフロー」と「プロセスビルダー」を「フロー」化対応した際の心得についてお話します。


    Salesforceの標準オブジェクトとは?初心者向けの解説まとめ

    Salesforceの標準オブジェクトとは?初心者向けの解説まとめ

    Salesforceを活用するうえで、重要な概念が「​オブジェクト」です。 本記事では、Salesforceの主要な標準オブジェクトについて、初心者の方向けにご紹介します。


    最新の投稿


    【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

    【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

    近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


    Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

    Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

    The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


    検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

    検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

    競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


    Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

    Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

    2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


    地産地消 ~ 道の駅と食育から

    地産地消 ~ 道の駅と食育から

    近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


    競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら