競合分析をする方法や必要性は?マーケティングで効果を出すための手法

競合分析をする方法や必要性は?マーケティングで効果を出すための手法

市場の中には、たくさんのライバル企業が存在することでしょう。競争を生き残るには、相手を知り、競合分析をすることが大切となります。この記事では、マーケティングで効果を出すためのポイントとなる、競合分析の必要性や方法を解説します。


競合分析の定義とは?

競合分析とは、販売戦略を練る際に、どのようなライバルがいるのかを分析することです。
戦略策定をするには、3C分析などもあり、ここで取り上げている競合分析も含まれています。

どの会社のサービスや商品が競合となるのか、また競合の技術やノウハウなども分析します。
分析をする相手には、同じ業界の中の企業群だけでなく、潜在的に競合となる可能性がある企業やサービスも含めると良いでしょう。

競合分析の方法

実際に競合分析をする方法を解説していきましょう。

競合の情報収集

競合分析では、競合の情報を収集し、マーケティング戦略を分析することがポイントです。

競合の情報を収集するのには、2つの面が含まれます。
・ターゲットとなる顧客
・ターゲットとなる製品やサービス
上記の2つです。

・ターゲットとなる顧客

ターゲットとなる顧客を分析すると、競合相手を見分けることができます。
顧客のニーズを深くリサーチしていくと、現在のライバル企業だけでなく、別の業界の企業もライバルになり得ることに気づかされることもあるからです。

逆のケースとして、顧客層が異なれば、競合相手にならないということもあります。
顧客層をリサーチすることは、本当の競合他社を見つけだすのに必要な作業なのです。

・ターゲットとなる製品やサービス

ターゲットとなる顧客が判断できた段階で、企業が提供している製品やサービスを分析するために、情報を集めます。
どのような機能を備えている製品で、どのような特徴があるのでしょうか?

自社の商品やサービスにオリジナリティを出すために、ターゲットとなる製品やサービスを調査します。
ホームページなどに掲載されている情報を集めることも、製品やサービスの情報を集めるのに有効な方法です。

中には、誇張されて掲載されているケースもありますが、データとしては活用することができるでしょう。
競合他社の商品やサービスを利用した声なども集めると、競合分析に役立つデータを集めることが可能です。

マーケティング戦略を分析

ライバル企業のマーケティング戦略を分析することも大切です。
マーケティング戦略は全体像をつかむのが難しいのですが、複数のプロセスを組み合わせて顧客を満足させる仕組みを構築していることが多くあります。

実際にライバル企業の顧客になることも必要でしょう。
一連の流れを通して、顧客のニーズをどのように満足させているのかを考えることができます。

すでに公開されている情報だけでなく、実際に体験したり、顧客の声を集めることでマーケティングの方法を探ることができます。

競合分析が必要な理由

競合分析を進めることは、ビジネスの世界で生き抜くために大切です。
競合企業がどのように製品やサービスを提供するのか見極め、明確に差別化することで、顧客のニーズをつかむことが可能になるからです。

自社のサービスや製品を販売するのに、分析する必要がある競合を見極めておけば、ターゲットや顧客を明確にできます。

結果としてマーケティングに成功する確率を高めることができるでしょう。

競合他社を見つける方法

競合分析をするには、効率的に競合他社を見つけることが重要です。

どのように競合他社を判断することができるのか、2つのポイントを解説します。

ターゲットを明確にする

最初のポイントは、ターゲットを明確にすることです。
競合は同じ業界にいるものという常識を捨てて、ニーズから割り出されるターゲットを探り出します。

テクノロジーが進歩しているので、これまでの境界線を越えて競合が現れることもあります。
ターゲットを明確にしておくことで、より焦点のあった競合相手を見つけることができるでしょう。

どのようなターゲットが推測されるのか、何が目的となっているのか、考慮することはターゲットを明確にする上で大切です。

競合他社の製品やサービス

競合の製品やサービスを洗い出しすることも、ライバル企業を見つけるのに大切です。
主に価値があるサービスや商品を見ることで、競合となるものを探し出すことができます。

例えば、これまでは写真を撮るのであればカメラを使うことが多かったでしょう。
しかしスマホのカメラの画質が向上するにつれて、デジカメの競合はスマホにまでも変化しました。

もちろんニーズは異なるので、全てが競合になるわけではありません。
しかし何を提供しているのかを明確にしておくと、競合他社の製品やサービスを見つけやすくなります。

Webサイトの競合を見つけるには、業界別のサイトランキングを無料で作成できる「eMark+」を活用することができます。

カテゴリ別に検索することができ、伸びているサイトやベンチマークしておきたいサイトをすぐに見つけることが可能です。

ツールの詳しい活用方法は、以下の記事もご覧ください。

業界別のサイトランキングを無料で作成できる「eMark+」活用法

https://manamina.valuesccg.com/articles/486

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?

競合分析をしっかりしてマーケティングで成果を出す

自社の製品やサービスを提供する上で、競合分析をすることは非常に大切です。
多くのライバルが市場にいる中で、オリジナリティのある製品やサービスにすることができるからです。

競合サイト分析をするには、自社サイトや競合サイトのアクセス数やユーザー層を比較することが重要となります。

競合サイトを分析するのに役立つツールについては、こちらの記事もご覧ください。

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

https://manamina.valuesccg.com/articles/449

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。

この記事で取り上げたポイントをおさえて、競合分析することで、強みを生かしたマーケティングを行っていきましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


2019年に注目を集めた広告キャンペーンは? PayPayやコカコーラなどの事例まとめ

2019年に注目を集めた広告キャンペーンは? PayPayやコカコーラなどの事例まとめ

2019年に集客に成功した広告キャンペーンをまとめました。サイト分析ツール「eMark+」を使い、訪問ユーザー数が前月比で急上昇したものをピックアップしています。広告キャンペーン設計に活かしてみてください。


コンテンツを楽しんでいる消費者に嫌われない「文脈ターゲティング」とは?【アドテック東京2019レポート】

コンテンツを楽しんでいる消費者に嫌われない「文脈ターゲティング」とは?【アドテック東京2019レポート】

アドテック東京2019のセッションで、「嫌われない広告とは何か」をテーマにセッションが行われました。クレディセゾンの栗田さんをモデレーターに迎え、ライオンの内田さん、RoomClipの川本さん、ヴァリューズの齋藤さんの3社が対談。事例をもとに、コンテンツを楽しんでいる消費者に嫌われない、文脈に合わせた広告手法が語られました。


グローバル広告代理店GroupMが行う、デジタルメディアデータを活用したプロモーションプランニングの方法とは

グローバル広告代理店GroupMが行う、デジタルメディアデータを活用したプロモーションプランニングの方法とは

世界No.1の広告代理店WPPグループのメディア・エージェンシー「グループエム」。数多くのグローバル企業のコミュニケーション戦略と施策を手がける同社は、InstagramやYouTubeといった巨大プラットフォームだけでなく、月数十万UU規模のニッチメディアも含めた緻密なメディアプランニングを行っているといいます。活用しているのは国内主要サイトのユーザー数や属性の分析ができるツール「eMark+(イーマークプラス)」。これらのデジタルメディアデータを使ってどのようにプランニングを行っているのか、グループエムのマネージャー・植村輝(うえむら・ひかる)さんにマナミナ編集部が取材しました。


Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。


基礎から学ぶ代表的なマーケティング理論(3C・4P・カスタマージャーニー・AIDMA/AISAS・パーセプションフロー)

基礎から学ぶ代表的なマーケティング理論(3C・4P・カスタマージャーニー・AIDMA/AISAS・パーセプションフロー)

マーケティングで使われる理論は略語や似た用語が多く混乱しがちです。代表的な「3C分析」「4P分析」「カスタマージャーニー」「AIDMA / AISAS」「パーセプションフロー」について用語の定義と役立つ場面について説明します。


最新の投稿


急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『広報』『事務』『経理』『商品管理』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

2020年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「ポストオリンピックの経済をロンドン五輪から予測」です。大会後の日本経済について、サイト分析ツール「eMark+」や過去の開催国の経済を参考に予測します。


サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。


中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

2019年の訪日中国人数は959.4万人。この膨大な窓口の先にある未知数の市場、中国市場。そんな中国市場向けにプロモーションを行なってみたものの、上手く成果に結びつかないという方も多いのではないでしょうか?1月28日に開催された「ヴァリューズ×バイドゥ×フルスピード共催セミナー」では、中国での豊富な調査データをもとにした分析に強みを持つ株式会社ヴァリューズが、最新のインバウンド事情と成功に必要なマーケティング手法を紹介しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら