競合分析をする方法や必要性は?マーケティングで効果を出すための手法

競合分析をする方法や必要性は?マーケティングで効果を出すための手法

市場の中には、たくさんのライバル企業が存在することでしょう。競争を生き残るには、相手を知り、競合分析をすることが大切となります。この記事では、マーケティングで効果を出すためのポイントとなる、競合分析の必要性や方法を解説します。


競合分析の定義とは?

競合分析とは、販売戦略を練る際に、どのようなライバルがいるのかを分析することです。
戦略策定をするには、3C分析などもあり、ここで取り上げている競合分析も含まれています。

どの会社のサービスや商品が競合となるのか、また競合の技術やノウハウなども分析します。
分析をする相手には、同じ業界の中の企業群だけでなく、潜在的に競合となる可能性がある企業やサービスも含めると良いでしょう。

競合分析の方法

実際に競合分析をする方法を解説していきましょう。

競合の情報収集

競合分析では、競合の情報を収集し、マーケティング戦略を分析することがポイントです。

競合の情報を収集するのには、2つの面が含まれます。
・ターゲットとなる顧客
・ターゲットとなる製品やサービス
上記の2つです。

・ターゲットとなる顧客

ターゲットとなる顧客を分析すると、競合相手を見分けることができます。
顧客のニーズを深くリサーチしていくと、現在のライバル企業だけでなく、別の業界の企業もライバルになり得ることに気づかされることもあるからです。

逆のケースとして、顧客層が異なれば、競合相手にならないということもあります。
顧客層をリサーチすることは、本当の競合他社を見つけだすのに必要な作業なのです。

・ターゲットとなる製品やサービス

ターゲットとなる顧客が判断できた段階で、企業が提供している製品やサービスを分析するために、情報を集めます。
どのような機能を備えている製品で、どのような特徴があるのでしょうか?

自社の商品やサービスにオリジナリティを出すために、ターゲットとなる製品やサービスを調査します。
ホームページなどに掲載されている情報を集めることも、製品やサービスの情報を集めるのに有効な方法です。

中には、誇張されて掲載されているケースもありますが、データとしては活用することができるでしょう。
競合他社の商品やサービスを利用した声なども集めると、競合分析に役立つデータを集めることが可能です。

マーケティング戦略を分析

ライバル企業のマーケティング戦略を分析することも大切です。
マーケティング戦略は全体像をつかむのが難しいのですが、複数のプロセスを組み合わせて顧客を満足させる仕組みを構築していることが多くあります。

実際にライバル企業の顧客になることも必要でしょう。
一連の流れを通して、顧客のニーズをどのように満足させているのかを考えることができます。

すでに公開されている情報だけでなく、実際に体験したり、顧客の声を集めることでマーケティングの方法を探ることができます。

競合分析が必要な理由

競合分析を進めることは、ビジネスの世界で生き抜くために大切です。
競合企業がどのように製品やサービスを提供するのか見極め、明確に差別化することで、顧客のニーズをつかむことが可能になるからです。

自社のサービスや製品を販売するのに、分析する必要がある競合を見極めておけば、ターゲットや顧客を明確にできます。

結果としてマーケティングに成功する確率を高めることができるでしょう。

競合他社を見つける方法

競合分析をするには、効率的に競合他社を見つけることが重要です。

どのように競合他社を判断することができるのか、2つのポイントを解説します。

ターゲットを明確にする

最初のポイントは、ターゲットを明確にすることです。
競合は同じ業界にいるものという常識を捨てて、ニーズから割り出されるターゲットを探り出します。

テクノロジーが進歩しているので、これまでの境界線を越えて競合が現れることもあります。
ターゲットを明確にしておくことで、より焦点のあった競合相手を見つけることができるでしょう。

どのようなターゲットが推測されるのか、何が目的となっているのか、考慮することはターゲットを明確にする上で大切です。

競合他社の製品やサービス

競合の製品やサービスを洗い出しすることも、ライバル企業を見つけるのに大切です。
主に価値があるサービスや商品を見ることで、競合となるものを探し出すことができます。

例えば、これまでは写真を撮るのであればカメラを使うことが多かったでしょう。
しかしスマホのカメラの画質が向上するにつれて、デジカメの競合はスマホにまでも変化しました。

もちろんニーズは異なるので、全てが競合になるわけではありません。
しかし何を提供しているのかを明確にしておくと、競合他社の製品やサービスを見つけやすくなります。

Webサイトの競合を見つけるには、業界別のサイトランキングを無料で作成できる「eMark+」を活用することができます。

カテゴリ別に検索することができ、伸びているサイトやベンチマークしておきたいサイトをすぐに見つけることが可能です。

ツールの詳しい活用方法は、以下の記事もご覧ください。

業界別のサイトランキングを無料で作成できる「eMark+」活用法

https://manamina.valuesccg.com/articles/486

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?

競合分析をしっかりしてマーケティングで成果を出す

自社の製品やサービスを提供する上で、競合分析をすることは非常に大切です。
多くのライバルが市場にいる中で、オリジナリティのある製品やサービスにすることができるからです。

競合サイト分析をするには、自社サイトや競合サイトのアクセス数やユーザー層を比較することが重要となります。

競合サイトを分析するのに役立つツールについては、こちらの記事もご覧ください。

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

https://manamina.valuesccg.com/articles/449

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。

この記事で取り上げたポイントをおさえて、競合分析することで、強みを生かしたマーケティングを行っていきましょう。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。


競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+

競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+

市場調査、競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」で最もよく利用されている機能「Site Analyzer(サイトアナライザー)」はどんなことができるツール?詳しくご紹介します。


検索キーワードだけでなく人気コンテンツもわかる!Keyword Finderとは?|eMark+

検索キーワードだけでなく人気コンテンツもわかる!Keyword Finderとは?|eMark+

競合サイト分析ができるツールeMark+(イーマークプラス)のKeyword Finder(キーワードファインダー)を使うと、キーワードの検索ボリュームだけでなく、検索後の人気コンテンツも発見できるのをご存知でしょうか?SEOからの流入を増やしたい、ターゲットユーザーに効果的なコンテンツを作りたいという担当者の方、要チェックです。


マーケティングオートメーションとは何?導入すべきメリットは?

マーケティングオートメーションとは何?導入すべきメリットは?

マーケティングには当然、コストや時間がかかります。そこで、複雑な作業や大量の作業を自動化するために、マーケティングオートメーションというものを利用します。こうしたツールでビジネスの効率化を目指すのです。では、マーケティングオートメーションとはどのようなものを指すのか、メリットやデメリットは何でしょうか?この記事で詳しく解説します。


3C分析の概要とフレームワークの重要性とは?目的とやり方を解説

3C分析の概要とフレームワークの重要性とは?目的とやり方を解説

自社製品やサービスの特徴を理解し、マーケティング施策をすることで、順調な販促が可能となります。必要なマーケティング戦略を考えるのに、3C分析という方法があります。3C分析をすることで、ニーズや自社の強みを分析し、効果的な施策に活かすことができるのです。この記事では、3C分析の意味や実際の手順を解説します。


最新の投稿


消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みにしのぎを削っています。アーリーアダプターからアーリーマジョリティへの市場拡大は思惑通りに進むのでしょうか。


LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

Webメディアを運営していると、広告をクリックされるのにコンバージョン数の向上が見られないという現状に悩むこともあるでしょう。そんなときは広告の運用方法を見直す他にも、LPOを行うことが効果的かもしれません。では、そもそもLPOの具体的な意味や方法はどのようなものでしょうか?LPOに関する基本的なポイントや、効果のあるLPOについて解説します。


【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

Facebook、Twitter、Instagramは、世界中で多くのユーザーに利用され、3大SNSとも呼ばれています。今回はこれら3大SNSアプリの国内でのユーザー数の推移を動画で可視化しました。 老若男女問わず“インスタ映え”がステータスのひとつになって久しい昨今、若者のFacebook離れがささやかれたりと、SNSの世界は実のところどうなっているの…?利用者の違いや併用状況についてもご紹介します。


データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。


VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

動画コンテンツが普及している昨今では、自社の動画コンテンツを配信し、ターゲットに視聴してもらうことは重要です。いかにニーズを持っている層に、検索で動画を視聴してもらうのかというVSEOを行うことが不可欠となります。この記事では、VSEOとはどのような施策のことを指すのか、またVSEOを行う手順を解説します。


メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら