基礎から学ぶ!行動経済学の入門書籍18選

基礎から学ぶ!行動経済学の入門書籍18選

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性が高いとされ、さまざまな場面で活用が進んでいます。その行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本で学ぶのが近道です。今回は、高校生でも理解できるぐらい平易に書かれたものから読み物としても充実したもの、そして学術的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるように18冊の本を紹介します。


行動経済学の基礎を軽く紹介

経済学において、それぞれの理論を一般化する前提として「人は経済的合理性だけに基づき、個人主義的に行動する」と定義されます。

しかし実際は、人はときに合理的ではない行動を取ります。つまり現実世界では経済学の理論にあてはまらないケースが出てきてしまいます。

そこで心理学を取り入れ、より現実に近い経済活動の研究を目的としているのが「行動経済学」となります。

一般に知られた行動経済学として、以下のような理論があります。

プロスペクト理論
人は損失に対しては過大に評価する傾向があり、実際の損得と心理的な損得は一致しないという理論。

サンクコスト効果
サンクコストとは、費やしてしまったがどのようにしても取り戻せない金銭、時間、労力を指し、これらを取り戻そうとする心理効果。

アンカリング効果
アンカリング効果とは、初めに提示された情報が強い印象としてインプットされ、その後の意思決定に影響を与える効果。

理論の概要だけでは伝わりづらいかと思いますので、行動経済学についてはこちらの記事もぜひご一読ください。

マーケティングで活用がすすむ「行動経済学」とは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/1147

経済学や経済行動に心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど有名な理論も含まれ、2017年にリチャード・セイラー教授がノーベル経済学賞を受賞し、さらに注目を集めるようになりました。今回は、行動経済学と経済学の違いから行動経済学をビジネスやマーケティングにどのように落とし込んで実践するかを解説します。

行動経済学の基本を学ぶのにおすすめの4冊

まず初めに、行動経済学について基本から学ぶのにおすすめしたい4冊を紹介します。基本の解説が充実しているのはもちろんですが、イラストや漫画を多用しているため、気軽に読み進められます。

「行動経済学入門」

「入門」とあるように、行動経済学の基本を学べるだけではなく、行動経済学がこれまで導き出してきた理論を、実証実験を踏まえて解説している一冊です。

行動経済学の「行動」部分、つまり選択についての例は、日常での買い物における選択などというように身近な例で紹介されており、親近感があって理解しやすくなっています。そのほか、難しい表現は極力控え、理解しやすい構成になっている点もおすすめの理由です。

行動経済学入門 Kindle版

「行動経済学見るだけノート」

行動経済学の概要について、イラストを多く用いて解説されています。視覚でイメージをつかめるので、理解しやすくなっているのが本書の特徴です。

イラストメインで文章量が少ないため、じっくり腰を据えて本を読む時間がない人やほかの行動経済学の本を手にしたものの、挫折した経験があるという場合でも難なく読み進められるでしょう。

知識ゼロでも今すぐ使える! 行動経済学見るだけノート Kindle版

「マンガでわかる行動経済学 いつも同じ店で食事をしてしまうのは?なぜギャンブラーは自信満々なのか?」

行動経済学の基本的な内容を起点に、我々がつい商品を買ってしまいたくなるような話題、つまりはマーケティングや経済と関係する話題を、タイトルどおり「マンガ」で解説しています。漫画ゆえの読みやすさが本書の魅力と言えます。ギャンブラーについての話題は、後半に投資とギャンブルの解説があり、そこで紹介されています。

マンガでわかる行動経済学 いつも同じ店で食事をしてしまうのは?なぜギャンブラーは自信満々なのか? (サイエンス・アイ新書)

「行動経済学まんが ヘンテコノミクス」

本書もタイトルどおり、漫画にて行動経済学における「アンダーマイニング効果」「おとり効果」「極端回避性」「同調行動」など計23の重要な理論の解説を行っています。各理論は4ページほどの漫画解説のほかに250字程度の解説が付けられており、読み進められやすいのが特色です。

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

行動経済学の応用を学ぶのにおすすめの10冊

これまでに紹介した書籍で行動経済学の基本、概要について学んだ上で読むとさらに行動経済学についての理解が深まる10冊の書籍を紹介します。

「人は悪魔に熱狂する 悪と欲望の行動経済学」

これまで登場したヒット商品や話題の出来事を、マーケティング理論と行動経済学、そしてデータサイエンスといった学術理論を組み合わせた上で、深層心理に潜んでいる欲望・欲求、本書流に表わすと「悪魔的な欲望」がヒット商品や出来事に影響を与えたのかを紹介しています。身近な事例を行動経済学を中心とした理論で解説しているので、読み応えはとても強くなっています。

人は悪魔に熱狂する 悪と欲望の行動経済学

「トリガー 人を動かす行動経済学26の切り口」

行動経済学の理論を理解できても、それを実務に当てはめる段になると、どこから手を付けるべきかが悩みどころ。本書では行動経済学の理論をマーケティングの施策に落とし込む「26」の切り口を解説しています。行動経済学をいかにして実務に活かすかを考えるのに最良の一冊と言えます。

トリガー 人を動かす行動経済学26の切り口

「行動経済学の使い方」

2007年に設立された「行動経済学会」の創立メンバーのひとり、大阪大学教授・大竹文雄氏の著書。

行動経済学の現状としては、基本的な部分は研究が進み、すでに「利用する段階」に到達しているとし、行動経済学の具体的な利用方法を紹介しています。

プロスペクト理論、現状維持バイアス、互恵性と利他性、ヒューリスティックスという4つの理論に加え、ナッジ(望ましい行動決定のための注意喚起法)の作り方を解説しています。

行動経済学の使い方 (岩波新書)

「愛と怒りの行動経済学 賢い人は感情で決める」

愛、怒り、そして妬みといった感情は、経済学の観点では合理的な意思決定を妨げる要因とされます。本書ではこの捉え方を悲観的すぎるものとし、じつは感情というものは合理的でさまざまな利益をもたらしてくれるという論を、ゲーム理論や進化論を交えて紹介しています。筆者による数々の実験、自らのコミュニティでの出来事をもとに解き明かします。

愛と怒りの行動経済学 賢い人は感情で決める (早川書房)

「行動経済学の逆襲」

行動経済学の大家、リチャード・セイラーの著作。氏の研究の足跡を大学院生当時から時系列に描いた、自伝的な一冊と言えます。そのため、行動経済学の成り立ちや発展の過程までを知るのにも一役買ってくれるでしょう。理論的な話に偏らず、エピソード的な要素も多分に詰まっているため、興味を持って通読できるでしょう。

行動経済学の逆襲 (早川書房)

「予想どおりに不合理」

心理学、ならびに行動経済学を専攻する研究者、ダン・アリエリー教授の著書で、ニューヨーク・タイムズのベストセラーになった一冊。この本が行動経済学ブームの火付け役とも言われています。行動経済学の基本を知りたい場合、最初に読むことをおすすめしたい一冊です。

本書では面倒なことを先延ばししてしまったり、思うように我慢(辛抱)ができないといった、生活の中で直面する問題について、さまざまな実験や検証を紹介しています。ほかにも行動経済学が日常に溶け込んでいる事例も紹介されており、読み応え十分となっています。

予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 Kindle版

「選択の科学」

「選択肢が多すぎるとストレス度が上がり、選択そのものを放棄してしまう」というアイエンガーの法則でも知られるシーナ・アイエンガー教授の著書。

アイエンガーの法則は、24種類のジャムを並べるよりも6種類に絞ったほうが売れる、という“ジャムの法則”が有名です。人生において多々現れる「選択」に迫られるシーン。そこで最良の選択をするにはをテーマに、さまざまな人間心理について書かれています。

豊富な事例、実験によるデータも紹介されているので、ビジネスシーンにおける選択促進のヒントも得やすくなっています。

選択の科学

「実践 行動経済学」

2017年にノーベル経済学賞を受賞した、リチャード・セイラー教授による著書。本書のテーマ(原題)は「Nudge(ナッジ)」という行動経済学のいち理論で、非合理的な判断をしようとしていた人に対し、ちょっとした注意や合図を送り、合理的な判断ができるように促すというもの。

このナッジを活かせるシーンを紹介、検証し、合理的な判断をもとにしたベターな暮らしを送るための解説。そして医療や環境、婚姻制度などの社会制度変革の実践的なアイデアについても言及しています。

実践 行動経済学 Kindle版

「ヤバい経済学」

直接的な行動経済学の書籍ではありませんが、行動経済学に関心があれば面白く読める、いわばエンターテインメント的な一冊です。

キーワードは「インセンティブ」で、このインセンティブの設計次第で人の行動は大きく変わるという事実があります。その事実を、罰金や報奨を設定してもその効果は裏目に出てしまうケースを事例をもとに解説しています。インセンティブの例はマーケティングのみならず、人事制度への応用も考えられます。

ヤバい経済学〔増補改訂版〕―悪ガキ教授が世の裏側を探検する Kindle版

『行動経済学 経済は「感情」で動いている』

本書のカテゴリーとしては「行動経済学入門」と同様、行動経済学の入門書です。

経済学の知識、理解がなくてもわかりやすい構成で、行動経済学を学ぶにはうってつけの内容となっていますが、「行動経済学入門」との大きな違いは、クイズなど読者が一緒になって考えられる要素が多分に含まれる点にあります。

行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)

さらに深く行動経済学に触れられる4冊

ここから紹介する4冊は、行動経済学の学術的な内容の扱いがメインとなっています。行動経済学をさらに深堀りしたい方におすすめです。

「医療現場の行動経済学 すれ違う医者と患者」

医療従事者と患者の間で交わされるコミュニケーションにおいて、少なからず起こってしまう「すれ違い」。これを極力少なくするために行動経済学の理論・考え方を取り入れ、すれ違いが極力起こらないような意思疎通の方法を構築する、という実際に行われている取り組みについて紹介しています。

医療現場の行動経済学―すれ違う医者と患者

「行動経済学 伝統的経済学との統合による新しい経済学を目指して」

本書の内容は一応、行動経済学の入門書という位置づけにはなっていますが、大学の経済学部の学生(おもに3~4年生)のテキストとして用いられると想定されています。したがって、一般書と比較すると行動経済学の定義は厳密なものになっています。そして、行動経済学が果たす役割について、一般書とは異なる捉え方となっており、全体を通して学術的な行動経済学書と言えます。

行動経済学(新版)

「エッセンシャル版 行動経済学」

行動経済学の学問的な知識を学ぶのにおすすめしたい一冊です。マーケティングに直接活用できる本ではありませんが、体系的に行動学の理解を深めるのに役立つ本と言えます。

今回紹介する本の中では、教科書的でやや硬派な印象ですが、行動経済学の基礎となる「人を動かす要因は何か」「人は社会的要因からどのような影響を受けるのか」「選択や意思決定は性格や感情にどう影響を及ぼすのか」を、わかりやすく解説しています。

〔エッセンシャル版〕行動経済学 (早川書房) Kindle版

「ファスト&スロー(上・下)」

2002年に行動経済学者として初のノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン教授による著書。

人の意思決定は「直観的な早い思考」と「論理的な遅い思考」が作用し、非合理的な判断をしてしまう場合があるとし、その理由と証拠を結びつける実験内容を紹介しています。合理的な判断をしなければならないとき、非合理的な判断をしないようにするにはどうすべきか?といった知見を上下巻で多数提示しています。

ファスト&スロー(上)Kindle版

ファスト&スロー(下)Kindle版

行動経済学のまとめ

今回の紹介記事だけでも、なんとなく行動経済学とマーケティングの親和性の高さを感じていただけたのではないでしょうか? 人間心理についても言及されていますので、単純に読み物としても興味深い内容のものばかりなので、マーケティングでの活用などを抜きにして、知識の仕入先としても今回の10冊はおおいにおすすめできます。

行動経済学に関するFAQ

「行動経済学」とは?

経済学や経済行動に心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど有名な理論も含まれ、2017年にリチャード・セイラー教授がノーベル経済学賞を受賞し、さらに注目を集めるようになりました。具体的には、『マーケティングで活用がすすむ「行動経済学」とは?』の記事で解説しています。

行動経済学の「ナッジ」とは?

「ナッジ(nudge)」は、直訳すると「そっと押して動かす」という意味。行動経済学でいう「ナッジ」は、「経済的な報酬や罰則といった手段を用いるのではなく、人が意思決定する際の環境をデザインし、自発的な行動変容を促す」手法を指しています。行動経済学の「ナッジ」は、政策やマーケティング・UIなどに活用されています。

「プロスペクト理論」「サンクコスト効果」「アンカリング効果」も行動経済学の理論?

費やしてしまったコストを取り戻そうとする「サンクコスト効果」など、一般によく知られた理論も行動経済学の成果の一つです。「プロスペクト理論」「サンクコスト効果」「アンカリング効果」 については、『マーケティングで活用がすすむ「行動経済学」とは?』の記事で解説しています。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


行動経済学

関連する投稿


ブランディングについて学べるおすすめ本10選

ブランディングについて学べるおすすめ本10選

商品やサービス、そして企業自体に対し、共通したイメージを持ってもらう「ブランディング」。どれほど提供する商品やサービスが優れていたとしても、ブランディングがしっかりしていないと思うような結果が出せません。そのブランディングについて、基本から学べるおすすめの本を10冊紹介します。


トレンドワード「メタバース」を学べるおすすめの本7選

トレンドワード「メタバース」を学べるおすすめの本7選

シリコンバレーやゲーム業界を中心に、多くのメディアで取り上げられている「メタバース」というワード。メタバースは技術革新によって拡大する「仮想空間」を指すもので、SNSに続く世界を変革できるコンセプトともささやかれています。メタバースについて体系的に学ぶためにおすすめの本を7冊紹介します。


人の心理に迫る行動経済学 心理学とはなにが違う?

人の心理に迫る行動経済学 心理学とはなにが違う?

行動経済学の理論のひとつに「プロスペクト理論(人は損失を過大に評価する傾向があり、実際の損得と心理的な損得は一致しない)」というものがあります。経済学や経済行動に心理学を交えて分析する行動経済学ですが、こうした理論は心理学とはどのように違うのでしょうか。行動経済学と心理学の違いを解説していきます。


行動経済学がもたらすコロナ時代の行動変容

行動経済学がもたらすコロナ時代の行動変容

新型コロナウイルスの蔓延により、マスクの着用、密閉空間、密集場所、密接場面の三密回避、ソーシャルディスタンスの確保、消毒といった対策が取られるようになりました。これらは法的な強制力やペナルティ、そして報奨がないものも多いですが、人々の協力のもとに達成されています。なぜ人々が協力して「コロナ対策」に取り組むのか、またそれを促進できるかに、「行動経済学」が役立つと考えられています。


人を動かすヒントの宝庫!ノーベル賞を受賞した行動経済学

人を動かすヒントの宝庫!ノーベル賞を受賞した行動経済学

2002年、ダニエル・カーネマンがノーベル経済学賞を受賞し、注目を集めた「行動経済学」。2017年にもリチャード・セイラーも行動経済学でノーベル経済学賞を受賞しています。人の心理や感情の動きと経済学のミックスにより、ビジネスやマーケティングに取り入れられる点が注目されるひとつの理由です。両氏の代表的な理論から、行動経済学の基本的な柱を紹介します。


最新の投稿


急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

2022年6月19日~6月25日の検索急上昇ワードでは、19日に開催された「Yogibo presents THE MATCH 2022」関連のワードが上位入り。「天心」「武尊」といった出場選手名や、「ABEMA」などが検索されました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら