Salesforceの標準オブジェクトとは?初心者向けの解説まとめ

Salesforceの標準オブジェクトとは?初心者向けの解説まとめ

Salesforceを活用するうえで、重要な概念が「​オブジェクト」です。 本記事では、Salesforceの主要な標準オブジェクトについて、初心者の方向けにご紹介します。


Salesforce導入後、時間の経過と共に、「新しい課題が生まれカスタマイズを行いたいが、導入支援パートナーとの契約は終了しており、手をけられていない」「自社で開発を考えているが、Salesforceのオブジェクト(データ)の構造・全体像がわからない。」といった方も多いのではないでしょうか。

Salesforceはプログラミング言語の知識がない方でも、一定量ノーコード(コーディング不要)で実装できるのが強みですが、構造の理解は不可欠です。今回、初心者の方向けに、参考サイトと一部データ構造をまとめたものをご紹介します。

オブジェクトについて

Salesforceは営業活動を支援するSFA(Sales Force Automation)の機能と、顧客情報を管理・蓄積するCRM(Customer Relation Managemnet)の機能を兼ね備えているツールです。また、多数の「オブジェクト」で構成されるRDB(Relational Database)です。

「オブジェクト」とは、一言で表すとデータを格納する「箱」のことで、「取引先」「商談」など目的・性質に応じてデータを分類し、蓄積します。
「商談名」「取引先名」「完了予定日」など「オブジェクト」を構成する要素を「項目(フィールド)」と呼び、あらかじめ「項目」にリレーションを設定することで、「オブジェクト」間で情報を連携することができます。

Salseforceには、「取引先」のように 標準機能として提供されている標準オブジェクトと、組織独自で作成することができるカスタムオブジェクトが存在します。

Salseforceのデータベース構造

Salseforceのデータベース構造

次に、標準オブジェクトのデータ構造・オブジェクト間の連携を把握できるサイトについてご案内します。

標準オブジェクトの構造・定義把握に役立つサイト

Developer向けサイト

データモデル(ER図)

Salesforce組織にデフォルトで実装されている標準オブジェクトがどのように連携されているのか、依存関係を把握することができます。「セールスアプリケーションに関するオブジェクト」「ToDo オブジェクトと行動オブジェクト」「商品オブジェクトとスケジュールオブジェクト」の3つは、商談と関連するオブジェクトが何かであったり、活動・行動・Todoの関係性理解にも役立ち、プロセスビルダーやフローの実装など自動化する際に活用できます。

※参考:ER図の見方

【図解あり】初心者向け!ER図とEER図の基本とツールの選び方 | Cacooブログ

https://cacoo.com/ja/blog/entity-relationship-diagram-for-beginner/

ウェブサイトやシステムの複雑なデータベースの構造を可視化したいときは、ER図(実体関連モデル図)やEER図(拡張実体関連モデル図)をデータベースの設計図として活用しましょう。本記事では、ER図とEER図の基本と違い、ER図の作成ツールの選び方をご紹介します。

標準オブジェクト定義

各オブジェクトの項目説明です。SalesforceのUI上表示されない項目や項目名(英語表記)の記載や、オブジェクトの特徴・使用方法の記載があり、EmailMessage とTodo オブジェクトの関係性なども理解でき、こちらも実装時に活用できます。

Helpサイト

標準オブジェクト定義(取引先)
https://help.salesforce.com/articleView?id=sf.account_fields.htm&type=5

標準オブジェクト定義(取引先責任者)
https://help.salesforce.com/articleView?id=sf.contacts_fields.htm&type=5

標準オブジェクト定義(商談)
https://help.salesforce.com/articleView?id=sf.opp_fields.htm&type=5

標準オブジェクト定義(商談商品)
https://help.salesforce.com/articleView?id=sf.opportunity_product_fields.htm&type=5

標準オブジェクト定義(リード)
https://help.salesforce.com/articleView?id=sf.leads_fields.htm&type=5

商談周りの標準オブジェクトをピックアップ

主要な標準オブジェクトを業務フローにマッピングしてみます。

【図1】は、全体像を把握するため、実際の業務の流れ・フローと、オブジェクトをマッチングした例です。
(※フローは一例)


【図1】標準オブジェクトを業務フローにマッピング

【図1】標準オブジェクトを業務フローにマッピング

【図1】に主要なキーを記載し、オブジェクト間の関連性を理解できるようにしたものが【図2】です。


【図2】商談周りの標準オブジェクト

【図2】商談周りの標準オブジェクト

さらに【図3】は、【図2】の明細と価格表の関係を把握できるようにしています。


【図3】商談周りの標準オブジェクト(明細)

【図3】商談周りの標準オブジェクト(明細)

※視認性を高めるため一部のオブジェクトは省略しました。また、図を分割しているため一部のオブジェクトは重複しています。

こうしてみると各企業によって利用する機能を選択できるよう、柔軟な構造になっているのがわかります。

利用頻度が高い標準オブジェクト一覧

利用頻度が高いSalesforce標準オブジェクト一覧を作成しました。


名称
API参照名管理情報、利用用途(※1:要有効化)
取引先
Account
自社と取引のある、または取引する可能性のある企業情報。
法人だけでなく、個人の取引先も管理可能で、顧客/競合/パートナー企業全てを含みます。(※1)
※リレーションの中心となるオブジェクト。

取引先責任者
Contact
契約が成立もしくは商談が発生したお客様の名刺情報や、属性情報。
※1 人の取引先責任者を複数の取引先に関連付けることができます。(※1)
※リードまたは他のソースから発生します。

リード
Lead

自社の商品やサービスを購入する可能性のある、見込み/潜在顧客情報。

(お問い合わせされた方や、セミナー・キャンペーンに応募された方等)

※見込み顧客が取引先責任者に昇格すると、リード上からは非表示になります。
※リード上で取引を開始すると、関連する取引先責任者、取引先、商談の各レコードを自動的に作成することができます。

ケース
Case
顧客からのお問い合わせや質問、そのフィードバック等。
キャンペーン
Campaign
広告、メール、デモ、Webセミナー、展示会などのマーケティング活動全般のキャンペーン情報。
※それぞれ施策別に管理することができ、キャンペーン毎に、関連づくリード数、商談化した数、成立した商談の数や金額を可視化し、費用対効果を測ることができます。

商談
Opportunity

取引先、販売商品、販売予定額、成約予定日など、商談の内容や進捗・営業プロセスを管理

※フェーズ・確度毎に、売上予測を立てることができます。

商談商品
OpportunityLineItem
販売対象の商品明細情報。
※商品を商談に登録できるようにするには、商品/価格表/価格表エントリの3つの情報が必要です。

品目名スケジュール
OpportunityLineItemSchedule
特定の商談商品の数量、収益、納品日に関する情報。(※1)
※売上予測機能を利用できるようになります。

商談 取引先責任者の役割
OpportunityContactRole
商談に関係のある取引先の担当者情報。
※決済者/インフルエンサーなど、役割に応じて複数名登録することができます。

見積
Quote
商談の見積情報。(※1)
※見積を複数作成・管理し、商談成立後、採用した見積を商談商品に反映させることができます。

見積品目名
QuoteLineItem
見積対象の商品情報。
注文
Order
顧客から受けた注文情報。(※1)
※会社と顧客間の契約が起点となり、削減・返品なども可能です。

注文商品
OrderItem
注文対象の商品情報。
納入商品
Asset
販売品のシリアル番号、購入日、その他の情報なども含め、顧客が購入した特定の商品情報。
※自社以外で購入された商品も管理します。

契約
Contract
取引先および商談に関する契約情報。(※1)
※ワークフローアラートを利用することで、承認プロセスを通すことや、契約更改の通知を受け取ることができます。

商品
Product2
商品のマスタ情報。
価格表
Pricebook2
価格表。
※価格表を複数作成・管理することができ、1つの商品に対して様々な価格設定を行うことができます。

価格表エントリ
PricebookEntry
価格表に登録された商品情報。
※単価を管理します。

活動
Activity
電話やメール、訪問結果など日々の営業活動の業務記録。
※活動には ToDo、行動が含まれます。
※ToDo/行動にカスタム項目を追加する場合は、活動に追加します。
※ToDo/行動のレイアウトを修正する場合は、それぞれのオブジェクトで修正します。

ToDo
Task
ユーザがすべき営業活動をToDo情報(タスク)として登録し、進捗状況を管理。
※期日を過ぎても自動的に完了にならず、明示的に完了にする必要があります。
 例)明日の商談に向けて「提案書作成」をTodoとして登録

行動
Event
ユーザの日々の営業活動をスケジュール(行動)として登録し、予定を管理。
※期日を過ぎたら、自動的に完了になります。
 例)明日の商談の日程/場所を行動として登録

活動予定
OpenActivity
活動予定 (将来の行動や未完了の ToDo) の関連リストに表示される情報。
※オブジェクトに関連する全ての取引先責任者の活動が含まれます。

メール
EmailMessage
メール-to-ケースまたは拡張メールを使用している場合、取引先や取引先責任者、リードなどの活動コンポーネントから、メールを送ることができます。
※メール送信と同時にToDoが作成されます。

ユーザ
User
ユーザのアカウント情報。

本記事が、Salesforceの標準オブジェクト理解の参考になれば幸いです。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Salesforce

最新の投稿


Zoom、GoogleMeetなどオンライン会議ツールの利用実態を調査。コロナ禍でリモート文化は定着したのか

Zoom、GoogleMeetなどオンライン会議ツールの利用実態を調査。コロナ禍でリモート文化は定着したのか

コロナ禍で大きく需要が伸びたオンライン会議ツールについて、新しい「働き方」へ与えた影響を探っていきます。Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、Zoom、GoogleMeet、Skypeの3ツールのユーザー数や利用時間帯を調査。さらに、地方別のコロナ前後での伸び率や、年代別の比較も行っています。BtoBコミュニケーション施策を考える上での参考にしてみてください。


【トレンド調査】大豆ミートがじわじわ人気拡大中!検索者は「レシピ」にもっとも興味あり

【トレンド調査】大豆ミートがじわじわ人気拡大中!検索者は「レシピ」にもっとも興味あり

昨今、存在感を高める「大豆ミート」。健康や美容、環境への配慮から食生活を見直す人が増えている中、大豆ミートは新しい食の選択肢として注目を集める食材です。メディアでの露出や、飲食店や小売店で大豆ミートを使ったメニューを見かけることも増えてきました。じわじわと流行する大豆ミートについて、検索数推移や、検索者が知りたいことをWeb行動ログ分析ツールDockpitのデータで分析します。


白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

夏の商戦期と言えば、ボーナスが支給される6月~7月。この時期は家電量販店のCMをよく耳にすることもあり、自然と家電の購入意欲も高まってくるのではないでしょうか。さらに猛暑に備えて、性能のいいエアコンをボーナスで購入する人も多いと言われています。今回は白物家電の中でも「エアコン」と「洗濯機」に注目して、購買検討行動の中でどのようなニーズが発生し、ネットがどんな使われ方をしているのか、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」を用いて検索データから調査しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、プライムデー効果でAmazon関連アプリが複数上位に【2021年5月~2021年6月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、プライムデー効果でAmazon関連アプリが複数上位に【2021年5月~2021年6月】

スマートフォンアプリの最新インストール数ランキングTop5をまとめました。2021年6月はマイナポイントアプリが1位という結果に。プライムデー効果かAmazon関連アプリも複数上位にランクインしました。男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加

【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して消費者の旅行動向を分析しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー