LINEヤフー、LINEとYahoo! JAPANのアカウント連携を開始

LINEヤフー、LINEとYahoo! JAPANのアカウント連携を開始

LINEヤフー株式会社は、2023年10月4日より、ユーザーが任意で設定できるLINEとYahoo! JAPANのアカウント連携を順次開始することを発表しました。


ユーザーはLINEとYahoo! JAPANのアカウント連携に同意し、データを連携することで、例えば、Yahoo!カレンダーの共有機能で登録した予定をLINEの友だちと共有できる(2023年10月予定)など、LINEヤフーのサービス間のスムーズな情報連携が可能になります。

さらに、本連携により、ユーザーは以下のサービス・機能などを利用できます。

・限定のLINEスタンプをダウンロードできる。(2023年10月予定)
・Yahoo!ショッピングのお買い物時にPayPayで支払うと毎日5%のPayPayポイントが貯まる。(2023年12月予定)

このほかにも、ユーザーの興味や関心に合わせた情報の通知の受け取り、各アカウントの登録情報の一元管理が可能になります。加えて、PayPayとのアカウント連携や、キャンペーン開催など、さらなる便利でお得なサービス・機能の追加も予定しているとのことです。

また、Yahoo!プレミアム(2023年11月29日、LYPプレミアムに名称変更予定)会員は、既存のYahoo!プレミアム特典に加え、本連携によって、1,200万種類以上の対象LINEスタンプが使い放題になるほか、「LINE」アプリで、アルバムに動画や写真をオリジナル画質のまま保存・共有できるなどの新たな特典(LINE特典)が利用できます。(2023年11月29日以降予定)

LINEヤフーは、連携されたユーザーのデータを、LINEヤフーのプライバシーポリシーに従って適切に管理し、サービスの最適化やサービス開発・改善、広告配信などに活用します。

なお、連携を行わない場合でもユーザーは、LINEヤフーが提供する各サービスを利用可能で、連携はいつでも解除できます。

連携方法

■スマートフォンでの手順

1. LINEまたはYahoo! JAPANまたはYahoo!メールなどのアプリやスマートフォンウェブを立ち上げます。
2. アプリにログイン済みの場合、LINEヤフー株式会社の新しいプライバシーポリシー同意画面が表示されますので、「同意する」ボタンをタップします(※)。
3. LINE、ヤフーそれぞれログイン済みの場合、アカウント連携画面が表示されます。
4. 表示されているアカウント情報を確認し「連携する」ボタンをタップします。

■PCでの手順

1. Yahoo! JAPANまたはYahoo!メールなどのWebサービスへアクセスします。
2. Yahoo! JAPANにログイン済みの場合、LINEヤフー株式会社の新しいプライバシーポリシー同意画面が表示されますので、「同意する」ボタンをタップします(※)。
3. 「アカウント連携をしましょう」という画面が表示されますのでボタンをタップしてYahoo! JAPAN ID ログイン画面へお進みください。
4. Yahoo! JAPANへログイン後、LINEログイン画面が表示されます。画面手順に従ってLINEへログインするとアカウント連携画面が表示されます。
※LINEがインストールされたスマートフォンが必要となります。
5. 表示されているアカウント情報を確認し「連携する」ボタンをタップします。

※:アカウント連携にはLINEヤフーのプライバシーポリシーへの同意が必要となります。スマートフォン、PCどちらでも連携可能です。なお、プライバシーポリシーの同意画面は2023年10月4日より順次ユーザーに表示されます。また、すでにLINEヤフーのプライバシーポリシーに同意済みの場合、またはプライバシー同意画面が表示されない場合は登録情報ページ( https://accounts.yahoo.co.jp/profile )のアカウント連携画面にて確認や同意が可能です。「LINE」アプリからはホーム画面の「設定」→「アカウント」にて確認や同意が可能です。

LINEヤフープライバシーポリシー|LINEヤフー株式会社

https://www.lycorp.co.jp/ja/company/privacypolicy/

LINEヤフー株式会社のプライバシーポリシーのページです。

出典元:LINEヤフー株式会社

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000129774.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチでは、四半期毎に実施しているZ世代(15~24歳)の男女への流行調査を実施し、2024年3月期の結果を公開しました。


マーケティング担当者の約半数が指名検索に対する課題や悩みあり 指名検索数増加施策では「ブログやSNS、YouTubeチャンネルなどの運営」が最多【キーワードマーケティング調査】

マーケティング担当者の約半数が指名検索に対する課題や悩みあり 指名検索数増加施策では「ブログやSNS、YouTubeチャンネルなどの運営」が最多【キーワードマーケティング調査】

株式会社キーワードマーケティングが展開するメディア「キーマケLab(キーマケラボ)」は、従業員数50名以上の事業会社におけるマーケティング担当者を対象に、「指名検索に対する課題や悩みに関する調査」を実施し、結果を公開しました。



約9割が海外旅行で観光地や食事、ショッピングの際にレビューを参考にして訪れる場所を決めている【グローバル・デイリー調査】

約9割が海外旅行で観光地や食事、ショッピングの際にレビューを参考にして訪れる場所を決めている【グローバル・デイリー調査】

株式会社グローバル・デイリーは、直近5年以内に海外旅行に行ったことがある方を対象に「X・Y・Z世代の海外旅行時の消費行動」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


メンズの注目高まる?「日焼け止め」ニーズを調査!2024年最新版

メンズの注目高まる?「日焼け止め」ニーズを調査!2024年最新版

メンズコスメへの注目が高まる中、生活者の日焼け止めへのニーズはどのようになっているのでしょうか。また、夏と冬、シーズンによって日焼け止めに求められるものは異なるのでしょうか。本記事では、日焼け止めの検討行動から、ニーズの移り変わりと消費者心理を紐解いていきます。


HYUNDAI(ヒョンデ)の新EV「KONA(コナ)」への関心は?サイト訪問者から分析

HYUNDAI(ヒョンデ)の新EV「KONA(コナ)」への関心は?サイト訪問者から分析

2022年に日本市場に再進出したHYUNDAI(ヒョンデ)は、2023年11月にコンパクトSUVのEV「KONA(コナ)」の販売を開始しました。SUVのEVでありながら、車体価格が399万3,000円からと、他の高額なモデルと比較して手頃な価格であることが注目されています。今回は ヒョンデKONA(コナ)Webページの訪問者の調査を行い、どのような人が関心を持っているかや比較対象となるメーカー、集客構造を調査していきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ