TikTok for Business、次世代の購買行動を紐解く「ショッパーテインメント白書2023」を公開

TikTok for Business、次世代の購買行動を紐解く「ショッパーテインメント白書2023」を公開

TikTok for Businessは、APACの5つの市場(インドネシア、日本、韓国、タイ、ベトナム)の消費者動向を調査し、これからの消費者の購買行動や嗜好、ブランドへの期待について包括的なインサイトをまとめた最新レポート「ショッパーテインメント2023: APACにおける次世代コマースと消費者インサイト」を公開しました。


消費者の意思決定は「価格」から「価値」へ
TikTok for Businessが行った調査によって、消費行動の意思決定における著しい変化が明らかになりました。

APACの消費者の79%が「割引とは関係のないコンテンツ」に影響を受けており、「割引などお得な情報」に非常に敏感な消費者はわずか21%に留まっています。商品情報、レビュー、商品デモ、視覚的な要素など、さまざまなコンテンツが意思決定の各段階で高い価値を持っており、消費者の関心は、ますます「価格やプロモーション」から「価値」へとシフトしています。

市場ごとの傾向:ソーシャル志向 vs 商品志向
APACの市場には、”ソーシャル志向”と”商品志向”という2つの異なる消費傾向が見られます。ソーシャル志向のタイ、ベトナム、韓国市場の消費者は、クリエイターからのレビューやレコメンドを信頼し、感情や直感でコンテンツを評価する傾向が強く、追加の情報収集をせずに意思決定を行います。一方、商品志向の日本、インドネシア市場の消費者は、誰がおすすめ・レビューしているかよりも、商品の詳細やお得な情報を重視します。

シームレスで十分な情報に基づく購入決定
APACの消費者は、端末、プラットフォーム、アプリを切り替えることなく商品を発見し、閲覧と購入ができる一体型プラットフォームを求める傾向が強まっています。それは、消費者の93%が「今後1〜2年の間に、一体型プラットフォームでの商品発見、検討、購入を継続または増加させたい」と回答したことが示しています。

また、従来の検索エンジンよりも、TikTokのようなコンテンツ主導型動画プラットフォームで定期的に商品を検索する消費者が1.9倍まで増加しており、その傾向はますます高まっています。

影響力が高まっている「コンテンツ・コミュニティ」
コンテンツ・コミュニティとは、ブランドや商品に関する情報を交換・共有し、消費者とブランドの相互作用や共創を促進するコンテンツのネットワークを指しています。消費者の48%が、コンテンツ・コミュニティから影響を受けており、その一方で、ブランドからの影響は22%に留まっています。

コンテンツ主導型動画プラットフォームでは、消費者が商品を探す代わりに、個別化された「おすすめ視聴」がハッシュタグ、トレンド、コメントなどによって、コンテンツを消費者に届けています。さらに消費者の73%は、トレンド(ハッシュタグ、チャレンジなど)やコメント欄への視聴・投稿などを通して、さまざまな方法でコンテンツを共創しており、積極的に参加しています。

詳しい内容についてはこちら

「ショッパーテインメント2023」について詳しくは下記をご確認ください。

Shoppertainment | The Future of Consumer & Commerce | TikTok

https://www.tiktokshoppertainment.com/

TikTok is the home of Shoppertainment, or content-driven commerce. It is where entertaining content educates and influences purchases across various shopping channels like direct-to-consumer, marketplaces and TikTok Shop.

出典元:TikTok for Business

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000160.000046801.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


LINEヤフー、2023年下期におけるインターネットの利用環境 定点調査結果を発表

LINEヤフー、2023年下期におけるインターネットの利用環境 定点調査結果を発表

LINEヤフー株式会社は、同社が半期に一度実施しているのインターネット利用環境に関する調査について、2023年下期(10月)の結果を公開しました。


DAC、生成AIを活用しワンストップでインフルエンサー施策を支援するサービスを提供

DAC、生成AIを活用しワンストップでインフルエンサー施策を支援するサービスを提供

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社は、生成AI機能を活用し、インフルエンサーの選定からデータクリーンルーム分析による広告効果の可視化までをワンストップで支援する「インフルエンサーAIナビ」の提供を開始することを発表しました。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ