フリマアプリ利用者の約7割が販売経験あり、年間平均売上金額は「1万円以上」が約2割【ナイル調査】

フリマアプリ利用者の約7割が販売経験あり、年間平均売上金額は「1万円以上」が約2割【ナイル調査】

ナイル株式会社は、同社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ情報メディア「Appliv(アプリヴ)」にて、10~60代の男女を対象にフリマアプリに関するアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


フリマアプリを利用したことがある人は59.0%、若い世代ほど利用経験が高い

10代~60代の男女1,365人に、個人間で不要なものを売買するアプリであるフリマアプリの利用経験を尋ねると、「経験あり(59.0%)」、「経験なし(41.0%)」でした。約6割近くの人が、フリマアプリを利用したことがあるようです。

フリマアプリは個人間での取引で、要らなくなった物を手軽に販売・購入できる手段として、多くの人に浸透していると考えられます。

年代別に見ると、最も利用経験者が多い年代は「20代(73.0%)」、次いで「10代(69.5%)」、「30代(66.1%)」でした。若い年代ほど、利用したことがある傾向にあることがわかります。

誰かが不要になったものを手頃な価格で購入したり、自分が不要なものを出品する、スマホを通じた個人取引が若い世代を中心に、日常的に行われているのではないでしょうか。

約7割がフリマアプリで販売経験あり、年代が上がるほど「購入のみ」が増加

フリマアプリを利用した事がある人に利用目的を尋ねると、「売る・買うの両方(51.2%)」が最も多く、次いで「買うのみ(30.6%)」、「売るのみ(18.3%)」でした。

利用経験者の半数以上が、フリマアプリで売買をしたことがあり、約7割が販売の経験があると回答しています。

不要なものを売ってお金に換え、そこで得たお金を使い同じアプリ内で必要なものを購入できるフリマアプリは、利用者にとって利用しやすいサイクルであると言えるでしょう。

年代別に見てみると、「売るのみ」と回答した割合は若い年代が多く、最も多かったのは10代で24.2%でした。フリマアプリを利用する若い世代にとって、フリマは1つの収入源として活用されている可能性が考えられます。

一方で「買うのみ」と回答した割合は、年齢が上がるにつれて増加傾向にあり、50~60代では4割以上を占めていました。オンラインショッピングと同じように、フリマアプリを利用しているのではないかと考えられます。

フリマアプリで買う理由1位は「価格が安いから」

フリマアプリで商品を購入したことがある人の購入理由を調査すると、最も多いのは「価格が安いから(471人)」、次いで「品揃えが豊富だから(192人)」、「希少価値の高い商品があるから(177人)」でした。

フリマアプリは中古品がメインのため、新品よりも比較的リーズナブルな値段で購入することが可能です。商品の状態を確認し、自分が納得のいくものであれば、フリマアプリを選ぶのではないでしょうか。

また、個人が出品するフリマアプリは、店頭で既に売り切れの人気商品や、希少価値が高いアイテムを手に入れられる可能性があるため、購入できなかった商品を入手する機会としても重宝されていると考えられそうです。

その他にも、「価格の交渉ができるから」「個人から直接購入できるから」など個人間取引であることが理由に選ばれていました。

フリマアプリの年間平均購入金額、53.2%が「5,000円未満」

フリマアプリの年間平均購入金額を聞いてみると、最も回答が多かったのは「3,000円未満(31.3%)」でした。「5,000円未満(21.9%)」をあわせると、53.2%が年間平均5,000円未満となっています。

欲しい物が出品されているのを見つけた時や、一時的に必要なものを中古品で済ませたい時など、普段の買い物とは異なるタイミングに、購入機会としてフリマアプリが選ばれていると思われます。

フリマアプリで売る理由1位は「不要なものを処分したい」、「小遣いを稼ぎたい」を上回る

フリマアプリで商品を売ったことがある人に、その理由を聞いてみると、最も多かったのは「不要なものを処分したい(372人)」、次いで「不要なものを売り小遣いを稼ぎたい(335人)」、「店舗での買取価格より高く売れる(183人)」でした。

66.5%にあたる372人が、不要なものを処分する手段としてフリマアプリを活用しており、収入源の1つにしたいと考える割合を上回る結果となりました。

処分するにも費用がかかってしまう場合や、まだ使えるのに捨てるのは勿体ない、自分が大切にしていたものだから価値が分かる人に引き取ってほしいと感じている人にとって、フリマアプリは魅力的なサービスです。

また、出品者自身が価格を決められるため、希望する金額で出品できることや、リサイクルショップなどの店頭での買取価格よりも高く売れることも、フリマアプリを利用する理由として選ばれています。

続いて、過去にフリマアプリ経由で購入した商品を出品したことがあるかを調査した結果、51.0%が「経験がある」と回答していました。

2人に1人がフリマで購入し、不要になったら再度フリマアプリで出品しているようです。

フリマアプリの年間平均売上金額、21.8%が「1万円以上」

フリマアプリで1年間に売り上げた平均金額を調べると、「3,000円未満(25.0%)」が最も多く、次いで「5,000円未満(21.3%)」、「1万円未満(17.0%)」でした。

1万円以上と回答した割合は、「3万円未満(12.9%)」と「3万円以上(8.9%)」をあわせ、21.8%となっています。

自分が使わなくなったものを、他の人がお得に購入しリユースする事ができるフリマアプリは、出品する方も購入する方にもメリットがあると言えるでしょう。

調査概要

調査対象:全国の10~60代の男女1,365人
調査機関:株式会社ジャストシステム
調査方法:インターネット調査
調査期間:2024年3月25日~4月5日
◇性別
男性:671人
女性:694人
◇年齢
15~19歳:226人
20~29歳:256人
30~39歳:239人
40~49歳:209人
50~59歳:218人
60歳以上:217人
※本アンケート結果は小数点以下任意の桁を四捨五入しているので、合計が100%にならない場合があります。

出典元:ナイル株式会社

フリマアプリ利用者の約7割が販売経験あり、気になる年間平均売上金額は?(Appliv調べ) - Appliv

https://app-liv.jp/articles/150633/

不要になったものを商品として販売したり、欲しいものをお得に購入できるフリマアプリは、個人間で手軽に売買ができる便利なツールです。Appliv編集部では今回、10~60代男女1,365人を対象に、フリマアプリに関するアンケート調査を行いました。フリマアプリの利用経験や、利用目的、1年間の購入・販売金額などに関する調査の結果を公開します。

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、全国20歳~69歳の男女を対象に「電話での声と文字のやり取りに関する調査(2024年)」を実施し、結果を公開しました。


スポーツの推し活をしている人が応援するために使っている金額は年間約3万2千円【ネオマーケティング調査】

スポーツの推し活をしている人が応援するために使っている金額は年間約3万2千円【ネオマーケティング調査】

株式会社ネオマーケティングは、全国の20歳~79歳の男女を対象に「スポーツの推し活」をテーマにインターネットリサーチを実施し、結果を公開しました。


実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

株式会社ReviCoは、会員登録をしているブランドの実店舗で、月に1回以上アパレル・コスメ商品を購入している20~40代の女性を対象に、実店舗購入時のレビューに関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


サーチとパス・コミュニケーションズ、アイトラッキングによる屋外大型ビジョンの視認率調査結果を公開

サーチとパス・コミュニケーションズ、アイトラッキングによる屋外大型ビジョンの視認率調査結果を公開

屋外広告媒体事業を展開する有限会社サーチと株式会社パス・コミュニケーションズは、屋外大型ビジョンの視認率に関する調査を共同で実施し、結果を公開しました。


アクセス分析ツール導入後、約4割が想定よりも活用できていない 「データの活用の難しさ」「複雑な機能」がハードルに【インフォネット調査】

アクセス分析ツール導入後、約4割が想定よりも活用できていない 「データの活用の難しさ」「複雑な機能」がハードルに【インフォネット調査】

株式会社インフォネットは、サイト運営をしており、アクセス分析ツール選定に携わった経験のある、非専門人材/兼務人材を対象に、アクセス分析ツール選びに関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、全国20歳~69歳の男女を対象に「電話での声と文字のやり取りに関する調査(2024年)」を実施し、結果を公開しました。


カーシェアの市場規模や利用者数を調査。主要サービスの公式サイト訪問データから考察

カーシェアの市場規模や利用者数を調査。主要サービスの公式サイト訪問データから考察

カーシェアは車を共同利用するサービスで、日本にシェアリングエコノミーの考え方が広がるとともに普及しました。今回は国内の主要な13のカーシェアサービスのWebサイトを訪問した人のデータから、カーシェア業界の市場規模やどのような層が関心があるのかを調査していきます。


実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

株式会社ReviCoは、会員登録をしているブランドの実店舗で、月に1回以上アパレル・コスメ商品を購入している20~40代の女性を対象に、実店舗購入時のレビューに関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


マーケティングに欠かせないファネル分析とは?種類や事例、分析に役立つツールを紹介

マーケティングに欠かせないファネル分析とは?種類や事例、分析に役立つツールを紹介

マーケティングに欠かせないファネル分析は、顧客の購買プロセスを可視化することで、自社の現状の課題を明確化するために行います。 売り上げをアップさせるためには、マーケティングファネルの概念を理解した上で、分析結果に基づいた効果的な施策を行う必要があります。 しかしながら、マーケティングファネルには種類があり、目的や課題によって利用するファネルが異なります。 そこで本記事では、マーケティングファネルの種類や事例に加え、やり方や円滑に分析できるツールについてご紹介します。


サーチとパス・コミュニケーションズ、アイトラッキングによる屋外大型ビジョンの視認率調査結果を公開

サーチとパス・コミュニケーションズ、アイトラッキングによる屋外大型ビジョンの視認率調査結果を公開

屋外広告媒体事業を展開する有限会社サーチと株式会社パス・コミュニケーションズは、屋外大型ビジョンの視認率に関する調査を共同で実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ