直近1年間にプレゼント・キャンペーンに応募した人は約5割!内スマホから応募が6割、女性10~40代では8割前後【マイボイスコム調査】

直近1年間にプレゼント・キャンペーンに応募した人は約5割!内スマホから応募が6割、女性10~40代では8割前後【マイボイスコム調査】

マイボイスコム株式会社は『プレゼント・キャンペーン』に関するインターネット調査を実施し、結果を公開しました。


プレゼント・キャンペーンへの応募頻度

直近1年間にプレゼント・キャンペーンに応募した人は約54%です。女性50~60代では各6割強と高くなっています。頻度は「10回以上」がボリュームゾーンです。

応募したプレゼント・キャンペーンの応募条件

直近1年間にプレゼント・キャンペーンに応募した人に、応募条件を聞いたところ(複数回答)、「対象商品についているシールやバーコードなどを集めて応募」「条件はない」「クイズやアンケート、キーワード等に答える」が各40%台です。

「X(旧Twitter)やInstagramなどに投稿したり、フォローや「いいね」、リポスト等をする」は若年層で高くなっています。

応募したプレゼント・キャンペーンの応募経路

直近1年間に応募したプレゼント・キャンペーンの応募経路は、「スマートフォンから」が応募者の60.4%で増加傾向です。男性10~40代では各7割強、女性10~40代では8割前後にのぼります。「パソコンから」は51.9%、男性60~70代や女性70代では最も多くなっています。

過去調査と比べて、「パソコンから」「郵送」は減少傾向です。

応募したプレゼント・キャンペーンに関する情報入手先

直近1年間にプレゼント・キャンペーンに応募した人の情報入手先は、「商品やサービスについていた案内」が30.2%、「店頭の告知物」が24.7%、「メールマガジン」「SNS」「プレゼント・キャンペーン、懸賞の情報サイト」が各2割強です。

「SNS」は若年層で高い傾向で、10~30代では3~4割で1位にあがっています。

プレゼント・キャンペーンに応募したいと思う条件

プレゼント・キャンペーンに応募したいと思う条件は、「条件はない」が50.9%、「クイズやアンケート、キーワード等に答える」が31.6%、「対象商品についているシールやバーコードなどを集めて応募」「対象商品を買う」が各20%台です。

回答者のコメントを一部紹介

応募してみたいと思うプレゼント・キャンペーンの内容

・当たる確率が高く、実用的なものを貰えるなら。(男性19歳)

・誰でも無料でできるものよりは、ある程度の価格や特定の商品の購入と引き換えに応募する形式の方が当選確率も上がるので参加意欲がわきます。(男性48歳)

・バーコードやQRコード読み取りが一番楽で参加しやすいと思う。(男性58歳)

・「抽選で」とか「当選は商品の発送をもって」とかの応募は当たる気がしないので、応募すればもれなく当たる、もらえるものは応募している。(男性61歳)

・友達追加などの新しく何かをしなくていいもの。(女性27歳)

・当選が確定するまではこちらの個人情報を入力しなくて良いものが理想。(女性28歳)

・応募条件が厳格なもの。例えばポイント、点数にしたら簡単に応募できないくらいのポイントを集める必要があるなど。(女性37歳)

・当選者が少ない高額商品のプレゼントよりも、ポイントや廉価なものの大人数が当選するもの。(女性47歳)

調査概要

【調査対象】MyVoiceのアンケートモニター
【調査方法】インターネット調査
【調査時期】2024年4月1日~4月7日 【回答者数】9,328名

出典元:マイボイスコム株式会社

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001474.000007815.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


広告効果を高めるために「漫画が不可欠」と回答したデジマ担当は9割!エンゲージメント率向上への効果実感が最多【リンクアンドパートナーズ調査】

広告効果を高めるために「漫画が不可欠」と回答したデジマ担当は9割!エンゲージメント率向上への効果実感が最多【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、漫画広告を活用したことがあるマーケティング担当者を対象に、「漫画広告の活用実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


20代〜30代の若年層だけでなくあらゆる世代で商品検索時にハッシュタグが有用【ZETA調査】

20代〜30代の若年層だけでなくあらゆる世代で商品検索時にハッシュタグが有用【ZETA調査】

ZETA株式会社は、全国の20〜65歳の男女を対象に「ハッシュタグ検索」に関するアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ