ヴァリューズ、組織の提案力と生産性を最大化する次世代提案ナレッジシェアクラウド「Pitchcraft」提供開始

ヴァリューズ、組織の提案力と生産性を最大化する次世代提案ナレッジシェアクラウド「Pitchcraft」提供開始

株式会社ヴァリューズは、「個人ナレッジをみんなの価値に変え勝ち続ける組織へ」をコンセプトに開発した次世代提案ナレッジシェアクラウド「Pitchcraft(ピッチクラフト)」を2024年7月2日(火)より提供開始します。


無料デモのお申込みはこちら

提案現場・組織の課題とサービス開発の背景

企業の営業組織や提案現場では、90%以上の人がナレッジや資料の共有が組織にとって重要な取り組みだと考えているにもかかわらず、実際にナレッジシェアがうまく機能していると回答した割合は9.8%と非常に低くなっています。

ナレッジマネジメントやナレッジシェアが機能しないことにより、提案クオリティのばらつきが大きくなり属人化が進む、資料作成や探索に余計な時間がかかり生産性が落ちてしまう、新規入社者の立ち上がりスピードが遅くなるなどの問題が提案現場や組織で生じています。

ヴァリューズではこれまで300社以上の上場企業含む500社以上にマーケティング、DXコンサルティングをおこなってきました。そのなかで、ナレッジシェアが進まない要因として、「取り組んでも想像以上の手間や負荷がかかってしまい、そもそも資料が集まらない、利用が進まない」という課題と「資料はクラウド上にあるものの、役にたつ資料が十分に整理されれおらず、今必要な資料がどこにあるのかわからない、見つからない」という課題を発見しました。

ナレッジシェアを進めるにはこの課題を同時に解決する必要がありますが、現状これらの課題を同時に解決できるサービスが提供されていません。

このたびローンチした「Pitchcraft」は、上記課題を解決し、提案ナレッジシェアが機能することで、個人のナレッジをみんなの価値に変え勝ち続ける組織を作るクラウドサービスです。

「Pitchcraft」の特徴

「Pitchcraft」の主な特徴は3つあります。

①資料が自動で整理・要約される

資料をアップロードまたはクラウドファイルストレージからインポートすると、AIが自動でタグ付けおよび資料を要約してくれます。

これまで必要だった格納先のフォルダを探す、タグをつける、説明文を追加するなどの資料アップロードの際の手間を劇的に削減できます。

②欲しい資料やスライドをピンポイントで検索できる

自動的に付与されたタグで資料を検索できるのに加え、検索結果をスライド単位でも表示でき、必要なスライドを簡単に探すことが可能です。

また、社内の人気資料で絞る、AIに直接必要な情報を質問して回答してくれるなど、ニーズに応じた様々な検索体験を提供します。

③高いユーザービリティ

専門知識不要で誰でも簡単かつ直感的に使えるインタフェースになっています。学習時間が非常に短く、新規入社者やクラウドツールに慣れていない方でもすぐに使いこなすことができます。

利用メリット

①クラウド上に資料が集まる

資料アップロードが圧倒的に楽になるのに加え、資料がタグ付け・要約され探しやすくなる、過去作ったスライドをピンポイントで発見するなども可能になるため、個人のPCのローカル上に置かれがちな資料もクラウド上に集まりやすくなります。

②提案ナレッジシェアが組織に定着する

資料が自動で整理・要約されるため、ナレッジシェアにありがちな資料格納・整理工数の負担が少ないのに加え、必要な時に必要な資料をすぐに見つけることができます。

そのため取組が形骸化したり頓挫したりせず、組織の文化として定着させていくことができます。

③過去の資料が価値に変換され、組織の生産性・提案力が向上

必要な資料を必要なシーンで活用することで、過去の資料が価値へと変化します。限られた時間を最大限有効活用いただける基盤を作ることで、組織が本来もっているポテンシャルを最大限発揮することができ、業務効率化のみならず売上の獲得、中長期的な競争力の向上に繋げていただけます。

キャンペーンプランのご案内

リリースを記念して期間限定のキャンペーンプランをご用意しております。ご関心のある企業様はぜひお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせはこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

テックタッチ株式会社は、生成AIを活用している大企業(従業員数1,000名以上)の会社員を対象に、大企業における生成AI活用の実態調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ