【2019上半期】マーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”は? マーケティングメディアの人気キーワードTOP50を調査

【2019上半期】マーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”は? マーケティングメディアの人気キーワードTOP50を調査

マーケティングメディアで2019年上半期に人気のあったコンテンツ...気になりませんか? 今回は、マーケティングメディアのコンテンツタイトルに含まれるホットトピックから、人気の高いキーワードを分析しました。


2019年上半期(1月~6月)でマーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”を調べるため、主要なマーケティング系メディアのコンテンツ、ユーザー数、PV数を調査しました。

以下がコンテンツ閲覧ユーザーが多い、TOP50のキーワードです。マーケティングメディアならではの人気キーワードには緑色、旬なキーワードには赤色とマナミナ編集部で独自にキーワードを分類しています。


人気のキーワードTOP50(2019年1月~6月)

人気のキーワードTOP50(2019年1月~2019年6月)

「理由」が1位を獲得。「調査」は10位と、マーケターならではの気になるキーワードが上位に。

「~となった理由」「~を大調査」このようなタイトルに惹きつけられるマーケタ―の方も多いのではないでしょうか?

そこで、1位の「理由」10位の「調査」など、マーケティングメディアだからこそ人気なキーワードの中でも特に気になるキーワードをピックアップし、調査しました。


タイトルに「理由」を含むコンテンツTOP10(2019年1月~6月)

まず、タイトルに「理由」を含むコンテンツで調査しました。

ユーザー数が最も多かったのは『電動工具「マキタ」の掃除機が売上111倍 口コミで広がる理由』でした。2018年12月期の掃除機が一年を通じて一番売れる月の売上が、前月である11月と比べて111倍上がった理由について掲載しています。

電動工具「マキタ」の掃除機が売上111倍 口コミで広がる理由

https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00037/00013/

大掃除の季節である12月は、掃除器具にニーズが集まる。日経クロストレンドがヤフーの協力を得てECモール「Yahoo!ショッピング」の2018年12月の購買データをランキング化した結果、ロボット掃除機「ルンバ」が前月比301倍、マキタのコードレス掃除機は同111倍と驚異的な売れ行きだったことが分かった。

その他『位置情報全見せアプリ「Zenly」が急成長 若者が夢中になる理由』、『森永「大人向けラムネ」大ヒットの理由 2回の挫折で原点回帰』、『花王ビオレが「LOHACO限定デザイン」で3倍も売れた理由』など、急成長・大ヒット・3倍のようにマーケティングにおいてのポジティブなワードと掛け合わせて作られたタイトルに惹きつけられるユーザーが多いことが分かります。


タイトルに「調査」を含むコンテンツTOP10(2019年1月~6月)

タイトルに「調査」を含むコンテンツ第1位は『2019年女子高生のトレンド予測&2018年の流行を東西別におさらい【TT総研調査】』に。ユーザー数が他と比べて4倍近く多く、「女子高生」「トレンド」「流行」というユーザーの関心度が高いホットなキーワードを3つ入れることで、ユーザーを多く獲得しています。

2019年女子高生のトレンド予測&2018年の流行を東西別におさらい【TT総研調査】

https://markezine.jp/article/detail/30068

トレンダーズのマーケティング研究機関「TT総研 -Teens Trend総研-」は、2018年の流行と2019年のトレンド予測に関して、関東地方および近畿地方在住の女子高校生に調査を実施。結果を発表し...

また、「若年層」をタイトルに含むコンテンツが10位中3つランクインし、10代や20代などの若い世代の消費動向への興味や関心の高さがうかがえます。

「AI」と「データ」が10位以内にランクイン。「LINE」は12位を獲得

人気のキーワードランキングでは、「AI」や「データ」などここ2、3年注目を浴びているキーワードがそれぞれ4位、6位と上位にランクインしています。

LINE Payやオープンチャットなど、事業領域を広げているコミュニケーションツールとしてお馴染みの「LINE」は12位、トヨタとソフトバンクが提携したことで話題になった「MaaS」は22位に、キャッシュレス化の波に乗り「決済」「キャッシュレス」も50位以内にランクイン。

旬度が高いキーワードで多く見られているコンテンツはどういったものなのでしょうか?

続いて「AI」「データ」「LINE」と旬なワードの中でも順位が高かった3つのコンテンツTOP10を見ていきましょう。

タイトルに「AI」を含むコンテンツTOP5(2019年1月~6月)

「AI」の第1位コンテンツは「【特報】九州のスーパーがAIカメラメーカーに トライアルが量産」というタイトルでした。また、『AI、機械学習、ディープランニングの違いを説明できますか?』など、AIと似ているワードである機械学習・ディープラーニングとの違いを記事にしたコンテンツも上位にランクインしています。

AIを活用し成功した事例に興味がある人が多くいる一方で、機械学習・ディープラーニングとは何か?やAIについての知識を付けたい層が一定数いるようです。


タイトルに「データ」を含むコンテンツTOP5(2019年1月~6月)

タイトルに「データ」を含むコンテンツで一番見られているものは、『データからワンランク上の規則性を見つけるために 「分散」と「標準偏差」をざっくり理解し、エクセル分析しよう』でした。

また、5位には『最終回/ダミー変数を使って上手にデータをまとめ、グループごとの特徴を把握しよう【R入門講座】』。統計分析フリーソフトである【R】を使用しデータを分析する連載記事がランクイン。

エクセルを使って手軽にデータ分析がしたいというニーズがありつつも、Rを活用してより複雑な分析もしてみたいというニーズもあるようです。


タイトルに「LINE」を含むコンテンツTOP5(2019年1月~6月)

タイトルに「LINE」を含むコンテンツ第1位は『ドコモ、LINE、メルペイ…高還元疲れのキャッシュレス普及に妙手』でした。3位に『PayPay・LINE・ドコモ……コード決済キャンペーンを総まとめ』、5位に『スタバ、LINEでキャッシュレス化 「LINE Pay」で仮想プリカ導入』と、LINEのスマホ決済サービスである【LINE Pay】についての記事が多く見られており、関心度が高いことがわかります。


いかがでしたでしょうか。今後もその動向が気になるトピックばかり。マーケティング系のメディアを読む際の参考になれば幸いです。

調査概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国モニター会員(20歳以上男女)の協力により得られたネット行動ログデータから、マーケティングメディアである
・MarkeZine(マーケジン)https://markezine.jp
・日経クロストレンド https://xtrend.nikkei.com
・AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議 https://www.advertimes.com
の2019年1月~6月の掲載記事のURL、ページタイトル、ユーザー数、PV数を調査しました。
※ユーザー数はPC・スマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年3月~2020年4月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年3月~2020年4月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(2) 5G市場を展望

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(2) 5G市場を展望

前回はモバイル通信キャリアの動向を統計データや各社IR資料等から概観し、契約者向けサポートアプリの利用状況やロイヤルティ、収益構造の変化などを確認しました。今回はいよいよ3月下旬からサービスが始まった5G関連の動向にフォーカスしてみます。


Tableauでのデータ可視化って何がすごいの? 新卒社員向けオンライン研修に潜入しました

Tableauでのデータ可視化って何がすごいの? 新卒社員向けオンライン研修に潜入しました

マナミナを運営するヴァリューズにも、この4月から新入社員が入ってきました。新型コロナの感染拡大予防のためテレワークで研修を続けています。そんな中、ヴァリューズも導入支援をしているBIツール「Tableau」を学ぶ研修がウェビナーで行われました。そこで編集部が新卒研修のウェビナーに潜入。そもそもBIとは何か、Tableauで何ができるのかを学びました。


経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(1) 楽天本格参入の影響は?

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(1) 楽天本格参入の影響は?

第1回に続き、キャッシュレス決済やEC、金融等の総合的な提供を通じた顧客LTV最大化へ向け、通信キャリア各社の動向を探ります。まずはソフトバンクによるボーダフォン買収以来14年ぶりに第4の通信キャリア・楽天を迎えたモバイル通信事業から概観してみましょう。


最新の投稿


「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら