B2B企業のFacebook活用事例6選をご紹介。モノタロウ、NEC、デンソーなどの活用法とは?

B2B企業のFacebook活用事例6選をご紹介。モノタロウ、NEC、デンソーなどの活用法とは?

B2Cの場合Facebookで消費者にマーケティングするイメージは湧きやすいですが、B2B企業の場合、何をFacebookでアピールすれば良いでしょうか。B2B企業のFacebook活用事例から探ります。


B2B企業がFacebookを活用する目的

企業がSNSを活用するのは当たり前になってきていますが、Facebookには個人ユーザーが多いため、B2B企業のページにはいいねが集まりづらく、運用が難しいイメージがあります。

それでもB2B企業がFacebookページの運用に取り組む目的として、以下の4つが挙げられます。
・ブランディング
・製品紹介
・コミュニティづくり
・業界の活性化・啓蒙

Facebookに流すコンテンツの例

Facebookページ運用での投稿内容について調べてみました。企業が一旦Facebookページを始めたら、放置にならないよう一定頻度で更新する必要があります。投稿では以下に挙げるような切り口が多く見られました。

・ニュースリリース
・製品のリリースや使い方レクチャー
・インタビューや社内風景
・会社の歴史や過去の製品
・展示会・セミナー・キャンペーン情報
・オウンドメディアやブログの更新情報

各社の事例から、どんなコンテンツが更新されているか見ていきましょう。

モノタロウのFacebookページ事例

株式会社MonotaROが運営する「モノタロウ」は300万人以上が利用する事業者向け間接資材通販サイトです。本体サイトのコンテンツへの誘導や、採用系の投稿が多い印象です。

モノタロウ

https://www.facebook.com/MonotaRO.fan/

モノタロウ. 8.9K likes. 事業者向けサイト 現場を支えるネットストア http://www.monotaro.com/

「オウンドメディアやブログの更新情報」の例。技術ブログに投稿されたインターンシップの内容をFacebookページでシェアしています。

モノタロウTech Summer Internship 2019の振り返り - MonotaRO Tech Blog

https://tech-blog.monotaro.com/entry/2019/10/10/165637

技術採用担当をしている人事の青山です。 モノタロウでは9月2日~9月6日の日程で「5 Days Tech Summer Internship」を開催しました。モノタロウのインターンシップは今年で2回目になりますが、この記事ではモノタロウのインターンシップの内容について簡単にご紹介します。 インターン生の皆さん モノタロウのインターンシップは、「データサイエンス」と「エンジニアリング」の2コースを開催しています。 いずれのコースも学生として仕事を体験するのではなく、メンバーの一人として実際の業務に携わっていただき、普段授業や研究で取り組んでいることがどのように実際のビジネスの現場で活用されている…

「製品のリリースや使い方レクチャー」の例。コンテンツマーケティングのひとつと言えると思いますが、モノタロウでは商品の選定に役立つ豆知識・基礎講座のページを多数運営しており、Facebookページでもシェアしています。

商品豆知識まとめ 【通販モノタロウ】

https://www.monotaro.com/topic/productinfo/

株式会社MonotaRO(モノタロウ(旧住商グレンジャー))が運営するMonotaRO.comは、製造・建築現場で使う商品を多数掲載している通販サイトです。

「展示会・セミナー情報」の例。モノタロウが取材する技術イベントの募集をFacebookページで行っています。

このようにモノタロウでは、豊富な切り口でFacebookポストを行っています。実際B2Bマーケティングに詳しいネットイヤーの神田さんは、「B2Bマーケティングと言えば真っ先に挙がる会社のひとつにモノタロウさんがある」と語っていました。

BtoBマーケティングでデータ起点のカスタマージャーニーづくりが効く理由とは【ネットイヤー神田×ヴァリューズ宇都宮】

https://manamina.valuesccg.com/articles/596

BtoBでもカスタマージャーニーが重要視され始めたのはなぜなのでしょうか。BtoBマーケティングにおけるカスタマージャーニー活用の理由を探るため、ネットイヤー社の神田さんとヴァリューズ社の宇都宮さんの対談模様を取材しました。

NECのFacebookページ事例

大手電機メーカーのNECでは投稿に画像や動画を多用したFacebook運用をしています。

NEC (日本電気株式会社)

https://www.facebook.com/pg/necjapan/posts/

NEC (日本電気株式会社). 108K likes. 人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現するグローバルリーディングカンパニー

「展示会・セミナー・キャンペーン情報」の例。同じカンファレンス報告でも登壇者の写真や会場の雰囲気写真があるだけで、随分印象が違うことがわかります。

「インタビューや社内風景」の例。高精度の顔認証で知られる技術力をアピールしています。

DENSOのFacebookページ事例

自動車部品メーカーのDENSOのFacebookページ運用は、動画を多用した投稿が特徴です。毎週のように編集された動画が投稿されていて、運営リソースが豊富です。

株式会社デンソー / DENSO

https://www.facebook.com/pg/DENSOCorporation/posts/

株式会社デンソー / DENSO. 14K likes. Welcome to the DENSO CORPORATION Facebook! 株式会社デンソーが運営する公式Facebookページです。 最新ニュースはもちろん、技術紹介、採用情報、社内の様子など、幅広くお届けします。

「インタビューや社内風景」の応用です。技能五輪全国大会・全国アビリンピックで出場した社員が多数のメダルを獲得した様子です。

「クイーンズ駅伝2019」に出場する女子陸上長距離部が意気込みを語る動画です。

NTT DATAのFacebookページ事例

大手SIerのNTTデータのFacebookページでは、VRやAI、ドローンにデザインスタジオなど、最新技術を扱うテクノロジー企業としてのブランディングがメインです。

NTT DATA Japan(NTTデータ)

https://www.facebook.com/pg/NTTDATAJapan/posts/

NTT DATA Japan(NTTデータ), Koto. 22K likes. NTTデータ公式アカウントです。NTTデータグループの発表や取組みをご紹介します。 当社のサービスなどについてのお問い合わせは以下へお願いします。http://www.nttdata.com/jp/ja/contact/index.html

島津製作所のFacebookページ事例

精密機器、計測器、医療機器などを製造販売する島津製作所では、スポーツや会社の歴史、グッドデザイン賞の受賞紹介など、CSRやブランディングに重点を置いたFacebookページ運用を行っています。

株式会社 島津製作所 - Shimadzu Corporation

https://www.facebook.com/pg/ShimadzuCorporation/posts/

株式会社 島津製作所 - Shimadzu Corporation. 26,402 likes · 330 talking about this · 391 were here. 島津製作所の公式Facebookページです。当社の最新トピックスや社会貢献活動など、様々な取り組みをお届けしていきます。 The official Facebook Page for Shimadzu...

リコーのFacebookページ事例

事務機器、光学機器などを製造販売するリコーでは、複数のFacebookページ運用を行っています。

本体のリコーのFacebookページでは、社員やイベント参加者の顔が写っている投稿が多く、親しみを持ってもらえるよう工夫しています。

リコー / RICOH

https://www.facebook.com/pg/ricoh.jp/posts/

リコー / RICOH, Chuo. 53K likes. 株式会社リコーの公式Facebookページです。http://jp.ricoh.com/

「働き方改革ラボ」は、リコーが運営するオウンドメディアのFacebookページ。業界情報を発信する体で流入を確保しています。

働き方改革ラボ

https://www.facebook.com/pg/hatalab.info/posts/

働き方改革ラボ. 9,092 likes · 99 talking about this. 働き方改革ラボの公式Facebookアカウントです。働き方に「!」をお届けします。

まとめ

消費者に対するマーケティングに使えるB2C企業のFacebookページと異なり、B2B企業のFacebookページでは運用に工夫が求められます。リリースの紹介や社員インタビュー、会社の歴史の紹介や展示会・セミナーの案内などが定番のコンテンツです。

一方、モノタロウのように製品の使い方コンテンツへ誘導する場所として活用したり、同じ投稿でも動画を多用するDENSOや、人が写っている写真で親しみをもたせるリコーなど、各社反応率を高める工夫をしています。ぜひこれらの事例を自社のFacebook投稿の参考にしてみてください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Facebook 事例

関連する投稿


始める!データマーケティング入門書籍10選

始める!データマーケティング入門書籍10選

データ分析をマーケティングに生かす「データマーケティング」。データを収集し、整理して見える化し、分析してマーケティング施策に落とすには、それなりのノウハウが必要です。本記事ではデータマーケティングを実践する上で、読んでおきたい参考書籍を紹介していきます。


カメラのキタムラ事例に学ぶ、データ可視化によるMEO対策とは|MarkeZine Day 2019 Autumn レポート

カメラのキタムラ事例に学ぶ、データ可視化によるMEO対策とは|MarkeZine Day 2019 Autumn レポート

店舗型ビジネスにおいて注目を高める「MEO対策」をテーマにしたパネルディスカッションが、MarkeZine Day 2019 Autumnにて開催されました。カメラのキタムラの事例を軸に「スモールスタート」「可視化は手段」など、MEO対策の施策のコツが語られます。


注目のビジネスモデル「D2C」とは?海外・国内の最新事例をご紹介

注目のビジネスモデル「D2C」とは?海外・国内の最新事例をご紹介

D2Cはメーカーやブランドが店舗を介さず、自社ECサイトを通じて直販するビジネスモデル。アパレルや小売業界を中心に活用され、寝具マットレスの米国企業Casperのように未上場ながら評価額10億ドルを超えるユニコーン企業も出て、注目を集めているビジネスモデルです。


最新の投稿


Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら