「Midjourney」「Stable Diffusion」など...人気の画像生成AIはどんなユーザーが注目している?

「Midjourney」「Stable Diffusion」など...人気の画像生成AIはどんなユーザーが注目している?

爆発的な人気を博している画像生成AI。今回は、誰でもキーワードから画像を生成できるAI、「Midjourney(ミッドジャーニー)」「Stable Diffusion(ステーブル・ディフュージョン)」について調査します。どんなユーザーが、どんな目的でこのAIを利用しているのか。ブームの要因とは。両者がそれぞれ得意とする表現はあるのか。関心層のデータと、実際に使ってみての経験から分析しました。


画像生成ができるAIとは

AIはいまやさまざまな局面で我々を支え、生活に欠かせないものとなってきています。AIが活用されている身近なものといえば、Googleの検索エンジンや動画のレコメンド機能が挙げられます。

特に画像に関するAIの技術においては、画像認識が深層学習(ディープラーニング)によって大きな進歩を遂げてきました。画像認識とは、簡単に言えば、「画像」から対象が何かを判別するための技術です。AIによる画像認識は、車の自動運転やスマホの顔認証などに応用されています。

さて2022年は、キーワードから「画像」を生成する、画像生成AIが相次いで登場しました。「誰でもキーワードから絵を作ることができる」という機能が、多くのユーザーに衝撃を与えています。

例えば、画像生成AI「Stable Diffusion」で「落穂拾い、ミレー」というキーワードを入れると、以下のような画像が出力されます。実物とは全く違う構図ですが、穂を拾っている様子が油彩画風のタッチで描かれています。

このような完成度の高い絵は、誰でも描けるわけではありません。しかし、今やAIの力を借りることでアート作品の制作も可能になってきたということです。今回はそんな画像生成AIの中でも、特に有名である「Midjourney」、「Stable Diffusion」について、調査します。

手軽にすごい絵がつくれる画像生成AI「Midjourney」「Stable Diffusion」

「Midjourney」、「Stable Diffusion」はそれぞれ2022年6月、8月に公開された、画像生成ができるAIです。当時はすでに、Googleによって開発された「Imagen」や、OpenAIが発表した「DALL·E」などの画像生成AIがありました。
それにも関わらず、「Midjourney」や「Stable Diffusion」は、「DALL・E2」とともに画像生成AIの御三家と呼ばれるほどに注目を浴びています。その背景にあるのは、「人間が書いたものと遜色のないアートを生成できる」という性能の高さと、「誰でも使うことができる」という手軽さです。

画像生成AIの性能の高さを象徴するエピソードとしては、「Midjourney」で描いた絵「Theatre D'opera Spatial」がある美術コンテストで優勝したことが挙げられます。この作品は受賞決定後、作者が画像生成AIによって制作したことを公表し、賛否両論を呼びました。
ほかにも、「Midjourney」と「Stable Diffusion」によって生成されたイラストのみを掲載したイラスト集「 Artificial Images」が2022年9月に発売されるなど、”AI絵画”の勢いは衰えを知りません。

日本初のオールAI生成画像を元にしたイラストレーション集『Artificial Images』

検索者数が急上昇する「Stable Diffusion」「Midjourney」

では、「Stable Diffusion」「Midjourney」はどんなユーザーが検索・利用しているのでしょうか。毎月更新される行動データから、競合サイト分析やトレンド調査を行うことができるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、ユーザー属性の分析を行いました。

まず、これらAI名の検索はどれくらい起こっているのでしょうか。
マナミナでは、週次で検索が急上昇していたワードをランキング化し、毎週月曜日に配信しています(祝日の場合を除く)。2022年7月31日~8月6日の当ランキングには「Midjourney」、2022年8月21日~8月27日分には「Stable Diffusion」がランクインしていました。

このように、検索急上昇ワードを週次で追っていくと、トレンドをいち早く把握することができます。

検索者数の推移を見てみると、実際にこの2ワードの検索者数は2022年8月に爆発的に増えており、「Midjourney」は55万人もの人が検索しています。一方で、「Midjourney」に関しては9月の検索者数は減少しており、情報感度が高く新しいもの好きのユーザーには急速に広まったものの、新規ユーザーへの認知はまだ進んでいないことが予想されます。

『「Stable Diffusion」「Midjourney」検索者数の推移』
(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2022年6月〜2022年9月
デバイス:スマートフォン、PC

若者男性のTwitter利用者に人気の絵画生成AI

では、「Stable Diffusion」「Midjourney」というキーワードはどのようなユーザーに認知されているのかについて見てみましょう。

『「Stable Diffusion」「Midjourney」検索者の性別割合』
(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2022年6月〜2022年9月
デバイス:スマートフォン、PC

「Stable Diffusion」「Midjourney」はともに男性による検索の割合が多くなっています。特に「Stable Diffusion」は男性の検索割合が7割強となっており、より男性人気度が高いことがわかります。

『「Stable Diffusion」「Midjourney」検索者の年代別割合』
(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2022年6月〜2022年9月
デバイス:スマートフォン、PC

また、これらのキーワードの年代別の検索状況を見ると、両者ともに20代、30代がボリュームゾーンであることがわかります。「Stable Diffusion」の方がより若年層にウケているといえそうです。

ここから、「Stable Diffusion」「Midjourney」はともに、「20代、30代の男性」に多く検索されていると言えるでしょう。では、これらのユーザーには他にどういった特徴があるのでしょうか。更なる分析のために、行動分析ツール「story bank」を用いました。

まず特徴として挙げられるのは、「Twitterの利用時間」の長さです。

『「Stable Diffusion」検索者の「Twitterの利用時間」の長さ』
(「story bank」画面キャプチャ)
期間:2022年6月〜2022年9月
デバイス: スマートフォン、PC

『「Midjourney」検索者の「Twitterの利用時間」の長さ』
(「story bank」画面キャプチャ)
期間:2022年6月〜2022年9月
デバイス: スマートフォン、PC

このグラフから、「Twitterを利用している人の割合」は、ネット利用者全体では半数に満たないのに対し、「Stable Diffusion」や「Midjourney」と検索したユーザーのTwitter利用率は80%以上に。1時間以上の利用者も、ネット利用者全体より顕著に多いことがわかります。

このことから、これらの画像生成AIはTwitterで認知されたケースが多いのではないか、と考えることができます。また、各AIの利用者が、Twitterのハッシュタグ検索から理想の画像を生成するためのキーワードを探している、自分で生成した画像を共有している、といったケースもあると考えられます。こうした「SNSで共有したくなる要素」が、ブームの要因となっているのかもしれません。

絵画生成AI「Midjourney」に求めるものはアートなのか?

ユーザー理解を深めるため、「Stable Diffusion」「Midjourney」を検索した人の関心を、上記同様「story bank」で調べました。

『「Stable Diffusion」検索者の興味・関心についてのチャート』
(「story bank」画面キャプチャ/縦軸はリーチ率、横軸は特徴値)
期間:2022年6月〜2022年9月
デバイス: スマートフォン、PC

『「Midjourney」検索者の興味・関心についてのチャート』
(「story bank」画面キャプチャ/縦軸はリーチ率、横軸は特徴値)
期間:2022年6月〜2022年9月
デバイス: スマートフォン、PC

「Stable Diffusion」と「Midjourney」検索者では、両者ともに「マンガ」「アニメ」「ゲーム」への関心は高く、画像生成AIが若者の男性に人気であることの影響があると考えられます。
一方で、「Midjourney」検索者の方が「アート・芸術」への関心が高いことがわかりました。「アート・芸術」の特徴値は、「Midjourney」28.60pt、「Stable Diffusion」6.81ptとなっています。

二つの絵画生成AIの間で、なぜこのような違いが出るのか、実際に「Stable Diffusion」「Midjourney」を使うことで、その原因を探ってみました。

「Stable Diffusion」「Midjourney」を使ってみた感想

「Stable Diffusion」を簡単に使用する方法は主に2通りで、「Demo用のサイト」を使用するか、「お絵描きばりぐっどくん」というLINEのサービスを用いる方法です。

1.「Demo用のサイト」を使用する

「Demo用のサイト」の使用は、一度使用感を味わいたい人や、面倒な導入をしたくない人などにはおすすめな方法です。一方で、作成に数分の時間を要することや、混雑時にはエラーが出るなどのデメリットもあります。

2.「お絵描きばりぐっどくん」を使用する

こちらの方法については、「お絵描きばりぐっどくん」のLINEのフレンド登録をすることで、1日10回まで無料で利用することができます。

こちらは画像生成にかかる時間が短く、日本語入力にも対応している手軽さが魅力である一方で、無料での利用制限がある点には留意しましょう。

また、「Midjourney」を使用するためには、主に「Discord」を用います。
「Discord」にログインした上で、Midjourneyのサイトで「Join the beta」を押すことで、Midjourneyを利用することができます。この場合、無料利用は1アカウントあたり25枚ほどまでに制限されており、それ以上の画像を生成する場合は有料プランに登録する必要があります。

ここまでで準備は完了です。あとは作成したい絵のキーワード、いわゆるプロンプト呪文を入力したら、AIによって絵画が生成されます。

ここからは、実際にAIによって生成された絵画をご紹介します。

「Stable Diffusion」は写実的、「Midjourney」は抽象的

左から、プロンプト(キーワード)として、「monkey, banana peel(猿、バナナの皮)」、「Researcher spills reagent(試薬をこぼす研究者)」、「board game(ボードゲーム)」と入力した時の生成画像

「Stable Diffusion」と「Midjourney」を比較すると、「Stable Diffusion」は写実的な表現が多く、現実ではおこり得ないような描写が混じることの面白さがある一方で、「Midjourney」は人物画や生き物の絵を生成することに長けていないが、背景などの世界観を作り出すことには長けていると感じました。

「Stable Diffusion」は写実的であるため、芸術的な思考を膨らます余地が少ないという点において、先程の興味・関心チャートで「アート・芸術」への関心が低めに出ていた可能性があるのではないでしょうか。

また、「Stable Diffusion」の非現実的な表現や「Midjourney」の抽象的な表現が、画家の想像力を刺激し、手書きの絵へのインスピレーションを与える可能性を考えると、一概に画家の仕事が奪われるとは言えないと感じました。一方で、AIの学習用に用いられた絵画の画家・絵師の人たちにとって、AIがそれに類似した画像を生成することには否定的な感情を抱くことも理解しなければなりません。


絵画生成AIの問題点の一つとして、「ストーリー性を持った画像群の生成を苦手としている」ことが挙げられます。AIが画像を生成する原理は、入力されたキーワード(プロンプト)に対して、試行画像が似ているかどうかを判定して出力画像に近づけるという作業を何度も行っています。つまり、プロンプトが同一でも生成される画像は同一ではありません。つまり、以下のような「ある同一の男の子が喜怒哀楽の表情をした画像4枚組」を生成することは不可能です。ここから、画像に「ストーリー性」を持たせることは難しく、断片的な一つの状況を生み出すことしかできないのはAIの一つの欠点でしょう。

【まとめ】若者に人気の画像生成AI。その市場は拡大するのか

画像生成AIについて、「Stable Diffusion」と「Midjourney」を調査しました。

調査の結果、

・画像生成AIを検索する人は20代、30代の男性が多く、Twitterの利用時間が多い。
・「Stable Diffusion」は写実的な表現を得意とする一方で、「Midjourney」は人物画の生成に長けておらず、抽象的な表現が多かった。
・画像生成AIはストーリー性のある画像群を作り出すことが難しい。

の3点がわかりました。

今後、画像生成AIを用いた市場が整備されてくるでしょう。画像生成AIに関する認知をより広げていくためには、「若者のみをターゲットにしないモデルを作ること」が重要な鍵のひとつとなります。AIへの興味が薄い年代に、いかにしてAIが生成した絵画を受け入れてもらうかを検討することが、市場の拡大において不可欠となるでしょう。

▼今回の調査にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

『story bank』は、Web行動データとアンケートデータを用いて、ターゲットユーザーにおける特定の Web 行動の前後の動きと属性を集計できるツールです。詳しくはこちらをご覧ください。

この記事のライター

2023年の4月に新卒として入社予定で、現在はヴァリューズの内定者アルバイトとして働いています。現在は、大学院にて金属クラスターについての研究を行っています。

関連するキーワード


AI トレンド調査

関連する投稿


職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

テックタッチ株式会社は、生成AIを活用している大企業(従業員数1,000名以上)の会社員を対象に、大企業における生成AI活用の実態調査を実施し、結果を公開しました。


ホープリヴス、AIキャスティにて完全AIによるCM制作サービスを提供開始

ホープリヴス、AIキャスティにて完全AIによるCM制作サービスを提供開始

ホープリヴス株式会社は、ディープフェイクを施さない完全AIによるCM制作サービスをAIキャスティの新サービス「AIキャスティCM」として提供を開始しました。


エムシーデジタル、法人向け生成AIサービス「Tachyon 生成AI」に最新情報を用いて回答を生成するWeb検索機能を搭載

エムシーデジタル、法人向け生成AIサービス「Tachyon 生成AI」に最新情報を用いて回答を生成するWeb検索機能を搭載

エムシーデジタル株式会社は、同社が開発を進めるGPT/Gemini/Claudeの複数LLMが利用できる法人向け生成AIサービス「Tachyon 生成AI」に、Web検索機能を搭載したことを発表しました。本機能により、生成AIが最新のインターネット情報を参照し、より正確かつ最新の情報に基づいた回答を生成することが可能になるといいます。


Faber Company、AIがヒートマップデータを自動解析&改善提案する機能をミエルカヒートマップに搭載

Faber Company、AIがヒートマップデータを自動解析&改善提案する機能をミエルカヒートマップに搭載

株式会社Faber Companyは、生成AIを活用してヒートマップデータを解析、改善提案をする「ヒートマップ自動解析機能」(β版)をミエルカヒートマップに搭載したことを発表しました。


Algomatic、多言語動画翻訳サービス「DMM動画翻訳」を提供開始!生成AIにより高品質な翻訳を実現

Algomatic、多言語動画翻訳サービス「DMM動画翻訳」を提供開始!生成AIにより高品質な翻訳を実現

株式会社Algomaticは、AI技術を活用した多言語動画翻訳サービス「DMM動画翻訳」の提供を開始したことを発表しました。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ