Z世代の音声メディア利用率は約3割 ラジオやポッドキャストを"ながら視聴"で【僕と私と調査】

Z世代の音声メディア利用率は約3割 ラジオやポッドキャストを"ながら視聴"で【僕と私と調査】

僕と私と株式会社は、株式会社ニッポン放送と共同で全国のZ世代を対象に、ラジオやポッドキャストなどの音声メディアに関する意識調査を実施し、その結果を公開しました。


Z世代の28.0%が音声メディアを月に数回以上利用している

Z世代6,295人を対象にラジオやポッドキャスト等の「音楽以外の音声メディア」をどのくらい利用しているかを聞いたところ、全体の28.0%が月に数回以上利用している結果に。

利用頻度では、「ほぼ毎日」がもっとも多く6.4%。次いで、「週2、3回程度」「週に1回程度」がそれぞれ6.1%という結果となり、利用者のなかでも頻度にバラつきが見られました。

一方で、約半数のZ世代が「音声メディアを利用したことがない」と回答しました。

Z世代の2大音声メディアは「ラジオ」と「ポッドキャスト」

次に、音声メディアを利用すると回答したZ世代を対象によく視聴するものを聞いたところ、もっとも高かったのはラジオで48.2%。次にポッドキャストで33.5%となり、この2つのメディアが多くの支持を集めていることがわかりました。

音声メディアを使用するきっかけはSpotifyなどの「アプリ」

続いて、音楽以外の音声メディアを聴き始めたきっかけを聞いたところ、「Spotify、Amazon Music、radikoなど、さまざまなアプリでも聴けるようになったから」がもっとも多く、44.3%にも昇りました。

スマホやアプリの登場によって、すぐにアクセスできるようになった環境の変化がZ世代への音声メディア普及の鍵だったことがうかがえます。

また「おうち時間が増えたから」が24.5%と、コロナ禍に青春時代を過ごしたZ世代ならではの理由もランクイン。そのほかに「好きなインフルエンサーやタレントが紹介・配信していたから(21.0%)」、「ながら聴きに丁度良いコンテンツを探していたから(16.0%)」など、Z世代の特徴ともリンクする理由が上位に入りました。

Z世代の41.4%が音声メディアを好む理由は「ながら視聴に良い」から

音声メディアを好む理由には、1位に「ながら視聴に良い(41.4%)」、2位に「暇つぶしに良い(35.7%)」、4位には「効率よく情報を得られる(21.3%)」が挙げられ、Z世代が重要視するとされる“タイパ”ともつながる選択肢が上位を占めました。

そのほか、「ここでしか聴けない人や内容の話がある(24.8%)」「TVや他のSNSでは聴けない裏話や本音を聴ける(17.8%)」「声だからこその温かみを感じる(10.8%)」など、音声メディアならではの距離感を挙げる回答も多く見られました。

音声メディアは就寝前や作業中など、リラックスタイムのお供に聴かれる

また、音声メディアを聴くタイミングのなかで、もっとも多いのが「就寝前」で28.3%、続く「趣味の作業をしながら」が25.0%との結果に。

“ながら視聴”のなかでもリラックスタイムのお供にされる傾向が高いものの、上位回答は拮抗しており、シーンやライフスタイルを問わない音声メディアの特徴がZ世代に支持される理由と言えるかもしれません。

音声メディアでも支持の高いコンテンツは「音楽」

音声メディアで聴いているコンテンツのジャンルを聞いたところ、1位は「音楽」で43.5%。知らない曲を偶然知る機会になったり、好きなパーソナリティーの紹介で新たな音楽と出会ったりという「偶然性」を求めていると想像できます。

2位以降は「芸人(27.1%)」「バラエティ(24.0%)」「アイドル(23.5%)」と続き、Z世代のどんな趣味嗜好にも合った多彩なコンテンツが提供されていることも音声メディアの魅力と言えるでしょう。

Z世代は視聴したい番組があるときだけラジオを視聴する

また、音声メディアの代表であるラジオと、テレビやYouTubeなどの動画コンテンツを視聴する頻度について聞いた結果、ラジオは他のコンテンツと比べて、定期的に聴かれる割合は少ないことがわかりました。

一方で動画コンテンツは常習性が高く、リアルタイムで視聴される割合も高いという結果が得られました。特にYouTubeなどの動画アプリは78.0%が「定期的に見聞きしている番組がある」と回答

ラジオは「視聴したい番組がある時だけ視聴している」ことが他メディアと比較した場合の特徴として挙げられ、コンテンツの中身や話題性も重要な指標となっていることがうかがえます。

ラジオで訴求された商品・サービスにはZ世代の過半数が反応する

最後に、ラジオを聴いたあとの行動や体験について聞いたところ、番組や広告で紹介された商品・サービス名については「記憶に残りやすい(61.8%)」「興味を持つ(63.5%)」「検索する(57.3%)」「購入・利用する(52.3%)」の項目に対して、過半数が「度々ある」「たまにある」と回答しました。

また、「SNSでつぶやく(49.4%)」「友達に紹介する(49.4%)」も過半数に迫る勢いで、Z世代マーケティングにおける音声メディアの活用が期待できそうです。

調査概要

調査名:ラジオやポッドキャスト等音声メディアに関する調査
対象条件:全国のZ世代(15~27歳)男女
調査期間:2024年1月15~22日
調査方法:インターネットを利用したアンケート
調査有効回答数:1,200名

出典元:僕と私と株式会社

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000101.000071963.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング Z世代

関連する投稿


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


NABLAS、生成AIのフェイクを見破る企業向けフェイク検出サービスをリリース

NABLAS、生成AIのフェイクを見破る企業向けフェイク検出サービスをリリース

NABLAS株式会社は、メディアやSNSにおける情報だけでなく、人間の目では見抜けないレベルのフェイクコンテンツに対しても、ユーザー独自で専門的かつ信頼性の高いフェイク判定を行える「企業向けフェイク検出サービス」をリリースしたことを発表しました。


フリマアプリ利用者の約7割が販売経験あり、年間平均売上金額は「1万円以上」が約2割【ナイル調査】

フリマアプリ利用者の約7割が販売経験あり、年間平均売上金額は「1万円以上」が約2割【ナイル調査】

ナイル株式会社は、同社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ情報メディア「Appliv(アプリヴ)」にて、10~60代の男女を対象にフリマアプリに関するアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ