Web行動ログデータから見る消費者行動のリアル!withコロナ時代の「Web×保険」とは|セミナーレポート

Web行動ログデータから見る消費者行動のリアル!withコロナ時代の「Web×保険」とは|セミナーレポート

withコロナ時代の消費者変化を、Web行動ログから考察したオンラインセミナーが8月に開催されました。今回フォーカスされたのは「保険業界」。コロナ禍による「おうち時間」などから在宅時間も長くなり、忙しい毎日ではなかなか落ち着いて考えることも少なかった「保険」に関して、これを機に見直しや新たな商品を求めようと行動した人も少なくないのではないでしょうか。そんな保険業界の今を、アンケート調査とWeb行動ログデータの変化から「Web×保険」のあり方と題して分析・解説しました。
セミナー資料は無料でダウンロードできます。記事下部にあるフォームからお申込みください


図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

データで見るコロナ禍における保険市場の動向と消費者行動とは?

コロナ禍で消費者が興味を持ったことは?

まずは「新型コロナウイルスの影響拡大後にあなたが興味関心を持つようになったこと」と題したアンケート調査の結果に、コロナ禍で健康を始め、生活の不安などが多く生まれたことが大きく反映されていると推測。「「節約意識」や「マネー・投資」といったものへの関心が非常に高まっている、というトレンドは間違いなく存在していると言えます。」とデータマーケティング局マネジャーの入場(にゅうば)が解説を始めました。

図:コロナ禍で興味を持ったもの 

図:コロナ禍で興味を持ったもの 

コロナ禍で中止した行動・実施した行動とは?

続いて2020年3月以降に予定していた行動について、それらの予定が実行出来たか、または中止としたかという現状についてのアンケート結果を検証。

結果、予定していた行動ランキングで1位となっていた「国内旅行」を始め、外出などにまつわる行為、「遊園地にいく」「コンサートにいく」などの9割は実施を取りやめたという結果になっています。

一方で、「金融商品の購入」や「保険の加入」に関しては7割が実施したという結果となっており、コロナ禍において保険を含む金融商品に興味関心を持つ人が増えたり、元々検討をしていた人も予定を変更せず金融商品の購入や保険の加入などを実施していることがうかがえます。

図:コロナ禍で中止・実施した行動

図:コロナ禍で中止・実施した行動

コロナ禍における生命保険各社サイトの集客状況は?

続いてはアンケート結果によって「興味がわいた」「実施した」と現れた「金融商品の購入」のうち、「保険商品」に焦点を絞ってみることに。

以下は「コロナ禍における生保各社サイトの集客状況概観」です。
前月比・前年同月比をみても、双方ともに増加していたのは、オリックス生命保険・第一生命保険・アクサ生命とわずかな様子。

入場:「全体をみて、劇的にサイトへの訪問者数が増加したとは言えず、長期的なデータで見直してみても、突出したサイト訪問者数の増加は見られませんでした。

図:コロナ禍における生保各社サイトの集客状況概観

図:コロナ禍における生保各社サイトの集客状況概観

単純に数値の増減だけではわからない、サイト訪問者の質とは?

とはいえ、これらのデータだけで単純に「サイト訪問者数が増えていないから興味関心がない」と判断するのは早計だということが、下記の流入データからわかると入場は解説を続けます。

上段が2019年4月から5月の流入経路データ。下段が2020年4月から5月の同様のデータとなります。「一般広告」の青いグラフを見てみると、2019年には700万以上あった訪問者数が、2020年には250万と3分の1に減少しています。

一方で、「自然検索」は(同じく青いグラフに注目)18万だった訪問者が2020年には35万と約2倍に増えています。これらの数値から、広告での集客数を減らしているにもかかわらず、自然検索が増えているのではないかという状況が見えてきました。

入場:「これらの動向から、サイト訪問者総数は変わらなくても、サイトに訪問してきている顧客の質が変わったと言えるのではないでしょうか。」

図:大手4社サイト 流入経路内訳

図:大手4社サイト 流入経路内訳

生命保険に向けられた消費者のweb行動、様々なケース

では消費者の意識としてはどのような動きがあったのか、さらにWeb行動ログを詳しく見てみると、まずは、コロナに感染した場合の不安から保障を気にしている様子が多く現れたとのこと。例えば「コロナ」と検索後に急に「生命保険」を検索しているといったケースが多く現れました。
また、給与面などの不安などが生まれ、生活の固定費の見直しや節約意識が高まったケースや、中にはお金全般の情報に関心が高かった人が、さらに関心が活発化しているといったケースも見受けられました。

入場:「コロナ禍になり保険市場においては、サイト訪問者数だけでは盛り上がりは観測しづらいものの、構成している訪問者の質が変わったことに注目すべきと考えます。
また、金融商品全般に関心を持ち始めている消費者の動向の一つに、「FP監修・解説」といった有識者から発信される情報に注目が集まっていたというポイントも踏まえて、保険各社のアプローチ方法を、消費者の行動に順応していく必要があるとも言えそうです。」

図:コロナ禍における保険市場の動向 まとめ

図:コロナ禍における保険市場の動向 まとめ

今後の「Web×保険」に関する考察 ネットが前提条件になる?

コロナ禍により、求められているモノ・コトが変わった

コロナ禍により、大きな意味で人々の欲求に変化が生じていると言えそうです。
以前であれば、SNSでの自己評価への欲求や、社会的地位確立の欲求と言った、いわゆるマズローの法則にもある5段階欲求の上部での欲求に比重が占めがちであった生活から一変、コロナ禍という不安要素から、安全な場所にいたいといった欲求、さらには生存の欲求と言った階層にまで意識が変化していると言っても過言ではなさそうです。

入場:「「あらゆるカテゴリーのサービスで「衛生であることが担保されている」「健康に危害が及ぶ可能性が低い」といった観点が前提条件・必須条件となっています。どんな商品にも新しい前提条件が生まれていくと考えます。」

図:欲しい商品①

図:欲しい商品①

図:欲しい商品②

図:欲しい商品②

では「保険商品」にとって、新しい前提条件・必須条件とは何を指すのでしょうか。

求められる商品の前提条件・必須条件とは?

新しい前提条件・必須条件のヒントとして挙げられたのは、コロナ禍における「デジタルデバイスへの接触量変化」のデータです。
テレビへの接触が首位となっていますが、注目すべきはインターネットへの接触量の増加です。これが保険商品とどう結びつくのか見ていきます。

図:デジタルデバイスへの接触量変化

図:デジタルデバイスへの接触量変化

前項で述べたとおり、保険商品への注目度に変わりはなく需要があると見られます。しかし、以下の資料によれば、消費者の関心は増加するものの、対応する企業側の受け皿に弱点が見受けられます。これは属人的な窓口・対応だけでは、このコロナ禍では限界が生じていると推測します。
ここで入場が必要不可欠な前提条件となりえると考えたのが、ネットの役割です。

図:コロナで変わった保険への意識 消費者と企業

図:コロナで変わった保険への意識 消費者と企業

図:コロナで変わった保険への意識 ネットで調べてみよう

図:コロナで変わった保険への意識 ネットで調べてみよう

Afterコロナで考える、大事なデジタルとの関係

以前であれば、保険を契約する際には多くが対面式で情報を得て、外交員や代理店窓口に信頼をおいて契約するといったジャーニーが見られましたが、コロナ禍で巣ごもり消費が根付き、デジタル媒体に触れる機会が多くなったwithコロナ時代で、このジャーニーに変化が生じているようです。

入場:「ECの利用が増え、テレワークにも慣れ、通勤においては移動時間が短縮されたなど、このコロナ期に享受したデジタルの利便性は不可逆な変化として今後も残っていくと思われます。

そのような中、保険商品販売の対面のコミュニケーションは選択肢の一つでしかなくなる可能性があり、今まで以上にWebで情報を集めていくということが、当たり前になっていくと思われます。

少し大袈裟な表現となりますが、Webで興味を持って検索比較をして、ヒットしなかった情報は検討する選択肢から埋没してしまうと言っても過言ではない時代と言えます。

そのため、まずは「前提条件」としてWebで情報を揃えるという状況を作っていくというのが非常に大切だと思われます。その上で対面販売の良さや、Web販売の良さは「付加価値」として評価されるようになっていくのではないでしょうか。」

図:コロナが保険業界にもたらしたもの

図:コロナが保険業界にもたらしたもの

まとめ

コロナ禍により、より関心や興味が増えた「保険業界」。ただし増加した消費者の関心興味に今の「保険業界」がどれほど順応できているのかという疑問を呈した今回のセミナー。

対面の強み」を前提条件としていた「保険業界」にも、コロナ禍により変化した消費者の「デジタル化への定着」意識には、十分に順応する必要があるといったことが強く語られました。
前提条件にWebをいかに活用するかが、対面型保険にとっても非対面型(ダイレクト型)保険にとっても、優位性に大きく影響する一手となると言えそうです。

入場:「これからはWebで情報を集められることが「差別化要素」ではなく「前提条件」になると考えられます。Web検索の初期段階できちんと消費者とコンタクトを取ることができれば、次に自社の強みを存分に伝える機会に繋がります。そのためにはまず、ターゲットがどのようなWeb行動をしているかを丁寧に観察することが重要と考えます。」

図:セミナーサマリ

図:セミナーサマリ

詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。

セミナー資料ダウンロード【無料】

「Withコロナ時代におけるWeb×保険のあり方」レポート

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

関連記事

保険難民が増加? withコロナ時代突入により変わり始める保険の選び方

https://manamina.valuesccg.com/articles/904

一昔前、保険は自宅や職場に訪れる各保険会社の営業担当者から加入するのが一般的でした。しかし、現在ではそういった光景は減りつつあり、代りにさまざまな会社の保険を扱う来店型の保険ショップや、Web 上の保険比較サイトが増加しています。また、ネットで手続きを行うダイレクト型保険も浸透し、より手軽に保険へ加入できるようになりました。そんな中、新型コロナウイルスの蔓延により、人との接触をできる限り減らす新しい生活様式での日常がスタートしました。withコロナの生活は人々の保険の選び方にどのような影響を与えているのか、eMark+を用いて分析してみました。

お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング『お金クラスター調査結果』レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1080

消費全般に関するインサイト把握や資産運用商品の購入・資産運用実態の把握に役立てて頂くため、お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング分析した、『お金クラスター調査結果』レポートをリリースしました。(ページ数|27p)<br>※調査レポートは無料でダウンロードできます

「新型コロナウイルス感染拡大前後でのダイレクト保険サイトの比較分析」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/981

長引く新型コロナウイルスとの戦いは、私たちの暮らしに大きな影を落としています。なかなか経済回復の兆しが見えない中、家計の中でも大きな割合を占める保険料を見直す動きが活発化しています。今回は外出自粛傾向の中で需要の高まる『ダイレクト保険』に注目し、感染拡大前後の変化をeMark+を用いて調査してみました。(ページ数|9p)

この記事のライター

マナミナ 編集部 編集兼ライター。
金融・通信・メディア業界を経てマーケティング・リサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


【2024年3月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年3月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


【2024年3月4日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年3月4日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


象徴的なリサーチ・トレンドから読み解く2024年の潮流 ~ リサーチャー菅原大介さんと共に

象徴的なリサーチ・トレンドから読み解く2024年の潮流 ~ リサーチャー菅原大介さんと共に

2023年に注目を集めた最新のリサーチ・トレンドに焦点を当て、生成AIの活用方法やリサーチの再評価、データの活用方法について、リサーチャーの菅原大介さんと振り返りました。様々なリサーチツールの中から、課題に応じてどのような手法を選択すればよいのでしょうか。2024年に向けた新たな潮流と合わせてお届けします。 ※詳細なセミナー資料は、記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


【2024年2月26日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年2月26日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Web行動ログデータで読み解く"ロイヤル顧客"のリアル|日本マーケティング協会共催セミナーレポート

Web行動ログデータで読み解く"ロイヤル顧客"のリアル|日本マーケティング協会共催セミナーレポート

公益社団法人日本マーケティング協会と株式会社ヴァリューズによる共催セミナーが開催されました。本セミナーのテーマは、「ロイヤル顧客のリアル」。自社の商品を継続的に購入してくれるロイヤル顧客ですが、効果的なアプローチが分からずお悩みを感じている企業も多いのではないでしょうか。今回は、ヴァリューズの持つ行動ログとアンケートによってロイヤル顧客の実態を調査し、企業がロイヤル顧客マーケティング施策において重視すべきポイントを、データサイエンティスト協会 事務局長/新生フィナンシャル株式会社 CMOの佐伯 諭氏を迎えディスカッションしました。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ