シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


行動ログ分析から見るシニアのWeb行動特徴

スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

高齢者のWeb利用の増加

株式会社ヴァリューズ ソリューション局 マネジャー 竹久真也(以下、竹久):「まずはシニア世代のWeb利用の変化を見てみましょう。

こちらは2019年度の総務省発表のデータを抜粋したものです。こちらを見ると、この5年間で高齢者(65歳以上)のインターネット利用者が大幅に増加していることがわかります。その数はおよそ1.5倍以上にも上ります。」

図:高齢者のウェブ利用の増加

図:高齢者のウェブ利用の増加

シニアのネット利用の時間帯

竹久:「シニア世代と他世代のライフスタイルの相違が、インターネットの利用時間帯にも現れています。

インターネットの利用時間帯では、若い世代が夜間にかけての利用時間の長さが目立つのに対して、65歳以上のシニア世代では、朝8〜9時ごろの時間帯がピークとなっています。
シニア世代に向けてWeb広告やプロモーションを打つのであれば、この様な利用時間帯の違いにも着目すると、有効なマーケティング施策が打てるのではないかとも考えられます。」

図:利用している時間帯

図:利用している時間帯

シニアの閲覧しているサイトの特徴

竹久:「シニア世代のPCでのインターネット利用では、BingやMSN、Yahoo系列のサービスといった、PCやブラウザのデフォルト設定となっていると思われるサービスの利用率が、他世代より高く現れています。自分で設定のカスタマイズなどを行うことなどが難しく、元々知っているサービスや使ったことのあるサービスのみを使い続けているのかもしれません。
また、他世代に比べて、Google系列のサービスやTwitter、InstagramなどのSNSの利用は低めとなっています。」

図:閲覧しているサイトの特徴

図:閲覧しているサイトの特徴

シニアの流入経路の特徴


竹久:「高齢者では、自然検索からサイトに流入する割合が他の世代に比べて低く、広告や外部サイト(リンク)、リスティングから流入している割合は他世代よりも高いのが特徴的です。」

図:サイトへの流入経路の特徴

図:サイトへの流入経路の特徴

カテゴリ別のサイト流入経路の特徴

竹久:「シニア世代では、50歳以下のユーザーと比べても、広告から流入する割合が高くなっており、自然検索から流入する割合が低くなっています。
特に広告からの流入の割合が高いのが、ショッピングサイトやオークションサイトです。」

図:サイトカテゴリ別の流入経路の特徴

図:サイトカテゴリ別の流入経路の特徴

シニアの特徴的な検索ワード

竹久:「テレビ番組や、テレビショッピング、通販関連のものが上位に多く見られます。
また、検索時には「アマゾン通販」「楽天市場ショッピング」など、略称ではなく正式名称で検索していることから、気軽に検索エンジンを利用できていない、あるいは検索自体に慣れていない様子がうかがえます。」

図:特徴的な検索ワード

図:特徴的な検索ワード

まとめ

竹久:「行動ログからシニアのWeb行動特徴を色々な角度から見てみました。

大きくまとめますと、シニア世代のWeb利用が大幅に増加しているということ。
そして、シニア世代特有のライフスタイルに沿った形での利用していると見られ、朝の利用が多いことや、検索エンジンやSNSの利用が少なく、ポータルサイトやニュースサイトの利用が多いという事が分かりました。

さらに、どのようなサイトに流入しているのかという特徴としては、他世代に比べ、自然検索は少なく、広告からサイトに流入する割合が他世代に比べて高いということ。検索ワードではテレビ関連(テレビショッピング)などが目立つということが分かりました。

これらのことから、シニア世代へのマーケット戦略の手段として、ネットは重要なチャネルと言えますが、配信時間帯やサイト流入への有効な誘導、プロモーションの手段などを考える時には、他世代とは違う、高齢者の利用実態に合わせたアプローチが必要と考えます。」

図:サマリ

図:サマリ

セミナー資料ダウンロード【無料】

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

セミナー資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはヴァリューズからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナ 編集部 ライター。
金融、通信、メディアなどを経てリサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

コロナ禍でのテレワークの浸透や在宅時間の増加から、住環境を見直す人が増えているようです。都心を離れての近距離の移住や新たに住宅を購入する動きなどが見られる中、コロナが引っ越しに与えている影響はどのようなものなのでしょうか。アンケート調査とインターネット行動ログデータの分析から調査しました。(ページ数|25p)


「収納」検索者のキーワードを徹底調査! 悩みや関心を検索データから探る

「収納」検索者のキーワードを徹底調査! 悩みや関心を検索データから探る

新生活が始まる春。新生活に向けて引っ越しをしたり、部屋の模様替えをする機会も増える季節です。そこで、今回は分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使って、「収納」検索ユーザーが持っている悩みや、どんなことに興味関心があるのかなどに着目して調査・分析をしてみました。


マーケティングダッシュボードDockpit(新サービス)紹介セミナー|オンライン開催

マーケティングダッシュボードDockpit(新サービス)紹介セミナー|オンライン開催

3C(自社・競合・市場)のデータを俯瞰し、戦略を考えるには? <br>ヴァリューズから新しく誕生した、競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の紹介オンラインセミナーです。


ひとりの時間をどう楽しむ?「おひとりさま」検索のデータから消費者ニーズを調査

ひとりの時間をどう楽しむ?「おひとりさま」検索のデータから消費者ニーズを調査

近年注目が集まる「おひとりさま」市場。「おひとりさま」というキーワードは、2000年代前半に男女雇用機会均等法の第一世代が牽引する第1次ブームが起こりました。次に、団塊ジュニア世代が主役となった2000年代後半の第2次ブームに次いで、現在はスマホとSNSの普及により第3次ブームを迎えていると言われています。コロナ禍で世の中が一変した今、おひとりさま市場の実態に迫ります。


「除菌」ワードの検索者は何を気にしている?コロナによる衛生意識の高まりを調査

「除菌」ワードの検索者は何を気にしている?コロナによる衛生意識の高まりを調査

新型コロナウイルスの流行によって、高まる消費者の衛生意識。コロナ禍で消費者は一体どんなことを気にしているのでしょうか?本稿では、「除菌」と検索した人のデータをWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を使って調査。きれい好きな人の実態について、掛け合わせキーワードや閲覧ページなどからインサイトを探ります。


最新の投稿


Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

現在ではWeb会議の定番ツールとなった「Zoom」ですが、普及当初はセキュリティ問題が話題となったのを覚えている方も多いでしょう。当時指摘されたセキュリティの問題と、より安心・安全にZoomを利用する方法について再確認します。


ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国都市部在住の男性600人を対象にアンケートを実施し、中国都市部の男性が抱えるカラダの悩みおよびその悩みを改善するための意識と行動を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング