シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


行動ログ分析から見るシニアのWeb行動特徴

スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

高齢者のWeb利用の増加

株式会社ヴァリューズ ソリューション局 マネジャー 竹久真也(以下、竹久):「まずはシニア世代のWeb利用の変化を見てみましょう。

こちらは2019年度の総務省発表のデータを抜粋したものです。こちらを見ると、この5年間で高齢者(65歳以上)のインターネット利用者が大幅に増加していることがわかります。その数はおよそ1.5倍以上にも上ります。」

図:高齢者のウェブ利用の増加

図:高齢者のウェブ利用の増加

シニアのネット利用の時間帯

竹久:「シニア世代と他世代のライフスタイルの相違が、インターネットの利用時間帯にも現れています。

インターネットの利用時間帯では、若い世代が夜間にかけての利用時間の長さが目立つのに対して、65歳以上のシニア世代では、朝8〜9時ごろの時間帯がピークとなっています。
シニア世代に向けてWeb広告やプロモーションを打つのであれば、この様な利用時間帯の違いにも着目すると、有効なマーケティング施策が打てるのではないかとも考えられます。」

図:利用している時間帯

図:利用している時間帯

シニアの閲覧しているサイトの特徴

竹久:「シニア世代のPCでのインターネット利用では、BingやMSN、Yahoo系列のサービスといった、PCやブラウザのデフォルト設定となっていると思われるサービスの利用率が、他世代より高く現れています。自分で設定のカスタマイズなどを行うことなどが難しく、元々知っているサービスや使ったことのあるサービスのみを使い続けているのかもしれません。
また、他世代に比べて、Google系列のサービスやTwitter、InstagramなどのSNSの利用は低めとなっています。」

図:閲覧しているサイトの特徴

図:閲覧しているサイトの特徴

シニアの流入経路の特徴


竹久:「高齢者では、自然検索からサイトに流入する割合が他の世代に比べて低く、広告や外部サイト(リンク)、リスティングから流入している割合は他世代よりも高いのが特徴的です。」

図:サイトへの流入経路の特徴

図:サイトへの流入経路の特徴

カテゴリ別のサイト流入経路の特徴

竹久:「シニア世代では、50歳以下のユーザーと比べても、広告から流入する割合が高くなっており、自然検索から流入する割合が低くなっています。
特に広告からの流入の割合が高いのが、ショッピングサイトやオークションサイトです。」

図:サイトカテゴリ別の流入経路の特徴

図:サイトカテゴリ別の流入経路の特徴

シニアの特徴的な検索ワード

竹久:「テレビ番組や、テレビショッピング、通販関連のものが上位に多く見られます。
また、検索時には「アマゾン通販」「楽天市場ショッピング」など、略称ではなく正式名称で検索していることから、気軽に検索エンジンを利用できていない、あるいは検索自体に慣れていない様子がうかがえます。」

図:特徴的な検索ワード

図:特徴的な検索ワード

まとめ

竹久:「行動ログからシニアのWeb行動特徴を色々な角度から見てみました。

大きくまとめますと、シニア世代のWeb利用が大幅に増加しているということ。
そして、シニア世代特有のライフスタイルに沿った形での利用していると見られ、朝の利用が多いことや、検索エンジンやSNSの利用が少なく、ポータルサイトやニュースサイトの利用が多いという事が分かりました。

さらに、どのようなサイトに流入しているのかという特徴としては、他世代に比べ、自然検索は少なく、広告からサイトに流入する割合が他世代に比べて高いということ。検索ワードではテレビ関連(テレビショッピング)などが目立つということが分かりました。

これらのことから、シニア世代へのマーケット戦略の手段として、ネットは重要なチャネルと言えますが、配信時間帯やサイト流入への有効な誘導、プロモーションの手段などを考える時には、他世代とは違う、高齢者の利用実態に合わせたアプローチが必要と考えます。」

図:サマリ

図:サマリ

セミナー資料ダウンロード【無料】

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

セミナー資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはヴァリューズからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナ 編集部 編集兼ライター。
金融・通信・メディア業界を経てマーケティング・リサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


【2023年2月6日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月6日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


【2023年1月30日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年1月30日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


【2022年1月23日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年1月23日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


【2023年1月16日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年1月16日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら