【トレンド調査】おやつのサブスク「スナックミー」が提供する「体験価値」を分析

【トレンド調査】おやつのサブスク「スナックミー」が提供する「体験価値」を分析

ここ最近話題のサービスを掘り下げ、人気の背景を分析する「トレンド調査」企画。今回は、おやつのサブスクリプションサービス「snaq.me(スナックミー)」を取り上げます。「スナックミー」は、ハッピーなおやつ体験を提供するお菓子のサブスクサービス。お菓子を定期的に届けるというサブスク機能よりも、「新しいおやつ体験」という体験価値がサービスの売りだといいます。コロナ禍によっておうち時間が増えたことも追い風となり、数あるD2Cサービスの中でも話題のスナックミーの強みや提供価値について、Web行動ログ分析ツールDockpitのデータを参考にしながら分析します。


スナックミーとは?

スナックミーは、おやつが定期(2週に1回もしくは4週に1回)で届くおやつのサブスクリプションサービス。「おやつ診断」でパーソナライズされた厳選おやつの詰め合わせ「おやつ体験ボックス」が届きます。

毎月変わる100種類以上のスナックから、食べきりサイズのスナック8つを厳選。開けてみないと何が入っているか分からないワクワク感や、新しいおやつとの出会いもあり、「食べている時間よりも、実はBOXを開けた瞬間が一番テンションが上がる」というユーザーからの声が聞かれるといいます。

Web行動ログ分析ツール「Dockpit」でスナックミーのユーザー動向を見ると、以下のようになっています。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年5月〜2021年4月、対象デバイス:PC、スマートフォン

今年の夏に大きくユーザー数が伸びています。スナックミーでは、コロナ復興支援として廃棄されてしまう素材を使用し、コロナで売上が減少した菓子メーカーと共同開発したアイスキャンディーを発売するなど、時代の流れにマッチした取り組みが注目されました。

さらに、コロナ禍の宅飲みを充実させるおつまみの宅配「otuma.me(オツマミー)」を2020年11月末に開始したほか、2021年1月には初のポップアップストアを渋谷ロフトで開店。時代の需要を汲み取って舵を切り、あえてオフラインでの顧客接点を持つ等のプロモーションも積極的に取り入れることで、ユーザーの拡大に繋がったのではないでしょうか。

スナックミーがこだわる体験価値

スナックミーのユーザー数の拡大が見えてきましたが、サービスのどういった部分がユーザーの心を掴んでいるのでしょうか。

スナックミーのサイトには「おやつの時間を価値あるものに。」というサービスコンセプトとともに、以下のような言葉が書かれています。

snaq.meがお届けするのは、お菓子という単なる「モノ」ではなく、おやつ時間、そしてワクワクしたり楽しんだりする体験、つまり『おやつ体験』です。

単なる「お菓子のサブスク」として「お菓子」というモノを提供するのではなく、ワクワクしたり楽しんだりする時間や体験を提供するのだ、というコンセプトが打ち出されています。

また、株式会社スナックミーの代表である服部慎太郎氏は、noteにて次のようなことを書かれています。

自分たちはモノではなく、体験を提供できるし、そうすべき、ということに改めて気がついた。

その頃から、スナックミー体験、という言葉を使い始めた気がする。

お菓子はモノ、おやつは体験と言葉も使い分け、スナックミーはお菓子じゃなくておやつを提供するということを強く意識するようになった。

スナックミーが行ったユーザーアンケートには、「食べている時間よりも、実はBOXを開けた瞬間が一番テンションが上がる」「snaq.meが届いたという通知があると、その日は仕事が頑張れる」などの声が届いたといいます。

どんなお菓子がパーソナライズされて、入っているのか。開けてみないと分からないワクワク感や、新しいお菓子や食べ方を発見する楽しみ。これらの体験価値に、スナックミーは着目しているそうです。

昨今コロナ禍でお家時間が見直され、ステイホームを充実させるサービス・アイテムの需要が高まりました。特に食においては、外食の機会が減ったことで、自宅にいながら美味しいものが食べられるD2Cサービスの利用者が拡大。スナックミーもその一つですが、「体験」に軸足を置くことで、他のサービスとの差別化を図っています。

多くのサービスが、家庭で非日常の贅沢な時間を楽しむことができる食材・料理を打ち出している一方、スナックミーが提供するのは、「一度の贅沢」ではなく、「日常をちょっとワクワクさせるもの」です。普段の生活に「おやつ体験」で新鮮な楽しさを提供し、その演出をライフスタイルに溶け込ませたところが、定期便(サブスクリプション)として継続される理由ではないでしょうか。

スナックミーのユーザー属性とは

では、どのようなユーザーがスナックミーの体験価値を感じているのでしょうか。参考のために、ユーザー属性を見てみましょう。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年5月〜2021年4月、対象デバイス:PC、スマートフォン

性別比は、女性が8割を超えています。女性の方が普段から健康や美容に気を使い、おやつも「罪悪感のないもの」や「体にいいもの」を選びたいという人が多いのでしょう。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年5月〜2021年4月、対象デバイス:PC、スマートフォン

年代は20~30代の若年層を主体としながら、40代、50代にもある程度ユーザーがいることが分かります。コロナ禍で家庭で過ごす時間が増えている昨今、日常を楽しませ、健康にも配慮できるサービスとして、中高年層からの支持も今後広がっていくかもしれません。

まとめ

モノ(お菓子)を届けるというよりも、ワクワクさせる「おやつ体験」を届けるスナックミー。外出機会が減ったコロナ禍においては、日常を彩るサービスとしてD2Cの中でも特に存在感を放ち、新しいライフスタイルを世の中に浸透させました。アフターコロナの時代には、この「おやつ体験」を習慣として一層根付かせるとともに、また新しいワクワク感を届け続けてくれるのではないでしょうか。この先どんな展開を見せてくれるのか。スナックミーの今後に注目です。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2020年5月~2021年4月のネット行動ログデータを分析しました。※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

2022年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


レトロマーケティング戦略とは ~ レトロブームから学ぶこと

レトロマーケティング戦略とは ~ レトロブームから学ぶこと

「昭和レトロ」、「平成レトロ」などレトロブームとも呼ばれる現象があちらこちらで見受けられます。「これからのマーケティング戦略を考える上で、レトロや復刻版から学ぶべきものは大きい」と語るのは、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏。なぜレトロブームは起きるのか、レトロと消費の関係性について、考察いただきました。


注目スタートアップ企業分析 - シェアリングエコノミー・サブスク・D2C業界|ホワイトペーパー

注目スタートアップ企業分析 - シェアリングエコノミー・サブスク・D2C業界|ホワイトペーパー

いま注目の「シェアリングエコノミー」「サブスクリプション」「D2C」業界。各業界において代表的な国内スタートアップ企業をピックアップし、その成長の裏にはどのような戦略や集客施策があったのか、消費者のWeb行動ログデータを用いて分析しました。業界の現状を俯瞰したい方、主要プレイヤーの動向を把握したい方にもおすすめのレポートです。(ページ数|49ページ)


いま、あの年代でウケているアプリは?2022年のトレンドアプリを年代別で調査してみた

いま、あの年代でウケているアプリは?2022年のトレンドアプリを年代別で調査してみた

我々の生活に必要不可欠なスマホアプリ。今回は、2022年最新のトレンドアプリを年代別で調査しました。コロナ禍の影響が強く見られたり、同カテゴリのアプリであっても年代により使用するアプリに違いがあったりと、興味深い傾向が多く見られる結果となっています。


What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

It is very important for businesspersons to keep an eye on various markets. Using VALUES' web behavior analytics tool Dockpit, we will investigate and analyze the trends of query searches on "market size" to find out which industries are currently experiencing a rise in interest trends among businesspersons.


最新の投稿


急上昇ワードに「東京アメッシュ」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/18~2022/9/24)

急上昇ワードに「東京アメッシュ」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/18~2022/9/24)

ネット行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年9月18日~9月24日の検索急上昇ワードでは、降雨状況の変化を短い周期で追える「東京アメッシュ」といったサイトの他、台風関連のワードが多数ランクイン。劇場版最新作が公開中の「ガリレオ」シリーズに関する検索も複数見られました。


【2022年10月10日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年10月10日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


SNS × ユーザーリサーチ対談|マナミナ・トークLIVE

SNS × ユーザーリサーチ対談|マナミナ・トークLIVE

マナミナ・トークLIVEが10月14日(金) 17:00〜18:00で配信決定!「SNS×ユーザーリサーチ」をテーマに、企業のSNS運営支援実績を多数お持ちのマーケティングコンサルタント・吉田啓介さんと、SNSを使ったユーザーリサーチのnote記事が人気のリサーチャー・菅原大介さんによる対談をLIVE配信します。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年9月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年9月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。インフルエンサーマーケティング3.0とは?バーチャルインフルエンサーの最新トレンドは?押さえておくべきSEO最新ニュースは?など、コンテンツマーケター必見のレポートを、今月もお届けします。(ページ数|53ページ)


【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

2022年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら