【トレンド調査】おやつのサブスク「スナックミー」が提供する「体験価値」を分析

【トレンド調査】おやつのサブスク「スナックミー」が提供する「体験価値」を分析

ここ最近話題のサービスを掘り下げ、人気の背景を分析する「トレンド調査」企画。今回は、おやつのサブスクリプションサービス「snaq.me(スナックミー)」を取り上げます。「スナックミー」は、ハッピーなおやつ体験を提供するお菓子のサブスクサービス。お菓子を定期的に届けるというサブスク機能よりも、「新しいおやつ体験」という体験価値がサービスの売りだといいます。コロナ禍によっておうち時間が増えたことも追い風となり、数あるD2Cサービスの中でも話題のスナックミーの強みや提供価値について、Web行動ログ分析ツールDockpitのデータを参考にしながら分析します。


スナックミーとは?

スナックミーは、おやつが定期(2週に1回もしくは4週に1回)で届くおやつのサブスクリプションサービス。「おやつ診断」でパーソナライズされた厳選おやつの詰め合わせ「おやつ体験ボックス」が届きます。

毎月変わる100種類以上のスナックから、食べきりサイズのスナック8つを厳選。開けてみないと何が入っているか分からないワクワク感や、新しいおやつとの出会いもあり、「食べている時間よりも、実はBOXを開けた瞬間が一番テンションが上がる」というユーザーからの声が聞かれるといいます。

Web行動ログ分析ツール「Dockpit」でスナックミーのユーザー動向を見ると、以下のようになっています。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年5月〜2021年4月、対象デバイス:PC、スマートフォン

今年の夏に大きくユーザー数が伸びています。スナックミーでは、コロナ復興支援として廃棄されてしまう素材を使用し、コロナで売上が減少した菓子メーカーと共同開発したアイスキャンディーを発売するなど、時代の流れにマッチした取り組みが注目されました。

さらに、コロナ禍の宅飲みを充実させるおつまみの宅配「otuma.me(オツマミー)」を2020年11月末に開始したほか、2021年1月には初のポップアップストアを渋谷ロフトで開店。時代の需要を汲み取って舵を切り、あえてオフラインでの顧客接点を持つ等のプロモーションも積極的に取り入れることで、ユーザーの拡大に繋がったのではないでしょうか。

スナックミーがこだわる体験価値

スナックミーのユーザー数の拡大が見えてきましたが、サービスのどういった部分がユーザーの心を掴んでいるのでしょうか。

スナックミーのサイトには「おやつの時間を価値あるものに。」というサービスコンセプトとともに、以下のような言葉が書かれています。

snaq.meがお届けするのは、お菓子という単なる「モノ」ではなく、おやつ時間、そしてワクワクしたり楽しんだりする体験、つまり『おやつ体験』です。

単なる「お菓子のサブスク」として「お菓子」というモノを提供するのではなく、ワクワクしたり楽しんだりする時間や体験を提供するのだ、というコンセプトが打ち出されています。

また、株式会社スナックミーの代表である服部慎太郎氏は、noteにて次のようなことを書かれています。

自分たちはモノではなく、体験を提供できるし、そうすべき、ということに改めて気がついた。

その頃から、スナックミー体験、という言葉を使い始めた気がする。

お菓子はモノ、おやつは体験と言葉も使い分け、スナックミーはお菓子じゃなくておやつを提供するということを強く意識するようになった。

スナックミーが行ったユーザーアンケートには、「食べている時間よりも、実はBOXを開けた瞬間が一番テンションが上がる」「snaq.meが届いたという通知があると、その日は仕事が頑張れる」などの声が届いたといいます。

どんなお菓子がパーソナライズされて、入っているのか。開けてみないと分からないワクワク感や、新しいお菓子や食べ方を発見する楽しみ。これらの体験価値に、スナックミーは着目しているそうです。

昨今コロナ禍でお家時間が見直され、ステイホームを充実させるサービス・アイテムの需要が高まりました。特に食においては、外食の機会が減ったことで、自宅にいながら美味しいものが食べられるD2Cサービスの利用者が拡大。スナックミーもその一つですが、「体験」に軸足を置くことで、他のサービスとの差別化を図っています。

多くのサービスが、家庭で非日常の贅沢な時間を楽しむことができる食材・料理を打ち出している一方、スナックミーが提供するのは、「一度の贅沢」ではなく、「日常をちょっとワクワクさせるもの」です。普段の生活に「おやつ体験」で新鮮な楽しさを提供し、その演出をライフスタイルに溶け込ませたところが、定期便(サブスクリプション)として継続される理由ではないでしょうか。

スナックミーのユーザー属性とは

では、どのようなユーザーがスナックミーの体験価値を感じているのでしょうか。参考のために、ユーザー属性を見てみましょう。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年5月〜2021年4月、対象デバイス:PC、スマートフォン

性別比は、女性が8割を超えています。女性の方が普段から健康や美容に気を使い、おやつも「罪悪感のないもの」や「体にいいもの」を選びたいという人が多いのでしょう。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年5月〜2021年4月、対象デバイス:PC、スマートフォン

年代は20~30代の若年層を主体としながら、40代、50代にもある程度ユーザーがいることが分かります。コロナ禍で家庭で過ごす時間が増えている昨今、日常を楽しませ、健康にも配慮できるサービスとして、中高年層からの支持も今後広がっていくかもしれません。

まとめ

モノ(お菓子)を届けるというよりも、ワクワクさせる「おやつ体験」を届けるスナックミー。外出機会が減ったコロナ禍においては、日常を彩るサービスとしてD2Cの中でも特に存在感を放ち、新しいライフスタイルを世の中に浸透させました。アフターコロナの時代には、この「おやつ体験」を習慣として一層根付かせるとともに、また新しいワクワク感を届け続けてくれるのではないでしょうか。この先どんな展開を見せてくれるのか。スナックミーの今後に注目です。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2020年5月~2021年4月のネット行動ログデータを分析しました。※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


自分を癒す、潤す、小さなご褒美!プチ贅沢調査【スイーツ編】ホワイトペーパー

自分を癒す、潤す、小さなご褒美!プチ贅沢調査【スイーツ編】ホワイトペーパー

日本生活協同組合連合会の「節約と値上げ」の意識についてのアンケート調査結果によると、回答者全体の93.3%の人が節約を意識しているという今、何かとメディアで取り上げられているのが「プチ贅沢」。本レポートでは、どのようにして「プチ贅沢」が生活に取り入れられているのか、日常生活における小さな幸せの追求が、どのようにして個人の生活の質を向上させているかという視点で、中でも手軽に取り入れられる「スイーツのプチ贅沢」にフォーカスを当て、考察しました。<br>※調査レポートは記事末尾のフォームより無料でダウンロードいただけます。商品企画やマーケティングをご担当の方はぜひご確認ください。


低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

「コンビニジム」という呼び名としても知られるchocoZAPは、RIZAPが展開する24時間経営のジムです。2022年7月にサービスを開始してから、低価格かつ全国どこでも利用できることに加え、脱毛器やエステがセルフで利用できたり、入会で便利な機器がもらえたりと、多様なサービスによって多くの人の支持を集めています。急成長を続けるchocoZAPですが、サービス開始当初にはどのような人が興味を持っていたのでしょうか。chocoZAPというワードを早期に検索していた人を対象に、ユーザー属性を調査していきます。


検討者急増!今大注目の冷凍宅配弁当サービス「nosh(ナッシュ)」とは?新生活前に業界動向を調査

検討者急増!今大注目の冷凍宅配弁当サービス「nosh(ナッシュ)」とは?新生活前に業界動向を調査

コロナ禍によるリモートワークの普及は、家で食事したいという新たな需要を生み出し、それに応えるようにUber Eatsをはじめとした様々なサービスが生まれました。そんな中、安くて健康的であるとして注目されているのが冷凍宅配弁当サービスです。今回は、3月という新生活を目前に控えた今、改めてnoshを中心に宅食サービスの動向を分析します。


The number of next-gen social media “Bluesky” users is rapidly growing. Is it the newest trend among Gen Z?

The number of next-gen social media “Bluesky” users is rapidly growing. Is it the newest trend among Gen Z?

When X’s (formerly Twitter) specs changes, Bluesky was seen as a potentional alternative to X, but it struggled to gain traction. However, after removing its invite-only system on February 7, 2024, user numbers surged as anyone was now allowed to make an account. We'll examine user demographics and usage of Bluesky.


最新の投稿


リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

株式会社ベンドは、同社が運営する「スキルアップ研究所」にて、「リスキリングに取り組む際の課題に関する実態調査」を実施し、結果を公開しました。


3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、3C分析(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ