#リサーチハックで振り返る、リサーチのトレンド2021年(菅原大介さん寄稿)

#リサーチハックで振り返る、リサーチのトレンド2021年(菅原大介さん寄稿)

リサーチャーの菅原大介さんが、2021年の象徴となる調査テーマやサービス等、調査業界のトピックスを振り返ります。2021年はインタビューサービスの群雄割拠やユーザーインサイトテーマの復興など、数多くの注目トピックスがありました。ぜひこの機会にリサーチの現状をまとめ、今後につなげてみてください。※菅原さんが同テーマで登壇するセミナーもあります。要チェック!


リサーチのトレンド・ノウハウをTwitter上で発信する「#リサーチハック」の中から、リサーチ業務従事者あるいは調査業界にとって今年の象徴となるトピックス(調査テーマ・調査サービス等)を、2021年の振り返りとして下記5つの項目にまとめました。

私の立場は公私でリサーチを扱う一個人に過ぎず、各トピックスの選定理由も極めて定性的ですが、調査手法を固定・特化していないからこそ感じる変化があり、同じく何かの縁でリサーチを使う機会のある皆さんにこの記事をご参照いただければ幸いです。

※記事の最後に、このテーマでゲスト出演するセミナーのお知らせもあります。よかったら最後までご覧いただき、お時間が許せばイベントの方もぜひご参加ください。

1.インタビューサービスの群雄割拠

2021年のリサーチのトレンド中でも、将来性込みで最も大きな変化だと思ったことが、「インタビューサービスの群雄割拠」です。

インタビュー調査では、検討中の企画や上市後の商品の意見を聞くために、自分の身近な関係性の中で対象に当てはまる人を探し出す方法を、「機縁リクルーティング」と言いますが、これをサポートするDIYのサービスが充実してきました。例を見てみましょう。

▼ オンラインインタビューサービス「uniiリサーチ」|LIFULL

uniiリサーチ(ユニーリサーチ)|新規事業のインサイト収集を高速化。オンラインインタビュープラットフォーム

https://unii-research.lifull.net/business/

オンラインインタビューならuniiリサーチ(ユニーリサーチ)。最短当日、1,500円~で条件に合ったユーザーにデプスインタビューができます。新規事業やサービス開発で必要なインサイト収集を手軽に、簡単に。ホームユーステストやグループインタビューなども実施可能です。

▼ オンラインユーザーインタビュー「torima/トリマ」|Ratneko

torima.in - オンラインユーザーインタビュー

https://torima.in/

オンラインインタビュープラットフォームのtorima.inトップページです。torima.inではオンラインインタビューの募集や応募を簡単に行えます。

上記の中でも、たとえば、LIFULLの新規事業プログラムから誕生した「uniiリサーチ」は、最短当日マッチング〜実査(短期間)、平均5千〜1万円/1名/1時間+募集無料(低価格)となり、既存のサービスが柔軟対応できていない点を見事にカバーしてきています。

サービス領域としては全く新しい概念というわけではなく、従来型の調査領域における技術革新ですが、それだけDIY(セルフ)化のインパクトは大きく、公式SNSが各案件の公募を手伝う手法もサービス認知に寄与する事業運営サイクルを作り出しています。

もちろん、調査会社が伝統的に築き上げてきた定性調査の枠組みは顕在です。一方で、リクルーティング期間だけで3〜4週間かかったり、高額なインタビュー会場使用料は定性調査の機会を阻んできたので、定性調査ユーザーの裾野を広げる潮目になりそうです。

2.インサイトテーマの復興

インタビューサービスの流れや勢いの背景にあるものが、「インサイトテーマの復興」です。「インサイト」の文言は、国内外の調査業界団体の声明発表や、大手各調査会社の中計資料にも頻繁に登場しており、「DX」と共に業界のスローガンになっていきました。

業界従事者でない一般のビジネスパーソンにとっても、インサイトテーマの書籍発刊や著者のセミナーはよく目にしたのではないでしょうか。もともとインサイト自体はベーシックなテーマですが、2021年は上記追い風を受けた当たり年でした。例を見てみましょう。

▼ 本当のインサイトはどこにある?(鹿毛康司氏×松本健太郎氏のセッション)|ヤプリオンラインセミナー

オンラインセミナー企画 | 人間は何を欲するのか -本当のインサイトはどこにある?- |自社アプリ開発・運用・分析プラットフォーム Yappli(ヤプリ)

https://lp.yapp.li/seminar_210426human.html

わかりそうで、わからない、”人間は何を欲するのか”。かげこうじ事務所の鹿毛氏とJX通信社の松本氏をゲストにお招きし、行動経済学やデータサイエンスの観点や、自分自身のハートでインサイトを掴む方法について、右脳と左脳を揺さぶるセミナーを開催いたします。

▼ 消費者理会シリーズ|主催者:JX通信社 松本健太郎さん 株式会社秤 小川貴史さん

▼ 『ユーザーの「心の声」を聴く技術』(奥泉直子 著・技術評論社 刊)

▼ 『リサーチ・ドリブン・イノベーション』(安斎勇樹・小田裕和 著・翔泳社 刊)

インサイト自体はマーケティング界隈で一度流行しているテーマながら、テーマのキャッチーさもあり、あらためて定性的な調査手法(代表例としてのインタビュー)や、定性的な観点から対象物を考察する姿勢への価値評価が高まったように感じられる一年でした。

これは明らかに業界発展のうえで良い兆候です。実施する調査テーマの国際間比較において、日本は欧米に比べて「新しいアイデア探索への投資」が少ないと言われており、従来からの統計や広告以外の面で大きな調査の実施価値が理解されるきっかけになりそうです。

▼関連記事:『ユーザーの「心の声」を聴く技術』著者の奥泉直子さんに、「ユーザー調査」でありがちな落とし穴についてマナミナで解説いただいています。こちらも併せてお読みください。

“ユーザー調査”の目的と手法、ありがちな落とし穴(前編)|『ユーザーの「心の声」を聴く技術』著者が解説

https://manamina.valuesccg.com/articles/1340

企業が製品やサービスを企画・開発する際にはユーザー目線が大事だと言われます。技術評論社から新著『ユーザーの「心の声」を聴く技術』を出された奥泉直子さんに、質の高いユーザー調査を行い、ものづくりに生かすための基礎知識と、避けるべき落とし穴を解説いただきます。

3.ソリューション型プランの流行

調査テーマ以外でも、独自に磨き上げた調査手法をサービスパッケージ化する「ソリューション型プラン」の動きも活発でした。例を見てみましょう。

▼ エボークトセット調査|ネオマーケティング(ブランド想起に関する調査モデル)

ネオマーケティング、ブランディング活動を調査する「エボークトセット調査」を提供開始

https://markezine.jp/article/detail/34929?fbclid=IwAR37HlBSNOzYJm498rUVqW_PBgUQ9CWQZ0H5zTkokxAOBxoOvMug5NAWHcU

ネオマーケティングは早稲田大学商学学術院教授の恩藏直人氏と共同で様々な業種、業界の商品・サービスにおけるブランドの想起集合を調査する「Evoked Set(想起集合)共同研究プロジェクト」を進めている...

▼ リア食|共同印刷(食卓データベースサービス)

【法人向け】食卓写真の食卓調査マーケティングサービス | リア食

https://riashoku.com/User

リア食は、性別,年齢,居住地,年収,家族構成などのライフスタイルに加え、いつ,どこで,誰と,何をなどの食事内容・背景も検索軸にした画像検索サービスです。リアルな食卓の姿を画像とデータで把握する事ができます。

これらのプランは、自社の強みや狙いを際立たせてパッケージ化したサービスです。調査のメニューは、正直、外から見ると各社でほとんど差が無いように映ります。上記のようなソリューション型プランがあると依頼主側には特徴や価値がわかりやすく、「調査の切り口を広げる」「現場の提案力を高める」ことに寄与する効果を見込むことができます。

もともとデータビジネスの業界では、ターゲットを万単位で保持しておいて、その中から自由にデータ項目を取捨選択できるモニターサービスは多く存在しています。しかしこの方法は実際には「プロファイルを知って終わり」になる価値の曖昧さがあり、何かしらの成果としっかり紐づく調査メニューの方が顧客に受け入れられやすいのでしょう。

このほか、プランにはなっていなくても「Z世代」を冠するテーマ設定も数多く見かけました。これまで調査業界では、特にウェブアンケートの方式で若年層回収率(モニター登録率)が弱いことが特徴になっていましたが、各社でモニター(アンケート回答者)連携の拡充が進み、ウェビナー等で積極的に本テーマを売り出していく傾向も印象的でした。

菅原さんによるリサーチのトレンド振り返りセミナー開催!

ここまでご紹介したリサーチのトレンドについては、菅原さんのnote記事にてより詳しく解説されています。上記の1〜3までのトピックに加え、「4.調査手法の是非を問う議論」「5.ウェビナーの増加・多様化」も今年のトレンドでした。

また、マナミナではこのたび、菅原さんをお呼びして2021年のリサーチのトレンドを解説いただくオンラインセミナーを実施します!セミナーにはヴァリューズのリサーチャー・海野も登壇し、コロナ2年目を振り返りつつ2022年の予測も行います。

実施は2022年1月11日(火)17:00〜18:00の予定。マーケティングリサーチの業務を担当されている方や、情報収集を行いたい方、リサーチの新潮流を知りたい方にとって絶好の機会です。ぜひ下記のリンク先よりお申し込みください。

【1/11(火)】リサーチャー菅原大介さんと考える、2021年の象徴的なリサーチ・トレンドと2022年の潮流

https://www.valuesccg.com/seminar/20211220-3808/

2021年、マーケティング・リサーチの業界では様々な調査が行われ、今後に影響する変化も起こり、新しいトレンドの兆しが見えてきました。本セミナーでは、マーケティング・リサーチに携わる方々あるいは調査業界にとって、2021年の象徴となったトピッ

この記事のライター

リサーチャー。上智大学文学部新聞学科卒業。新卒で出版社の株式会社学研を経て、株式会社マクロミルで月次500問以上を運用する定量調査業務に従事。現在は国内通信最大手のグループ企業でマーケティング戦略・中期経営計画・UXデザインを担当する。

会社では小売・サービスの分野における市場調査・ユーザーリサーチ・プロダクトリサーチを担当し、自身もマーケティング・広報・店舗開発の実務経験を有する。また、スタートアップから大企業まで各規模のIT企業でリサーチ組織の立ち上げ経験を持つ。

個人でも「リサーチハック」をキーワードに、リサーチの魅力や技能を普及させる著述・講演活動に取り組み、業界・職種・施策・課題ごとの調査設計やデータ分析のノウハウが、マーケティング・調査メディアでの寄稿やセミナー・研修会で好評を得ている。

主な著書に『売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全』『新・箇条書き思考』(ともに、明日香出版社)がある。

関連する投稿


「デジタル・トレンド白書2022 - 消費財・耐久消費財編」を公開

「デジタル・トレンド白書2022 - 消費財・耐久消費財編」を公開

ヴァリューズでは、国内最大規模の消費者Web行動ログパネルを保有し、データマーケティング・メディア「マナミナ」にて消費トレンドの自主調査を発信してきました。今回は、その中から注目の12領域の調査・コラムをピックアップし、白書として収録。「デジタル・トレンド白書2022」はwithコロナ・ライフスタイル編、消費財・耐久消費財編の2部構成になっています。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(第2部:ページ数|118p)


【2022年8月22日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年8月22日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

We will analyze food trends targeting marketers who are sensitive to trends in the food industry. The focus is ‘Yakult 1000.’ We hear about ‘Yakult 1000’ everywhere these days, but why has it become so popular? Let’s find out the reason behind Yakult’s popularity by analyzing the search data.


「このリサーチ本がすごい!~ リサーチャー著者対談」8/24(水)開催|マナミナ・トークLIVE

「このリサーチ本がすごい!~ リサーチャー著者対談」8/24(水)開催|マナミナ・トークLIVE

マナミナ・トークLIVEが8月24日(水) 17:00〜18:00で配信決定!『このリサーチ本がすごい!』をテーマに、データ分析・インサイト理解に関する著作を多数お持ちの松本健太郎さんと、アンケートの質問法・レポートやリリースの文章力に関する著作をお持ちのリサーチャー・菅原大介さんによる対談セッションをLIVE配信します。


たまごっちブームは「コラボ×マーケティング戦略」がカギ?人気再燃のワケを探る

たまごっちブームは「コラボ×マーケティング戦略」がカギ?人気再燃のワケを探る

1996年女子高生を中心に大ブームを起こした「たまごっち」。新語・流行語大賞、ノーベル賞のパロディ的な賞であるイグノーベル賞も受賞した、記憶に残る玩具のひとつです。そんなたまごっち、いま再ブームがきていることご存じでしたか? ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」で調査しました。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら