基礎からわかる!アンケート調査の方法と進め方

基礎からわかる!アンケート調査の方法と進め方

マーケティングの一環で行われるアンケート調査。調査対象の嗜好や行動を把握するため、一定期間の間に質問に対する回答を求め、データを収集します。アンケート調査の手法にはネットリサーチ、電話調査、会場調査などがあります。


アンケート調査を使う場面と効果

アンケート調査を行う必要性は事業のライフサイクル全般に訪れます。事業のPDCA(計画・実行・評価・改善)のどの段階で行うかでアンケート調査の目的が変わってきます。

Plan(計画)
課題の把握や仮説の検証を目的とする調査
例)家計調査

Do(実行)
実態把握を目的とする調査
例)商品/サービスの利用状況調査

Check(評価)
課題の原因分析や、事業調査を目的とした調査
例)商品/サービスの満足度調査

Action(改善)
商品/サービス改善後の効果検証
例)施策に対する改善度調査

アンケート調査の種類

マーケティングリサーチは数値で表せるデータを統計的に分析する「定量調査」と、対象者の言葉や行動から数値化できない本音などを探る「定性調査」に大別されます。

一部に自由記入欄などがあるものの、アンケート調査は「はい/いいえ」あるいは選択肢から選べる質問が大半の、定量調査向けの調査方法です。

また、質問をまとめた調査票を用意した後、回答者をどのように集めるかによって、ネットリサーチ・電話調査・会場調査などの手法があります。

会場調査は実際の売り場を再現したり、試作段階の商品・サービスを利用してもらうなど実体験に基づくアンケートが可能です。

一方、電話調査とネットリサーチでは、より多くのサンプル数を低コストで集められるメリットがあります。

アンケート調査の設計方法と進め方

アンケート調査の全体の進め方と、設問などの設計方法は以下の通りです。

1.目的の明確化
経営的な意思決定に使う判断材料になるよう、アンケート調査の目的・目標を明確化します。漠然とした目的からは漠然とした調査結果しか得られません。上で示した事業のPDCAのうちどのフェーズの調査かによって目的が変わってくるはずです。

2.アンケート設計
アンケートの回収方法としてネットリサーチ・電話調査・会場調査いずれの調査方法を用いるか決定します。

その際に検討するのは、どんな属性の人に何を聞くのか、有効な分析結果を得るのに必要な回答数といった基本的な内容から、季節要素があるなら実施時期、後ろの工程の分析手法や報告方法、予算による制約なども含まれます。

以下の記事内ではアンケート設計手法についても触れています。

ユーザーの購買検討プロセスを理解するデータ分析手法とは。アナリストの灰谷さんに聞いてみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/412

ユーザーがものを買うとき、その決め手は何なのでしょうか? マーケティング担当者にとってそれは常に注視すべきポイントのはず。ユーザーの理解を深めれば、自ずとマーケティング戦略やプロモーション施策も決まっていくからです。こうしたマーケティングの中心的な課題である「ユーザー理解」のための調査をするのが、ヴァリューズのデータアナリスト・灰谷圭史さんの仕事。灰谷さんはどのようにデータを扱い、ユーザーインサイトを紐解いているのでしょうか。その調査手法を事例とともに語っていただきました。

3.調査票の設計
調査票は依頼文、質問文と回答の選択肢、回答者情報から構成されます。依頼文とはアンケートの趣旨や回収方法などが書かれた文を指し、回答者情報とは性別や年齢、職業など属性情報のことです。

次にメインとなる質問文と回答の選択肢を用意します。回答方法には自由記入式と、選択肢を用意する単一回答・複数回答・順位回答方式があります。

答えやすい質問文はもちろん、質問数や選択肢の数を少なくしたり質問順序を調整することで、回答率が上がります。

4.データ集計・分析
調査票を回収したら、まずは不適当な調査票や回答を取り除きます。

次にデータを集計・分析しますが、自由記入より選択式回答の方が数値化しやすいので、調査票の設計時点で考慮します。

「はい/いいえ」のそれぞれの人数を集計するのが「単純集計」です。更に詳細なデータ分析をするには「クロス集計」を使います。

「クロス集計」では性別や年齢、居住地など属性によって絞り込みます。あるサービスを利用したい人が100人いたとして、例えば20代女性が90%であれば、若い女性向けにマーケティングすべきではないかという示唆が得られます。

5.レポート作成
タイトル、目的、調査期間、調査対象、調査方法、回収状況、分析結果をまとめます。

アンケート調査の例

本サイトでもアンケート調査の記事を扱っています。正式なレポートの体裁は取っていませんが調査概要(目的、調査期間、調査対象、調査方法、回収状況)やクロス集計の事例が豊富ですので参考にしてください。

withコロナで変化する消費者意識を調査 ~ 増えた在宅時間を有意義に活用したい「自粛ポジティブ派」が約7割に

https://manamina.valuesccg.com/articles/1027

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大前後での在宅時間の増減と、在宅時間増加による行動や意識変化をアンケートにて調査しました。

緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査 ~ 日用品・化粧品のEC利用や出前・宅配は 約7割がアフターコロナでも継続意向

https://manamina.valuesccg.com/articles/931

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女25,382人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後から緊急事態宣言解除後までの消費意識の変遷、そしてアフターコロナにおける消費意欲およびその実施時期に関するアンケート調査第二弾を実施しました。

友人との旅行はコスパ重視でSNSやクチコミをチェック ~ 旅行タイプ別の重視点や情報収集媒体をアンケート×ログで調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/562

ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、2019年の夏に旅行を検討した消費者のネット行動を分析しました。

クリエイター・情報システムの人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

https://manamina.valuesccg.com/articles/535

アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析し、『クリエイター』、『情報システム』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。

アプリ内課金実態調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/29

20代男性の支払い額は月平均5千円超

アンケート調査の入門書

調査票の設計の項目で見てきたように、質問文と回答の選択肢、質問の順序は回答率に直結し、担当者の腕の見せどころです。アンケート調査を発注する、あるいはご自分で設計されるときに参考になる書籍をご紹介します。

「アンケート調査入門」

ライオン、R&D、富士ゼロックス、TOTO、明治、日産等、企業の実務担当者がノウハウを公開したアンケート調査の解説書です。タイトルでは入門となっていますが実務的な内容、調査企画の立案、アンケート票の作り方、分析方法、報告書の作り方と各ステップごとに説明されています。

アンケート調査入門

¥ 2,592

「実例でよくわかるアンケート調査と統計解析」

アンケートの実務を担当すると迷いが生じるのは、集まったデータの解析方法でしょう。調査の目的に応じて、設問の内容、アンケートの被験者、統計解析の方法がまったく異なってきます。

本書ではアンケートの分析での大きな山となる統計解析や多変量解析についても、目的に応じて正しい手法を選択できるように、ひとつひとつ丁寧にわかりやすく解説しています。

実例でよくわかるアンケート調査と統計解析

まとめ

アンケート調査はマーケティングリサーチの定番手法です。質問を用意して回答してもらう、という部分だけ取り上げると簡単に思えますが、調査の目的によって設計も解析方法も変わってくるので一定の経験が必要でしょう。

記事内で紹介したアンケート調査の事例は、本サイト「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズが行ったものです。詳しい調査手法を聞きたい、どのようにマーケティング・リサーチを設計すればよいか知りたいといったお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事

市場調査の代表的な方法4つとその進め方(アンケート・電話調査・会場調査・インタビュー・ネットリサーチ)

https://manamina.valuesccg.com/articles/605

マーケティング施策立案のため行われる市場調査ですが、代表的な手法としてアンケート調査、電話調査、会場調査、インタビュー調査、ネットリサーチを取り上げます。調査目的や回答数の規模、予算などからどの手法を選択するか決定しますが、本記事ではそれぞれの手法の特徴と進め方について説明します。

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

https://manamina.valuesccg.com/articles/805

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。


新型コロナの緊急事態宣言で人々のデート事情はどう変わった?検索ワードから関心を調査

新型コロナの緊急事態宣言で人々のデート事情はどう変わった?検索ワードから関心を調査

コロナ禍による緊急事態宣言の発令など、2020年序盤は外出デートには厳しい状況がありましたが、今回の調査で人々のデートへの関心が復活してきた様子が明らかになりました。Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて検索キーワード数の推移や季節比較、ワードネットワークを分析し、デートにまつわるインサイトを調査しました。


Web行動ログから読み取く!withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化とは|セミナーレポート

Web行動ログから読み取く!withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化とは|セミナーレポート

withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化をWeb行動ログから考察したオンラインセミナーが開催されました。今回は、コロナ禍の「おうち時間」における消費者の意識変化・行動変化を「食」「運動」「家電」という3つの切り口から分析し、消費者の動向をアンケート調査とWeb行動ログから読み解きます。


年末年始のイベント実施意向、過ごし方を調査 ~ 公私ともに忘新年会控え、買い物はネットEC利用

年末年始のイベント実施意向、過ごし方を調査 ~ 公私ともに忘新年会控え、買い物はネットEC利用

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女9,999人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大前後での年末年始イベント実施意向変化をアンケートにて調査しました。また、ヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、「忘年会」や「旅行」に関する消費者の検索動向も分析しました。


【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画によるレポートです。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、ご都合のいい時間に、ぜひご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「インターネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析~ヘアケア及びオーラルケアについて情報収集するユーザーを理解し、Web上での訴求を考える」です。</b>


最新の投稿


「週間」検索キーワードランキング(2021/1/3~2021/1/9)

「週間」検索キーワードランキング(2021/1/3~2021/1/9)

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。


企画と商品開発の「おいしい」関係。ヴァリューズの新サービスDockpit誕生までのあらすじ

企画と商品開発の「おいしい」関係。ヴァリューズの新サービスDockpit誕生までのあらすじ

Web行動ログ分析サービス「eMark+」を提供してきたヴァリューズは、2020年10月、新たに「マーケターのためのリサーチエンジン」<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>をリリースしました。その商品開発は非常にスピーディーに行われたそう。背景には企画サイドとエンジニアサイドががっしりとタッグを組んだ、製販一体のあり方がありました。Dockpit誕生までのあらすじを、企画サイドのリーダーの岩村さん、開発リーダーの山本さんのお二人に取材しました。


GoogleアナリティクスをGoogle Search Console(サーチコンソール)のアカウントとリンクする設定方法

GoogleアナリティクスをGoogle Search Console(サーチコンソール)のアカウントとリンクする設定方法

Google Search Console(グーグル サーチコンソール)はGoogleがWebサイトの担当者向けに提供している、Google検索結果表示における自社サイトのパフォーマンスを確認できるツールです。Googleアナリティクスはサイト流入後のアクセス解析ツールになりますが、Google サーチコンソールを設定すると、検索トラフィックや掲載順位の測定などサイト流入前のデータが解析できます。今回はサイトの不具合の発見やSEO改善のヒントとなる解析ツール「Googleサーチコンソール」とGoogleアナリティクスの連携手順を紹介します。


『健康クラスター調査~健康に関するインサイトを探る~』レポート

『健康クラスター調査~健康に関するインサイトを探る~』レポート

新型コロナウイルスの流行を機に、これまで以上に健康に気を配るようになったという人も多いかと思います。健康維持にはさまざまな方法がありますが、年齢や性別・悩みなどによる傾向の違いはあるのでしょうか。因子分析とクラスター分析を用い、一般消費者の健康に関するインサイトを分析します。(ページ数|28p)


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング