ChatGPTなど生成系AIの台頭。海外諸国の動向と、今後求められるスキルとは|「2023年5月 コンテンツマーケティング最新動向」レポート

ChatGPTなど生成系AIの台頭。海外諸国の動向と、今後求められるスキルとは|「2023年5月 コンテンツマーケティング最新動向」レポート

2022年11月のリリース後、瞬く間に世界中で利用されるようになったChatGPT。その影響力の大きさから、利用に慎重な姿勢を見せる国々もあります。誰でもクリエイターになり得る可能性を広げつつある生成系AIは、社会にどのような影響をもたらすのか。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントが解説していきます。


【解説者紹介】

世界中を驚かせたChatGPTの登場





蒋:「2023年5月 コンテンツマーケティング最新動向」レポートでは、生成系AIについて解説しています。

生成系AIと聞いて、多くの人が思い浮かべるのがChatGPTではないでしょうか。
ChatGPTは、アメリカのOpenAI社が開発した「対話に特化した自然言語処理ツール」。まるで人間同士のように流暢で自然な対話ができるチャットボットのようなものです。










岩間:僕も使い方をいろいろと試しています。日本はChatGPTに対してポジティブな姿勢のようですが、海外では規制を強めている国もあると聞きました。










蒋:ChatGPTへの対応は国によって様々です。ChatGPTなど生成系AIの影響を、まず海外の状況を見ながら考えていきましょう。




個人情報保護を懸念するヨーロッパ各国





蒋:今回は、顕著な動きが見られる国としてイタリアをはじめとするヨーロッパ、そして中国を中心に見ていきます。

まずヨーロッパは、もともと個人データ保護法制が厳しいとされています。イタリアをはじめとする各国は、アメリカ発のAIツールであるChatGPTに対し、どのようにデータを収集しているかが不明瞭である、といったリスクがあるとみているのです。実際イタリア政府は個人情報保護の法令に違反するとみて、3月末に一時的にChatGPTへのアクセスを禁止。規制強化が進む可能性もあるでしょう(イタリアでは4月末にアクセス制限解除)。








岩間:岩間:そもそもの話になってしまうのですが、ChatGPTのどういった面が個人情報保護に抵触するのでしょうか。










蒋:例えば収集データに個人情報が含まれている可能性があるほか、ChatGPTやGPT4などを外部ソフトと連携する際に情報悪用のリスクも発生するでしょう。

また、ChatGPTに入力したデータも、教師データに今後のチューニングとして含むとなっています。例えば会社の機密情報や個人情報などが含まれたデータをChatGPTに入力すると、それがアメリカのサーバーに行き、他企業で収集されてしまう可能性があるんです。

そのため、会社のポリシーとして、機密情報や個人情報はもちろん、むやみに情報をChatGPTには入れないと定めているケースも多いです。




中国でChatGPTを利用できない理由





蒋:ここからは中国本土の状況についてお伝えします。

中国本土では、そもそもChatGPTを使えない状況です。私は、この背景を政治とテクノロジー発展という2つの観点で説明できると考えています。

政治的な事情に関しては、Googleや各SNSのようなアメリカのサービスへの対抗という意味合いが強いと思います。自国民のデータをアメリカに扱われることをリスクとみなし、厳しい対応を取っているのでしょう。

そして中国はビッグデータの収集技術が非常に発展している国でもあります。自国で収集したほうが、中国のテクノロジーの発展に役に立つと考えているのでしょう。Googleの利用も同様の理由で制限されています。










岩間:他国のサービスではなく、自国のサービスをということですね。AIについても、中国では独自のサービスが普及しているのでしょうか。










蒋:例えば、中国の会話式AIサービス市場は、既に50億元ほどの市場規模になっており、2025年には125億元を達成すると予測されるなど、どんどん拡大し続けています。

サービス提供企業として大きなシェアを占めているのが「アリババ」と「BAIDU(バイデュ)」です。主に金融業界や政府サービス、そしてリテールプラットフォームの顧客対応など様々な領域で活用されており、消費者の利用体験を向上させると同時に、ユーザーデータの収集につながっています。

一方で、中国ではAIの発展をある程度抑えるような対応もしています。AIの発展が労働者の仕事を奪うことで、社会の格差をより広げてしまうことを防ぐためです。










岩間:AIの発展をある程度抑えるとは、具体的にどのようなことをしているのですか。










蒋:例えばBtoCのAIなどは、いきなり市場全般に開放するのではなく、限られた企業でのみ使えるようにしています。

これはAIに限った話ではなく、ほかのテクノロジーも同様です。社会の進歩に合わせて、テクノロジーの発展をコントロールしているのです。




ChatGPTだけじゃない!海外の生成系AIツール





岩間:ChatGPTに対する各国の対応をキャッチアップできました。生成系AIをとりまく海外の状況を理解するため、ほかに押さえておいたほうがいいポイントはありますか。










蒋:海外のクリエイター向けの生成系AIツールをご紹介しますね。

まずはYouTubeを見てみましょう。2023年3月に新CEOが就任した際にリリースされた就任書簡には、中長期的にクリエイター向けにジェネレーティブAI採用のツールを提供することが書かれています。今後はYouTuberが動画などを制作するとき、AIツールを使えばバーチャルの衣装や背景を自由に変更できるようになるでしょう。








蒋:他にも様々なクリエイター向けのAIツールがあります。単純な画像加工だけでなく、柄・パターンを制作できたり、ビデオ、アイコン、イラストといった幅広いビジュアル表現を作ることができるようになっています。




誰でもクリエイターになれる時代、求められるスキルは?





岩間:AIツールの発展によって、クリエイターに求められるスキルも変わってきそうですね。










蒋:そうですね。アイデアさえあれば、誰でもYouTuberになったり、クリエイティブを作ったりできるようになるのではないでしょうか。










岩間:なるほど。ただ、AIツールで制作したものは、パターン化されていて独自性がないような気がします…。










蒋:確かにそのような面もありますが、私個人としては、近いうちに様々な場面で活用されていくだろうと考えています。

例えば最近中国では、AIが生成した漫画がリリースされています。漫画を描くスキルがなくても、ストーリーを考える力があれば漫画家になれるのです。










岩間:これからクリエイターに求められるものは、アイデアを考える発想力ということですね。










蒋:発想力に加えて、分析能力やストーリーを作る能力も求められていくと思います。例えば、データを根拠にコンセプトの精査やクリエイティブ制作を行うこともあるでしょう。また、コンセプトをもとにデザインを考えるなど、ストーリーを描くことも大切です。

まとめると、今後クリエイターに求められるのは、独自の発想力と分析能力、そしてストーリーの創造力だと思います。クリエイターというより、クリエイティブディレクターが活躍する時代が来るかもしれません。

以上、5月のコンテンツマーケティング動向「生成系AI編」でした。次月のネタも楽しみにお待ちください。






レポートは下記フォームから無料でダウンロードできます。ぜひお申し込みください。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年5月版)

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略か知りたい。Webサイトの運営とアクセスを増やすのにSEOが必要らしいけど、具体的に何をすれば良いのかわからない。こんな疑問をお持ちの方に向けてSEOの意味から、初心者でもわかるSEO対策の設定と考え方を解説していきます。間違ったSEO対策やサイト設計をして、逆効果にならないようにしておきましょう。


【March 2024 core update】Googleコアアルゴリズムアップデートをリリース!新しいスパムポリシーも導入

【March 2024 core update】Googleコアアルゴリズムアップデートをリリース!新しいスパムポリシーも導入

Googleが2024年3月のコアアルゴリズムアップデート(March 2024 core update)をリリースしました。今回はコアアップデートとあわせて、スパムに関する新しいポリシーも導入されています。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年12月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年12月版)|ホワイトペーパー

最新のSEO対策など、コンテンツマーケティングに関する動向を毎月まとめてご紹介。今回は、2024年のSEO動向予測や2023年のSEO重要トピックの振り返りなど、年末年始に押さえておきたい内容が満載。また、SEOのよくあるお悩みに対し、専門のコンサルタントが対策を徹底解説していきます。


SEOのよくある疑問にプロが答える!キーワード選定やリライトの基準、記事作成のコツなど|「2023年12月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

SEOのよくある疑問にプロが答える!キーワード選定やリライトの基準、記事作成のコツなど|「2023年12月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

SEOに取り組んでいると、各フェーズで様々な疑問が出てくるもの。中には「こんなこと、今さら聞けない…」と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、日々クライアントのSEOを伴走支援しているヴァリューズのマーケティングコンサルタントが、みなさんからよくいただく質問にお答えします。2023年の総仕上げとしてぜひ読んでみてくださいね。


Catch up on this and YOU'RE ALL SET for the year-end and new year! Recapping the 2023 Trends

Catch up on this and YOU'RE ALL SET for the year-end and new year! Recapping the 2023 Trends

Here at Manamina, we use the largest domestic consumer online behavior data to investigate the trends of the world. 2023 has seen a variety of trends emerge, and we've covered them individually in separate articles. This time, as a grand compilation of those reports, we're taking a look back at the key trends of 2023.


最新の投稿


保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

Sasuke Financial Lab株式会社は、同社が運営する保険の一括比較・見積もりサイト「コのほけん!」にて、全国の20~49歳の男女を対象に保険加入に関する意向調査を実施し、結果を公開しました。


3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは、マーケティング戦略立案にあたり、顧客・競合・自社の3つの要素から分析する手法です。顧客のニーズや市場のトレンド、競合の強み・弱みなどを踏まえた、効果的な戦略を打ち出せるようになります。 本記事では、3C分析の具体例(マッチングアプリ)とやり方、目的、注意点を解説します。「3C分析をわかりやすく理解したい」、「SWOT分析との関係性を知りたい」方は最後までお読みください。


顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

自社の商品やサービスの購入が見込める顧客を予測し、効果的な販売促進のアプローチを探る「顧客分析」。マーケティングにおける顧客分析では「RFM分析」「デシル分析」「NPS分析」というフレームワークがよく用いられます。各フレームワークの基本的な概要や分析方法などを紹介します。


データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティング(データドリブンマーケティング)とは、顧客データをもとに戦略を立案するマーケティング施策。近年では活用が進み一般化しています。しかしデータマーケティングが何を指しているのか、どのようなメリットがあるのか、認知されていない方もいるでしょう。この記事では、データマーケティングの詳細やメリットについて詳しく解説します。


YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

株式会社 読売広告社(YOMIKO)は、同社の子会社である株式会社ショッパーインサイトが保有する日本最大級の食品ID-POS購買行動データベースを活用し、新生活スターターの食品スーパーにおける買い物行動の傾向や特徴について30歳・40歳のデータと比較し分析した結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ