BtoB企業SNS担当の約9割がSNSでの「マンガの活用」に期待【Toon Portal調査】

BtoB企業SNS担当の約9割がSNSでの「マンガの活用」に期待【Toon Portal調査】

Toon Portal株式会社は、SNS運用に注力しているBtoB企業のSNS運用担当者を対象に、BtoB企業のSNSにおけるマンガ活用に関する意識調査を実施し、その調査結果を発表しました。


SNS運用の課題、「フォロワーが伸びない」「コンテンツが似通る」など

「Q1.あなたが、企業のSNS運用において感じている課題を教えてください。」と質問したところ、「フォロワーが伸びない」が47.3%、「コンテンツが似通る」が44.5%、「エンゲージメントが低い」が43.6%という回答となりました。

「担当者の専門性」や「費用」などの課題を抱える企業も

Q1で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q2.Q1で回答した以外に、あなたが、企業のSNS運用において感じている課題があれば、自由に教えてください。」と質問したところ、「担当者の専門性が必要」や「費用」などの回答が得られました。

<自由回答・一部抜粋>
・40歳:担当者の専門性が必要。
・51歳:費用。
・41歳:効果が図りにくい。
・42歳:発信が下手。
・32歳:知名度。
・40歳:効率化。

約9割が「マンガの活用が、SNS運用課題の解消に役立つ」と回答

「Q3.SNSにおけるマンガの活用が、あなたが現在抱えているSNS運用課題の解消に役立つと思いますか。」と質問したところ、「非常にそう思う」が36.4%、「ややそう思う」が52.7%という回答となりました。

マンガ活用のメリット、「サービス内容が理解しやすい」が66.3%で最多

Q3で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q4.企業のSNS運用においてマンガを活用することで、どのようなメリットがあると思いますか。」と質問したところ、「サービス内容が理解しやすい」が66.3%、「印象に残りやすい」が46.9%、「目に入りやすい」が45.9%という回答となりました。

「イメージが伝わりやすい」や「若年層のとりこみ」などのメリットも

Q4で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q5.Q4で回答した以外に、企業のSNS運用においてマンガを活用することのメリットがあれば、自由に教えてください。」と質問したところ、「イメージが伝わりやすい」や「若年層のとりこみ」などの回答が得られました。

<自由回答・一部抜粋>
・54歳:イメージが伝わりやすい。
・40歳:読んでもらえる。
・41歳:若年層のとりこみ。
・25歳:効果大、客層拡大。
・39歳:みんなへの宣伝効果が高い。
・40歳:見てもらう時間が長くなる。

SNS運用で活用したいSNS媒体、「Instagram」「X(旧Twitter)」が上位に

Q3で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q6.あなたは、企業のSNS運用において、どのSNS媒体での活用に最も興味がありますか。」と質問したところ、「Instagram」が31.6%、「X(旧Twitter)」が29.6%という回答となりました。

マンガの活用方法、6割以上が「サービス・商品情報をマンガ化して伝わりやすくする」

Q3で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q7.あなたは、企業のSNS運用において、どのようにマンガを活用したいと思いますか。」と質問したところ、「サービス・商品情報をマンガ化して伝わりやすくする」が63.3%、「顧客の悩みをマンガ化して共感を得る」が39.8%、「事例をマンガ化してサービス・商品の効果をイメージしやすくする」が39.8%という回答となりました。

「映像」や「サブスク」にマンガを活用したいとの声も

Q7で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q8.Q7で回答した以外に、企業のSNS運用においてマンガを活用したい方法があれば、自由に教えてください。」と質問したところ、「映像」や「サブスク」など回答が得られました。

<自由回答・一部抜粋>
・50歳:映像。
・40歳:サブスク。
・58歳:仕事の内容。
・25歳:若者向けマーケティング。
・44歳:有名漫画家に依頼してみたいことなど。
・54歳:法務関連などややこしいことを周知するため。

調査概要

調査概要:BtoB企業のSNSにおけるマンガ活用に関する意識調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
調査期間:2023年8月8日〜同年8月9日
有効回答:SNS運用に注力しているBtoB企業のSNS運用担当者110名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

出典元:Toon Portal株式会社

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000128455.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

テックタッチ株式会社は、生成AIを活用している大企業(従業員数1,000名以上)の会社員を対象に、大企業における生成AI活用の実態調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


【調査リリース】4大SNSのヘビーユーザーを比較調査!X利用者はフォロー/シェア等での割引施策参加に積極的、 TikTok利用者は高価でも衝動買いの傾向

【調査リリース】4大SNSのヘビーユーザーを比較調査!X利用者はフォロー/シェア等での割引施策参加に積極的、 TikTok利用者は高価でも衝動買いの傾向

アプローチしたい顧客セグメントに到達するためには、コミュニケーション媒体として適切なSNSを選定し活用することが重要です。数多くの新興SNSも登場する中、どんなユーザーがどのSNSを選び、どのような購買活動をしているのか。今回は4大SNSとも言える、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)それぞれのヘビーユーザーの属性、購買動機や興味関心などのサイコグラフィック、メディアの利用状況や消費行動などを調査し、ユーザープロファイルを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ