BYDのコンパクトEV「ドルフィン」。初速の反応や関心層は?

BYDのコンパクトEV「ドルフィン」。初速の反応や関心層は?

EV業界でトップを走るテスラに続いて日本に参入した、EVメーカーのBYD(比亜迪)。2023年9月20日に日本市場向けEVの第二弾としてコンパクトEVの「ドルフィン」を発売しました。車体価格は363万円と、一般的に高額なEVの中では手頃な価格帯でありながら高い機能性が注目されています。 今回は、BYD「ドルフィン」Webページの訪問者の調査を行い、初速の反応やどのような人が関心を持っているか調査していきます。


BYDのコンパクトEV「ドルフィン」とは?

BYDドルフィン

ドルフィンは、BYDの日本市場向けのEVとしては「ATTO3」に続く第2弾の車で、ミドルSUVのATTO3とは違いコンパクトなサイズのEVです。

サイズは全長4,290mm×全幅1,770mm×全高1,550mmと、コンパクトカーの人気車種トヨタヤリスクロスと同じくらいの大きさです。本体価格は363万円ですが、環境負荷の低い車を購入する際に支給されるCEV補助金が65万円支給されるため、実質価格は300万円を切ります(2023年11月現在)。

スタンダードモデルの航続距離はフル充電で400kmとEVの中では長い部類。安全性能も高く、「衝突被害軽減ブレーキ」や前車との距離を保つ「アダプティブクルーズコントロール」、車線から外れないようにアシストする「レーンキープアシスト」など、多数の機能が搭載されています。スペックも含めてコンパクトEVでは破格の価格で購入が可能です。

BYD「ドルフィン」に関心があるのはどんな層?

では、実際にBYDドルフィンはどのような層に関心があるのかを、2023年9月〜10月の期間に、BYDドルフィンのWebサイトを訪問した人のデータを参考に考察します。

今回の調査は、毎月更新されるWeb行動ログデータを用いて、競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて行っています。

まずは、BYDドルフィンのWebページ訪問者数を見ていきます。

発売月の2023年9月は5万人の訪問者でしたが、10月で20万人がページ訪問しています。1ヶ月で4倍も訪問者が増えており、注目度合いがわかります。

BYDドルフィンWebページの訪問者

BYDドルフィンWebページの訪問者
調査期間:2023年9月〜2023年10月
デバイス:PC、スマートフォン

男性の訪問者数が多く、50代以降の注目度が高い

続いて、訪問者の男女比を見ていきます。

BYDドルフィンWebページの訪問者の男女比

BYDドルフィンWebページの訪問者の男女比
調査期間:2023年9月〜2023年10月
デバイス:PC、スマートフォン

車というジャンルもあり、男性の割合が76.4%と高くなっています。訪問者の約4分の3が男性です。

BYDドルフィンWebページの訪問者の年代
調査期間:2023年9月〜2023年10月
デバイス:PC、スマートフォン

訪問者の年代を見てみると、50代〜70代の割合が高く、ネット利用者全体を上回っています。

EVの特徴でもある長い航続距離以外にも、前述した安全に関わる機能が多く搭載されていることが、ミドル層以上の年代に注目されているのかもしれません。

訪問者の未既婚も見てみると、既婚者の訪問者が多く、子どもありの訪問者が多くなっています。

BYDドルフィンWebページの訪問者の未既婚

BYDドルフィンWebページの訪問者の未既婚
調査期間:2023年9月〜2023年10月
デバイス:PC、スマートフォン

BYDドルフィンWebページの訪問者の子どもの有無

BYDドルフィンWebページの訪問者の子どもの有無
調査期間:2023年9月〜2023年10月
デバイス:PC、スマートフォン

既婚者や子どもありというペルソナ像を考えると、コンパクトカーよりもファミリーカーを好みそうな人物像が浮かびますが、50代〜70代の訪問者が多いことを加味すると少し違う人物像になります。

子どもと一緒に乗るというよりも、子どもに手がかからなくなった人や子どもが親元を離れた人が、コンパクトで街乗りできるようなEVを探していると推測できます。

世帯年収400万円未満の層の訪問者も見受けられる

男女比、年代や、未既婚がわかったところで、どのくらいの世帯年収の層が関心を持ってるのかを見ていきます。

BYDドルフィンWebページの訪問者の世帯年収

BYDドルフィンWebページの訪問者の世帯年収
調査期間:2023年9月〜2023年10月
デバイス:PC、スマートフォン

EVとしては低価格なことが特徴のBYDドルフィンですが、600万円〜1500万円までの世帯年収の訪問者が多く、販売価格が抑えられることを考えると意外です。

BYD ATTO3 Webページの訪問者の未既婚

BYD ATTO3 Webページの訪問者の未既婚
調査期間:2023年9月〜2023年10月
デバイス:PC、スマートフォン

ただ、BYDが2023/1/31に第一弾で発売したATTO3と比べると世帯年収400万円未満が5%ほど高くなっています。

ATTO3の販売価格は440万円〜でドルフィンが363万円〜と約80万円の差があり、BYDの車の中では世帯年収が低い層が関心を持っていることがわかります。

カーメディアの閲覧が多く車好きな層が関心を持っている

では、サイト訪問者は普段どのようなサイトに関心があるのでしょうか。ここでは、BYDドルフィンが発売した2023年9月のデータを見ていきます。

BYDドルフィンWebページの訪問者の関心サイト(リーチ差優先)

BYDドルフィンWebページの訪問者の関心サイト(リーチ差優先)
調査期間:2023年9月
デバイス:PC、スマートフォン

上位10サイトをみると、カーセンサーや車総合情報 carview!などのカーメディアの閲覧が多く、車好きな層が関心を持っていることがわかります。

また、8位に国産EV販売台数1位の日産がランクインしていることから、国産車も比較対象にあるようです。

世界EV販売台数1位のテスラがランクインしていないところを考えると、BYDドルフィンとテスラでは、関心を持つ層が違うのかもしれません。

BYDドルフィンのデジタル集客構造を探る

ここからはBYDドルフィンWebサイトの集客構造を見ていきます。

BYDドルフィンWebページの集客構造

BYDドルフィンWebページの集客構造
調査期間:2023年9月〜2023年10月
デバイス:PC、スマートフォン
※ノーリファラは除く

外部サイトが40.7%、ディスプレイ広告が36.8%となっていて、この2つで全体の70%以上を占めていることがわかります。Web広告をメインに認知を増やす戦略のようです。

BYDドルフィンWebページの集客構造推移

BYDドルフィンWebページの集客構造推移
調査期間:2023年9月〜2023年10月
デバイス:PC、スマートフォン
※ノーリファラは除く

2023年9月と10月の集客構造の推移をみると、10月に外部サイト、ディスプレイどちらも大幅に増えています。販売を開始し、注目度から外部サイトでの露出が増え、加えてWeb広告も打ち出しているのでしょう。

今は販売開始からまもなく、認知度が上昇している段階です。そのため、今後は自然検索の増加も予想されます。

同価格帯の日産サクラや三菱ekクロスEVと比較される傾向

最後に、BYDドルフィンは2023年10月に、どのようなEVと比較されたのかを見ていきます。

対象は同程度の価格帯の「日産サクラ」「三菱ekクロスEV」、サイズ感や機能性が同じくらいの「ヒョンデIONIQ5」「日産リーフ」です。

「BYDドルフィン」「日産サクラ」「三菱ekクロスEV」「ヒョンデIONIQ5」「日産リーフ」のサイト併用状況

「BYDドルフィン」「日産サクラ」「三菱ekクロスEV」「ヒョンデIONIQ5」「日産リーフ」のサイト併用状況
調査期間:2023年10月
デバイス:PC、スマートフォン

併用なしが最も多いですが、日産サクラが5.9%と三菱ekクロスEVが6.4%と一定数が比較していることがわかります。両者は軽自動車で、普通車のドルフィンとはサイズ感や機能性が異なります。

同じくらいのサイズ感のヒョンデIONIQ5は1%、日産リーフは2.1%とあまり比較されていないようです。ヒョンデIONIQ5は479万円から、408万円からと363万円から購入できるBYDドルフィンと比べると、価格が高いため比較しづらいのかもしれません。

BYDドルフィンは、サイズ感や機能性ではなく、どちらかというと価格で比較検討される傾向があるようです。

まとめ

今回はBYDのコンパクトEV「ドルフィン」のWebサイト訪問者から初速の反応や、どのような人が関心を持っているのか調査しました。

50代以上の年代が関心をもっているようで、先行車種であるATTO3と比べると、世帯年収が400万円未満の層からの関心も高いようです。

集客構造は外部サイト、ディスプレイ広告がメインなものの、今後知名度が上がり、自然検索が増えていく可能性もあります。

価格が同じくらいの日産サクラや三菱eKクロスEVと一定数比較されているようで、BYDドルフィンが発売されたばかりなことも考えると、今後コンパクトEVの選択肢になることが十分考えられます。

BYDは2024年春にセダン車「シール」の販売開始を予定しており、10月末に行われたジャパンモビリティショー2023ではSUVやミニバンも公開されました。これからどんな車が市場を賑わせるのか、BYDから目が離せません。


▼今回の調査にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。



dockpit 無料版の登録はこちら


この記事のライター

アメリカ留学中にWebの仕事に出会い、帰国後に起業。自社で物販を行う側、ライターとして活動。アウトドアが趣味

関連する投稿


新NISA開始!NISAとiDeCoで検討者を比較調査

新NISA開始!NISAとiDeCoで検討者を比較調査

2024年1月から新NISAが開始されました。今回の調査では、新NISAは若年層や未婚者の関心が高く、積極的に資産の運用をしたいと考える人が多いと推測できそうです。一方のiDeCoは、40代以降の年代で新NISAよりも関心が高く、老後の資産形成を意識しているといえるでしょう。NISAを始め、iDeCoとも比較しながら、新NISAの検索者の属性や興味関心について分析しました。


「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

車の走行距離は、車を購入する上でも売却する上でも重要なポイントです。近年はEVの需要も高まってきており、EVでどれくらいの距離を走行できるのかも気になる観点ではないでしょうか。 今回は車の「走行距離」の検索キーワードから「走行距離」を気にする人の人物像やどのような物事に関心があるのかを調査していきます。


Who are the people paying attention to the anime “Frieren: Beyond Journey's End”? Analyzing reasons for its popularity

Who are the people paying attention to the anime “Frieren: Beyond Journey's End”? Analyzing reasons for its popularity

Among works aired starting fall 2023, “Frieren: Beyond Journey’s End" has received lots of attention. Popular since it’s April 2020 serialization, it has received praise and won the 14th Manga Award and 25th Osamu Tezuka Cultural Prize. We analyze the reasons for its success and attributes of users showing interest.


Size of the target segment for luxury BEVs and the user persona. Comparing Japan-made and non-Japanese car manufacturers

Size of the target segment for luxury BEVs and the user persona. Comparing Japan-made and non-Japanese car manufacturers

Many manufacturers are developing BEVs (battery electric vehicles). At first, most were sedans, but SUVs have been gaining popularity. BEV SUVs are often sold by luxury car manufacturers. We will investigate the Lexus RZ, Mercedes-Benz EQS, and Jaguar I-PACE, and analyze the size of their target segments and personas.


高級BEV(SUV)ターゲット層のボリュームと人物像は?国産車と海外メーカーも比較

高級BEV(SUV)ターゲット層のボリュームと人物像は?国産車と海外メーカーも比較

さまざまなメーカーが開発を進めるBEV(バッテリ式電動自動車)。発売当初はセダン車が主でしたが近年はSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)も登場し人気を集めています。特にSUVのBEVは高級車と言われるメーカーが販売をしています。今回は「レクサス RZ」「メルセデスベンツ EQS」「ジャガー I-PACE」の3つを調査し、ターゲット層として想定されるボリュームや人物像を分析していきます。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ