Z世代でスマホゲームを週に1回以上プレイする人は7割!注目ゲームは男性は「モンスト」女性は「ツムツム」が最多【LINEリサーチ調査】

Z世代でスマホゲームを週に1回以上プレイする人は7割!注目ゲームは男性は「モンスト」女性は「ツムツム」が最多【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、全国15~24歳のZ世代を対象に「2024年に注目しているスマホゲーム」についての調査を実施し、結果を公開しました。


スマホゲームを「週に1回以上プレイする人」は7割、男性のほうがプレイ時間が長い傾向

約4,700人のZ世代にスマホゲームを週に1回以上プレイするかどうか、プレイする人には、1日あたりの平均プレイ時間も聞きました。

全体では、スマホゲームを【週に1回以上プレイする人※】は7割でした。そのうち割合が高かったのは、「1日あたり、1時間以上~3時間未満」と「1日あたり、1時間未満」でそれぞれ26%。次いで「1日あたり、3時間以上」が19%でした。また、「スマホゲームはまったくプレイしない」という人は18%いました。
※「1日あたり、3時間以上」「1日あたり、1時間以上~3時間未満」「1日あたり、1時間未満」の合計

男女別でみると、男性のほうが女性よりもスマホゲームのプレイ時間が長い傾向がみられました。
【週に1回以上プレイする人※】は男性で8割超、女性では6割と20ポイント以上の差がありました。内訳をみると、男性は「1日あたり、1時間以上~3時間未満」の割合がもっとも高く3割を超えているのに対して女性は「1日あたり、1時間未満」がもっとも高く3割でした。

2024年、Z世代が注目しているスマホゲーム、男性は「モンスターストライク」、女性は「LINE:ディズニー ツムツム」がすべての年齢層で1位

2024年に注目しているスマホゲームについて、約4,700人のZ世代に回答してもらいました。男女年齢別にみると注目しているスマホゲームに違いがみられます。

前項で紹介したように、スマホゲームをプレイしている頻度が高かった男性のほうが女性に比べ「注目しているゲーム」として選択した各ゲームの割合が全体的に高い傾向にありました。

男性は、「原神」「モンスターストライク」「プロ野球スピリッツA」の割合が高く、その中でも「モンスターストライク」は男性すべての年齢層で1位となりました。2013年のリリース以来、10年以上経った今でも人気は衰えず、まだまだ注目は高いようです。
男性15~18歳では「モンスターストライク」「プロ野球スピリッツA」が、2割前後とほかの年代に比べて割合が高い結果に。男性19~22歳、男性23~24歳では「原神」が2位にランクイン。 また、男性19~22歳では、「Pokémon GO (ポケモンゴー)」が4位、男性23~24歳では5位となりました。

女性は、「LINE:ディズニー ツムツム」の割合が男性に比べて高くなっており、女性すべての年齢層で1位となりました。その中でも女性15~18歳では、2割弱と高めでした。
また、女性すべての年齢層では、「呪術廻戦」初のスマホゲームとして2023年11月にリリースされた「呪術廻戦 ファントムパレード」がTOP5入りしました。

男女でランキングの顔触れが異なる中、15~18歳では、男女ともに「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク」がTOP3にランクインし、他の年齢層に比べて割合が高めでした。また、23~24歳では、睡眠ゲームアプリ「Pokémon Sleep (ポケモンスリープ)」が男女ともにTOP3入り。社会人の年齢層ほど、睡眠の質に興味を持つのかもしれません。年齢層によって、注目するゲームのジャンルも異なる様子がうかがえます。

出典元:LINEリサーチ

引用:https://lineresearch-platform.blog.jp/archives/44155966.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング Z世代

関連する投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


広告効果を高めるために「漫画が不可欠」と回答したデジマ担当は9割!エンゲージメント率向上への効果実感が最多【リンクアンドパートナーズ調査】

広告効果を高めるために「漫画が不可欠」と回答したデジマ担当は9割!エンゲージメント率向上への効果実感が最多【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、漫画広告を活用したことがあるマーケティング担当者を対象に、「漫画広告の活用実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ