約8割が信頼性と独自性のあるコンテンツはSEO対策に有効と評価【リンクアンドパートナーズ調査】

約8割が信頼性と独自性のあるコンテンツはSEO対策に有効と評価【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、企業でSEO対策に携わっている方を対象に、「SEO対策の課題に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


SEO施策で最も重要している要素、第1位「コンテンツの質」

「SEO対策で重視している要素は何ですか?」と質問したところ、上位から「コンテンツの質」が48.5%、次いで「キーワード選定」が42.4%、「デバイス別で正しく表示される」が28.6%という回答になりました。

約6割が、SEO対策を専門会社に外注していると回答

「現在、SEO対策をどのように実施していますか?」では、「専門家のアドバイスを受けつつ、社内でSEO対策を進めている」が51.5%、「全てのSEO対策を自社内で完結させている」が41.6%、「SEO対策を専門の代行サービスに全面的に委ねている」が6.9%という回答になりました。

SEO対策代行サービスにかける費用は、「月額30万円〜50万円未満」が最多の42.9%を占める結果に

「SEO対策代行サービスにかけている月額費用のレンジを教えてください」と質問したところ、全体の結果では、上位から「30万円~50万円未満」が42.9%、「10万円~30万円未満」が35.1%、「10万円未満」が12.8%、「50万円~100万円未満」が6.4%、「100万円以上」が2.7%という回答になりました。

また、グループ別でみると、「専門家のアドバイスを受けつつ、社内でSEO対策を進めている」と回答した方で、最も多い費用の範囲は「30万円~50万円未満」(45.2%)であり、次いで「10万円~30万円未満」(34.1%)です。この結果から、社内でSEO対策を進める企業は、やや高めの予算を設定して専門家のアドバイスを積極的に取り入れている傾向があることが示されます。社内資源を活用しつつ、外部の専門知識を組み合わせることで、より効果的なSEO対策を目指す傾向にあるといえるでしょう。

一方で、「SEO対策を専門の代行サービスに全面的に委ねている」と回答した方は、「10万円~30万円未満」が42.9%と最も高く、「30万円~50万円未満」が25.7%となっています。代行サービスに全面的に委ねている企業は、中間の費用帯(特に10万円〜30万円未満)に集中していることが分かります。これは、代行サービスの利用が、手間や専門知識の不足を補う手段として選ばれており、その範囲内でコストパフォーマンスを最大化しようとする企業の戦略が反映されているかもしれません。

約9割の方が、SEO対策の改善の必要性が「ある」と回答

「全てのSEO対策を自社内で完結させている」と回答した方では、「多数ある」が49.8%と非常に高く、SEO対策における改善の必要性を強く感じていることがわかります。これは、内部リソースの限界や専門知識の不足が原因かもしれません。

一方で、「専門家のアドバイスを受けつつ、社内でSEO対策を進めている」と回答した方では、「ややある」が74.7%と最も高く、改善の必要性を感じつつも専門家のアドバイスによってある程度の対策が行われていることが推測されます。

最後に、「SEO対策を専門の代行サービスに全面的に委ねている」と回答した方では、 「あまりない」が34.3%と他のグループに比べて高く、「全くない」も8.6%と最も高いです。これは、専門の代行サービスを利用することで、改善の必要性をあまり感じていない可能性があります。

8割以上が「信頼性と独自性のあるコンテンツ」はSEO対策に有効と評価

「信頼性と独自性のあるコンテンツは、SEO対策において有効だと思いますか?」では、「とても有効だと思う」が30.4%、「どちらかといえば有効だと思う」が56.2%、「あまり有効だと思わない」が12.0%、「まったく有効だと思わない」が1.4%という回答になりました。

出典元:株式会社リンクアンドパートナーズ

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000064362.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチでは、四半期毎に実施しているZ世代(15~24歳)の男女への流行調査を実施し、2024年3月期の結果を公開しました。


マーケティング担当者の約半数が指名検索に対する課題や悩みあり 指名検索数増加施策では「ブログやSNS、YouTubeチャンネルなどの運営」が最多【キーワードマーケティング調査】

マーケティング担当者の約半数が指名検索に対する課題や悩みあり 指名検索数増加施策では「ブログやSNS、YouTubeチャンネルなどの運営」が最多【キーワードマーケティング調査】

株式会社キーワードマーケティングが展開するメディア「キーマケLab(キーマケラボ)」は、従業員数50名以上の事業会社におけるマーケティング担当者を対象に、「指名検索に対する課題や悩みに関する調査」を実施し、結果を公開しました。



最新の投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ