1位は“Amazon”、2位は…「業界別」アプリランキング - ショッピング編 -

1位は“Amazon”、2位は…「業界別」アプリランキング - ショッピング編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


2019年10月 ショッピング編 アプリランキング


Amazon ショッピングアプリ

1位 無料

Amazon ショッピングアプリ

利用前月比: -0.6% 所持前月比: 0.5%

楽天市場 ショッピングアプリ

2位 無料

楽天市場 ショッピングアプリ

利用前月比: -0.7% 所持前月比: -0.1%

dポイントクラブ

3位 無料

dポイントクラブ

利用前月比: 4.4% 所持前月比: 1.1%

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

4位 無料

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

利用前月比: -1.6% 所持前月比: 1.3%

Yahoo!ショッピング-アプリでお得で便利にお買い物

5位 無料

Yahoo!ショッピング-アプリでお得で便利にお買い物

利用前月比: 4.0% 所持前月比: 2.2%

楽天Edyでキャッシュレス!:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー

6位 無料

楽天Edyでキャッシュレス!:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー

利用前月比: 9.9% 所持前月比: 2.6%

ヤマダ電機 ケイタイde安心

7位 無料

ヤマダ電機 ケイタイde安心

利用前月比: -1.9% 所持前月比: -0.4%

電子マネー「nanaco」

8位 無料

電子マネー「nanaco」

利用前月比: 3.4% 所持前月比: -1.4%

ヤフオク! -ネットオークション、フリマアプリ スマホでかんたんショッピング

9位 無料

ヤフオク! -ネットオークション、フリマアプリ スマホでかんたんショッピング

利用前月比: -2.3% 所持前月比: -0.4%

0

10位 無料

ラクマ(旧フリル) - 満足度No.1 楽天のフリマアプリ

利用前月比: 4.0% 所持前月比: 1.5%

  • 11位 JRE POINT アプリ - JR東日本の共通ポイント 無料 利用前月比: 18.1% 所持前月比: 15.3%
  • 12位 ビックカメラ 無料 利用前月比: -1.7% 所持前月比: 0.6%
  • 13位 WAON 無料 利用前月比: 6.2% 所持前月比: 1.4%
  • 14位 ドットエスティ 無料 利用前月比: 9.4% 所持前月比: -0.9%
  • 15位 ファッション通販 ZOZOTOWN 無料 利用前月比: -3.1% 所持前月比: -3.6%
  • 16位 Qoo10 (キューテン) 衝撃コスパモール 無料 利用前月比: 3.7% 所持前月比: 1.9%
  • 17位 ヨドバシ 無料 利用前月比: -5.0% 所持前月比: 0.3%
  • 18位 ハンズクラブアプリ 無料 利用前月比: -6.5% 所持前月比: 2.2%
  • 19位 au Wowma! Wow!なイベント毎日開催! 通販ショッピングアプリ 無料 利用前月比: 12.2% 所持前月比: 11.8%
  • 20位 POCKET PARCO - ファッション通販、コー ディネート例、コラム配信など機能満載 無料 利用前月比: -2.5% 所持前月比: -0.1%
  • この記事のライター

    マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
    市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

    編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

    関連するキーワード


    業界別アプリランキング

    関連する投稿


    「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

    「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

    「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「Yahoo! MAP」、2位「じゃらん」、3位「楽天トラベル」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


    「業界別」アプリランキング - カジュアルゲーム編 -

    「業界別」アプリランキング - カジュアルゲーム編 -

    「業界別」アプリランキング、今月は「カジュアルゲーム」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「ホームスケイプ (Homescapes)」、2位「ガーデンスケイプ(Gardenscapes)」、3位「LINE POP2」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


    「業界別」アプリランキング - ショッピング編 -

    「業界別」アプリランキング - ショッピング編 -

    「業界別」アプリランキング、今月は「ショッピング」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「Amazon ショッピングアプリ」、2位「楽天市場 ショッピングアプリ」、3位「dポイントクラブ」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


    「業界別」アプリランキング - ファイナンス編 -

    「業界別」アプリランキング - ファイナンス編 -

    「業界別」アプリランキング、今月は「ファイナンス」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「PayPay-ペイペイ」、2位「d払い」、3位「楽天カード」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


    「業界別」アプリランキング - 仕事効率化編 -

    「業界別」アプリランキング - 仕事効率化編 -

    全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


    最新の投稿


    【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

    【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

    行動分析、コンテンツマーケティング、UI改善までウェブの専門家が大集合。 <br><br>※本セミナーは2020年9月15日に開催されましたが、動画にて視聴頂けます。ご興味を持っていただけましたら、記事下部のフォームよりお申し込みください。お申し込み後、視聴URL(YouTube)をお送りいたします。


    副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

    副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

    2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、企業や個人の経済活動にとって大きな変革の年となりました。その中でも関心と需要の高まりを見せている「クラウドソーシング」の分野について、国内の2サイトを分析対象として、利用ユーザーの動向をデータから紐解いていきます。


    急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

    急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

    2020年9月20日~9月26日週の検索急上昇ワードでは、4連休のシルバーウィークだったため「渋滞情報」の検索が久しぶりに急増。今年一番の人出となった観光地も全国各地でみられたようです。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


    AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

    AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

    画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


    ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

    ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

    日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査・分析してみました。


    自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

    アクセスランキング


    >>総合人気ランキング