「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


ユーザー属性のボリュームは30代以下

コロナ自粛ムードで外出できない日が続きますが、夏はやってきます。肌の露出頻度が増える時期に向け準備する人がでてきたのではないでしょうか。そこで今回は、人に相談を持ち掛けにくい「脱毛事情」についてネット上の検索データから調査します。

まず、「脱毛」を含む検索を行ったユーザーの属性を分析し、「脱毛」に関する悩みを明らかにしました。

ユーザーの性別、年代をみていきます。女性が65.1%を占めていることがわかります【図1】。

【図1】ユーザー属性(性別) 

年代は、30代以下で83.8%占めており、若年層の関心が高いことがわかります【図2】。

【図2】ユーザー属性(年代)

続いて、結婚有無、職業をみます。【図3】から約70%が未婚であり、また【図4】から一般会社員、学生の順で多いことがわかります。

【図3ユーザー属性(未既婚)】 

【図4ユーザー属性(職業)】

検索キーワード1位は「医療脱毛」。「メンズ」や「おすすめ」なども

では、ユーザーは「脱毛」について知りたい時、具体的にどのようなキーワードを入力するのでしょうか。キーワードごとのユーザー数ランキングをみていきましょう【図5】。

【図5】「脱毛」を含むページに流入した検索キーワードTOP10

【図5】「脱毛」を含むページに流入した検索キーワードTOP10

集計期間:2019年4月~2020年3月

最も検索されているのは「医療脱毛」で、「脱毛器」「永久脱毛」などもランクインしていることから、脱毛の種類に関心がある人が多いことが読み取れます。

他に、「VIO」「全身脱毛」から脱毛部位の関心が高く、また特定の医療機関が注目されていることがわかります。さらに、「メンズ」という言葉がある一方、女性を表す単語がないことがわかります。その理由として、「メンズ」検索者を調べてみると、男性の検索者が多いことから、女性側が、「脱毛は女性のこと」というイメージを持っていることが想定されます。

次に、特徴を確認するため、最も検索割合の高い“30代以下の未婚女性”に絞って検索内容を深堀してみました。検索キーワードを縦軸に年代、横軸に収入という軸で分けると【図6】のマップを得られます。

【図6】30代以下未婚女性の属性別マップ(2019年4月~2020年3月)

【図6】30代以下未婚女性の属性別マップ

集計期間:2019年4月~2020年3月

年代共通として「顔、全身」が検索されています。一方、20代前半であるほど「脇」への関心が高く、30代ほど「VIO」「脱毛クリーム」「脱毛器」への関心が高いことがわかります。

また、似た意味でも若年層は「おすすめ」「医療脱毛」を、30代は「口コミ」「永久脱毛」を検索傾向にあり、好まれる表現が異なる可能性が示唆されます。

収入別でみると、高収入者ほど「湘南美容外科」の検索行動があり、「ミュゼ」「脱毛ラボ」は中間層で、「TBC」が安いイメージがあることがわかりました。

流入LPから見る20~30代女性の脱毛への関心事

次に「脱毛」に関する検索をしたユーザーが実際に閲覧したコンテンツについてみてみましょう。【図7】は、流入したコンテンツのユーザー数ランキングです。

【図7】「脱毛」検索者の流入コンテンツランキングTOP10

【図7】「脱毛」検索者の流入コンテンツランキングTOP10

集計期間:2019年4月~2020年3月

ページタイトルから、「脱毛」の検索動機は二つに大別できると考えられます。「脱毛手段/部位を決めるための探索的情報収集」か「手段/部位は決まったうえで、最終決定の最適化のための情報収集」です。前者は順位4,7,8などの「VIO脱毛をして大丈夫か」「そもそも医療とサロンの違いがわからない」といったものです。一方、後者は残りの「脱毛器の人気を知りたい」「医療,サロンそれぞれの人気を知りたい」といったものです。

サイトは「脱毛機関公式ページ」か「口コミ」の2パターン

では、「脱毛」検索者はどのサイトをよくみているのでしょうか。【図8】で、「脱毛」検索者が流入したサイトのランキングを確認しましょう。

【図8】「脱毛」検索者の流入サイトランキングTOP5(2019年4月~2020年3月)

TOP5のうち、総合メディアや口コミサイトが60%を占めています。また、リゼクリニックやミュゼプラチナムなどといった脱毛サロンもランクインしています。脱毛サービスを行う機関のサイトだけでなく、総合メディアや口コミサイトへも、広告を出すと成果が出る可能性が示唆されます。

今回は人に相談しにくい「脱毛」について調査しました。脱毛について悩む多くは30代以下の若い世代で、特に30以下未婚女性は「医療脱毛かサロン/自己処理脱毛のどれが最適解か」「脱毛した将来どうなるのか」について悩み検索していることがわかりました。また関心事の情報収集のために、彼女らは脱毛サービス機関公式サイト、口コミサイトを主に確認していることが見受けられました。

このように、eMark+で検索ワードや流入コンテンツの分析を行えば、ユーザーの感じている悩みや関心を読み取ることができるといえるでしょう。

調査・分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、「脱毛」に関する検索行動について、ユーザー属性などを調査しました。
※対象期間:2019年4月〜2020年3月
※対象デバイス:スマートフォン
※ユーザー数やセッション数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


ユーザー調査 美容

関連する投稿


無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

気になるブランドや商品についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントが調査する企画。今回の調査は根強いファンを持ち、ブランドを確立している『無印良品』についてです。無印良品ファンにはいったいどんな特徴があるのか。他ブランドとの比較を交えながら考察していきます。


コロナウイルスによる消費者行動の変化とは?コロナ禍で起きた消費者行動変化をネット行動ログとアンケートで調査

コロナウイルスによる消費者行動の変化とは?コロナ禍で起きた消費者行動変化をネット行動ログとアンケートで調査

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛やテレワークなど、人々のライフスタイルが大きく様変わりする中、消費者の行動や意識にはどのような変化が起きているのか、Webやアプリの行動ログとアンケートから、日別の推移、商品ジャンルの閲覧伸び率などを通じて、変化の実態を調査したレポートです。(ページ数|37p)


新概念バタフライ・サーキットで捉えるデジタル時代の購買検討行動とは?|宣伝会議主催セミナーレポート

新概念バタフライ・サーキットで捉えるデジタル時代の購買検討行動とは?|宣伝会議主催セミナーレポート

「一人1デバイス」が当たり前となったデジタル時代。今、マーケティングにおける購買行動のセオリーが変わりつつあります。デジタル化によって何がどう変わったのか。私たちを取り巻く膨大な情報により変化した購買検討行動。それらを新しい概念で紐解こうと共同研究された「バタフライ・サーキット」が、宣伝会議主催のデータマーケティングカンファレンス2020で紹介されました。


“ファン”の消費実態をデータで分析「芸能人・スポーツ選手ファンの消費実態調査」レポート

“ファン”の消費実態をデータで分析「芸能人・スポーツ選手ファンの消費実態調査」レポート

好きな芸能人やスポーツ選手ごとに、ファン層の人物像や嗜好はどのように異なるのでしょうか。また、芸能人・スポーツ選手は広告に起用されることも多いですが、出演している広告の商品購買にどれぐらい影響を与えているのでしょうか。アンケート調査とネット行動ログを掛け合わせて分析し、「嵐」「大谷翔平」「羽生結弦」など各ファンのユーザー像と消費実態を明らかにしました。


ネット行動からみるデジタル時代のコンシューマ変化とは…「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」レポート

ネット行動からみるデジタル時代のコンシューマ変化とは…「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」レポート

デジタル化・スマホシフト時代の今、言うまでもなくコンシューマーを取り巻く情報の波にも大きな変化があらわれています。そんな中、コンシューマーの行動にはどのような変化が起きているのでしょうか。2月20日に開催された「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」にて、株式会社ヴァリューズは今までの分析実績をもとに、デジタル時代のコンシューマーを取り巻く2つのトレンドとアプローチ方法について紹介しました。


最新の投稿


今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

デジタルツールの普及により、質・量ともに豊富なデータを収集できるようになった昨今。これらのデータをマーケティングに活かす「データマーケティング」が広がっています。多くの企業がデータマーケティングに取り組んでいる理由は、データの収集・分析により目的達成のプロセスの可視化や課題を発見しやすいメリットがあるからです。そこで今回は、データマーケティングをスムーズに始めるために必要な基礎知識から事例をまとめて紹介します。


無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

気になるブランドや商品についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントが調査する企画。今回の調査は根強いファンを持ち、ブランドを確立している『無印良品』についてです。無印良品ファンにはいったいどんな特徴があるのか。他ブランドとの比較を交えながら考察していきます。


コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

緊急事態宣言下の「巣ごもり消費」で生まれた、ネット通販や宅配サービスを活用した新しい消費スタイルは今後どのように変化していくのでしょうか。今回は、コロナ禍の2020年4月から、緊急事態宣言が全国で解除されニューノーマル(新常態)での生活が始まりつつある6月10日までの間で、Webサイトやアプリの行動ログをもとに、消費者の行動変化とコロナからの復活、ウィズコロナ時代のニーズの兆しを探ります。


【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

DX組織づくりに困っている方に向けた3stepガイド。「そもそもDXとは何か?具体的にはどういうことなのか基本を理解したい」「DXの成功事例を知りたい」「データに強い組織はどのように作っていけばいいのか」そんな悩みに応えたブック型記事になっています。Step順に見ていけばDX組織づくりの基礎知識も身につき、自社で組織づくりを進める際の土台になるはずです。


コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中国で、地方政府が消費喚起策、失業解決策に相次いで動いています。具体的な施策の一つとして、中心部の歩道で屋台を出店することが推奨されました。これまで環境に悪影響を与えるため、禁止になっていた歩道での屋台出店は今、上海、済南、南寧を初めとした27以上の都市で解禁され、服や雑貨などを売る個人の出店や飲食の屋台が歩道で溢れています。さらに、中国の最大規模のSNS「Weiboウェイボー」で屋台経済が急上昇ワードとなり、新型コロナウイルスの影響で大幅に増加した失業者が屋台の経営者と一変し、一つの町だけで10万人ほどの雇用を生み出しました。屋台経済の復興は、コロナ後の景気回復に向けた奇策と言えます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら