「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


ユーザー属性のボリュームは30代以下

コロナ自粛ムードで外出できない日が続きますが、夏はやってきます。肌の露出頻度が増える時期に向け準備する人がでてきたのではないでしょうか。そこで今回は、人に相談を持ち掛けにくい「脱毛事情」についてネット上の検索データから調査します。

まず、「脱毛」を含む検索を行ったユーザーの属性を分析し、「脱毛」に関する悩みを明らかにしました。

ユーザーの性別、年代をみていきます。女性が65.1%を占めていることがわかります【図1】。

【図1】ユーザー属性(性別) 

年代は、30代以下で83.8%占めており、若年層の関心が高いことがわかります【図2】。

【図2】ユーザー属性(年代)

続いて、結婚有無、職業をみます。【図3】から約70%が未婚であり、また【図4】から一般会社員、学生の順で多いことがわかります。

【図3ユーザー属性(未既婚)】 

【図4ユーザー属性(職業)】

検索キーワード1位は「医療脱毛」。「メンズ」や「おすすめ」なども

では、ユーザーは「脱毛」について知りたい時、具体的にどのようなキーワードを入力するのでしょうか。キーワードごとのユーザー数ランキングをみていきましょう【図5】。

【図5】「脱毛」を含むページに流入した検索キーワードTOP10

【図5】「脱毛」を含むページに流入した検索キーワードTOP10

集計期間:2019年4月~2020年3月

最も検索されているのは「医療脱毛」で、「脱毛器」「永久脱毛」などもランクインしていることから、脱毛の種類に関心がある人が多いことが読み取れます。

他に、「VIO」「全身脱毛」から脱毛部位の関心が高く、また特定の医療機関が注目されていることがわかります。さらに、「メンズ」という言葉がある一方、女性を表す単語がないことがわかります。その理由として、「メンズ」検索者を調べてみると、男性の検索者が多いことから、女性側が、「脱毛は女性のこと」というイメージを持っていることが想定されます。

次に、特徴を確認するため、最も検索割合の高い“30代以下の未婚女性”に絞って検索内容を深堀してみました。検索キーワードを縦軸に年代、横軸に収入という軸で分けると【図6】のマップを得られます。

【図6】30代以下未婚女性の属性別マップ(2019年4月~2020年3月)

【図6】30代以下未婚女性の属性別マップ

集計期間:2019年4月~2020年3月

年代共通として「顔、全身」が検索されています。一方、20代前半であるほど「脇」への関心が高く、30代ほど「VIO」「脱毛クリーム」「脱毛器」への関心が高いことがわかります。

また、似た意味でも若年層は「おすすめ」「医療脱毛」を、30代は「口コミ」「永久脱毛」を検索傾向にあり、好まれる表現が異なる可能性が示唆されます。

収入別でみると、高収入者ほど「湘南美容外科」の検索行動があり、「ミュゼ」「脱毛ラボ」は中間層で、「TBC」が安いイメージがあることがわかりました。

流入LPから見る20~30代女性の脱毛への関心事

次に「脱毛」に関する検索をしたユーザーが実際に閲覧したコンテンツについてみてみましょう。【図7】は、流入したコンテンツのユーザー数ランキングです。

【図7】「脱毛」検索者の流入コンテンツランキングTOP10

【図7】「脱毛」検索者の流入コンテンツランキングTOP10

集計期間:2019年4月~2020年3月

ページタイトルから、「脱毛」の検索動機は二つに大別できると考えられます。「脱毛手段/部位を決めるための探索的情報収集」か「手段/部位は決まったうえで、最終決定の最適化のための情報収集」です。前者は順位4,7,8などの「VIO脱毛をして大丈夫か」「そもそも医療とサロンの違いがわからない」といったものです。一方、後者は残りの「脱毛器の人気を知りたい」「医療,サロンそれぞれの人気を知りたい」といったものです。

サイトは「脱毛機関公式ページ」か「口コミ」の2パターン

では、「脱毛」検索者はどのサイトをよくみているのでしょうか。【図8】で、「脱毛」検索者が流入したサイトのランキングを確認しましょう。

【図8】「脱毛」検索者の流入サイトランキングTOP5(2019年4月~2020年3月)

TOP5のうち、総合メディアや口コミサイトが60%を占めています。また、リゼクリニックやミュゼプラチナムなどといった脱毛サロンもランクインしています。脱毛サービスを行う機関のサイトだけでなく、総合メディアや口コミサイトへも、広告を出すと成果が出る可能性が示唆されます。

今回は人に相談しにくい「脱毛」について調査しました。脱毛について悩む多くは30代以下の若い世代で、特に30以下未婚女性は「医療脱毛かサロン/自己処理脱毛のどれが最適解か」「脱毛した将来どうなるのか」について悩み検索していることがわかりました。また関心事の情報収集のために、彼女らは脱毛サービス機関公式サイト、口コミサイトを主に確認していることが見受けられました。

このように、eMark+で検索ワードや流入コンテンツの分析を行えば、ユーザーの感じている悩みや関心を読み取ることができるといえるでしょう。

調査・分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、「脱毛」に関する検索行動について、ユーザー属性などを調査しました。
※対象期間:2019年4月〜2020年3月
※対象デバイス:スマートフォン
※ユーザー数やセッション数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上が過ぎ、人々の生活や社会は大きく変化しました。理美容・健康家電も大きな影響を受けた業界のうちのひとつです。そこで、2021年6月8日にヴァリューズで開催されたセミナーでは、新たな生活様式が、理美容・健康家電の購入にまつわる消費者の行動やニーズにどのような影響をもたらしたのか、アンケート調査・Web行動ログデータを基に振り返り、その実態を深掘り解説しました。 <br>※セミナーの詳細資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。


美容家電業界におけるサイト接触ユーザー属性と検討行動の違い ~ リフトケア商品4商材に着目

美容家電業界におけるサイト接触ユーザー属性と検討行動の違い ~ リフトケア商品4商材に着目

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、売り上げ好調な家電製品。中でも女性需要の高い美容家電に注目し、「電気バリブラシ」「ミーゼスカルプリフト」「ヤーマンメディリフト」「ボミーニコベルト」の4商材の関心層や検討行動の違いについて調査しました。(ページ数|21p)


【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】美容業界は「美意識のマーケティング」が鍵!

【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】美容業界は「美意識のマーケティング」が鍵!

リサーチャーの菅原大介さんが、消費者・生活者のことを深く知るためのアンケート調査法を語ります。今回のテーマは美容業界。カテゴリの特徴を洗い出した上で、美容業界でユーザーリサーチを行うときの3つの観点を示し、それぞれの質問文例と、そこから導くべき考察についても解説します。美容業界に携わる方だけでなく、真にユーザーのニーズを知りたい方に必見の内容です。


“ユーザー調査”の目的と手法、ありがちな落とし穴(前編)|『ユーザーの「心の声」を聴く技術』著者が解説

“ユーザー調査”の目的と手法、ありがちな落とし穴(前編)|『ユーザーの「心の声」を聴く技術』著者が解説

企業が製品やサービスを企画・開発する際には、「ユーザーの声を聞く」「ユーザーニーズを理解する」ユーザー目線が大事だと言われます。「ユーザー調査」を行うと、ユーザーがどんな課題を抱えているか知ることに役立ちます。 技術評論社から新著『ユーザーの「心の声」を聴く技術』を出された奥泉直子さんに、質の高いユーザー調査を行い、ものづくりに生かすための基礎知識と、避けるべき落とし穴を解説いただきます。


withコロナでどう変化した?生活者の身体の不調・悩みを調査

withコロナでどう変化した?生活者の身体の不調・悩みを調査

新型コロナの影響でこの1年ほどでライフスタイルが大きく変化したのではないでしょうか。テレワークの普及により柔軟な働き方ができる一方で、ステイホームによる運動不足や食生活の乱れから発生する健康二次被害などが問題になっているようです。今回は長引くコロナ禍で身体の悩みにどんな変化が生じているのか、さらにどんな悩みを抱えているのかについてネット検索データから調査・分析をしました。


最新の投稿


「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

マナミナでは、これまで消費者トレンドや、さまざまな業界事情、withコロナの変化などの調査を行ってきましたが、その内容を一つにまとめた「デジタル・トレンド白書2021」をリリースしました。「第三部 消費財・耐久消費財編」についてご紹介します。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(ページ数|138p)


コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上が過ぎ、人々の生活や社会は大きく変化しました。理美容・健康家電も大きな影響を受けた業界のうちのひとつです。そこで、2021年6月8日にヴァリューズで開催されたセミナーでは、新たな生活様式が、理美容・健康家電の購入にまつわる消費者の行動やニーズにどのような影響をもたらしたのか、アンケート調査・Web行動ログデータを基に振り返り、その実態を深掘り解説しました。 <br>※セミナーの詳細資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。


GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法

GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法

GA4のリリース(2020年10月)後、新規のプロパティを作成すると、ユニバーサルアナリティクスのプロパティではなく、GA4のプロパティが作成されます。しかしデータ計測やツール連携の都合上、まだまだユニバーサルアナリティクスのプロパティが必要な場合がありますよね。そこで本稿では、ユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成する方法(ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを取得する方法)について解説していきます。


在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務などコロナ禍で広がる新しい働き方に対し、さまざまな悩みが生まれているようです。特に体の不調に悩む人は多く、「肩こり」に悩まされる人が増えているようです。そこで、Dockpitを用い、体の凝りの対処法として検討されているものや、マッサージサロンが受けるコロナ影響について分析しました。(ページ数|22p)


コロナ禍で若者の投資ブーム到来?ネット証券会社の集客構造を比較

コロナ禍で若者の投資ブーム到来?ネット証券会社の集客構造を比較

スマホアプリで少額から手軽に始められるようになったり、SNSで投資情報に触れる機会が増えたことなどから、投資を始める若者が増えているようです。「SBI証券」「楽天証券」「マネックス証券」「SMBC日興証券」「大和証券」の5社に着目し、Dockpitを用いて各社の現状や、若者の投資ブームの流れを上手く掴んだネット証券会社の傾向、戦略について調査しました。(ページ数|30p)


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング