呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を用いて、検索データを分析しました。


「呪術廻戦」検索ユーザーはTVアニメ放映開始と同時に急増

「呪術廻戦」は、2018年3月に連載がスタートし、2020年10月にはアニメ放送がスタートした人気作品です。初連載ながら“編集部が満場一致で連載決定”という鳴り物入りのデビューだったと言います。

以下のグラフは2019年3月〜2021年2月までの2年間で「呪術廻戦」を検索したユーザー数の推移です。ユーザー数が増加し始めたのは2020年10月以降ですので、きっかけはTVアニメの放送開始だと考えられます。

「呪術廻戦」の検索ユーザー属性の比較
期間:2019年3月〜2021年2月
デバイス:PCおよびスマホ

TVアニメ放送開始から検索ユーザー数は増え続け、2021年1月に検索者数は月間90万人を超えました。これは1月から第2クール「京都姉妹校交流会編」に突入したアニメが快調である証といえるでしょう。

TVアニメの人気ぶりは検索数以外の数字にも表れています。

・国内No.1アニメ配信サイト「dアニメストア」で行われた「今期何見てる?2020秋アニメ人気投票」で1位
・Netflixが発表した「2020年、日本で最も勢いのあったアニメTOP10」で、配信オリジナル作品に次いで2位
2021年1月度のdTV視聴ランキングで1位
など、数々のランキングからも人気を伺えます。

「鬼滅超え」はあり得るか?

「呪術廻戦」と「鬼滅の刃」の検索ユーザー数推移の比較

同期間で比較すると、赤線で示される「鬼滅の刃」が青線の「呪術廻戦」を上回る結果となります。

一方で、それぞれの作品のアニメ放送開始のタイミングに絞って比較すると違った結果が見えてきます。

「鬼滅の刃」の検索数はアニメ放送が開始された2019年4月で27万ユーザーです。一方の「呪術廻戦」は2020年10月で49万ユーザーとなっています。アニメ放送をきっかけに検索ユーザー数を伸ばしているのは両作品の共通点ですが、アニメ放送開始時点での検索数では「呪術廻戦」に軍配が上がります。

「鬼滅の刃」が人気を大きく伸ばした要因が映画化であることも考えれば、今後の展開やプロモーション次第で「鬼滅超え」も十分な可能性があるといえるでしょう。先日(2021年3月26日)には「呪術廻戦」の映画化の発表もありましたし、今後の展開も楽しみです。

ファミリー層の取り込みが「鬼滅の刃」大ブームの一因

検索ユーザー数のデータから呪術廻戦には鬼滅超えの可能性があることが分かりましたが、両作品の検索ユーザー層にはどのような違いがあるのでしょうか。性別・居住地域・年齢データから考察していきます。

まず、性別に関しては両作品はほとんど同じ結果となっています。

「呪術廻戦」と「鬼滅の刃」の性別検索ユーザー(対象期間:2019年3月〜2021年2月)

ただ、両作品ともやや女性の検索ユーザー数が多いことから、「少年」をタイトルに冠する漫画雑誌媒体で連載している作品であっても、ヒットには女性ファンの獲得が重要だと分かります。

一方で大きく異なるのが年齢層の分布です。下記のグラフをご覧ください。

「呪術廻戦」と「鬼滅の刃」の年代別検索ユーザー(対象期間:2019年3月〜2021年2月)

「呪術廻戦」は20代が最も高い割合を示す一方で、「鬼滅の刃」は40代が最も高い割合を示し、20代の割合は低くなっています。

「鬼滅の刃」はすでに漫画作品自体は終了しており、トレンドに敏感な20代はすでに関心が「呪術廻戦」など他に移っているのかもしれません。10代以下の子供にも人気な「鬼滅の刃」は、その親世代の40代も巻き込んで長期的なファンを獲得しているのではないかと考えられます。下の図のように、「鬼滅の刃」の検索ユーザーはお子さんがいらっしゃる世帯も多く、家族ぐるみで鬼滅の刃を楽しむ状況が浮かび上がってきます。

「呪術廻戦」と「鬼滅の刃」の検索ユーザー属性・子供有無
(対象期間:2019年3月〜2021年2月)

実際、「鬼滅の刃」の映画公開前の検索ユーザーの年齢分布は下のグラフのようになっています。

「鬼滅の刃」の検索ユーザー属性(年代)
期間:2019年8月〜2020年1月
デバイス:PCおよびスマホ

年齢分布が現在の「呪術廻戦」の年齢分布と類似することから、「鬼滅超え」には、10代以下の子供世代・およびその親世代のファンをどれだけ獲得できるかが重要な鍵になりそうです。

アニメ化で膨大に増えた「呪術廻戦」検索

ここからは、「呪術廻戦」の検索ユーザーが具体的に何に関心を持っているのか考察するため、「呪術廻戦」と掛け合わせで検索されたキーワードを分析します。

「呪術廻戦」との掛け合わせキーワード/季節比較
※該当期間に多く検索された掛け合わせキーワードほどフォントが大きく配置されます。

<2019年3月〜2019年8月>

アニメ化前の時期は「呪術廻戦」の検索数も多くなく、掛け合わせワードも少ないです。掛け合わせキーワードは、連載を追うファンによるネタバレの検索(ZIPはネタバレを掲載するサイト関連)や、キャラクター人気投票の検索のみとなっています。


<2019年9月~2020年2月>

九十九という素性の明かされていないキャラクターの登場に伴い、「九十九」の検索が最も検索されています。その他、前期間に引き続きネタバレの検索(RAR、RAWはネタバレを掲載するサイト関連)や、2019年11月にアニメ化が発表されたことによる「アニメ」の検索がされています。


<2020年3月〜8月>

最も検索されたのは8月の12巻発売に伴う「12」でした。その他の検索は前期間と大きく変わりません。(TORRENTもネタバレを掲載するサイト関連)


<2020年9月〜2021年2月>

9月以降は10月のアニメ放送開始と、それによる人気急上昇で検索ワードが大きく変化します。まずは「第5話」などアニメ各話の検索、「封印」「指」「死ぬ」などアニメの内容に関する検索、「エンディング」「主題歌」などアニメ関連の検索が並びます。その他に呪術廻戦の人気上昇に伴って、コラボ商品や、関連銘柄(鬼滅の刃の関連銘柄の株価が上昇したことからだと考えられる)の検索ワードが並んでいます。

コラボ商品に関しては、2021年6月発売予定の商品「呪術廻戦ウエハース2」の予約販売が、開始1分ほどで早々に完売しています。漫画市場やアニメ市場だけでなく、キャラクター市場にも舞台を移していると言えるでしょう。

「呪術廻戦」検索でユーザーはどんなサイトに訪問した?

最後に、「呪術廻戦」検索語の流入サイト・ページランキングは以下のとおりでした。

「呪術廻戦」検索後の流入サイトランキング

「呪術廻戦」検索後の流入ページランキング

サイトランキング1位はWikipedia、2・3位にアニメ公式サイト、4位に漫画の連載媒体である週刊少年ジャンプが入りました。ページランキングも同様に公式サイトとWikipediaが上位を占めています。

また、二次創作やネタバレ・考察関連が、サイト・ページどちらにもランクインしていることから、物語を深くまで理解したいというニーズが強いことが伺えます。

まとめ

コミックス累計発行部数が3,600万部突破など人気急上昇中の「呪術廻戦」。どのタイミングで人気が出てきたのか、そのきっかけやファン層などを比較されることの多い「鬼滅の刃」と比べながら、市場分析ツール「Dockpit」を使用して検索データを調査しました。

両作品ともアニメ放送により人気を博して検索ユーザー数が増加しているものの、放送開始したタイミングでの検索ユーザー数は「呪術廻戦」に軍配が上がる結果となりました。「呪術廻戦」はすでに20代を中心にファンを獲得しています。コラボグッズなども多数登場しどれも人気となっていることから、キャラクター市場にも影響を与える存在と言えるでしょう。

ここからさらに人気を上昇させ、「鬼滅超え」や社会現象化を達成するには、「鬼滅の刃」が映画化を通してそうなったように、10代以下の子供世代、およびその親世代のファンをどれだけ獲得できるかが重要な鍵になると考えられます。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2019年3月~2021年2月のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

「Dockpit」は、過去どのような変化があったのか、消費者のトレンド調査にとても役立ちます。もし宜しければ、一部無料で使える機能もありますので、下記よりご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

2022年の春から、新卒としてヴァリューズに入社。

関連する投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


急上昇ワードに「デジタル献花」「全国旅行支援」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/25~2022/10/1)

急上昇ワードに「デジタル献花」「全国旅行支援」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/25~2022/10/1)

ネット行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年9月25日~10月1日の検索急上昇ワードでは、9月27日に行われた国葬関連のワードを中心に、10月11日から始まる「全国旅行支援」に関するワード、先日放送が開始した「SPY×FAMILY」や「ポプテピピック」といったアニメ作品の検索も上位に見られました。


9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。依然として、「マイナポイント」「マイナポータル」が2強となっています。そして3位には先月に引き続き「ENEOS サービスステーション」がランクインしました。


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら