『保険DX』事例を解説!第一生命とSOMPOひまわり生命のアプリを比較してみた

『保険DX』事例を解説!第一生命とSOMPOひまわり生命のアプリを比較してみた

新型コロナを契機に、デジタルトランスフォーメーション(DX)の話題が頻繁に取り上げられています。日本経済新聞社と金融庁が主催した「Fintech Summit Symposium 2022」では『保険DX』がキーワードとなっていたりと、昨年からは保険DXにも注目が集まっています。例えば、契約手続きや変更手続きの他に、事故の連絡や保険金の支払いまで多くの手続きをネット上で完結できることも、デジタル化の1つと言えるでしょう。さらにDXにおける新たな顧客体験として挙げられるのがアプリです。今回は第一生命「健康第一」と、SOMPOひまわり生命「Linkx aruku」のアプリ事例を紹介します。


今回は業界大手の第一生命「健康第一」と、業界内でも先進的な取り組みが多いとされているSOMPOひまわり生命「Linkx aruku」のアプリを取り上げます。

まずは、それぞれのアプリの特徴を見ていきましょう。

第一生命「健康第一」のアプリの特徴

健康サポーターとなり、利用者にあった健康づくりを応援するアプリ
・健康診断書をかざして健康年齢を確認できる
・現在の生活習慣、健康状態を続けた場合の疾病リスクを確認できる ※生命保険業界初の機能
・歩数計測ができる
・目標歩数を達成するとコンビニで使える無料クーポンの抽選に毎週参加できる
・第一生命の契約者とその家族専用のプレミアムメニューがある

第一生命「健康第一」

SOMPOひまわり生命「Linkx aruku」のアプリの特徴

日々のお散歩・ウォーキングを楽しくする、健康のための歩数計アプリ
・日々のお散歩・ウォーキングを自動記録できる
・ランキング機能でモチベーションアップできる
・家族や友人と共有できるグループ機能がある
・みんなが共有した写真やメモ「あるメモ」で新しい発見ができる
・全国1,000以上のお散歩コースでお散歩を楽しめる
・その他に便利な機能も充実している

SOMPOひまわり生命「Linkx aruku」

ギミック系アプリはデジタル戦略の1つ

それぞれのアプリの特徴をみてもわかるように、ウォーキングなど健康づくりに対しちょっとした仕掛けがあって、日々を支えてくれるような、そして保険の枠組みを超える新たな体験価値を提供しているアプリとなっていることがわかります。

「健康第一」のアプリ利用者はTwitter上で『抽選キャンペーンで2度目の当選。スムージーをゲット。毎週が楽しみになります。』とコメントしています。
楽しく使い続けられるサービスによる体験価値の1つと言えるでしょう。

「Linkx aruku」利用者は『趣味の散歩が充実できる』や『散歩コースを楽しんでいる』など、日々のお散歩やウォーキングをアプリによって楽しんでいることがうかがえます。

また、地方自治体でも積極的にアプリを利用しています。

奈良市は「Linkx aruku」を使って、健康増進や生活習慣の振り返り、生活習慣病の予防などを目的にキャンペーンを実施。6,000歩以上歩いた日ごとに奈良市ポイント健康増進ポイント5ポイントが付与され、貯まったポイントは奈良市ポイント事業に基づき、特産品等に交換したり加盟店で使えるようで、健康と奈良市ポイントの両方を手に入れられるキャンペーンとなっているようです。

「健康第一」アプリは気候で利用者が変化?!

アプリをフックに先端的な取り組みをしていることがわかりました。

ここからは、ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」で両アプリの直近1年間の利用者数推移を見てみましょう。

「健康第一」は年間60万人前後の利用者で推移していることがわかりました。“目標歩数を達成するとコンビニで使える無料クーポンの抽選に毎週参加できる”ことから、主に歩数計として利用している利用者が多いようで、6月の梅雨時期、7月-8月の暑い時期や12月-1月の寒い時期は天候・気候の理由からと推察されますが、利用者が減っていることが読み取れます。

また、「Linkx aruku」は11月以降微増しているものの、年間を通して大きな変化は見られませんでした。

アプリ利用者数推移

アプリ利用者数推移

期間:2022年2月〜2023年1月
デバイス:スマートフォン

年間では「健康第一」は240万人弱「Linkx aruku」は26万人弱の利用者がいることがわかりました。

「健康第一」は2017年3月に公開し、自分の顔写真を入力すると年齢を重ねた将来の顔や、体重の増減で変化する顔を表示するFaceAI機能が話題を集め、約2カ月で50万ダウンロードを超えたこともあり、順調に利用者が増加していることがわかります。ちなみに、このFaceAI機能は今現在は廃止されているようです。

アプリ基本指標

アプリ基本指標

期間:2022年2月〜2023年1月
デバイス:スマートフォン

アプリ利用者は50代以上の高年層

次は、アプリ利用者の属性を見てみましょう。

性別では、「健康第一」は男女がほぼ均等なのに対して、「Linkx aruku」は男性割合が7割弱と男性が多い結果となっていました。

アプリ利用者数属性:性別

アプリ利用者数属性:性別

期間:2022年2月〜2023年1月
デバイス:スマートフォン

年代別で見てみると、「健康第一」は50代が最も多く、次いで60代となっていました。「Linkx aruku」は60代が5割弱と半数が60代以上で占められています。

どちらのアプリも高年齢層との親和性が高いことがうかがえました。

アプリ利用者数属性:年代別

アプリ利用者数属性:年代別

期間:2022年2月〜2023年1月
デバイス:スマートフォン

「健康第一」アプリ利用者のニーズとは

※この調査は消費者の検討背景やニーズを、実際のWeb行動データから定量的に分析・把握することができるツール「story bank(ストーリーバンク) 」を用いて分析しています。

アプリを通じて取得したデータを活用することで、疾病予防や早期発見に繋がる機能の開発も可能となるかもしれません。では、アプリ利用者は実際に健康に関してどのような悩みを抱えているのでしょうか。

ここでは、「健康第一」アプリ利用者の「身体の悩み」についてのアンケート調査データから、ニーズを探ってみました。

青色の円形が”気にしていること”を表しており、「目の疲れ」や「肥満・メタボ」、「高血圧」等の日常的な悩みを抱えている人が多いようです。また、緑色の円形は”対策している”ことを表しており、「肥満・メタボ」、「高血圧」などの対策をしている人が多いこともわかりました。

「健康第一」はスタンダード機能に『健康タイプ(※)』が診断できることもあり、利用者のニーズともマッチしていることが考えられます。

※生活習慣病予備軍、血圧に注意、血液ドロドロ、糖質に注意、メタボ、隠れメタボ、血管老化、肝臓弱り気味、健康体の9つの健康タイプが診断できる
「健康第一」アプリ利用者の身体の悩み ※アンケート

「健康第一」アプリ利用者の身体の悩み ※アンケート

期間:2022年1月〜2022年12月

最後に「健康第一」アプリ利用者の前後180分間のWeb行動ログを分析し、他に特徴的に利用しているアプリを見てみましょう。

『COCOA』や『Google Fit』、『dヘルスケア』など健康管理系のアプリが特徴的に上位にランクインしています。病気を抱える前段階として、健康に不安を感じ始めたエントリー層と親和性が高いことが考えられます。

「健康第一」アプリ利用者の他に利用しているアプリ

「健康第一」アプリ利用者の他に利用しているアプリ

期間:2022年1月〜2022年12月

まとめ

今回は、第一生命の「健康第一」と、SOMPOひまわり生命の「Linkx aruku」のアプリについて調査・分析しました。

「健康第一」は歩数計としてアプリを利用している影響か、気候によって利用者の増減がみられました。両アプリとも、利用者は50代以上の高年齢層が多いこともわかりました。
また、アンケート結果からは「目の疲れ」や「肥満・メタボ」、「高血圧」等の日常的な悩みを抱えている人が多いようです。

中国では、保険会社がオンライン診療から処方薬の購入まで、様々な健康サービスを受けられるアプリ等もリリースされているようです。日本でも法規制等の課題はありますが、今後はこうした動きが加速すると思われ、さらに、顧客との接点作りにおいて大きな転換期となるのではないでしょうか。その上でデータ活用による顧客体験の向上がますます重要となるでしょう。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


サイボウズ、国内企業におけるDX推進の現状と浸透・定着に向けた提言をまとめたホワイトペーパーを公開

サイボウズ、国内企業におけるDX推進の現状と浸透・定着に向けた提言をまとめたホワイトペーパーを公開

サイボウズ株式会社は、国内企業におけるDX推進の現状と、DXの浸透・定着に向けた提言をまとめた「日本企業のDX:これからの5年に向けた提言」を公開しました。


2023年のトレンド、あの後どうなった?2024年はどうなる?【Pokémon Sleep編】

2023年のトレンド、あの後どうなった?2024年はどうなる?【Pokémon Sleep編】

大注目の中、2023年7月にリリースされた、画期的な睡眠アプリ「Pokémon Sleep」。マナミナではリリース直後にユーザー分析を行い、ポケモンが好きな人も、普段スマホゲームをしない人も利用していることがわかりました。リリースから半年経った現在、ユーザー層はどのように変化したのでしょうか。Dockpitとstory bankを使って分析していきます。


中小企業経営者の約6割が、DXアドバイザーを認知 約6割の経営者がDXの悩みを「DXアドバイザーに相談したい」【中小企業個人情報セキュリティー推進協会調査】

中小企業経営者の約6割が、DXアドバイザーを認知 約6割の経営者がDXの悩みを「DXアドバイザーに相談したい」【中小企業個人情報セキュリティー推進協会調査】

一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会は、DX推進を行っている従業員数300名未満の企業の経営者・役員を対象に、DXアドバイザーに関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


海外企業の先進DX事例を解説!店舗系企業のデータ活用事例

海外企業の先進DX事例を解説!店舗系企業のデータ活用事例

「日本のDXは遅れている」と言われがちですが、お手本にできる海外の事例としてはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、スーパーマーケットや飲食店、アパレル、ホテル、百貨店など、海外の店舗系企業に注目。彼らがデータを活用し、どのような課題を解決してきたのか、ヴァリューズのDXコンサルタントが解説します。


組織に顧客理解を促すデータ可視化の手法。プロトタイプから効果的にスケールするには?|「VALUESMarketingDive」レポート

組織に顧客理解を促すデータ可視化の手法。プロトタイプから効果的にスケールするには?|「VALUESMarketingDive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めたマーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を2023年10月25日に開催しました。 第3回目となる今回のテーマは「未来を創り出す顧客理解の力」。本講演では、データを有効活用して顧客理解につなげるためのDX支援について、実際の事例を交えてレポートしていきます。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ