企業の人材戦略を支える採用広報の極意 ~ 急成長スタートアップを支えるファンベース採用とは|マナミナ・トークLIVE

企業の人材戦略を支える採用広報の極意 ~ 急成長スタートアップを支えるファンベース採用とは|マナミナ・トークLIVE

マナミナ・トークLIVEが11月22日(水) 17:00〜18:00で配信決定!「企業の人材戦略を支える採用広報の極意」をメインテーマに、Web3スタートアップ企業の株式会社GaudiyにてHR/PRを担当する山本花香さんと、ユーザーリサーチの調査手法をまとめた記事がnote公式マガジンにも選出されているリサーチャー・菅原大介さんによる対談をLIVE配信します。


企業の人材戦略を支える採用広報の極意 ~ 急成長スタートアップを支えるファンベース採用とは|マナミナ・トークLIVE

現代のビジネス環境は急速に変化し、企業の成功に欠かせないのは質の高い人材の獲得です。採用広報はその鍵となり、本セミナーでは「企業の人材戦略を支える採用広報の極意」に焦点を当てます。

ライトニングトークでは、企業における採用活動を変革し、ファンベースを築くアプローチについて解説。続く対談コーナーでは、エンジニア、デザイナー、そしてビジネスリーダーの採用にあたり、採用活動の基本であるオウンドメディア活用とコミュニケーション戦略について議論します。各職種に合わせたアプローチを選び、魅力的なコンテンツをどのように提供できるか、企業のブランドを育て、求職者にとって魅力的な場所として位置づける方法などについてディスカッションします。

採用広報の新たなアプローチとベストプラクティスを通じて、人材戦略を強化し、競争力を高めるためのヒントをご紹介します。ご自身のスキルアップにも、ぜひご活用ください。

■このような方におすすめです
・企業の採用活動に携わる方
・企業で広報、ブランディング、マーケティングに携わる方
・オウンドメディアやSNS運営を企業の採用活動に活かしたい方

【セミナー内容】
▼対談テーマ
「企業の人材戦略を支える採用広報の極意」

〇ライトニングトーク(株式会社Gaudiy 山本花香さん)
急成長スタートアップでは、不確実性が高く、状況によって求める人材も変化します。採用活動を「線」でとらえず、ファンベースという「円」をつくることで、中長期的に仲間を増やしていく取り組みについて紹介します。

「急成長スタートアップを支えるファンベース採用」
・企業のファンとは誰か?
・ファンベースの形成で意識していること
・ファンを増やすための具体的な取り組み
・採用の成果へのつなげ方

〇対談トークテーマ
エンジニア・デザイナーなどの技能職、事業を推進していくビジネスリーダーなどの採用にあたり、どの企業でも採用活動の基本となるオウンドメディア活用、コミュニケーション戦略について対談します。

1.ファンベースを意識した採用の極意
・職種別のペルソナを意識したコンテンツ企画
・推される会社になるためのブランドづくり

2.社員起点でファンを増やすためには
・社員からの発信をいかに増やすか
・組織拡大フェーズで生じた課題と乗り越え方

※トークテーマは当日の進行で多少調節する場合があります。

開催日時:2023年11月22日(水) 17:00〜18:00
視聴方法:Zoomウェビナーを利用いたします。
詳細はお申し込み後、開始1時間前までにご連絡いたします。

受講料:無料
注意事項:
※ 競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。
主催:セミナー運営事務局 株式会社ヴァリューズ 営業企画G

【講師紹介】

山本 花香
株式会社Gaudiy HR/PR

新卒で住友商事に入社し、銅関連のトレーディング業務に従事した後、ベンチャー企業へ転職。2019年よりWebメディア「SELECK」の編集長を務め、2021年に1人目の広報としてGaudiy入社。人事・広報領域の立ち上げ、組織拡大をリード。現在はHR/PRチームの職能代表として、採用・PRを中心とするコーポレートコミュニケーション領域を管掌。

菅原 大介
リサーチャー。上智大学文学部新聞学科卒業。新卒で出版社の学研を経て、株式会社マクロミルで月次500問以上を運用する定量調査ディレクター業務に従事。現在は国内通信最大手のグループ企業で総合ECアプリのUX戦略/サービスデザイン/ResearchOpsを担当する。
個人でリサーチに関する著作を持ち、リサーチプロジェクトの監修、リサーチ業務のスポット研修、リサーチセミナーへの登壇/モデレーター、リサーチノウハウの連載執筆、リサーチトレンドを伝えるニュースレター「リサーチハック 101」の発行などの活動を行う。

Twitter:@diisuket
note:https://note.com/diisuket
ニュースレター「リサーチハック 101」:https://diisuket.theletter.jp/

お申し込みはこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


セミナー ブランディング

関連する投稿


資生堂「SHIFT 2025 and Beyond」に込めた想いとブランディングを成功に導く視点|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【後編】

資生堂「SHIFT 2025 and Beyond」に込めた想いとブランディングを成功に導く視点|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【後編】

資生堂 会長 CEOの魚谷雅彦氏は、3年前倒しで売上目標1兆円を達成した後、コロナ禍でも様々な取り組みを実行してきました。新たに中期経営戦略として策定された「SHIFT 2025 and Beyond」には、どのような想いがあったのか。自社ブランディングを成功させるために必要な視点も合わせて、マーケティングのプロフェッショナルである魚谷氏にヴァリューズ 代表取締役社長の辻本が伺いました。


資生堂の中期経営戦略「VISION2020」で実行した構造改革と2030年への展望|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【前編】

資生堂の中期経営戦略「VISION2020」で実行した構造改革と2030年への展望|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【前編】

資生堂 会長 CEOの魚谷雅彦氏は社長への着任後、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」となることを宣言し、資生堂のオリジンをしっかり出しつつも、様々な取り組みを実行。100年先も輝き続ける会社を目指し、短期目線ではなく中長期での成長実現に向け、取り組んできた想いや狙いをヴァリューズ 代表取締役社長の辻本が伺いました。


【2024年6月24日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年6月24日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


【2024年6月17日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年6月17日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


【2024年6月10日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年6月10日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ