カメラのキタムラ事例に学ぶ、データ可視化によるMEO対策とは|MarkeZine Day 2019 Autumn レポート

カメラのキタムラ事例に学ぶ、データ可視化によるMEO対策とは|MarkeZine Day 2019 Autumn レポート

店舗型ビジネスにおいて注目を高める「MEO対策」をテーマにしたパネルディスカッションが、MarkeZine Day 2019 Autumnにて開催されました。カメラのキタムラの事例を軸に「スモールスタート」「可視化は手段」など、MEO対策の施策のコツが語られます。


どこからはじめる?MEO対策

マーケティング戦略におけるGMB(Googleマイビジネス)やGA(Googleアナリティクス)のデータ活用は業種を問わず広がりつつあります。一方で、自社の事業にマッチした活用法が見つからず、手探り状態のまま進めているという声もしばしば耳にします。

そんな中、店舗型ビジネスのマーケティングにおいて、MEO対策に力を入れる企業が増えています。MEO対策はGoogleマップ上のローカル検索順位を高めるマーケティング手法で、SEO対策と並ぶ重要な戦略として注目を集めています。「近くの〇〇を探す」という検索パターンが日常化し、ユーザーの位置情報に基づく"ローカル検索"の利用者が急増したことで、注目されるようになりました。

MEO対策は今や避けては通れないテーマですが、その有効性は分かっていても、何から始めたらいいのか分からないと頭を抱えるマーケターの方も多いのではないでしょうか。

9月12日に開催された「MarkeZine Day 2019 Autumn」では、実際にそれらの課題に直面し、対策を施したカメラのキタムラの事例を主としたパネルディスカッションが行われました。タイトルは『カメラのキタムラが実践した店舗集客に直結するGA活用と、検索キーワード分析による新たなMEO手法とは』。スピーカーは株式会社キタムラ デジタル推進部 デジタルマーケティング リーダーの上田寛人(うえだ・ひろと)さんと、株式会社ヴァリューズの和田尚樹(わだ・なおき)さん、モデレーターは同じく株式会社ヴァリューズの岩村大輝(いわむら・だいき)さんです。本稿ではそのレポートをお届けします。

カメラのキタムラのGA活用の取り組み

株式会社キタムラは、全国に750店舗を展開する「カメラのキタムラ」や「スタジオマリオ」の運営を主軸とする店舗型ビジネス企業。デジタルマーケティングにおいても、店舗集客が重視されているといいます。

「自社の取り組みとして、これまでにもCV経路分析は実施してきました。しかし、豊富な商品カテゴリがある中で、それぞれの競合データ分析まではできていなかった。それが分かれば、あらゆるマーケティング戦略が立てられるのではないか、と考えていました」と上田さんは当時を振り返ります。

株式会社キタムラ デジタル推進部 デジタルマーケティング リーダー 上田 寛人(うえだ・ひろと)さん
一橋大学法科大学院を卒業後、制作会社を経て、 リクルートマーケティングパートナーズで、カーセンサーの集客を担当。在職中、UXENT株式会社を共同創業し、CMOを担当。2017年にCCCグループ入り。 2018年12月よりキタムラのデジタル推進室にCRM責任者として出向。2019年4月よりデジタルマーケティング のリーダー。コンテンツマーケティングとCRM基盤構築、各領域のデジタルマーケティングを実行推進する。

そこにヴァリューズの和田さんが参画し、独自のパネルデータを使って外部環境を可視化する取り組みをスタート。「商品カテゴリごとの自社および競合他社のCV経路を可視化して、さらなるデータの価値を生み出すことに踏み切りました」

株式会社ヴァリューズ ソリューション局 マネジャー 和田 尚樹(わだ・なおき)さん
2009年京都大学情報学研究科修士課程早期修了。 2012年京都大学情報学研究科博士後期課程単位認 定退学、2012年株式会社ヴァリューズに新卒1期生として入社し3年間新規営業を経験したのち、 現在はデータ分析組織のマネジャーを務める。

その結果、競合データを活用した管理も軌道に乗り、SEOを中心としたウェブ改善の成果が現れはじめました。しかし、上田さんがあるとき気付いたのが、「これだけ苦労して達成したSEOの1位よりも、さらに上位に表示されるのはマップ検索だ」ということ。この現実を知り、「店舗集客のためには、ここに注力しなければいけない」とMEO対策を本格化することになったといいます。

MEOに必要なデータを可視化

「MEO対策としてまずはデータを分析しようと考えましたが、実際にやってみようとすると、GMBの管理画面が店舗ごとに分かれていて、750店舗分の膨大なデータを集めてくるのは現実的ではありませんでした。このままでは満足な分析ができず、我々だけでは手が付けられない状態に陥った。そこで和田さんに相談しました」と上田さんは話します。

そこで和田さんはまず、店舗ごとのGMBデータの一覧化を行いました。加えてそれだけでは情報が不十分なので、GAデータや、近隣の競合データ(何キロ圏内に競合店舗があるのか)など、各店舗の付加情報を加えて、それらをまとめて確認できるダッシュボードを作成したと言います。

さらに、各店舗の集客状況もランキング形式でビジュアライズ。各店舗の集客傾向を把握するため、指名検索なのか一般キーワード検索(「七五三 写真」など)なのかといった検索パターンを可視化しました。これにより、ランキングと検索パターンを照らし合わせて、店舗ごとの課題を明瞭化し、改善の予知を分析できる仕組みを構築しました。

では、実際にまとめられたデータを使って、どのようなMEO対策が考えられるのでしょうか。

「まずは、MEOでうまく集客できている店舗とできていない店舗を比較することから始めると思います。そして流入に繋がっている非指名の「証明写真」「写真撮影」などのキーワードを調べ、集客できていない店舗のGMB上の説明文・店舗のホームページにそのキーワードを追記する。それだけでもかなり効果が現れるのではないでしょうか」と上田さんは話しました。

データの可視化は手段であって目的ではない

MEOを推進する準備段階として、まずはGMBおよびGAデータを一元化し、仮説を立てられる仕組みを構築しましたが、「ダッシュボードを作るだけでなく、それをアウトプットイメージに落とし込むときに、的確に分析できるパートナーがいることが重要」と上田さんは言います。

可視化されたデータを適切に分析し、アウトプットに落とし込むノウハウや人材も、データマーケティングには重要だということでしょう。

モデレーターの岩村さんは、「データマーケティング組織作りにおいて最も重要なことは、可視化は目的ではなく手段として用いること、スモールスタートで始めることの2つ。それがマーケティング組織を構築する近道だ」と述べ、ディスカッションを締めくくりました。

株式会社ヴァリューズ データマーケティング局 マネジャーの岩村大輝さん

データの一元化やダッシュボードの作成に追われると、本来の目的を見失いそうになるかもしれません。しかし重要なのは目的を明確に定めてデータ分析を行うことです。そのためにまずはスモールスタートからは始め、何度もトライ&エラーを重ねることが、優れたデータマーケティング組織を生み出すための一番の近道なのかもしれません。

関連する記事

MEOとは何?簡単にできて集客ができる方法を徹底解説!

https://manamina.valuesccg.com/articles/504

Google Mapでは、検索したワードと関係のある店舗が表示されるようになっています。思っているよりも効果があり、簡単にできるMEOの方法を詳しく解説します。

データ活用は「魔法」ではない。課題解決のために地に足をつけて考える手段だ

https://manamina.valuesccg.com/articles/544

データ活用が話題となっていますが、一体どういうことを指すのでしょうか。株式会社ヴァリューズで企業のデータコンサルティングを行う和田尚樹さんに、企業のデータ活用の実態を聞きました。

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


【2022年12月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年12月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「データの重要性はわかっているが、自社でも活用できるかわからない」と考えている企業は多いのではないでしょうか。地方にあり、都会とは状況が異なると思っている企業もあるかもしれません。今回紹介するアド・セイル株式会社は、香川県にあるデジタルマーケティング企業。地域密着という強みを活かした取り組みのほか、地方企業がデータマーケティングを行う際の課題や可能性について、同社の関氏に伺いました。


時は金なり ~ 倍速消費と「タイパ」の裏にある心理

時は金なり ~ 倍速消費と「タイパ」の裏にある心理

「タイパ(タイムパフォーマンス)」とは、かけた時間に対する効果、「時間帯効果」を意味し、コストパフォーマンス(費用対効果)に変わる新しい価値観として浸透しつつあります。特にZ世代は動画を倍速で視聴するなど、時間や効率性に関する意識が高いと言われます。こうした「時短」や「タイパ志向」はどのような背景から生まれているのでしょうか。 広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が、タイパ志向に対する企業の向き合い方も含めて解説します。


【2022年11月28日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年11月28日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


SNSごとの特性を活かす施策とユーザーリサーチ法|吉田啓介さん×菅原大介さん対談

SNSごとの特性を活かす施策とユーザーリサーチ法|吉田啓介さん×菅原大介さん対談

SNSはマーケティングコミュニケーションのチャネルとして企業に欠かせない存在となりつつ、近年はソーシャルリスニングの手法に代表されるように、自社ユーザーの声をSNS上で収集して分析することでヒット商品が誕生する事例も多数出てきています。ただ、SNSの担当者の方にとって、Twitter、Instagram、Facebookなど様々あるSNSを、どのように活用し、また分析すれば良いか迷うこともあるのではないでしょうか。 SNSごとの特性を活かしたマーケティング施策とユーザーリサーチの手法について、カラビナハートのマーケティングコンサルタント、吉田啓介さんとリサーチャーの菅原大介さんに対談いただきました。


最新の投稿


Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年9月にGoogleが開催した「Search on 22」では、新しい検索体験の広がりを予感させる様々な機能が発表されました。一体何が変わり、マーケティングにはどのような影響があるのでしょうか。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがポイントや今後の対応について、解説していきます!


【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

2022年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

The automotive industry suffers from semiconductor shortage due to the pandemic and war in Ukraine. However, the industry is experiencing a major shift to EVs, globally. Japan, a major auto manufacturing market, is seeing changes in the industry’s digital. We explore websites of three major auto manufacturers.


サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

「ユーザーアンケート」はお客さまの生の声を収集できる貴重な機会。アンケートを通して得るユーザーの嗜好分析をもとに、企業はサービスの現状把握や改善へと繋げていけます。しかしマーケティング環境が進化し整備されていく中、「普段行っているデータ分析結果とアンケート結果の使い分けはしっかりできていますか?」。そう話すのは、リサーチャーの菅原大介さん。今回はユーザーアンケート全体のお話から、アプリを運営する企業にフォーカスしたユーザーアンケートにおける“オススメの活用法”について解説していただきました。


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら