データマーケティングとは何?効果的な分析で成果を上げる方法とは?

データマーケティングとは何?効果的な分析で成果を上げる方法とは?

顧客のデータを元にして、マーケティングをするデータマーケティング(データドリブンマーケティング)。マーケティング施策として一般的に活用されている手法です。しかしデータマーケティングが何を指すのか、また本当の必要性は理解できていないという方もおられます。そこでこの記事では、データマーケティングの詳細やメリットを詳しく解説します。


データマーケティング(データドリブンマーケティング)とは?

データ分析を顧客へのアプローチに活かすマーケティング手法のことです。分析するデータには、性別・年代・職業など顧客の情報だけでなく、購買履歴などがあります。

多種様々あるマーケティング施策でも、データを収集し、データを分析・活用することが大きな特徴となっています。根拠となるデータを収集し、データを見える化することで、分析しやすくするのです。

データマーケティングの目的には、新規顧客の集客の他、既存顧客を継続して管理することや、単価を増加させることなどが挙げられます。

データドリブンマーケティングのステップ

実際にデータドリブンマーケティングを行う手順を見ていきましょう。

データを収集すること、また分析することが大きな要素となります。

データ収集

最初に行うのは、データ収集です。顧客属性となる顧客の年齢、住所、また性別などがデータとなります。
これらは、「顧客属性データ」として保存します。

他に参考になるデータは、買った物や金額などを集めた「購買データ」です。
自社のサービスや商品を購入した履歴をデータとして保存しておくのです。

よくあるケースとして、上記のデータが社内の部署ごとに散在してしまうことがあります。
データを一元管理できるシステムなどを活用し、データを管理することから始めます。

他にも、業界での市場動向や、アンケートなどで得られるスモールデータも活用できるでしょう。
マーケティングの対象によって、収集するデータを選別します。

収集したデータは、ダッシュボードなどを作成して可視化できるようにして、次のステップである分析に備えます。

データ分析

収集し、可視化されたデータも用いて、分析を行います。
自社が抱えている課題に対して、解決となる糸口がないのか、仮説を立てて、データを解析していくのです。

膨大となるデータは、BI(Business Intelligence)ツールを活用して、見やすく仕分けていきます。
データを種類別に分類し、ニーズを深く解析するのです。

こうしてデータを分析することで、具体的な課題や解決策を見つけることができるでしょう。
仮説を立てることができたのであれば、仮説を元にして行動を起こします。

分析をすることができても、実際に解決策を実行するのには、判断を行える立場の方がデータマーケティングを理解している必要もあります。

分かりやすく解説できるようにデータを分析し、レポートすることも大切です。

データマーケティングの必要性とメリット

データマーケティングの必要性や、どのようなメリットがあるのかを解説します。
大きく分けると、販売促進が効率的になることと、顧客との関係性が向上することがポイントです。

さらに詳しく見ていきましょう。

効率のよい販売促進が可能

データを管理して、運用できるので、業務効率が向上します。
社内で散財し、人手で集めていたデータも、ツールを使って管理することで工数を削減できるのです。

さらにデータを集めていくほど、施策の精度を向上させることができるので、適切なアプローチが可能となります。販売促進活動の効率が高まっていくのです。

顧客との関係性がよくなる

データマーケティングの別のメリットとして、顧客との関係性向上があげられます。

これまでは、それぞれの担当者が顧客情報を持っていることが多く、担当者が変わるとデータを再度収集する必要がありました。データマーケティングでは一元管理されたデータを活用できるので、社内の誰もが同じ情報を共有できます。

顧客に対して継続性を持ったアプローチすることで、相手に合わせたサポートをしやすくなります。結果として顧客との関係性を強める接し方ができます。

分析をする際の注意点

データを分析する際には、もちろん注意点があります。

効率の良いデータマーケティングをするのに注意すべき点を考えましょう。

データの可視化と改善

ただデータを集めるだけでは、データを活用することが難しくなります。
何のためにデータを集めていて、どのような分析をするのか、目的がはっきりしていることが必要です。

その為に、目的となるデータを収集し、分かりやすく可視化することが求められるでしょう。
データが意味していること、また何が解決策となるのか、理解しやすいように可視化することは必要です。

改善策を行う際には、PCDAサイクルを回すことも必要です。
1つの策を講ずるだけでなく、その後の結果をさらに分析し、改善策を提示していくことが大切となります。

データマーケティングに沿った体制を整えて、効率よく課題を改善していきましょう。

Tableauによるデータ可視化の事例

カメラのキタムラ事例に学ぶ、データ可視化によるMEO対策とは|MarkeZine Day 2019 Autumn レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/595

店舗型ビジネスにおいて注目を高める「MEO対策」をテーマにしたパネルディスカッションが、MarkeZine Day 2019 Autumnにて開催されました。カメラのキタムラの事例を軸に「スモールスタート」「可視化は手段」など、MEO対策の施策のコツが語られます。

データマーケティングで効果を上げる!

データマーケティングは、必要なデータを収集し、改善を行うことで、営業活動の質を向上させることができます。
しかしその前に、データマーケティングが意味するところや、なぜ必要なのかを理解しておくことが求められるでしょう。

データを収取し、改善施策を実行する前に、自社に必要な体制が整っているのか、十分な計画があるのかを考慮しておきましょう。

この記事で取り上げたポイントを理解し、対策を施して、確実で効率の良いデータマーケティングを行いましょう。

データマーケティング関連記事

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/532

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。

ビッグデータを活用したデータマーケティング事例

https://manamina.valuesccg.com/articles/588

データに基づきキャンペーンを最適化したり、パーソナライズしたりするデータマーケティング。従来の属性データに加え、ネットの購買行動などの行動データが取れるようになったことで企業が使えるデータ量は爆発的に増加しています。大量かつ複雑なデータ=ビッグデータを活用するデータマーケティングとその事例をご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


データマーケティング

関連する投稿


始める!データマーケティング入門書籍10選

始める!データマーケティング入門書籍10選

データ分析をマーケティングに生かす「データマーケティング」。データを収集し、整理して見える化し、分析してマーケティング施策に落とすには、それなりのノウハウが必要です。本記事ではデータマーケティングを実践する上で、読んでおきたい参考書籍を紹介していきます。


AIは知的労働の代替に使うべき。ビジネスの下請け化を食い止めるために日本企業がすべきこと

AIは知的労働の代替に使うべき。ビジネスの下請け化を食い止めるために日本企業がすべきこと

データ・AIのビジネス活用が進まない理由はどこにあるのでしょうか。企業のAI活用コンサルを行う、株式会社FUTURE VALUES INTELLIGENCE代表の萩原静厳さんは、その理由を「ビジネスサイドとデータ分析サイドの溝がある」からだと話します。必要性が高まっているAIのビジネス活用について、マナミナ編集部は萩原さんに取材しました。


データマーケティングに役立つツール7選。DMPや統合ツール、MAをまとめました

データマーケティングに役立つツール7選。DMPや統合ツール、MAをまとめました

コンピューターやインターネット、スマホの普及により大量のデータが集まる時代。この大量かつ複雑なデータをマーケティングに活用するには、高いスキルとノウハウを持った人材、そして多くの時間が必要です。データの整理・集計や広告の最適化をツールで自動化できれば、費用や時間を節約できるとともに専門知識がない人でもデータマーケティングができるようになるメリットがあります。今回は大量のデータを活かすためのデータ統合ツールやマーケティングオートメーションのツールをご紹介します。


データマーケティングのためのデータ活用のポイント

データマーケティングのためのデータ活用のポイント

データに基づくマーケティングを行う「データマーケティング」。活用方法として想定される「One to One マーケティング」「マーケティングオートメーション(MA)」などはいずれも大量のデータの取り扱いを前提としています。生のアクセスログを行動履歴に整理するなど、データマーケティングにおけるデータ活用のポイントをまとめました。


カメラのキタムラ事例に学ぶ、データ可視化によるMEO対策とは|MarkeZine Day 2019 Autumn レポート

カメラのキタムラ事例に学ぶ、データ可視化によるMEO対策とは|MarkeZine Day 2019 Autumn レポート

店舗型ビジネスにおいて注目を高める「MEO対策」をテーマにしたパネルディスカッションが、MarkeZine Day 2019 Autumnにて開催されました。カメラのキタムラの事例を軸に「スモールスタート」「可視化は手段」など、MEO対策の施策のコツが語られます。


最新の投稿


Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら