データマーケティングとは何?効果的な分析で成果を上げる方法とは?

データマーケティングとは何?効果的な分析で成果を上げる方法とは?

顧客のデータを元にして、マーケティングをするデータマーケティング(データドリブンマーケティング)。マーケティング施策として一般的に活用されている手法です。しかしデータマーケティングが何を指すのか、また本当の必要性は理解できていないという方もおられます。そこでこの記事では、データマーケティングの詳細やメリットを詳しく解説します。


データマーケティング(データドリブンマーケティング)とは?

データ分析を顧客へのアプローチに活かすマーケティング手法のことです。分析するデータには、性別・年代・職業など顧客の情報だけでなく、購買履歴などがあります。

多種様々あるマーケティング施策でも、データを収集し、データを分析・活用することが大きな特徴となっています。根拠となるデータを収集し、データを見える化することで、分析しやすくするのです。

データマーケティングの目的には、新規顧客の集客の他、既存顧客を継続して管理することや、単価を増加させることなどが挙げられます。

データドリブンマーケティングのステップ

実際にデータドリブンマーケティングを行う手順を見ていきましょう。

データを収集すること、また分析することが大きな要素となります。

データ収集

最初に行うのは、データ収集です。顧客属性となる顧客の年齢、住所、また性別などがデータとなります。
これらは、「顧客属性データ」として保存します。

他に参考になるデータは、買った物や金額などを集めた「購買データ」です。
自社のサービスや商品を購入した履歴をデータとして保存しておくのです。

よくあるケースとして、上記のデータが社内の部署ごとに散在してしまうことがあります。
データを一元管理できるシステムなどを活用し、データを管理することから始めます。

他にも、業界での市場動向や、アンケートなどで得られるスモールデータも活用できるでしょう。
マーケティングの対象によって、収集するデータを選別します。

収集したデータは、ダッシュボードなどを作成して可視化できるようにして、次のステップである分析に備えます。

データ分析

収集し、可視化されたデータも用いて、分析を行います。
自社が抱えている課題に対して、解決となる糸口がないのか、仮説を立てて、データを解析していくのです。

膨大となるデータは、BI(Business Intelligence)ツールを活用して、見やすく仕分けていきます。
データを種類別に分類し、ニーズを深く解析するのです。

こうしてデータを分析することで、具体的な課題や解決策を見つけることができるでしょう。
仮説を立てることができたのであれば、仮説を元にして行動を起こします。

分析をすることができても、実際に解決策を実行するのには、判断を行える立場の方がデータマーケティングを理解している必要もあります。

分かりやすく解説できるようにデータを分析し、レポートすることも大切です。

データマーケティングの必要性とメリット

データマーケティングの必要性や、どのようなメリットがあるのかを解説します。
大きく分けると、販売促進が効率的になることと、顧客との関係性が向上することがポイントです。

さらに詳しく見ていきましょう。

効率のよい販売促進が可能

データを管理して、運用できるので、業務効率が向上します。
社内で散財し、人手で集めていたデータも、ツールを使って管理することで工数を削減できるのです。

さらにデータを集めていくほど、施策の精度を向上させることができるので、適切なアプローチが可能となります。販売促進活動の効率が高まっていくのです。

顧客との関係性がよくなる

データマーケティングの別のメリットとして、顧客との関係性向上があげられます。

これまでは、それぞれの担当者が顧客情報を持っていることが多く、担当者が変わるとデータを再度収集する必要がありました。データマーケティングでは一元管理されたデータを活用できるので、社内の誰もが同じ情報を共有できます。

顧客に対して継続性を持ったアプローチすることで、相手に合わせたサポートをしやすくなります。結果として顧客との関係性を強める接し方ができます。

分析をする際の注意点

データを分析する際には、もちろん注意点があります。

効率の良いデータマーケティングをするのに注意すべき点を考えましょう。

データの可視化と改善

ただデータを集めるだけでは、データを活用することが難しくなります。
何のためにデータを集めていて、どのような分析をするのか、目的がはっきりしていることが必要です。

その為に、目的となるデータを収集し、分かりやすく可視化することが求められるでしょう。
データが意味していること、また何が解決策となるのか、理解しやすいように可視化することは必要です。

改善策を行う際には、PCDAサイクルを回すことも必要です。
1つの策を講ずるだけでなく、その後の結果をさらに分析し、改善策を提示していくことが大切となります。

データマーケティングに沿った体制を整えて、効率よく課題を改善していきましょう。

データマーケティングで効果を上げる!

データマーケティングは、必要なデータを収集し、改善を行うことで、営業活動の質を向上させることができます。
しかしその前に、データマーケティングが意味するところや、なぜ必要なのかを理解しておくことが求められるでしょう。

データを収取し、改善施策を実行する前に、自社に必要な体制が整っているのか、十分な計画があるのかを考慮しておきましょう。

この記事で取り上げたポイントを理解し、対策を施して、確実で効率の良いデータマーケティングを行いましょう。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。


マーケティングオートメーションとは何?導入すべきメリットは?

マーケティングオートメーションとは何?導入すべきメリットは?

マーケティングには当然、コストや時間がかかります。そこで、複雑な作業や大量の作業を自動化するために、マーケティングオートメーションというものを利用します。こうしたツールでビジネスの効率化を目指すのです。では、マーケティングオートメーションとはどのようなものを指すのか、メリットやデメリットは何でしょうか?この記事で詳しく解説します。


「データ活用ってなんのためのもの?」|VALUES×VENECT データ活用マーケティング談義(3)

「データ活用ってなんのためのもの?」|VALUES×VENECT データ活用マーケティング談義(3)

「ビッグデータ×マーケティング」を掲げる株式会社ヴァリューズ、「データドリブンマーケティング」を掲げるヴェネクト株式会社。マーケティングでのデータ活用が注目されるなか、国内有数のデータ分析手法を持つ両社のキーマン同士の対談が実現。最終回の第3回は顧客のインサイトをもとにマーケティング戦略を設計するメソッドについてうかがいました。


「データ活用ってなんのためのもの?」|VALUES×VENECT データ活用マーケティング談義(2)

「データ活用ってなんのためのもの?」|VALUES×VENECT データ活用マーケティング談義(2)

「ビッグデータ×マーケティング」を掲げる株式会社ヴァリューズ、「データドリブンマーケティング」を掲げるヴェネクト株式会社。マーケティングでのデータ活用が注目されるなか、国内有数のデータ分析手法を持つ両社のキーマン同士の対談が実現。第2回はマーケティングフェイズごとにどのようなデータを活用されているのか、具体的な事例をもとに対談が進みます。


「データ活用ってなんのためのもの?」|VALUES×VENECT データ活用マーケティング談義(1)

「データ活用ってなんのためのもの?」|VALUES×VENECT データ活用マーケティング談義(1)

「ビッグデータ×マーケティング」を掲げる株式会社ヴァリューズ、「データドリブンマーケティング」を掲げるヴェネクト株式会社。マーケティングでのデータ活用が注目されるなか、国内有数のデータ分析手法を持つ両社のキーマン同士の対談が実現しました。


最新の投稿


消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みにしのぎを削っています。アーリーアダプターからアーリーマジョリティへの市場拡大は思惑通りに進むのでしょうか。


LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

Webメディアを運営していると、広告をクリックされるのにコンバージョン数の向上が見られないという現状に悩むこともあるでしょう。そんなときは広告の運用方法を見直す他にも、LPOを行うことが効果的かもしれません。では、そもそもLPOの具体的な意味や方法はどのようなものでしょうか?LPOに関する基本的なポイントや、効果のあるLPOについて解説します。


【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

Facebook、Twitter、Instagramは、世界中で多くのユーザーに利用され、3大SNSとも呼ばれています。今回はこれら3大SNSアプリの国内でのユーザー数の推移を動画で可視化しました。 老若男女問わず“インスタ映え”がステータスのひとつになって久しい昨今、若者のFacebook離れがささやかれたりと、SNSの世界は実のところどうなっているの…?利用者の違いや併用状況についてもご紹介します。


データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。


VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

動画コンテンツが普及している昨今では、自社の動画コンテンツを配信し、ターゲットに視聴してもらうことは重要です。いかにニーズを持っている層に、検索で動画を視聴してもらうのかというVSEOを行うことが不可欠となります。この記事では、VSEOとはどのような施策のことを指すのか、またVSEOを行う手順を解説します。


メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら