MEO対策とは何?簡単にできて集客ができる方法を徹底解説!

MEO対策とは何?簡単にできて集客ができる方法を徹底解説!

Google Mapでは、検索したワードと関係のある店舗が表示されるようになっています。SEO対策はしていても、MEO対策まではできていないという方も多いことでしょう。思っているよりも効果があり、簡単にできるMEOの方法を詳しく解説します。


MEO対策とは何?

MEOというのは、Map Engine Optimizationの略となる言葉です。主にGoogle Mapの中の検索エンジン最適化をすることです。

よく耳にするSEO対策とは、検索エンジンの最適化を行うこと。それに対してMEO対策では、Google Mapを利用した時に、検索結果が上位に表示されるように対策します。

上位表示されると、Googleマイビジネスにアクセスが増えるので、結果として集客を効率よく行うことができるのです。

MEO対策が必要な理由

MEOを行っているケースと、行っていないケースでは、集客の結果に大きく差が生じます。店舗への集客を担当している方なら、以下の理由を抑えておくべきです。

MEOがますます必要になる理由を見ていきましょう。

アルゴリズムの変更

ベニスアップデート(ユーザーの位置情報を検索結果に反映するようになったGoogleアルゴリズムのアップデートのこと)が行われたことから、ユーザーの位置情報に即した検索結果が表示されるようになりました。結果として、地域性があるキーワードに関しては、現在地に合わせて検索結果が表示されます。

検索結果ページで広告が表示される枠の下には、地図情報を表示した内容が表れます。このことは、SEOの対象となるページよりも、上部に地図情報が表示される状況だということです。

地域性が重視され、検索結果に地図情報が表示される点が、MEOが重要な理由です。

スマホの普及

別の理由として、スマホが普及しているという背景があります。スマホにはGPSが搭載されているので、現在位置を表示し、場所に合わせて検索結果が表示されています。

検索結果に現在位置が反映されている場合では、ユーザーのサービスや店舗に対するニーズが高いと思われます。適切にMEOを行っていれば、検索したタイミングでニーズを顕在化させているユーザーをより集客しやすくなるでしょう。

MEO対策をするメリット

スマホで検索をして、事務所や店舗を探すシチュエーションが多くなっています。

検索結果に現在位置と関係のある情報が多いというのは、ユーザーに益があるだけでなく、集客をする側にとってもメリットがあるのです。

項目別にMEO対策をするメリットを見ていきましょう。

視認性の高い場所に表示される

MEO対策をして上位表示されると、ナレッジグラフに表示されます。これは検索結果ページの右上、また検索ワードに最適な情報が表示されるというGoogleの機能です。

例えば、このメディア「マナミナ」の運営者の所在地である、東京・赤坂付近で「図書館」と検索すると、Googleマップとともに現在地付近の複数の結果が表示されました。

ここでMEO対策がしっかりとなされていれば、結果に上位表示されます。その分、露出度は高まるため集客効果が大きくなるでしょう。

ユーザーの行動までの利便性が高い

ユーザーは現在地から、特定のキーワードに関する店舗や施設を検索します。目的がはっきりしたユーザーに表示させることが可能となります。

すると、購買意欲が高いユーザーに、必要な情報を表示できる確率が高くなります。購買意欲が高い顧客ということは、商品やサービスを購入してもらえる確率が高くなります。

行動までのステップが短いユーザーを集められるのは、集客を行う過程では非常に重要です。

競合が少ないので強い

赤坂付近で「図書館」を検索した結果からも分かる通り、上位結果には3つしか表示されていません。これは競合が一気に少なくなることを意味しています。

SEO対策では、検索結果に多数表示されますが、MEOで上位表示されると競合を少なくすることが可能です。対象エリアでは、表示されている3社以外を見るユーザーは少なくなるので、MEO対策をしておくべきメリットとなるでしょう。

MEOで上位表示される仕組み

MEO対策する方法や、なぜ必要になったのかを見ていきました。

では、MEOで上位表示される仕組みについても理解しておきましょう。

関連性と結び付けられる

地図で検索されるキーワードと、Googleマイビジネスの内容と関係があります。

そのため、Googleマイビジネスに登録するタイトルや情報などを、上位表示させたいキーワードと関連させることがポイントとなります。

これらは当たり前のこととも言えますが、いかに関連性が高いかは、上位表示させるのに必要です。上位表示させたいキーワードと関連させるように意識しましょう。

知名度との関係

上位表示には被リンクだけでなくサイテーション(他サイトでサービス名、店舗名などが言及されていること)も重要です。

店舗の名前や、情報がブログやサイト内で多く言及されているほど評価が高くなります。結果としてMEOでも上位表示されます。アルゴリズムは知名度が高いと判断するのでしょう。

対策としては、ブログやSNSで言及されるように商品やサービスを提供することを目標にすると良いでしょう。さらには言及されやすい仕組みづくりを試行錯誤することも大切です。

MEO対策で効果的に集客する!

MEOは購買意欲が高いユーザーを集客するのに、有効な方法となります。SEOよりも上部に表示されているので、MEO対策は集客を行う重要な位置づけになるでしょう。

通常のSEO対策をするだけでなく、MEO対策を行うことで効果的に集客していきましょう。

カメラのキタムラ事例に学ぶ、データ可視化によるMEO対策とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/595

店舗型ビジネスにおいて注目を高める「MEO対策」をテーマにしたパネルディスカッションが、MarkeZine Day 2019 Autumnにて開催されました。カメラのキタムラの事例を軸に「スモールスタート」「可視化は手段」など、MEO対策の施策のコツが語られます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


MEO SEO

関連する投稿


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


ページの評価指標「EAT」が「EEAT」に!「経験」追加の影響や対策を解説|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ページの評価指標「EAT」が「EEAT」に!「経験」追加の影響や対策を解説|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年12月、ページ品質を評価するための基準「EAT」に「Experience = 経験」が追加され、「EEAT(ダブル・イー・エー・ティー)」へ変更されました。SEOに携わっているマーケターの中には、影響が気になっている人もいるのではないでしょうか。今回は、ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがEEATについて解説。起こりうる影響や対策を解説していきます!


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

国内外のSNSトレンドやSEO対策など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。SNS編では、①SNS上で認知~購買のワンストップ総客 ②短尺動画の盛り上がり ③インフルエンサー支援施策 といった、2022年のSNS動向の振り返りで新年をスタートします。SEO編では、Googleが質の高いコンテンツとして評価する指標が、従来のEAT(専門性・権威性・信頼性)からEEATに変更され、「経験」の要素が加わったというトピックについて解説しました。


表示速度を高速化しよう!「Google PageSpeed Insights」の基礎と実践

表示速度を高速化しよう!「Google PageSpeed Insights」の基礎と実践

「Google PageSpeed Insights」のスコア改善に役立つ使い方や高速化手法について解説します。SEO会社あるいはSearch ConsoleからWebサイトの表示速度が遅いと指摘されたときに使う「Google PageSpeed Insights」。表示速度の計測結果と高速化のための改善ポイントを示してくれる便利なツールです。


【2023年SEOトレンド】日本最大級のSEOデータベースから解き明かす動向予測|セミナーレポート

【2023年SEOトレンド】日本最大級のSEOデータベースから解き明かす動向予測|セミナーレポート

コンテンツマーケティングの「要」の一つであるSEO。GoogleのAI/機械学習の発展により、アルゴリズムの変化は複雑化し、どういった変動が起きているかは、プロの知見を持ってしても難しくなっています。本セミナーでは、消費者のWeb行動ログデータやクローリングデータ、各種APIサービスを組み合わせた日本最大級のSEO研究データベースを持つヴァリューズが、ビックデータ分析をもとにした2023年のSEOトレンド予測を解説。詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら