Web行動ログデータから見る消費者行動のリアル!withコロナ期における消費者変化とは |サブスクリプション編

Web行動ログデータから見る消費者行動のリアル!withコロナ期における消費者変化とは |サブスクリプション編

withコロナ時代の消費者変化を、Web行動ログから考察したオンラインセミナーが9月17日に開催されました。今回のテーマは「サブスクリプション」。withコロナ期のいま、自宅時間、余暇の使い方も大きく変化したことが考えられます。そこで全体的な「サブスクリプション」サービスにおける現在の消費者行動を俯瞰し、さらに重点的に「動画配信サービス」にフォーカスして分析、解説します。
※セミナー資料は無料でダウンロードできます。記事下部にあるフォームからお申込みください


セミナー概要

●サブスク市場の動向について
●動画配信サービスのコロナ前後の変化

図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

現在のサブスクリプション市場の動向について

中尾は、現在のサブスクリプション市場の動向の概況を捉えるため、株式会社ICT総研による「2020年サブスクリプションの市場動向調査」のグラフを用いて解説を始めました。

中尾:「すでに認知度も上がってきたサブスクリプションですが、2019年のサブスク市場は1.1兆円、2023年には1.4兆円の見込みと今後も市場は拡大し、特にデジタル系の伸び率が高く見られます。

これは、今までの「所有」という消費形態が「利用」「体験」へと変化が加速しているのではと考えられます。」

図:サブスク市場の成長

図:サブスク市場の成長

続いては、ヴァリューズ保有データを元に「サブスク」をキーワードにした検索量を調査。
2018年8月から、2020年7月までの「サブスク」へ関心度の変化を紹介しました。

注目すべきは2019年9月からの急伸長。そして2020年3月には120万人を超える検索者数となっています。

中尾:「2018年8月からの1年間の検索者数はおよそ100万人。2019年8月からの同じく1年間の検索者数は約460万人。年間比で4.6倍と、多くの人々が「サブスク」に関心を持つようになったことがわかります。」

図:サブスクへの関心の増加

図:サブスクへの関心の増加

次に、実際の2020年3月~7月の検索者の特徴を追っていきます。

このデータによると、「サブスク」検索者は、男性・20~30代が多くみられました。
また、可処分所得5万円以上、世帯年収700万円以上の比率が高いなど、ネット人口全体よりも比較的お金にゆとりがあるユーザーが多いと推察されました。

図:「サブスク」検索対象者の特徴

図:「サブスク」検索対象者の特徴

「サブスク」と一口に言っても、「デジタルコンテンツ」だけではなく、「花」、「高級腕時計」といったものまで様々な種類のサブスクのサービスが増えている中、直近では「トヨタ」や「パナソニック」と言った大手企業も参入してきており、それも特徴的だと中尾は続けます。

以下はそういった様々な「サブスクリプションサービス」を8つのジャンルに分け、2020年2月から2020年7月の、各業界の「サブスク」のアプリ利用者及びサイト訪問者数の伸長を表したグラフです。

中尾:「このコロナ期において、お花や美容系のジャンルの伸長率が高く、また動画配信や音楽配信などエンタメ系のジャンルも堅実に伸びている一方で、自動車や飲食は一時ユーザーが減少しました。
これらは、コロナ禍によって外出できないという環境により、浮いた時間を屋内で楽しめるサービスのニーズが増えた結果と考えられます。」

図:ジャンル別サブスクサービスの変化

図:ジャンル別サブスクサービスの変化

動画配信サービスのコロナ前後の変化

それでは「サブスクリプションサービス」の中から、「動画配信サービス」にフォーカスします。
まず中尾が示したグラフは、2020年3月以降に接触したメディアの割合を集計したものです。
コロナを機にライフスタイルがどのように変化したかが見受けられます。

接触時間が増えた、あるいは、やや増えたと答えたカテゴリとして注目すべき変化があったのは、テレビ、インターネット。

中でもインターネットPC:45.5%、スマホ・タブレット:64.1%という結果からも「インターネット」への接触機会が急増していることがわかります。

図:デジタルデバイスへの接触量変化

図:デジタルデバイスへの接触量変化

増加したインターネットメディアへの接点。それらの中で、特に何に興味を持ったか深掘りしていきます。

下記は「コロナを機に興味を持ったことは?」というアンケート調査の結果です。

無料動画配信サービス(16%)、有料動画配信サービス(10%)など、動画配信サービスに興味を持った人が増えていることがわかります。

図:コロナ禍で興味を持ったこと

図:コロナ禍で興味を持ったこと

「動画配信サービス」の興味が増加していることに加えて、実際にどのように余暇を過ごしているかという調査結果も見ていきます。

新型コロナ影響拡大後に増えた休日・余暇の過ごし方として、第3位に「動画配信サービスでの動画鑑賞」がランクインしています。
コロナ拡大前と比べても+7.3%pt増。検索や興味といった段階でなく、実際に生活に取り込まれていることもわかりました。

図:休日・余暇の過ごし方の違い

図:休日・余暇の過ごし方の違い

次に、アプリ起動実態を見てみます。
Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、U-NEXT、Paraviの5サービスに絞って調査した結果を用いて解説。

中尾:「Amazonプライム・ビデオは、プライム会員者が副次的に見ていることも考えられるので、そもそも圧倒的にボリュームがあると思われます。

伸長率を見ると、2020年3月頃を境に各アプリともにユーザー数を増加させているのがわかります。それ以降もAmazonプライム・ビデオやNetflixは、右肩上がりの増加傾向にあることがわかります。」

図:動画配信サービスのアクティブユーザー数

図:動画配信サービスのアクティブユーザー数

続いて、各動画配信サービス利用者のうち、2020年以前の利用者と2020年3月以降のユーザーの、月間のアプリ起動日数を集計したグラフを用い、コロナ前後のアプリ起動に、どのような差が生じるのか中尾は解説しました。

中尾:「10日未満をライト、10日以上20日未満をミドル、20日以上をヘビーと位置付けたとします。ここで注目すべきは、ヘビー層の変化です。各アプリ、コロナ前と比較して、ヘビー層の利用者が増加しています。また、U-NEXTは他社と異なり、ヘビー層だけでなくライト層の比率が高まっている点も興味深いポイントになります。こういったことからも、コロナ禍の生活様式の変化で、視聴の時間が伸びた事、各社のアプリの使われ方の変化がうかがえるでしょう。」

図:コロナ前後のアプリ起動者の変化

図:コロナ前後のアプリ起動者の変化

利用が急増した「動画配信サービス」。コロナ禍が大きな要因の一つであると考えられますが、もう一つの要因として、強力コンテンツの存在を中尾は示唆しました。
そこで、ユーザーが急増するタイミングと強力コンテンツとはどういった関係性が現れるか、といった調査を実施。
前述で用いた「動画配信サービスのアクティブユーザー数」のグラフに、話題となった強力コンテンツの配信時期を重ねて、ユーザー数の推移の動きを比較してみました。

すると、話題になった「全裸監督」、「愛の不時着」、「Nizi Project」といった強力コンテンツがユーザー数の増加を後押ししていることがグラフから推測できました。

中尾:「やはり話題になった強力コンテンツが、一定の集客の効果を持つことが分かるのではないかと思います。」

図:動画配信サービス 話題コンテンツの影響

図:動画配信サービス 話題コンテンツの影響

引き続き、「愛の不時着」、「Nizi Project」の2作品に絞ってコンテンツの検索者像を深掘りしてゆきます。

属性としては女性が多く目立ちます。年代層としては、若年層よりに「Nizi Project」、中高年層よりに「愛の不時着」の検索行動がみられました。

中尾:「両者ともに、ユーザー数、セッション数の伸長時期は配信直後よりも二ヶ月後から急増しているのは、クチコミなどの拡散のタイムラグと考えられます。」

図:コンテンツへの関心の高まり

図:コンテンツへの関心の高まり

まとめ

今回の行動ログ調査では、コロナ禍においてインターネットというメディアへの積極的な接触増加や、余暇の過ごし方の一つとして、「動画配信サービス」への関心の高まりが判明しました。

そのようなネットとサービスのこれからの市場・顧客開拓について、中尾はこうまとめました。

中尾:「コロナ禍により、行動の自粛や範囲が狭まるなどして、今までネットでは活動していなかったリアルで動いていたユーザーも、ネットに入り込んできていると言えます。
それは市場・顧客開拓という面で言うと、今まではネットでリーチがしにくかった層も、コロナによりネットへ接触する機会が増加することになり、裾野が広がっていると考えられます。そうした際に、自社や商品の強みがターゲットとなる層を再定義し、ターゲットのネット行動を丁寧に考察し入念な仮説を構築していくことで、今は新たな市場・顧客を開拓するチャンスになり得ると考えます。」

図:本日のまとめ

図:本日のまとめ

★詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。

セミナー資料ダウンロード【無料】

「withコロナ期における消費者変化とは |サブスクリプション編」レポート

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

関連記事

withコロナで「サブスク」検索が増加の背景とは?音楽だけでなく車や子供服、サーティーワンも参入

https://manamina.valuesccg.com/articles/1007

新型コロナの影響もあり、注目を集めているサブスクリプション。世の中ではどのような形で関心が寄せられているのでしょうか。Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて検索キーワード数の推移や季節比較、ワードネットワークを分析し、消費者のサブスクにまつわるインサイトを調査しました。

Web行動ログから読み解く!withコロナ・afterコロナの消費者変化|携帯・通信業界編

https://manamina.valuesccg.com/articles/1100

新型コロナウイルスの流行による外出自粛やテレワークの影響下で、ネット利用の増加や、リモートワーク関連商品への関心の高まりなどが各種調査で明らかになっています。また、楽天モバイルのMNO参入や5Gの台頭など、通信業界は激動を迎えています。そのような中で、消費者は携帯や通信について、どのような関心を持ち、行動を行っているのでしょうか?今回のセミナーでは、ヴァリューズの持つWeb行動ログのデータから明らかになる消費者変化について、携帯・通信業界をテーマに解説しました。 <br><b>※セミナー資料は無料でダウンロードできます。記事下部にあるフォームからお申込みください</b>

メディアサイト分析から読み取るwithコロナ時代の消費者変化~旅行・不動産・求人メディア編~|セミナーレポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1089

外出自粛やリモートワークなど、我々の生活を大きく揺るがした新型コロナウイルス。「ウィズコロナ」という言葉も浸透し、新しい生活様式が定着しつつあります。メディアでは感染状況や対策と合わせて経済動向が報じられ、コロナに苦しむ業界の状況やそこへの国策は、関心の高いトピックです。 ヴァリューズでは、これらのトピックを我々に届けるメディアに着目。最新情報を集約するメディアは市場の象徴的存在であり、メディア分析によって業界のトレンドを掴むことができます。9/29のセミナーでは、旅行、不動産、求人業界にスポットを当てたメディア分析を実践。変化が著しい今、必要性が高まるメディア分析を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。

この記事のライター

マナミナ 編集部 ライター。
金融、通信、メディアなどを経てリサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


【動画レポート】アフターコロナの飲料ニーズはどう変化する?Webログでみる飲料市場の概況と「エナジードリンク」への関心増を調査

【動画レポート】アフターコロナの飲料ニーズはどう変化する?Webログでみる飲料市場の概況と「エナジードリンク」への関心増を調査

いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画によるレポートです。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、ご都合のいい時間に、ぜひご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「アフターコロナの飲料ニーズはどう変化する?~緊急事態宣言から半年。現在のWEBにおける飲料ニーズ」調査です。</b>


【動画レポート】コロナ禍のインテリア業界におきている変化とは?行動ログデータでコロナ後におけるインテリア業界を調査

【動画レポート】コロナ禍のインテリア業界におきている変化とは?行動ログデータでコロナ後におけるインテリア業界を調査

いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画によるレポートです。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、ご都合のいい時間に、ぜひご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「コロナ禍のインテリア業界におきている変化とは?行動ログデータでコロナ後におけるインテリア業界を調査」です。</b>


Web行動ログから読み解く!ECサイトの動向と今後の戦略について ~ECサイトの現状・顧客獲得に繋がる施策とは?

Web行動ログから読み解く!ECサイトの動向と今後の戦略について ~ECサイトの現状・顧客獲得に繋がる施策とは?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、商品売買の場はオフラインからオンラインへの移行がさらに加速しました。このような状況下で、新たに自社ECサイトを開設したり、または既存サイトを強化したりという施策を打ち出す企業が増えてきています。11月にヴァリューズで行われたオンラインセミナーでは、新型コロナ流行から半年以上経過した今、ECサイトの現状がどうなっているのか、顧客獲得に繋げる施策にはどのようなものがあるのか、という点を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。


コロナ禍で急成長の越境ECマーケティングの成功ポイントを専門家3社が徹底解説!|セミナーレポート

コロナ禍で急成長の越境ECマーケティングの成功ポイントを専門家3社が徹底解説!|セミナーレポート

新型コロナ感染拡大によりインバウンド市場が激減した一方、越境EC市場は大きく成長。以前から寄せられていた期待が、コロナを機に一層高まりつつあります。一方、経済社会の劇的な変動に伴い消費者の価値観やニーズが変化し、越境EC市場においてもウィズコロナ戦略が求められています。ヴァリューズでは、コロナ禍で存在感を高める越境EC市場に着目し、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズの2社と共にオンラインセミナー『これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~』を開催。越境ECにおけるプロモーション戦略を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。


CMOがおさえるべき消費者・ユーザー理解の核心|宣伝会議CMO CLUB FORUMレポート

CMOがおさえるべき消費者・ユーザー理解の核心|宣伝会議CMO CLUB FORUMレポート

「コロナによって売上が減少し顧客が離反した」という構図は果たして本当でしょうか。2020年、コロナショックにより消費者ニーズ、パーセプションの前提自体が変化している可能性がある中、これまでと同じブランド戦略や施策を続けていくべきか、疑問に感じる方も少なくないはずです。ソーシャルプレッシャーにより消費者の本音が届きにくい今、適切な消費者理解はどうあるべきか。11月11日に開催された「宣伝会議CMO CLUB FORUM」では、国内最大規模のWeb行動ログデータを保有し分析支援する株式会社ヴァリューズのゼネラルマネジャー 間宮浩平と、株式会社クー・マーケティング・カンパニーの代表取締役、音部大輔氏が登壇。活発な意見交換を繰り広げました。


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画によるレポートです。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、ご都合のいい時間に、ぜひご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「インターネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析~ヘアケア及びオーラルケアについて情報収集するユーザーを理解し、Web上での訴求を考える」です。</b>


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング