Web行動ログから読み解く!withコロナ・afterコロナの消費者変化|携帯・通信業界編

Web行動ログから読み解く!withコロナ・afterコロナの消費者変化|携帯・通信業界編

新型コロナウイルスの流行による外出自粛やテレワークの影響下で、ネット利用の増加や、リモートワーク関連商品への関心の高まりなどが各種調査で明らかになっています。また、楽天モバイルのMNO参入や5Gの台頭など、通信業界は激動を迎えています。そのような中で、消費者は携帯や通信について、どのような関心を持ち、行動を行っているのでしょうか?今回のセミナーでは、ヴァリューズの持つWeb行動ログのデータから明らかになる消費者変化について、携帯・通信業界をテーマに解説しました。
※セミナー資料は無料でダウンロードできます。記事下部にあるフォームからお申込みください


セミナー概要

本日のテーマ

本セミナーでは、withコロナ・通信業界の大変革の中で以下4つについて考えます。

① MNO4社時代の中で、消費者はどの様な行動をしているのか?
 →楽天モバイル検討者の行動
② 通信にまつわるターゲット像をどのように把握するのか?
 →5G関心層のペルソナ分析
③ 通信へのニーズの変化をどのように把握するか?
 →Wi-Fi検索者のカスタマージャーニー
④ 把握したターゲットの動きを、どのように施策に落とすのか?(施策例)
 →通信の不満・不安層の獲得施策の事例

スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

コロナをきっかけに通信業界に関して起こった2つの変化

本題に入る前に、向井は、コロナ禍をきっかけに通信業界の起きた変化について提言しました。

向井:「在宅勤務や外出自粛により、様々なライフスタイルに変化が起きています。中でも、通信業界に特化して言えば、「メディアでの消費者との接点が増加(⇔オフラインでの接点が減少)」と、「通信・ネット利用の増加(通信サービスに関心を持ちやすくなっている)」の2点が大きな変化として挙げられるでしょう。」

向井の用いた下記データにも、コロナ禍で利用時間が特に増加したものとして、「テレビ(55.3%)とインターネット(PC:45.5% スマホ・タブレット:64.1%)」との高い数値が現れています。

図:メディア利用時間

図:メディア利用時間

では接触の増えたメディアの一例として、「在宅で実践したこと」と「メディア」を掛け合わせたデータを見てみましょう。

赤枠で印をつけた、「インターネット」と「動画・アプリ」が全体的に高い事がわかります。具体的に実践された行動内容をみてみると、動画や料理、リモートワークと多岐にわたります。

向井:「在宅時間のアクティビティに関する情報収集手段では、インターネットや動画・アプリが重要だと言えます。」

図:在宅時間で実践したこと

図:在宅時間で実践したこと

①MNO4社時代に、消費者はどのように行動しているのか?

それでは、MNOに新規参入した楽天モバイルを軸に、消費者はどのように行動しているのかを見ていきます。
下記データはMNO4社に、Y!mobileを加えた5社の通信事業者のサイトにおける、2020年3月から8月のアクセスデータです。

向井:「2020年5月以降、楽天モバイルはキャンペーンなどの効果もあってか、サイト訪問者は一気に増加しています。その伸長率は、4月までの2.3~2.8倍にもなっています。8月にはSoftBankを追い抜くまでになっている大きな伸長です。世間の関心事という点で大きな数値となっていると言えそうです。」

図:MNO4社時代 消費者の行動はどう変化したか

図:MNO4社時代 消費者の行動はどう変化したか

続いて、楽天モバイルへの移行検討者の比較検討行動について見てみましょう。
下記データは楽天モバイルのサイトにアクセスしているユーザーの併用状況のデータです。

向井:「データを見てみると、楽天モバイルとdocomoを最も多くの人が比較していることが分かります。docomoユーザーは乗り換え検討が少ないと言われている層ですが、そういったこれまで動かなかったdocomoユーザーが、楽天モバイルへの乗り換えを検討している可能性が見受けられるという事は、他の通信系企業にとっても顧客獲得のチャンスと言えるのではないでしょうか。」

図:楽天モバイルとの比較

図:楽天モバイルとの比較

さらに楽天モバイル検索者の深堀りを進めていきます。
2020年6月~8月の楽天モバイル検索者を抽出し、前後3時間の検索キーワードの種類によって、対象者にクラスタ分析を行ったところ、6つのクラスタに分類出来ました。

向井:「この6つのクラスタを見ると、指名検索や端末検索が多く、他の携帯会社をあまり比較していないことが分かりました。」

図:「楽天モバイル」検索者の分類

図:「楽天モバイル」検索者の分類

②通信にまつわるターゲット像をどのように把握するのか?

続いて、通信にまつわるターゲット像について向井が用いたのは、直近半年で「5G」について検索している人をモニター会員から抽出し、検索キーワードに基づいてクラスタ分析を行ったデータです。調査の結果、以下資料にある5つのクラスタに分かれたと解説しました。

向井:「例えば、「5G初心者クラスタ」では、「5Gとは」等、はじめて5Gに関心を持ったとみられる検索が多いことに注目です。また「端末が対応しているか気になるクラスタ」では、機種に関する検索が多く、これから買う機種や持っている機種について調べている様子が現れています。そして「キャリアのサービスが気になるクラスタ(37.5%)」では、MNOやMVNOに関する検索が多いことから、5Gの各社への影響を気にしている模様が見受けられました。

いずれにしてもどのクラスタも現在の状況で5Gを検索しているということから、情報感度が高いと言えそうです。これらの層の行動ログや利用しているアプリの調査、アンケート調査などを掛け合わせて行っていくと、より細かい人物像や様々なニーズが深く理解できると考えられます。

もう一つ重要な観点としては、楽天モバイルのような新興企業の台頭や、リモートワークの定着、エンタメのネット利用など、コロナ禍ならではのライフスタイルが5Gにも結びついていると言えそうです。

図:5Gについて消費者が気にしている事

図:5Gについて消費者が気にしている事

③通信へのニーズの変化をどのように把握するか?

前項までは人物像についてみてきましたが、次はニーズについて考えてみましょう。

向井がwithコロナでの消費者動向として提示したのは下記の資料です。

図:withコロナの消費者動向

図:withコロナの消費者動向

消費者の通信ニーズの中から、「Wi-Fi」への関心について、実際にデータを見ていきましょう。

向井:「「Wi-Fi(または「Wifi」)」検索者は一月あたり約170万人もの数値となっており、属性別では男性の比率が60%以上となっています。
ちなみに「リモートワーク」検索者は4月に増加した後、一月あたり約8万人を維持しています。これはコロナ前の約4倍にも上ります。

「Wi-Fi(または「Wifi」)」の検索者は、引越しや機器の老朽化などといった『ライフイベント』を理由としたケースが多いことと並行して、エンタメやリモートでのヨガ教室、キャンプでの利用といった『アクティビティ』や、リモートワークを代表とした『withコロナ』ということも検索要因になっているようです。

これらのことからwithコロナで、通信以外の活動(オフライン活動)と通信が大きく結びつくようになっていると言えそうです。」

図:「Wifi」「リモートワーク」検索者の動向

図:「Wifi」「リモートワーク」検索者の動向

④把握したターゲットの動きをどのように施策に落とすのか?

テーマの最後として、向井はターゲットへの施策方法について、あるWi-Fiルータメーカーの事例を紹介。

向井:「あるWi-Fiルーターメーカーの買い替え需要の拡大を目的とした案件で、ネット訴求のテーマは、LP経由の商品詳細ページ閲覧の増加でした。

まずはユーザーのWi-Fiの通信状況に対する不満を抽出して、ターゲットセグメントを策定しました。
そして、各セグメントの特徴的な検索ワードの解決に繋がる情報をバナーで提示して興味喚起を行ったところ、配信開始3週間で顕在層と同じ目標CPAを大幅にクリアし、コストは3分の1に削減することも出来ました。

今回ターゲットセグメントの策定に利用したのはWeb行動ログといって、消費者の実行動が見える消費者のリアルな行動データです。それに基づいてターゲティングを行う、セグメントを作るということがより消費者に近づく強みとなり、そこからWebの広告や施策に落とし込んでいく事で、効率の良いターゲットを獲得が可能になりました。

今回のケースでは、これらのWeb行動ログデータを活用し、消費者のニーズや心理をしっかりとデジタルで把握して、それらの行動に合わせたコミュニケーションを取ったことが成功の要因となったと言えるでしょう。」

図:潜在層への広告配信事例

図:潜在層への広告配信事例

通信に関する業界・消費者変化まとめ

向井:「昨今、ますます競争が激化する「通信・携帯業界」。消費者もますます通信・携帯業界に関心を持つテーマが多くなると見受けられます。
そのためにも、消費者のニーズをちゃんと把握して、デジタルの施策につなげるということがますます重要になってくると思われます。」


今回のテーマにより、新興通信企業への興味、「5G」への関心、「Wi-Fi」の需要、これらを取り巻く市場へアプローチする施策方法などが垣間見えたかと思います。

直近では、5Gに対応したiPhone12の発売のニュースも大きな話題となっていますし、今後、より通信・携帯業界の活況が見込まれると言っても過言ではないでしょう。そのような中、どのようにして消費者のニーズや行動を掴むのか、大いに参考となるセミナーとなったのではないでしょうか。

図:まとめ

図:まとめ

※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。

セミナー資料ダウンロード【無料】

「Web行動ログから読み解く!withコロナ・afterコロナの消費者変化|携帯・通信業界編」レポート

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナ 編集部 編集兼ライター。
金融・通信・メディア業界を経てマーケティング・リサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


【2022年12月12日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年12月12日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


【2022年12月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年12月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


【2022年11月28日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年11月28日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


SNSごとの特性を活かす施策とユーザーリサーチ法|吉田啓介さん×菅原大介さん対談

SNSごとの特性を活かす施策とユーザーリサーチ法|吉田啓介さん×菅原大介さん対談

SNSはマーケティングコミュニケーションのチャネルとして企業に欠かせない存在となりつつ、近年はソーシャルリスニングの手法に代表されるように、自社ユーザーの声をSNS上で収集して分析することでヒット商品が誕生する事例も多数出てきています。ただ、SNSの担当者の方にとって、Twitter、Instagram、Facebookなど様々あるSNSを、どのように活用し、また分析すれば良いか迷うこともあるのではないでしょうか。 SNSごとの特性を活かしたマーケティング施策とユーザーリサーチの手法について、カラビナハートのマーケティングコンサルタント、吉田啓介さんとリサーチャーの菅原大介さんに対談いただきました。


【2022年11月21日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年11月21日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら