多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「業界分析」に着目し、分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


業界分析機能とは

Dockpitの業界分析機能では、対象業界全体のユーザー数やセッション数などから市場規模を確認したり、各社の業界シェア率や集客構造の分析から市場環境を網羅的に把握することができます。

分析の流れ

1_業界分析の右側にあるアイコンをクリックし、調べたい業界を選択

2_サマリーを確認し、気になる部分は右上「詳細を見る」ボタンをクリックして個別シートで詳しく分析

その他、対象期間を設定したり、集計結果を保存したりと嬉しい機能も備わっています。

①対象期間の設定
集計期間は直近26カ月まで設定可能。
前年同時期との比較もできます。

②保存機能
集計結果をクリップに保存可能。

③ダウンロード機能
グラフ画像の保存や、Excelでのデータ加工が可能。
資料作成の際に役立ちます。

④共有機能
共有用のURLを使用し、簡単に情報共有が可能。

業界分析機能の活用方法

では、業界分析機能を使うとどのような分析ができるのか、具体例を交えながらご紹介します。

今回は食品・グルメ業界の中から「料理 レシピ」のカテゴリに絞り、2019年9月~2020年8月の1年間を分析します。

基本指標/ユーザー属性

基本指標では、対象業界全体のトラフィック数、平均スコア(新規率・直帰率等)を分析することができます。
※分析可能項目=ユーザー数、セッション数(合計/1人あたり)、ページビュー数(合計/1人あたり)、平均滞在時間、直帰率、曜日別シェア、時間帯別シェア、デバイス

ユーザー数・セッション数ともに、新型コロナウイルスの感染拡大により外出自粛が求められていた2020年3月~5月に増加していることがわかります。ステイホームを機に人々の料理への関心が高まり、レシピサイトの需要が増加したものと考えられます。

一方、ユーザー属性では、対象業界全体の訪問者属性の把握が可能で、それぞれ月次の推移を確認することもできます。
※分析可能項目=性別、年代、居住地域、居住都道府県、未既婚、子供有無、世帯年収

男女比では大きな差はないもののやや女性の割合が高く、20代~30代の若年層のユーザーが多いことがわかりました。

業界シェア

対象業界におけるシェアやサイトランキングを把握することができます。

約4割を占めるCOOKPADが高いシェア率を維持し、2位以下のサイトを大きく引き離していました。2位~4位のKurashiru[クラシル]、楽天レシピ、macaroniは差が小さく、拮抗した状態が続いているようです。

また、サイトランキングでは気になるサイトを選択し、ユーザー数の推移や属性情報を比較したり、より詳細な競合分析を行うことも可能です。
※サイトは最大5つまで選択可能

集客構造

対象業界全体の集客構造とその傾向を把握することができます。

集客構造では自然検索が多く、6割以上を占める結果となりました。広告からの流入がほとんど無いことからも、別サイトから流入するのではなく、料理をしようと思った際に自発的に検索を行い、レシピサイトへ辿りつく人が多い様子がうかがえます。

流入キーワード

対象業界全体の流入トップキーワードを自然検索とリスティングのそれぞれで把握可能です。

集客構造の分析から、自然検索からの流入が大部分を占めていることがわかりましたが、より詳しく流入キーワードをみてみると、トップ10のうち3位~10位は食材や料理名となっていました。そんな中、1位・2位は「クックパッド」「COOKPAD」となっており、業界シェア率でも差をつけていたCOOKPADの人気を裏付ける結果となりました 。

関心サイト

ユーザーが他にどのようなサイトをよく訪問しているのかを確認し、提携メディアや広告出稿先の検討に活用することができます。最初は特徴値順に並んでおり、ターゲットユーザーと親和度が高いサイトを把握できますが、ユーザー数を降順にすると、ユーザーボリュームが多いサイトが順に表示されます。なお、メディアに絞って表示することも可能です。

2020年9月で抽出すると、自社製品を活用したレシピが掲載されているキッコーマンのサイトや、三越伊勢丹グループが運営する食のメディア「FOODIE」が上位にランクインしました。デジタルマーケティングをプランニングする上で大いに活用できそうです。

時間と労力が必要な市場調査も、Dockpitの業界分析機能を使えば素早く・手軽に調査可能です!

少しでも興味を持たれた方は、一部機能は無料で利用できますので、ぜひお気軽にお試しください。

Dockpit 無料版の登録方法

Dockpitの無料版は、以下ボタンよりDockpitサービスサイトに進み、TOPページの「無料登録」ボタンからお手続きください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


大人のファンタのアンケートキャンペーンでWebサイト訪問者数が急増【急上昇サイトで探るトレンド】

大人のファンタのアンケートキャンペーンでWebサイト訪問者数が急増【急上昇サイトで探るトレンド】

2021年3月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


遂に、コスメ専門モール「ZOZOCOSME」がオープン!話題の「ZOZOGLASS」の反応は?

遂に、コスメ専門モール「ZOZOCOSME」がオープン!話題の「ZOZOGLASS」の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、2021年3月18日にコスメ専門モール「ZOZOCOSME」をオープンし、化粧品に本格参入しました。3D計測用ボディースーツ「ZOZOSUIT」や、3Dで足を計測できるマット「ZOZOMAT」に次いで、ユーザーの肌の色を診断する新たなウェアラブルデバイス「ZOZOGLASS」も話題となっています。コロナ禍で店舗におけるコスメのサンプル試用機会が制限されている昨今ですが、自宅でも自分にマッチしたコスメ選びが可能になることもあり、期待を寄せているユーザーも多いと思います。今回は「ZOZOCOSME」と「ZOZOGLASS」について調査します。


携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社から発表された格安プランについて、3月のサービス開始前後の集客状況を調査。「ahamo」「povo」「LINEMO」の3プランがどういった層から関心を受け、現時点で市場での勝ち筋が見えているのはどこなのか、という分析をヴァリューズの「Dockpit」を用いて進めていきます。


覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

2021年2月24日にサービスが開始された新作スマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、ウマ娘)が話題を集めています。早くも2021年覇権タイトル確実と噂される「ウマ娘」の人気の実態やその理由を、ネットでの検索データをもとに徹底リサーチします。


呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を用いて、検索データを分析しました。


最新の投稿


Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

現在ではWeb会議の定番ツールとなった「Zoom」ですが、普及当初はセキュリティ問題が話題となったのを覚えている方も多いでしょう。当時指摘されたセキュリティの問題と、より安心・安全にZoomを利用する方法について再確認します。


ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国都市部在住の男性600人を対象にアンケートを実施し、中国都市部の男性が抱えるカラダの悩みおよびその悩みを改善するための意識と行動を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング