9月の急上昇アプリ1位は読売新聞、どんな施策が効いたのか?ライブ配信やファッション通販、タクシー配車アプリも上位に

9月の急上昇アプリ1位は読売新聞、どんな施策が効いたのか?ライブ配信やファッション通販、タクシー配車アプリも上位に

2020年9月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。9月のトレンドを調査しました。


9月の急上昇アプリランキングを調査

まず、アクティブユーザー数の前月比が高い順にアプリをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

2020年9月の急上昇アプリランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

電子ギフトを利用した「読売新聞オンライン」が1位に

1位:読売新聞オンライン

1位にランクインしたのは読売新聞が提供する「読売新聞オンライン」でした。概要は以下の通りです。

運営:読売新聞
特徴:国内外のニュースを配信している読売新聞のデジタルサービスの利用が可能
リリース:2020年7月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「読売新聞オンライン」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より )

読売新聞オンラインのユーザー数は約28万人、前月比+約392%となっています。グラフから今月に入り大幅にユーザー数を獲得したことがわかります。

こちらのアプリでは9月17日から以下のアプリリリースキャンペーンを行なっていました。

アプリをダウンロードした読者会員の方は、電子マネー等1万円分が1,000人に当たる抽選に毎日参加できるというものです。大手新聞としての認知度や信頼の資産を基に、電子ギフトをフックにすることでユーザー数の獲得に成功したと言えるでしょう。

新聞は定期購読が一般的であるため、他社サービスに切り替えるための手続きコストがかかりやすく、スイッチングコストが高い商材です。電子ギフトを利用してアプリユーザーを獲得することで、競合紙の顧客や新聞未購読層といった新規顧客の拡大への寄与を狙った施策とも考えられます。

2位:ブロックスケープ

2位はブロックパズルゲームの「ブロックスケープ」でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:PeopleFun
特徴:木製ブロックを湧くに当てはめ列を揃えていくシンプルなブロックパズルゲーム
リリース:2019年11月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「ブロックスケープ」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より )

ブロックスケープのユーザー数は約50万人、前月比+約194%でした。

こちらのアプリは単純ですが進むにつれてどんどん難しくなる要素もあり、中毒性の高いパズルゲームです。9月上旬にAPPLIONにて無料ゲームの注目トレンドゲームとして紹介されていました。スマートフォンアプリ専門のメディアに取り上げられたことで認知度を獲得し、ユーザー数を伸ばした側面もあるのではないでしょうか。

3位:SUGAR - 憧れのあの人と2人で直接トーク

3位は双方向ライブ配信アプリ「SUGAR」でした。SUGARは、有名人のライブ配信を観ることができる上、抽選でテレビ電話もできるアプリです。芸能人の佐藤健さんが利用しており話題になりました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:SUGAR Inc.
特徴:アーティストとファンをライブ動画でつなぐ動画配信アプリ
リリース:2018年9月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「SUGAR」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より )

SUGARのユーザー数は約37万人、前月比+約141%でした。ユーザー数は7月に大きく減少しましたが、9月に持ち直したことわかります。

SUGARでは9月15日に三浦翔平さんと佐藤健さんのライブを配信。アプリのサーバーが一時落ちてしまうほどの盛況ぶりでした。佐藤健さんのライブは約2ヶ月ぶりで、今回のライブ配信を契機にユーザー数を回復させたのではないでしょうか。

リニューアルアプリやファッションアプリがランクイン

その他上位にランクインした注目アプリをご紹介します。

5位:Rakuten Fashion

5位にランクインしたのは、楽天公式ファッション通販アプリ「Rakuten Fashion」でした。概要は以下の通りです。

運営:Rakuten,Inc.
特徴:楽天が取り扱うブランドのアイテムをオンラインで購入できる
リリース:2020年6月

では次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「Rakuten Fashion」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より )

上のグラフから、ユーザー数は9月に入り再び大きく伸びたことがわかります。

Rakuten Fashionは9月にAutumn SALEを開催。同月の上旬に楽天スーパーセールも同時開催され、割引額の大きさから注目を集めました。こうした中、Rakuten Fashionのサイト内で以下のようなポイント還元アップの広告を打ち出していました。

セール目当てでRakuten Fashionのサイトに流入したユーザーに対し、ポイントをフックにした広告施策を打つことでアプリユーザー数を増加させたと考えられます。

6位:ハードオフ

6位は全国のハードオフグループ店舗で使える公式アプリ「ハードオフ」でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:HARDOFF SP APP
特徴:ハードオフグループ店舗でのお買い物や買い取り成立時でポイントが貯まる
リリース:2018年11月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「ハードオフ」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より )

ハードオフは9月1日にアプリを全面リニューアル。グラフを見ると、以前の水準と比べて2倍ほどMAUが増えていることが分かります。

大きな変更点として新しいアプリではポイントを貯めることができ、店頭での商品購入の際に【1ポイント=1円】として使えるようになりました。アプリのリニューアルを機に新規ユーザーの獲得に成功したのかもしれません。

7位:GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV × JapanTaxi

7位にランクインしたのはタクシー配車アプリ「GO」でした。日本のタクシー配車アプリとしては最も歴史の長い「JapanTaxi」とDeNA発の「MOV」が統合し、2020年9月1日から「GO」の提供が開始されました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:株式会社Mobility Technologies
特徴:タクシーをアプリで呼べる
リリース:2018年12月 (2020年9月にGOに名称変更)

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「GO」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より )

GOのユーザー数は約61万人、前月比+約82%でした。

GOはMOVをベースにしており、基本的なユーザーインターフェースもほとんどMOVのままです。9月1日の統合により、JapanTaxiユーザーを吸収したと考えられます。

タクシー配車サービスの競争は熾烈です。GOは統合によってMOVとJapanTaxiの両方が提携しているタクシー会社に対応し、利用できる機会や地域も拡大。ほぼ日本全国、いつでもどこでもタクシー配車できるという点で「GO」のプレゼンスは強固なものになったと言えるでしょう。

まとめ

最後に9月の急上昇アプリと、アクティブユーザー増加の背景を振り返ります。

1位の読売新聞オンラインは電子ギフトをフックに新規顧客の拡大を見込んだと考えられます。結果、大手新聞としての認知度や信頼の資産を基に、電子ギフトをフックにすることでユーザー数の獲得に成功したと言えるでしょう。

また、季節性も今月のランキングに反映されていました。5位のRakuten Fashionは、秋セールによってWebサイトに集客し、さらにポイントをフックにアプリへ誘導する設計だったと考えられます。

その他上位にはリニューアルアプリのランクインが目立ちました。特に7位にランクインしたGOは、競合サービスとの統合により新規ユーザーの獲得だけでなく、タクシー配車業界における存在感を増したと言えるでしょう。

今回の記事で使用したeMark+には無料機能があります。より詳しいデータが気になる方は、ぜひサイト・アプリデータで国内トレンド把握につなげてみてください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


2020年の検索キーワードのトレンドを総まとめ!『鬼滅の刃』『コロナウイルス』『GOTOトラベル』など。流行語大賞の『3密』は?

2020年の検索キーワードのトレンドを総まとめ!『鬼滅の刃』『コロナウイルス』『GOTOトラベル』など。流行語大賞の『3密』は?

ヴァリューズでは、保有するモニターパネルのWeb行動ログを分析し毎週、急上昇している検索キーワードを調査してきました。今回は2020年1月~10月の週間検索キーワードで検索が急上昇した特徴的なワードに加え、2020年新語・流行語大賞をもとに、今年の流行を振り返ります。


キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

2020年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


3密回避のアウトドアレジャー、釣り・ゴルフ・キャンプの消費者意識を検索データで分析!グランピングも人気上昇中

3密回避のアウトドアレジャー、釣り・ゴルフ・キャンプの消費者意識を検索データで分析!グランピングも人気上昇中

コロナ禍におけるレジャーで特に気になるのが、感染リスクをいかに下げるかということ。十分なソーシャルディスタンスを保つことができるのは、アウトドアレジャーの大きな強みです。今回はヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を活用し、「釣り」「ゴルフ」「キャンプ」について、感染拡大に伴い世間の関心がどのように変化してきているかを調査します。


「鬼滅の刃」はいつからバズった!?止まない鬼滅旋風を検索データで徹底分析!

「鬼滅の刃」はいつからバズった!?止まない鬼滅旋風を検索データで徹底分析!

10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の興行収入が約205億円を記録し、『ハリーポッターと賢者の石(2001年)』の約203億円を超えたと発表されました(興行通信社調べ)。漫画「鬼滅の刃」の累計発行部数も最新22巻で1億部を突破。そんなヒット作「鬼滅の刃」は一体いつからバズったのでしょうか。そのきっかけは?今回は止まらない鬼滅旋風について検索データを中心に徹底分析してみました。(分析にはヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使用しています)


GoToを活かした「無限くら寿司」でサイト訪問者数が爆増…!映画大ヒット中の鬼滅の刃も【20年10月急上昇サイト】

GoToを活かした「無限くら寿司」でサイト訪問者数が爆増…!映画大ヒット中の鬼滅の刃も【20年10月急上昇サイト】

2020年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


SFCの学生が語る、データを駆使して大学HPのPR改善を実現した研究プロジェクトの実態とは?

SFCの学生が語る、データを駆使して大学HPのPR改善を実現した研究プロジェクトの実態とは?

カリキュラムの自由度の高さなど、ユニークな教育プログラムで注目を集める慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)。マーケティングコミュニケーションを研究する桑原武夫研究会では、大学の広報担当と連携してPRコンテンツを制作する研究活動も行われています。その際にはWeb行動ログデータも使い、コンテンツの課題発見や改善、効果検証まで実施されているとか。では、その実態はどのようなものなのでしょうか? プロジェクトリーダーである4年生の加藤さん、次期リーダーの3年生の片桐くんに取材しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング