コンテンツマーケティングに求められるDXの観点とは|VALUES×イノーバ共催セミナー

コンテンツマーケティングに求められるDXの観点とは|VALUES×イノーバ共催セミナー

マーケティングにもDXが必須と言われる時代。オンライン施策をはじめてみたものの、変わりゆく顧客ニーズの把握、施策の調整など、仕組み化できていないという状況にある方も多いのではないでしょうか。今回、2020年12月9日に開催された共催セミナーでは、株式会社ヴァリューズが、データ分析を通してユーザー理解を進めデジタルマーケティング施策を成功させるポイントを、そして株式会社イノーバが、実際にデータ分析を用いたコンテンツマーケティング施策への取り組み方を事例解説しました。本稿ではヴァリューズ登壇部分を抜粋してご紹介します。
※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。


セミナー内容

Agenda

変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは
〜データで消費者を捉え、施策を実行するプロセスのご紹介〜

⚫︎DXの観点の整理

⚫︎新型コロナウイルスは消費者のメディア接触にどのような影響をもたらしたか

⚫︎施策に活かすDXの観点① ユーザー体験の可視化
~ユーザー理解の解像度を高めるアプローチのご紹介~

⚫︎施策に活かすDXの観点② 実行を支える組織作り
~共通データの整備と外部組織を巻き込むPDCA~

⚫︎施策に活かすDXの観点③ 施策結果のデータ化と再利用
~施策結果を活用したプロモーションの発展~

スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

DXの観点の整理

DXとは?

→「すべての人々の暮らしをデジタル技術で変革していくこと」(ウメオ大学教授のエリック・ストルターマンが2004年に提言)

株式会社ヴァリューズ 齋藤義晃(以下、齋藤):昨今では「DX」という言葉が流行り言葉のようになっています。各事業体においても意味合いは様々であると思われますが、本セミナーでは、企業におけるプロモーション施策への接続を前提に「DX」の観点を整理します。

まずは、マーケティングのシステム(二重のループ構造)の図に沿って解説します。

マーケット(買い手の集まり)と産業(売り手の集まり)の間に、二重のループが存在しています。第一のループは買い手がお金を払い、売り手がサービスを提供するというループ。そして第二のループというのが、マーケット(買い手)からは情報が流れてきていて、産業(売り手からは)コミュニケーションの提供、例えば、広告やPRなどの情報が流れるといったループが存在しています。

この二重のループに存在するフローの全てにデジタル化が進んでいると考えられます。
今回のセミナーではこの外側のループに注目したいと思います。

図:マーケティングのシステム

図:マーケティングのシステム

齋藤:消費者とサービス・プロダクトの間のインタラクションを「消費者体験」と定義して、より具体的に3点の重要な観点をお伝えします。

プロモーション施策に活きるDXの観点「データ化と組織作り」

①消費者のサービス/プロダクトに関する体験をデータ化 → 消費者体験の可視化

②体験のデータに基づき施策を実行する組織づくり → 消費者体験の変化を起こす主体者

③変化後の消費者体験や施策の結果を継続的にデータ化 → 施策に再活用

齋藤:プロモーション施策の実行においては「体験の可視化」と「組織作り」の観点が非常に重要で、2020年は特に社会環境による消費者変化が著しかった一年と言えるでしょう。

図:施策に活きるDXの観点

図:施策に活きるDXの観点

新型コロナウイルスは、消費者のメディア接触にどのような影響をもたらしたか

齋藤:コロナ禍における消費者のメディア接触の変化を見ていきます。
新型コロナ影響拡大前後のメディア利用時間の変化として、テレビやネットに触れる時間が増大しており、ネットはPCとスマートフォンともに増大傾向にあります。これらのことからも媒体価値の相対的な変化も捉えなければならない重要な潮流だと考えます。

図:ユーザー動向の変化

図:ユーザー動向の変化

齋藤:続いて年代別のセッションの変化を見てみましょう。
2020年3月になり、全年代ともにセッションが増えているのですが、中でも、50〜60代などシニア層でネット行動の増加が著しく現れています。

図:コロナウイルス発生前後でのネット行動の変化

図:コロナウイルス発生前後でのネット行動の変化

齋藤:メディア接触量の変化や、幅広い世代のネット普及、コロナ禍でのEC購買増加などによって、以下のようなことがポイントとして言えると思います。いずれも、消費者のインターネット行動の変化を捉えて施策を打つことが重要と考えます。

図:コロナによる消費者のインターネット行動の変化

図:コロナによる消費者のインターネット行動の変化

施策に活かすDXの観点① ユーザー体験の可視化

齋藤:ヴァリューズが考えるデータプロモーションの形において、「刺激・情報」と「実行」の2つのキーワード、どちらが欠けても成果につながりにくい必須条件と考えます。

図:VALUESが考えるデータプロモーションのカタチ

図:VALUESが考えるデータプロモーションのカタチ

齋藤:ここで「真実の瞬間“Moment of Truth”」という言葉をご紹介します。スカンジナビア航空CEOヤン・カールソンが1987年に提言した「1回のフライトで航空会社のスタッフが顧客に対応する時間、約15秒。その15秒間の体験で、ユーザーは企業の価値を決定する」というものです。

この「真実の瞬間」は時代と共に進化しています。

2005年には、米国P&Gの元CEO アラン・ラフリーが、「ユーザーと売り手が接触する店頭が「最初の真実の瞬間」となり、サービスの体験が「2番目の真実の瞬間」となる」と提言しています。このように「真実の瞬間」は時代と共に変化を遂げていることが分かります。

そして特に私が重要であると考えている言葉が、2011年の「米国における消費者のうち88%のユーザーは、店頭でプロダクトに触れる前にオンライン上の情報を閲覧しているとして、それが「0番目の真実の瞬間“ZMOT”」である」というGoogleの提言です。

まさに今、我々はこのオンライン上の接点を重要視し、しっかりとこの「0番目(0段階)」を捉えていくことが必要であると考えます。

図:時代と共にアップデートされる真実の瞬間 “FMoT, SMoT” そして “ZMOT”

図:時代と共にアップデートされる真実の瞬間 “FMoT, SMoT” そして “ZMOT”

施策に活かすDXの観点② 実行を支える組織作り

齋藤:次に「実行を支える組織作り」についてですが、「実行にこだわり、データに基づいてPDCAをしっかりと回す」という点について、「進捗・結果を把握」し、そしてその「要因の分析」をして、「仮説を立て打ち手を打つ」ということが重要と言えるでしょう。
組織横断で共通のデータに基づきながら、現状を把握し、このような3段階のステップを踏んでいくことでPDCAが回っていくのではないかと考えます。

さらにポイントを加えるとすれば、1点目は「共通データの整備」、2点目は「実行力」。これは社内人材、外部組織や支援会社などをいかに巻き込むかということも重要です。
このような概念に関しては、経済産業省のデジタルガバナンス・コードでも重要性が強調されています。

図:②実行にこだわり、データに基づいたPDCA

図:②実行にこだわり、データに基づいたPDCA

まとめ

齋藤:ここまで「施策に活かすDX観点」という内容でお話しして参りましたが、最後に様々な施策にヴァリューズがどのような支援ができるかということも踏まえてまとめさせて頂きます。

「消費者体験」をいかに可視化するかという点では、商品を使う段階だけではなく、その前段階から「消費者体験」は始まっているという部分をしっかりおさえるということ。
そして「消費者体験」は、オンライン上の情報摂取によって既に始まっていることからも、オンライン上のコンテンツが大変重要です。より質の高いコンテンツをユーザーに届けるということか肝心になります。

「組織づくり」の観点では、共通したデータに基づきPDCAをしっかりと回していく組織作りが大切です。

「変化後の消費者体験や施策の結果を継続的にデータ化」という点については、次なる施策への重要な手立てとなるということが考えられます。
ヴァリューズでは独自データを保有しており、「消費者体験」の初期段階から可視化することにお役立て頂けます。

また、クライアントの独自データを活用するプラットフォームや、様々なデジタルマーケティング施策のご提案をご用意し、単なる調査会社の領域を超えたマーケティング支援が可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

図:まとめ

図:まとめ

セミナー資料ダウンロード【無料】

本稿でご紹介したセミナー資料は無料でダウンロード頂けます。ぜひ下記フォームよりお申込みください。

セミナー資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。

ご登録頂いた方にはヴァリューズからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナ 編集部 ライター。
金融・通信・メディア業界を経てリサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行は2021年2月、DXへの取り組みを強化するための専門部署「DX Lab」を設立しました。3カ年のロードマップを掲げ、顧客接点の強化やデータ分析で得た知見をもとに新規事業開発を計画しています。データの収集からデジタルプロモーションまで一貫して行うDX Labの取り組みについて、ゼネラルマネージャーの石川氏、アソシエイトの小島氏に取材しました。


SEOやSEMで検索クエリの幅を広げるためにチェックすべき、Dockpitの「関心ワード」と「類似ワード」とは?

SEOやSEMで検索クエリの幅を広げるためにチェックすべき、Dockpitの「関心ワード」と「類似ワード」とは?

Webサイトでの集客を行う際に、顕在層の獲得がSEOやSEMである程度進んできた場合、その次に必要になるのは潜在層獲得の対策です。潜在層は顕在層と比較して情報収集目的での検索が多いため、アプローチには対策する検索クエリの幅を広げることが必要です。そこで今回は、効率よく検索クエリの幅を広げるために、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」が設けている「関心ワード」「類似ワード」の2つの観点をご紹介します。


withコロナの自動車業界 ~ 各社のWeb動向と消費者行動を徹底解説!|セミナーレポート

withコロナの自動車業界 ~ 各社のWeb動向と消費者行動を徹底解説!|セミナーレポート

コロナ禍で、オフライン営業や外出需要が減少する一方、中高年層のネット利用の増加や、リモートワーク下での地方への移住の増加など、自動車を取り巻く消費者のライフスタイルも大きく変化しようとしています。 また、EVや自動車サブスクリプションサービス等、新しいビジネスチャンスも注目を集めています。今回のセミナーでは、これらに焦点を当て、自動車メーカー各社のWeb動向や、消費者の最新の行動を解説しました。 ※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


金融機関デジタルマーケティング向け ~ Web上の検索行動分析から消費者の「知りたいこと」を解き明かす|セミナーレポート

金融機関デジタルマーケティング向け ~ Web上の検索行動分析から消費者の「知りたいこと」を解き明かす|セミナーレポート

「消費者心理について知りたい」という悩みはいずれの業界も同様、金融機関のデジタルマーケティングにおいても例外ではありません。8月11日開催のセミナーでは、金融領域のDX・デジタルマーケティングご担当者様向けに、ヴァリューズの独自データを用いてWeb上の検索行動を分析することにより、消費者の意識・意図の把握を可能にする施策をご紹介しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


意識&行動の両面から明らかにする真のカスタマージャーニーとは?|日経クロストレンドFORUMセミナーレポート

意識&行動の両面から明らかにする真のカスタマージャーニーとは?|日経クロストレンドFORUMセミナーレポート

コロナ禍で大幅に変化した消費者の意識と行動。そのどちらも捉えるために必要なのが、時系列ごとに顧客との接点や心理、行動を図式化した「カスタマージャーニー」です。消費者トレンドの変化をデータで解説するとともに、Web行動ログとアンケート調査を掛け合わせたカスタマージャーニー分析手法を、7月13日、日経クロストレンドFORUM2021でヴァリューズ執行役員の子安 亜紀子がご紹介しました。<br>※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


最新の投稿


増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

withコロナでリモートワークやオンライン授業が普及する中、住まいのリノベーションに注目が集まっています。仕事や勉強スペースのために壁や間仕切りを設けたり、廊下をなくしてリビングを広げたりなど、引っ越すのではなく、今の住まいの見直しを検討する人が増えているようです。今回はリノベーションの需要の変化とそのニーズについて探ります。


Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

昨今マーケティングの文脈で注目度が大きく上昇している「Z世代」。1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、幼少期からデジタルに触れて育ってきたデジタルネイティブであるという特徴から、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っているとされています。InstagramやTiktokを代表としたSNSの利用時間や、SNSを通じた購買も多いため、SNSきっかけでトレンドが生まれ消費が動くことも少なくありません。今回はそんなZ世代のトレンドとして、今後大きくなりそうなものの可能性を検索キーワードから調査します。


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング