中国におけるインターネット利用動向調査 ~ 2018年の人気サイト・アプリランキング

中国におけるインターネット利用動向調査 ~ 2018年の人気サイト・アプリランキング

中国市場調査サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、提携する中国最大手のネットデータ調査会社iResearch社の自主調査レポート『 2018年中国互联网流量年度数据报告』の一部を抜粋・翻訳し、中国国内の消費者のインターネットサービス利用実態についてまとめました。(ページ数|22p)


どんなレポート?

新型コロナの影響で人と人との接触を減らすことが求められるようになり、世界中でIT化が一気に加速しました。日本でも2021年9月にデジタル庁を新設することが発表されるなど、IT化やDX推進への動きが活発化しています。

そんな中、世界でもトップクラスの技術を持ち、IT化が格段に進んでいる国が中国です。越境ECや訪日中国人旅客を含めた中国市場マーケティングにおいて、中国のインターネット環境を知ることの重要性はますます高まると考えられます。

本レポートでは、中国国内での一般消費者の興味関心や利用しているサービスを調査し、インターネットサービスの利用動向について詳しく分析しています。

レポートでは、
【年代別の人気サイト・アプリランキング】
・24歳以下
・25~30歳
・31~35歳
・36~40歳
・41歳以上
【成長サイト・アプリランキング】
・月間のユーザー規模が億を超えるサイトTOP5とアプリTOP20
・月間のユーザー数が1,000万人を超えるサイトTOP20とアプリTOP20

などをまとめています。

サマリー版のレポートは無料でダウンロードできます。下記フォームからお申し込みください。

レポートの一例

目次

はじめに
レポート概要
調査結果
-年代別の人気サイト・アプリランキング
・24歳以下
・25~30歳
・31~35歳
・36~40歳
・41歳以上
-成長サイト・アプリランキング
・ユーザー規模が億を超えるサイトTOP5とアプリTOP20
・ユーザー数が1,000万人を超えるサイトTOP20とアプリTOP20
ヴァリューズとは

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|中国におけるインターネット利用動向調査~2018年の人気サイト・アプリランキング~

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


中国における美顔器の市場概況 ~ 2大人気日本ブランド「ヤーマン」「Dr.Arrivo」の施策を分析

中国における美顔器の市場概況 ~ 2大人気日本ブランド「ヤーマン」「Dr.Arrivo」の施策を分析

日本国内でも美容家電は注目度の高いカテゴリですが、中国においても「美顔器」の出荷台数は例年増加傾向にあり、市場規模は2020年では80億元(約1,280億円)近くの予測となっています。 中国における美顔器の市場概況と2大人気の日本ブランド「ヤーマン」「Dr.Arrivo」の施策を分析し、調査レポートにまとめました。(ページ数|27p)


中国の次なる巨大マーケット「下沈(かしん)市場」在住者特徴を都市市場と比較調査。懐事情は都市市場とほぼ変わらぬ水準に

中国の次なる巨大マーケット「下沈(かしん)市場」在住者特徴を都市市場と比較調査。懐事情は都市市場とほぼ変わらぬ水準に

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国の都市市場および3級都市以下の都市及び農村である下沈(かしん)市場在住の男女600人を対象にアンケート調査を実施し、都市市場/下沈市場在住者それぞれの特徴と購買実態を比較分析しました。


中国の次なる巨大マーケット 「下沈(かしん)市場」在住者特徴を都市市場と比較調査 ~ 購買実態調査レポート【一般消費財編】

中国の次なる巨大マーケット 「下沈(かしん)市場」在住者特徴を都市市場と比較調査 ~ 購買実態調査レポート【一般消費財編】

中国の都市市場および3級都市以下の都市及び農村である下沈(かしん)市場在住の男女600人を対象にアンケート調査を実施し、都市市場/下沈市場在住者それぞれの特徴と購買実態を分析しました。「一般消費財編」のレポートでは、化粧品(スキンケア、メイクアップ)、オーラルケア商品、ヘアケア商品、調味料、レトルト食品について、購入者の特徴、情報集媒体、購入重視点と購入チャンネルを都市市場在住者と下沈市場在住者とで比較しています。(ページ数|99p)


「人口が多いから売れるだろう」で中国越境ECを捉えてはいけない理由をBaidu Japanの國井氏に聞く

「人口が多いから売れるだろう」で中国越境ECを捉えてはいけない理由をBaidu Japanの國井氏に聞く

新型コロナの影響でインバウンド観光客が停止した今、「第3次越境ECブーム」とも言われ中国越境ECに取り組む日本企業が増えています。しかし、「中国現地のメーカーも商品のクオリティを上げたいま、生半可な気持ちで勝つことは難しい」とBaidu Japanの國井雅史さんは語ります。その理由はなぜでしょうか。同社と共に中国向けマーケティングのプロジェクトを行ってきたヴァリューズの中国人リサーチャー、姜茹楠が國井さんに取材しました。


中国の調査会社おすすめ5選 - 市場調査・信用調査のそれぞれのポイント

中国の調査会社おすすめ5選 - 市場調査・信用調査のそれぞれのポイント

中国の市場へビジネス展開を考える方に向けて、中国の調査を行える企業を紹介します。中国市場の調査、中国企業の信用調査の2つの観点から、最適なサービスを選択するポイントもお伝えしていきます。


最新の投稿


BTSのアーリーアダプターとマジョリティの違いを検索データで分析!NiziUとの比較も

BTSのアーリーアダプターとマジョリティの違いを検索データで分析!NiziUとの比較も

2020年の第63回グラミー賞の候補にノミネートされるなど、今や破竹の勢いで世界に進出する韓国発の7人組男性ヒップホップアイドルグループ「BTS」。本記事ではそんな「BTS」を検索するユーザーの変化を分析します。比較的初期から「BTS」ワードを検索していたアーリーアダプター層と、最近の世界的人気を受けて検索行動を行うマジョリティ層には、どのような違いがあるのでしょうか。


【3/9(火)】新しい食スタイルの最新動向と、具体的な対策方法・事例紹介 ~植物性食品のトレンド分析から~|ヴァリューズ×ベジプロジェクトジャパン共催ウェビナー

【3/9(火)】新しい食スタイルの最新動向と、具体的な対策方法・事例紹介 ~植物性食品のトレンド分析から~|ヴァリューズ×ベジプロジェクトジャパン共催ウェビナー

今回のセミナーでは、株式会社ヴァリューズのリサーチャーがWEBログデータ・アンケート調査結果のご紹介をしながら、大豆ミート・オートミールなど話題の植物性食品の市場・商品動向を分析、トレンドの背景にある消費者心理を読み解きます。


中国における美顔器の市場概況 ~ 2大人気日本ブランド「ヤーマン」「Dr.Arrivo」の施策を分析

中国における美顔器の市場概況 ~ 2大人気日本ブランド「ヤーマン」「Dr.Arrivo」の施策を分析

日本国内でも美容家電は注目度の高いカテゴリですが、中国においても「美顔器」の出荷台数は例年増加傾向にあり、市場規模は2020年では80億元(約1,280億円)近くの予測となっています。 中国における美顔器の市場概況と2大人気の日本ブランド「ヤーマン」「Dr.Arrivo」の施策を分析し、調査レポートにまとめました。(ページ数|27p)


ホスト以外でもできる?Zoomの画面共有方法の基本と応用

ホスト以外でもできる?Zoomの画面共有方法の基本と応用

Zoomには資料やブラウザを画面共有する機能があります。画面共有すれば、よりリアルなWeb会議やミーティングを行えます。Zoomの画面共有機能のやり方から画面共有ができない場合のトラブルシューティングまで解説します。


中国の次なる巨大マーケット「下沈(かしん)市場」在住者特徴を都市市場と比較調査。懐事情は都市市場とほぼ変わらぬ水準に

中国の次なる巨大マーケット「下沈(かしん)市場」在住者特徴を都市市場と比較調査。懐事情は都市市場とほぼ変わらぬ水準に

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国の都市市場および3級都市以下の都市及び農村である下沈(かしん)市場在住の男女600人を対象にアンケート調査を実施し、都市市場/下沈市場在住者それぞれの特徴と購買実態を比較分析しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング