「収納」検索者のキーワードを徹底調査! 悩みや関心を検索データから探る

「収納」検索者のキーワードを徹底調査! 悩みや関心を検索データから探る

新生活が始まる春。新生活に向けて引っ越しをしたり、部屋の模様替えをする機会も増える季節です。そこで、今回は分析ツール「Dockpit」を使って、「収納」検索ユーザーが持っている悩みや、どんなことに興味関心があるのかなどに着目して調査・分析をしてみました。


「収納」の検索者はどんな人?ユーザー属性を調査

まずは、「収納」と検索したユーザーが直近2年間でどの程度いるのかを見てみましょう。

検索ユーザー数は2019年も2020年も、1月から5月にかけての検索が他の季節と比較して多くなっています。やはり新生活が始まる前後で部屋づくりに関心を持ち、ネットで情報収集するユーザーが多いようです。

下記のグラフでは2020年の5月に330万ユーザーとピークになっていますが、これはコロナ禍で「おうち時間」が増えたことによる影響だと考えられます。

「収納」検索ユーザー数の推移
(分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2019年3月〜2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン)

次に、検索ユーザーの属性を見ていきます。


▼「収納」検索者の性別構成比

▼「収納」検索者の年代別構成比

▼「収納」検索者の未既婚構成比

性別比は男性33.6%女性66.4%と、女性の方が高い割合を占めていました。年代比は30代が最も高く、次いで40代、20代が高い結果となっています。

また、検索数としては既婚のユーザーが多くなっている(54.3%)ものの、ネット利用者全体の比率と比較すると未婚のユーザーの検索数も多い形になっています。子供がいる家庭や、一人暮らしの若年層の女性の検索が多いと推測できます。

収納に悩む人は何を検索している?

続いて、「収納」はほかにどのようなキーワードと合わせて検索されたのかを見ていきます。


▼「収納」検索ワードのユーザー数ランキング

▼「収納」検索の掛け合わせワードのユーザー数ランキング

検索ワード・掛け合わせワードともに

1.「ニトリ」「無印」「ダイソー」などのブランド
2.「キッチン」「クローゼット」などの収納を検討している場所

の2種類がユーザー数の上位にランクインしていました。

次に、掛け合わせワードのネットワーク図を見てみます。

このワードネットワークでは、掛け合わせ検索件数が多く、関連性が強いワードが線で繋がれています。特定のワードに興味のあるユーザーは付近のワードにも興味を持つ傾向が高いことを示しており、潜在的な興味関心を把握できる分析手法です。

全体として、「ニトリ 収納」のようにブランドと収納を検討している場所をかけ合わせて検索している様子が伺えます。「ブランド名×アイデア」「場所×アイデア」のような検索ワードからは、ブランドが公式に発信する情報だけでなく、インターネット上の発信者の活用例やアイデアにも関心を持っていると分かります。

また、関心ワードからは「収納」検索ユーザーの持つ悩みを伺えます。

「ベッド下」「冷蔵庫上」「カウンター下」といったワードからは、「活用しにくい場所をうまく収納に活かしたい」というニーズが伺えます。一方で、「見せる収納」というワードもランクインしていました。従来の隠すための収納だけでなく、あえて見せることでおしゃれさを演出したいと考える、最近のトレンドがわかります。

人気の流入ページの特徴は?

次に流入サイトをチェックします。上位5サイトは以下の通りでした。

「収納」検索後の流入サイトランキング

サイトの種類は大きく3つに分類できます。

・楽天やAmazon、Googleといった購買・検索プラットフォーム
・関連するブランドのサイト(ニトリ)
・Roomclipやfolkなどの情報収集のためのWEBメディアやSNS

情報収集のためのサイトという観点から、メディアのfolk・LIMIA、SNSのRoomclipの3つのサイトを比較すると次のようになっています。

folk・LIMIA、Roomclipの基本指標比較

folk・LIMIA、Roomclipの集客構造比較

3つのなかで最もユーザー数が多いのはRoomclipです。集客構造に注目すると自然検索数がとびぬけており、やはりSNSとしてのコンテンツの多さという強みがメディアの2サイトと比較して現れていると言えるでしょう。

また、3つのサイトの併用状況を示したものが下のベン図です。

併用ベン図の数値詳細

3サイトのうち2つ以上を併用するユーザーが全体の40%程度となっており、収納を始めとしてインテリアに関心があるユーザーの情報収集力の高さがわかります。

最後に、「収納」検索ユーザーが閲覧したページです。こちらは、流入ページのランキングです。

「収納」検索後の流入ページランキング

このように、ブランドの通販ページや、ユーザーが悩みを抱えている場所の収納に関する情報をまとめるメディアのページの閲覧数を伸ばした形になりました。

まとめ

新生活が始まる春の前後に検索数が増える「収納」ですが、検索ユーザーは①「ニトリ」や「無印」などのブランド、②「キッチン」「クローゼット」などの場所、の2つにこだわりや悩みを持ち検索していることが分かりました。

また、ブランドが公式に発信する情報だけでなく、インターネット上の発信者のアイデアも求め、メディアやSNSなどからも積極的に情報を収集しています。「見せる収納」のようなトレンドや、多くのユーザーが解決できていない場所の悩みをうまく取り入れて情報発信をすることで効果的な集客が期待できそうです。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2019年3月~2021年2月のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

dockpit 資料請求はこちら

この記事のライター

2022年の春から、新卒としてヴァリューズに入社。

関連する投稿


BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

2013年にデビューし、2019年頃から2021年にかけて日本国内のみならず世界中を席巻したBTS。 では、BTSに関心を持ち始めた人はどのようにして推し活をするようなコアファンとして定着していくのか?今回は、2019年の時点でBTS初心者と思われるユーザーを検索行動から類推し、その後3年間のWeb行動分析から、ファン定着のシナリオを推察します。


2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年も既に半分が経過しました。上半期も色々な出来事がありましたが、どのようなコトやモノ、人などが話題になったのでしょうか。検索数が急上昇したワードを振り返り、2022年上半期のトレンドを分析しました。


【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

3C分析とは、市場・顧客、自社、競合の3つの視点から対象を分析し、マーケティング戦略を考える手法の一つです。しかし、「具体的に分析をイメージできない」、「テンプレートで上手く進められない」方もいるかもしれません。 本記事では、3C分析の目的やメリット、具体的な事例集、テンプレートより簡単なやり方を解説します。とくにWebサイトの分析にお困りの方は、最後までお読みください。


【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女7,632人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自消費者パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して、消費者の旅行動向を分析しました。


【学びたい人へ】リサーチの基本〜応用まで網羅!リサーチャー・菅原大介さんの寄稿&取材記事まとめ

【学びたい人へ】リサーチの基本〜応用まで網羅!リサーチャー・菅原大介さんの寄稿&取材記事まとめ

本記事では、マナミナでこれまで公開してきたリサーチャーの菅原大介さんによる寄稿・取材記事を一覧にまとめました。業界別にリサーチで気をつける観点や、マーケティングアクションと併用するリサーチの枠組みなど、リサーチの手法や考え方を複数のテーマにわたって菅原さんが伝授。いずれも濃い内容となっていますので、本記事をブックマークなどして、じっくりとご自身の学びに役立ててみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら