KATEの「リップモンスター」は、なぜマスク着用下でバズったのか?

KATEの「リップモンスター」は、なぜマスク着用下でバズったのか?

新型コロナウィルスの影響でマスク着用が常態化してから、2年近くが経とうとしています。マスク生活でメイクの需要が減ったと言われていますが、他方で、今年の5月に発売したKATEの「リップモンスター」はSNSでバズり、一部の店頭やオンラインショップでは欠品が出るほど人気ぶりでした。コロナ禍でメイクアップ化粧品が売れなくなったと言われている中で、本当にメイクへのニーズは減少してしまったのでしょうか。今回はメイクアップへの興味関心がこの2年間でどのように変化したのか、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」を用いて検索データから調査しました。


KATE(ケイト)の「リップモンスター」とは?

まず、「リップモンスター」について、その商品特徴を下記にまとめます。
 
 ・カネボウメイクアップブランド「KATE(ケイト)」が2021年5月に発売した口紅。
 ・つけたての色がそのまま持続し、落ちにくい・高保湿を兼ね備えた高発色リップ。
 ・唇から蒸発する水分を活用して密着ジェル膜に変化し、独自技術(※)により長時間の色持ちを実現。
  ※カネボウ独自の色持ち技術
 ・店舗販売7色・Web限定4色で各1,540円(税込)

メイクアップブランド「KATE」の「リップモンスター」

「リップモンスター」は発売月に検索が急上昇

それでは、メイクアップ化粧品のニーズの変化について見てみましょう。

「リップモンスター」がバズった原因を探るため、まずは『リップ』または『口紅』(以下、「リップ/口紅」)と検索したユーザーの推移を見てみましょう。

直近2年間の検索ユーザー数推移を見てみると、1回目の緊急事態宣言が発令された2020年4月を境目にユーザー数が大きく減少していることがわかります。その後も落ち込んだ数値のまま現在に至っています。

繰り返し発令される緊急事態宣言により継続的に不要不急の外出自粛を要請されメイクをする機会が減ってしまったことや、マスク着用で口元が隠れてしまうこともありリップメイクへの関心も下がったことがうかがえます。

「リップ/口紅」の検索ユーザー数推移

「リップ/口紅」の検索ユーザー数推移

期間:2019年9月~2021年8月
デバイス:PCおよびスマートフォン

では、「リップモンスター」と検索しているユーザー推移はどうでしょうか。

発売月(2021年5月)と同時に検索数が急上昇しピークを迎え、その後下降はしているものの、引き続き注目されていることがわかります。

「リップモンスター」検索ユーザー数推移

「リップモンスター」検索ユーザー数推移

期間:2020年9月~2021年8月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「リップモンスター」の関心層は?

「リップモンスター」は30代が3割以上と最も多い

次は、「リップモンスター」と検索したユーザーの属性を見てみましょう。性別では女性が9割以上となっていました。

「リップモンスター」検索ユーザー属性:性別

「リップモンスター」検索ユーザー属性:性別

期間:2020年9月~2021年8月
デバイス:PCおよびスマートフォン

年代別では30代が3割以上と最も高く、次いで20代となっていました。20代と30代で6割以上を占めているという結果に。

「リップモンスター」検索ユーザー属性:年代別

「リップモンスター」検索ユーザー属性:年代別

期間:2020年9月~2021年8月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「リップ/口紅」は20代が3割弱と最も多い

「リップ/口紅」と検索したユーザーの年代別も見てみたところ、20代が3割弱と最も高く、次いで30代という結果でした。

「リップ/口紅」検索ユーザー属性:年代別

「リップ/口紅」検索ユーザー属性:年代別

期間:2019年9月~2021年8月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「リップモンスター」は30代、「リップ/口紅」は20代からの関心が高いようです。

マスク着用でリップメイクのニーズに変化

続いて、「リップ/口紅」と検索したユーザーの季節比較から、ニーズがどのように変化しているかを見てみましょう。

1回目の緊急事態宣言が発令された2020年4月までは『DHC』やコーセーの『Visee AVANT(ヴィセアヴァン)』などのブランド名検索が目立っていました。ブランド名以外には、『落ちない』ワードも検索されていますが、ボリュームとしては、そこまで大きくはありませんでした。

ただ、緊急事態宣言が発令された翌月の2020年5月以降は、マスク着用が常態化したこともあり『マスクにつかない 口紅』や『マスクにつかない リップ』、『マスク』ワードが目立っています。

緊急事態宣言以降、明確にユーザーの意識がかわり”マスク移りしない”ことにニーズが変化していることがうかがえました。逆に、マスク着用時も、リップメイクをしたいという気持ちが表れていることも読み取れました。

「リップ/口紅」検索ユーザーの季節比較

「リップ/口紅」検索ユーザーの季節比較

期間:2019年9月~2021年8月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「リップ/口紅」の20代・30代の検索ユーザーのニーズを知る

最後に、年代別でボリュームの多かった20代と30代に着目して見てみましょう。

コロナ前後で20代と30代の検索数が逆転

直近2年間のユーザー数推移を見てみると、新型コロナウィルスの感染が国内で初めて確認された2020年1月を起点に20代と30代が逆転していることがわかりました。

その後も、入れ替わることなく推移していることがわかります。

「リップ/口紅」の検索ユーザー数推移:20代女性・30代女性

「リップ/口紅」の検索ユーザー数推移:20代女性・30代女性

期間:2019年9月~2021年8月
デバイス:PCおよびスマートフォン

30代は検索ワードに変化が

検索数が半減してしまった2020年4月以降、「リップ/口紅」と検索した20代、30代のユーザーの興味関心はどう変化したのかも見てみましょう。

20代は『シャネル』や『MAC』などのブランド検索や『おすすめ』がランクインしています。この傾向は2020年3月以前とほぼ変化はありませんでした。

「リップ/口紅」検索ユーザーの掛け合わせワード:20代女性

「リップ/口紅」検索ユーザーの掛け合わせワード:20代女性

期間:2020年4月~2021年8月
デバイス:PCおよびスマートフォン

では、30代も見てみましょう。

20代同様、『シャネル』や『ディオール』などのブランド名が多く挙がっている中で、『マスク』ワードが「リップ/口紅」に次いでランクインしていました。

また、『落ちない』ワードもランクインしており、20代よりも”マスクにつかない・色移りしない”などのニーズがあることが読み取れました。

ちなみに、2020年3月以前は『ちふれ』や『オペラ』などのブランド名が上位を占め、『マスク』や『落ちない』は上位の顔ぶれには入っていませんでした。

「リップ/口紅」検索ユーザーの掛け合わせワード:30代女性

「リップ/口紅」検索ユーザーの掛け合わせワード:30代女性

期間:2020年4月~2021年8月
デバイス:PCおよびスマートフォン

30代は”マスクにつかない”リップを探している

『リップ/口紅』を検索したユーザーはどんなサイトに流入しているのでしょうか。20代、30代それぞれで見てみました。

まず、20代を見てみると、トップ10の内、9つがブランドサイトとなっていました。ブランドサイト以外では、コスメ・メイク・化粧品のクチコミ検索アプリ『LIPS』が唯一、5位にランクインしていました。

「リップ/口紅」検索ユーザーの流入サイト:20代女性

「リップ/口紅」検索ユーザーの流入サイト:20代女性

期間:2020年4月~2021年8月
デバイス:PCおよびスマートフォン

30代はランクインしているブランドサイトは5サイトとなっており、20代と比較すると半分と少なめでした。

それ以外は、『選び方』や『おすすめランキング』、『マスクにつかない』や『マスクをつけても落ちない』などコンテンツページがランクイン

30代の流入サイトは20代と異なっていることが特徴的でした。30代へのアプローチはこうしたメディアの活用が有効と言えそうです。

「リップ/口紅」検索ユーザーの流入サイト:30代女性

「リップ/口紅」検索ユーザーの流入サイト:30代女性

期間:2020年4月~2021年8
デバイス:PCおよびスマートフォン

まとめ

今回は、「リップモンスター」や「リップ/口紅」を検索したユーザーについて調査しました。

マスク生活で「リップ/口紅」の関心層全体としては、20代の割合が大きいですが、中でも「マスクにつかないリップ」のニーズが高いのは30代のようです。

“マスク移りしないリップ”が30代のニーズとマッチしたことが、「リップモンスター」がバズった要因の1つと言えそうです。

新型コロナの影響で苦戦するメイクアップ化粧品ですが、ユーザーのニーズを分析し、うまく取り入れることでヒット商品が生み出されることがわかりました。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、インターネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、2019年9月~2021年8月におけるユーザーの行動を分析しました。

Dockpitには無料で利用できる機能もありますので、ぜひお試しください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

2022年5月16日~5月22日の検索急上昇ワードでは、とんかつ専門店チェーン「かつや」が同月12日から月内限定で提供し、大好評を博している「大人様ランチ」や、来月30日より健康保険証登録がスタートする「マイナポイント第2弾」関連の検索が上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール、Dockpitの有料契約者限定で半年に1度開催される「Dockpitユーザー会」。4月18日に開催されたDockpitユーザー会では、日本ペットフード株式会社、株式会社Kaizen Platformの2社とDockpitの開発リーダーである山本、執行役員の子安を迎え、ツールの活用方法やDockpitに追加された新機能について紹介されました。マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。今回は新機能、今後の開発予定についてレポートします。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー