auの新ブランド「povo」サイトのユーザー数が急上昇!基本料0円の新プラン効果か|2021年9月急上昇サイト

auの新ブランド「povo」サイトのユーザー数が急上昇!基本料0円の新プラン効果か|2021年9月急上昇サイト

2021年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


2021年9月の急上昇サイトは?

こんにちは、マナミナ編集部です。まず早速、2021年9月の急上昇サイトランキングを見てみましょう。

2021年9月の前月比急上昇サイトランキング(対象はPC&スマートフォン、「Dockpit」トレンド分析より)

こちらは、Web行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」のトレンド分析機能を用いて、Webサイト訪問ユーザー数の前月比Top30をランキング表示したもの。この中から注目のサイトを紹介することで、市場のトレンドを紐解いていきます。

▼先月の急上昇サイトはこちらよりご覧ください。

ポップで分かりやすいと話題の新型コロナの説明書がTwitter流入でユーザー数急増

https://manamina.valuesccg.com/articles/1499

2021年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。

povo2.0やPostPrimeなど9月リリースのサービスが上位にランクイン!

それでは、1位〜30位にランクインしたなかで、トレンドとして注目のサイトをいくつかご紹介します。

1位:povo Lab

1位にランクインしたのは「povo Lab」の公式サイトでした。povo とはauのオンライン専用の新料金ブランド。大手のKDDIが提供していながら非常に安い料金設定が特徴的です。povo Labとはモバイルユーザーの声を反映したトッピングやサービス開発を推進する共創の場です。

急上昇の原因をコンテンツランキングから確認しましょう。

「povo Lab」のコンテンツランキング(「Dockpit」競合分析より)

圧倒的にUU数を稼いだ1位のページは、以下のようなpovo2.0に関するページでした。

povo2.0とは、auのオンライン専用ブランドpovoにおける基本料0円の新プラン。9月28日にリリースされ、基本無料としつつデータ容量を追加オプション形式にした新しい料金体系になっています。povo2.0のリリース月である9月は、その広報ページに多くの人が流入した模様です。

また、コンテンツランキング2位は「povo2.0デビューキャンペーン」のページでした。auは事前エントリーした特定のユーザーに最大20GBのデータをプレゼントするというpovo2.0のデビューキャンペーンも実施。このキャンペーンも集客効果が高そうです。

povo2.0はトッピングを主軸に据えているため、ユーザー各人のライフスタイルに合わせて利用できます。特に、最低利用料金を0円に設定したことで、安さを求める人々のニーズを突いたのではないでしょうか。

3位:PostPrime

3位は、9月にリリースされたばかりのSNSアプリ「PostPrime」の公式サイトでした。PostPrimeとは、クリエイターの質にこだわった新しいSNSプラットフォームです。一般的なSNSと同様に、テキストや音声・動画などのコンテンツを投稿できます。

PostPrimeではクリエイターのフォロワー数やインタレスト、エンゲージなどを総合的に評価する独自のバッジシステムを導入することで、クリエイターの質が公平に判断され、ユーザーは質の高い投稿を簡単に見つけることができます。また、クリエイターとユーザー間で直接課金できる仕組みを取り入れることで、質の高いコンテンツが集まる環境も整えています。

PostPrimeの開発者は投資家 Youtuber の高橋ダン氏。2021年9月の月間ユーザー数はDockpitによれば30万人を超えており、コロナ禍でSNSを使って副業するユーザーなどのニーズも高く、今後の成長が期待されます。

▼本記事のデータはWeb行動ログ調査ツールのDockpitを使用しています。詳細な機能を知りたい方はぜひ無料版を使ってみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら

7位:けあのわコミュニティ

7位は介護Q&Aコミュニティサイト「けあのわ」でした。運営元は、大人用おむつ「アテント」を展開する大王製紙。けあのわでは介護生活の中で生じた悩みや疑問を解決したり、介護の情報を共有したりできます。

どのようなページに注目が集まったのか、コンテンツランキングで確認しましょう。

「けあのわ」のコンテンツランキング(「Dockpit」競合分析より)

圧倒的にUU数を集めた1位のページは、以下のようなけあのわの1周年記念キャンペーンに関するページでした。川柳でエールを投稿した人の中から100名に豪華賞品がプレゼントされるというものです。簡単に参加できるキャンペーンをフックに、訪問者数を急増させたと考えられます。

在宅介護従事者が急増する中で、こうした本音の話し合いや情報交換ができる匿名のコミュニティへの需要がうかがえます。また、メーカー側はサイトが活性化することで、市場調査で掴めないニーズをコミュニティで発見でき、商品開発に活かすことができます。

近江八幡のふるさと納税や抗菌剤、「東京ゲームショウ2021」サイトも

8位:滋賀県近江八幡市ふるさと納税特設サイト

8位は「滋賀県近江八幡市ふるさと納税特設サイト」でした。近江八幡市は、高級ブランド和牛の近江牛や近江米などの謝礼品が人気です。

急上昇の原因を集客構造の推移から探っていきましょう。

2021年8月〜2021年9月の「滋賀県近江八幡市ふるさと納税特設サイト」の集客構造推移(「Dockpit」競合分析より)

9月に外部サイトからの流入が急増したことが分かります。さらに外部サイトの流入元内訳を確認すると、au WALLET(現au PAY)からの流入が大半を占めていました。

2021年9月の「滋賀県近江八幡市ふるさと納税特設サイト」の集客構造・外部サイトランキング (「Dockpit」画面より)

au PAYでは貯まったポイントでふるさと納税に寄付できます。季節に合わせて、サイト内に「返礼品特集」を掲載しており、そこが流入元になったと考えられます。近江牛や近江米などの特産品の魅力の高さから集客に成功したのではないでしょうか。

10位:エーザイ イータックシリーズ

10位は、日本の大手製薬会社エーザイの除菌抗菌剤「イータックシリーズ」の公式サイトでした。

サイトがどのように急上昇したのか集客構造から確認しましょう。

2021年9月の「イータックシリーズ」の集客構造(「Dockpit」競合分析より)

9月はディスプレイ広告による流入が大半を占めていました。新型コロナウイルス感染対策として家での除菌・抗菌が日常化しているなか、同社では「触るものにはイータック」というコピーでディスプレイ広告の出稿を行っていました。これが多くの人の関心を引きつけたのではないでしょうか。

19位:東京ゲームショウ2021

19位は、9月30日から10月3日まで開催された「東京ゲームショウ2021」の公式サイトでした。東京ゲームショウはコンピュータエンターテインメント協会(CESA)の主催によって年に一度開催されるコンピュータ・ゲーム関連の日本最大の展示会。アメリカのE3、ドイツのゲームズコムGamescomと並ぶ世界三大ゲーム見本市の一つで、出展企業数も多く知名度も高いです。

東京ゲームショウは、昨年に続きオンラインでの開催となり、オンライン展示会場に351の企業・団体が出展。会期中は、出展社による36番組と主催者による10番組を合わせた46の公式番組が配信され、VR会場も新設されました。オンラインの総視聴数は3,947万回、VR会場の来場者数は21万人以上となり、その規模の大きさが伺えます。

まとめ

最後に9月に急上昇したサイトと、その増加要因をまとめます。

1位の「povo Lab」と3位の「PostPrime」はどちらも9月にリリースされたサービスでした。「povo Lab」 では、auのオンライン専用ブランドpovoにおける基本料0円の新プラン「povo2.0」の広報ページやキャンペーンページによって訪問者数が急増。povo2.0は追加オプション形式の料金体系となっており、ユーザー各人のライフスタイルに合わせて利用できるため多くの人から注目を集めたのではないでしょうか。

一方で「PostPrime」は、YouTube登録者数50万人以上の高橋ダン氏が開発した新しいSNS。世界初のバッジシステム評価や、日本では珍しいユーザー間の直接課金システムを導入しており、機能面での注目度が高かったと考えられます。

コンテンツ力の高さからランクインしたサイトも目立ちました。8位の「滋賀県近江八幡市ふるさと納税特設サイト」はau Payからの流入でユーザー数が急増。au Payでは季節に合わせた「返礼品特集」を掲載しており、近江牛や近江米などの特産品の魅力の高さから集客に成功したと考えられます。また、19位の「東京ゲームショウ2021」は9月30日から10月3日まで開催された日本最大のコンピュータ・ゲーム関連の展示会。オンラインの開催でしたが、多くの人が配信番組を視聴していました。

本記事のデータはWeb行動ログ調査ツールのDockpitを使用しています。詳細な機能を知りたい方はぜひ無料版を使ってみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール、Dockpitの有料契約者限定で半年に1度開催される「Dockpitユーザー会」。4月18日に開催されたDockpitユーザー会では、日本ペットフード株式会社、株式会社Kaizen Platformの2社とDockpitの開発リーダーである山本、執行役員の子安を迎え、ツールの活用方法やDockpitに追加された新機能について紹介されました。マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。今回は新機能、今後の開発予定についてレポートします。


脱クルマ社会実現へ。いま最も注目されているスマートモビリティ「電動キックボード」の関心層について調査

脱クルマ社会実現へ。いま最も注目されているスマートモビリティ「電動キックボード」の関心層について調査

2022年4月19日、改正道交法が国会で成立し、規制緩和が徐々に進み身近になってきている電動キックボード。16歳以上であれば運転免許証不要・ヘルメット着用は努力義務となり「ほぼ自転車扱い」となります。中でも電動キックボードのシェアリングサービス「LUUP」が着々とユーザー数を伸ばしており、都心には高密度にポートが設置され、好きな場所で借りて返すことが可能になってきています。今回は、より身近になった電動キックボードについて、どんな点が注目を集めているのか、どのような人達が関心を持っているのかを調査・分析します。


最新の投稿


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

2022年5月16日~5月22日の検索急上昇ワードでは、とんかつ専門店チェーン「かつや」が同月12日から月内限定で提供し、大好評を博している「大人様ランチ」や、来月30日より健康保険証登録がスタートする「マイナポイント第2弾」関連の検索が上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー