オウンドメディアのCV率は何%?Dockpitで保険業界を事例に徹底分析

オウンドメディアのCV率は何%?Dockpitで保険業界を事例に徹底分析

オウンドメディアの立ち上げや運営に欠かせないのが目的の整理や目標数値などのKPI設計、そしてモニタリングです。KPIの中では、成果であるCV(コンバージョン)を正しく把握することが重要となってきます。今回はある生命保険会社のサイトを例にあげ、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を使ってUU数やCVR(コンバージョン率)について分析する手法をご紹介します。


ユーザー数、セッション数などサイトの集客力を把握

例となる生命保険会社をA社とします。このA社について掘り下げていきましょう。

まずは、「Dockpit」の「競合分析」機能を使って、直近2年間にA社のサイトにアクセスしたUU数を見てみます。

毎月、60万人前後のユーザーがサイトを訪れていることがわかりました。2021年1月には前月比1.5倍となっており、80万人以上がサイトを訪問していました。

A社のUU数推移

A社のUU数推移

期間:2020年2月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

続いて、セッション数も見てみましょう。

毎月、80万〜90万のセッション数があることがわかりました。UU数と同様に、2021年1月に増加しており、2021年10月にも伸長していました。

セッション数はサイトの集客力を測る重要な指標の1つでもあるので、UU数と併せてチェックしてユーザーの行動を把握しましょう。

これで、毎月サイトにはどの程度のUU数やセッション数があるかが把握できました。

A社のセッション数推移

A社のセッション数推移

期間:2020年2月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

オウンドメディアのCVRを調べる

では、次に成果(CV)となるページを決定し、どれくらいのCV数があるのかを見てみましょう。

今回は申込みページ入口のセッション数をCVとします(申込みページ入口に遷移するということは、契約可能性の高い見込み客であると考えられるためです)。

A社の申込みページは2021年6月からURLが変更になっているので、6月以降で見ていきます。
サイト全体のセッション数に対して、申込みページ入口への接触率を見たところ、0.4%~1.6%の間を推移していました。平均するとCVRは1.1%という結果でした。

2021年7月、8月と2022年1月は比較的CVRが高いことから、これらの月にどんな施策を打ったのかを見てみると、CVR向上の参考になるかもしれません。

A社のセッション数、申込みページ入口までの数、CVRの推移

A社のセッション数、申込みページ入口のセッション数、CVRの推移

期間:2021年6月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

次に、マイページ入口への接触率も見てみましょう。

こちらも、申込みページ入口と同様の理由で2021年6月以降で見てみます。
マイページへの接触率は3.9%~7.5%の間を推移しておりCVRに幅がありました。平均するとCVRは5.9%でした。

マイページは契約内容の確認、保険料の支払方法の変更や住所変更、受取人変更、減額、解約、追加契約の申込みなど様々な手続きが可能となっていますが、契約者であっても頻度高くログインするページでないことを考えると、比較的高いCVRだと考えられます。

A社のセッション数、マイページ入口のセッション数、CVRの推移

A社のセッション数、マイページ入口のセッション数、CVRの推移

期間:2021年6月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

人気コンテンツからユーザーニーズを探る

オウンドメディアのCVRを向上させるためには、“良質なコンテンツ”が必要不可欠となります。

A社のサイトではどんなコンテンツページが人気なのでしょうか。直近1年間で見てみましょう。

2位に大差をつけてトップになったコンテンツページは「保険料10秒見積」ページでした。次いで、「生命保険商品のご案内」、「サイトトップ」という結果になりました。

気軽に保険料をシュミレーションできる仕組みは魅力的で、“保険料がその場ですぐに試算できる”ことに需要があることがうかがえました。また、サイトのUIが保険料のシュミレーションに誘導するように設計されていることも影響していると思われます。

保険の解説ページやFAQなども上位にランクインしており、生命保険について深く調べていることがわかりました。5位にランクインしている『auの生命ほけん』は、auユーザー専用の保険料還付金付きの生命保険商品で、auユーザーにとっては特典がうけられることもあり人気のようです。

このように、コンテンツランキングからはユーザーがどんなことに興味関心を持っているのか、どんなニーズがあるかが読み取れます。

A社のコンテンツページランキングTOP10

A社のコンテンツページランキングTOP10

期間:2021年2月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

競合他社のCVRと比較する

最後に、他社サイトのCVRも見てみましょう。

自社のCVRが高いか、低いかを判断するには、競合他社も含めて比較することが適切と言えます。競合他社のCVRを参考に自社のCVR向上に役立てましょう。

他社はB社とします。
B社のセッション数は2021年9月から増加傾向にあり、2022年1月には100万セッションに到達する勢いで伸びていることがわかりました。また、CVRもセッション数の増加とともにUPしており、2022年1月には1%台まで到達しておりA社に迫る勢いで増加していることがわかりました。ちなみに、CVRは平均で0.7%でした。

B社のセッション数、申込みページ入口のセッション数、CVRの推移

B社のセッション数、申込みページ入口のセッション数、CVRの推移

期間:2021年6月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

セッション数やCVRが増加している要因や背景については「Dockpit」の競合分析機能の「集客構造」や「流入キーワード」などのメニューで調査可能です。


まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら

まとめ

オウンドメディアを運営するにあたり、CVRは重要な指標のひとつです。
そして、分析・改善まで行う「運用」も欠かせません。

関連する数値を他社と比較しながら分析し、CVRを改善し、効果的なオウンドメディアの運営を目指していくには、様々な角度から分析可能なマーケティングツールも不可欠となります。

Dockpitは3C分析が1つのツールで実現できます。まずは無料版をぜひお試しください。

Dockpit | ビッグデータ×マーケティングで事業の成長を支援|株式会社ヴァリューズ

https://www.valuesccg.com/dockpit/

Dockpit(ドックピット)は消費者のWeb行動ログデータをもとに、市場調査・ユーザー理解を実現します。直感的なダッシュボードで、誰でもカンタンに3C(自社・競合・市場)分析。短時間でデータドリブンなマーケティングを可能にします。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


Manga app case study: Number of users & demographics among growing manga apps

Manga app case study: Number of users & demographics among growing manga apps

A look into the number of manga app users over the two-year period starting September 2020 shows remarkable growth, perhaps due in part to the COVID-19 stay-at-home. Here, we examine "LINE Manga," "Piccoma," "Shonen Jump+ (Shueisha)," "Magapoke (Kodansha)" and "Manga One (Shogakukan)."


独自の競合サイト分析やキーワード分析ができる、Dockpitとは?~ Dockpitならではの機能やデータ特徴を解説

独自の競合サイト分析やキーワード分析ができる、Dockpitとは?~ Dockpitならではの機能やデータ特徴を解説

消費者ニーズが多様化する中、マーケティングの企画立案を進める上で、競合分析や消費者分析の重要性がより高まっています。Web行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」では、消費者Web行動データを活用し、Web上の消費者行動を起点とした競合サイト分析や消費者分析が可能です。今回はDockpitならではの利便性の高い機能や活用方法を解説します。


注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

「リスキリング」とは、2022年10月、臨時国会開会時の岸田首相による所信表明演説で国家的支援の発表がなされ、ニュース等でも一斉に取り上げられた「学び直し」を意味するワードです。ただ、働き方の変化に必要不可欠なスキル習得を急に迫られたところで、仕事を持ちながらキャリアアップのため新たな技術を習得するには、さまざまなハードルもあるのが現状ではないでしょうか。今回は、社会人でも手軽に「リスキリング」を始められるオンライン学習業界に注目。業界状況や利用する人々の属性などを調査分析しました。


「おせち」は選択肢が増えても大手の定番を購入する人が多い?下調べから決定までを調査

「おせち」は選択肢が増えても大手の定番を購入する人が多い?下調べから決定までを調査

食品業界のマーケターや新しいもの好きな人、ヘルスコンシャスな人に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「おせち」。9月に入ると百貨店やコンビニ各社がおせちの予約を開始することもあり、そのタイミングで「次のお正月はどうしよう?」と検索をする人が増える傾向にあります。近年ではキャラクターものやスイーツでできたもの、100円から変えるものなどバラエティ豊かで迷ってしまうことも。今回はそんな「おせち」について、行動ログデータで検証し、市場を調査します。


最新の投稿


Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年9月にGoogleが開催した「Search on 22」では、新しい検索体験の広がりを予感させる様々な機能が発表されました。一体何が変わり、マーケティングにはどのような影響があるのでしょうか。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがポイントや今後の対応について、解説していきます!


【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

2022年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

The automotive industry suffers from semiconductor shortage due to the pandemic and war in Ukraine. However, the industry is experiencing a major shift to EVs, globally. Japan, a major auto manufacturing market, is seeing changes in the industry’s digital. We explore websites of three major auto manufacturers.


サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

「ユーザーアンケート」はお客さまの生の声を収集できる貴重な機会。アンケートを通して得るユーザーの嗜好分析をもとに、企業はサービスの現状把握や改善へと繋げていけます。しかしマーケティング環境が進化し整備されていく中、「普段行っているデータ分析結果とアンケート結果の使い分けはしっかりできていますか?」。そう話すのは、リサーチャーの菅原大介さん。今回はユーザーアンケート全体のお話から、アプリを運営する企業にフォーカスしたユーザーアンケートにおける“オススメの活用法”について解説していただきました。


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら