オウンドメディアのCV率は何%?Dockpitで保険業界を事例に徹底分析

オウンドメディアのCV率は何%?Dockpitで保険業界を事例に徹底分析

オウンドメディアの立ち上げや運営に欠かせないのが目的の整理や目標数値などのKPI設計、そしてモニタリングです。KPIの中では、成果であるCV(コンバージョン)を正しく把握することが重要となってきます。今回はある生命保険会社のサイトを例にあげ、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を使ってUU数やCVR(コンバージョン率)について分析する手法をご紹介します。


ユーザー数、セッション数などサイトの集客力を把握

例となる生命保険会社をA社とします。このA社について掘り下げていきましょう。

まずは、「Dockpit」の「競合分析」機能を使って、直近2年間にA社のサイトにアクセスしたUU数を見てみます。

毎月、60万人前後のユーザーがサイトを訪れていることがわかりました。2021年1月には前月比1.5倍となっており、80万人以上がサイトを訪問していました。

A社のUU数推移

A社のUU数推移

期間:2020年2月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

続いて、セッション数も見てみましょう。

毎月、80万〜90万のセッション数があることがわかりました。UU数と同様に、2021年1月に増加しており、2021年10月にも伸長していました。

セッション数はサイトの集客力を測る重要な指標の1つでもあるので、UU数と併せてチェックしてユーザーの行動を把握しましょう。

これで、毎月サイトにはどの程度のUU数やセッション数があるかが把握できました。

A社のセッション数推移

A社のセッション数推移

期間:2020年2月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

オウンドメディアのCVRを調べる

では、次に成果(CV)となるページを決定し、どれくらいのCV数があるのかを見てみましょう。

今回は申込みページ入口のセッション数をCVとします(申込みページ入口に遷移するということは、契約可能性の高い見込み客であると考えられるためです)。

A社の申込みページは2021年6月からURLが変更になっているので、6月以降で見ていきます。
サイト全体のセッション数に対して、申込みページ入口への接触率を見たところ、0.4%~1.6%の間を推移していました。平均するとCVRは1.1%という結果でした。

2021年7月、8月と2022年1月は比較的CVRが高いことから、これらの月にどんな施策を打ったのかを見てみると、CVR向上の参考になるかもしれません。

A社のセッション数、申込みページ入口までの数、CVRの推移

A社のセッション数、申込みページ入口のセッション数、CVRの推移

期間:2021年6月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

次に、マイページ入口への接触率も見てみましょう。

こちらも、申込みページ入口と同様の理由で2021年6月以降で見てみます。
マイページへの接触率は3.9%~7.5%の間を推移しておりCVRに幅がありました。平均するとCVRは5.9%でした。

マイページは契約内容の確認、保険料の支払方法の変更や住所変更、受取人変更、減額、解約、追加契約の申込みなど様々な手続きが可能となっていますが、契約者であっても頻度高くログインするページでないことを考えると、比較的高いCVRだと考えられます。

A社のセッション数、マイページ入口のセッション数、CVRの推移

A社のセッション数、マイページ入口のセッション数、CVRの推移

期間:2021年6月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

人気コンテンツからユーザーニーズを探る

オウンドメディアのCVRを向上させるためには、“良質なコンテンツ”が必要不可欠となります。

A社のサイトではどんなコンテンツページが人気なのでしょうか。直近1年間で見てみましょう。

2位に大差をつけてトップになったコンテンツページは「保険料10秒見積」ページでした。次いで、「生命保険商品のご案内」、「サイトトップ」という結果になりました。

気軽に保険料をシュミレーションできる仕組みは魅力的で、“保険料がその場ですぐに試算できる”ことに需要があることがうかがえました。また、サイトのUIが保険料のシュミレーションに誘導するように設計されていることも影響していると思われます。

保険の解説ページやFAQなども上位にランクインしており、生命保険について深く調べていることがわかりました。5位にランクインしている『auの生命ほけん』は、auユーザー専用の保険料還付金付きの生命保険商品で、auユーザーにとっては特典がうけられることもあり人気のようです。

このように、コンテンツランキングからはユーザーがどんなことに興味関心を持っているのか、どんなニーズがあるかが読み取れます。

A社のコンテンツページランキングTOP10

A社のコンテンツページランキングTOP10

期間:2021年2月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

競合他社のCVRと比較する

最後に、他社サイトのCVRも見てみましょう。

自社のCVRが高いか、低いかを判断するには、競合他社も含めて比較することが適切と言えます。競合他社のCVRを参考に自社のCVR向上に役立てましょう。

他社はB社とします。
B社のセッション数は2021年9月から増加傾向にあり、2022年1月には100万セッションに到達する勢いで伸びていることがわかりました。また、CVRもセッション数の増加とともにUPしており、2022年1月には1%台まで到達しておりA社に迫る勢いで増加していることがわかりました。ちなみに、CVRは平均で0.7%でした。

B社のセッション数、申込みページ入口のセッション数、CVRの推移

B社のセッション数、申込みページ入口のセッション数、CVRの推移

期間:2021年6月~2022年1月
デバイス:PCおよびスマートフォン

セッション数やCVRが増加している要因や背景については「Dockpit」の競合分析機能の「集客構造」や「流入キーワード」などのメニューで調査可能です。


まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら

まとめ

オウンドメディアを運営するにあたり、CVRは重要な指標のひとつです。
そして、分析・改善まで行う「運用」も欠かせません。

関連する数値を他社と比較しながら分析し、CVRを改善し、効果的なオウンドメディアの運営を目指していくには、様々な角度から分析可能なマーケティングツールも不可欠となります。

Dockpitは3C分析が1つのツールで実現できます。まずは無料版をぜひお試しください。

Dockpit | ビッグデータ×マーケティングで事業の成長を支援|株式会社ヴァリューズ

https://www.valuesccg.com/dockpit/

Dockpit(ドックピット)は消費者のWeb行動ログデータをもとに、市場調査・ユーザー理解を実現します。直感的なダッシュボードで、誰でもカンタンに3C(自社・競合・市場)分析。短時間でデータドリブンなマーケティングを可能にします。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年も既に半分が経過しました。上半期も色々な出来事がありましたが、どのようなコトやモノ、人などが話題になったのでしょうか。検索数が急上昇したワードを振り返り、2022年上半期のトレンドを分析しました。


【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

3C分析とは、市場・顧客、自社、競合の3つの視点から対象を分析し、マーケティング戦略を考える手法の一つです。しかし、「具体的に分析をイメージできない」、「テンプレートで上手く進められない」方もいるかもしれません。 本記事では、3C分析の目的やメリット、具体的な事例集、テンプレートより簡単なやり方を解説します。とくにWebサイトの分析にお困りの方は、最後までお読みください。


【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女7,632人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自消費者パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して、消費者の旅行動向を分析しました。


仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、マーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5/26に開催しました。本セミナーの全体テーマは「Update Your Marketing」。これからの時代、生活者には新たな価値観や購買行動が生まれ、マーケティング戦略や施策はさらなるアップデートが求められます。本講演では電通のプランナーをお迎えし、「仮説のレベルを一段上げる Dockpit活用法」と題して、リアルな声をふまえたツール活用法をご紹介いただきました。


The personas of convenience store users from app data

The personas of convenience store users from app data

There are approximately 56,000 convenience stores nationwide in Japan. In this report, we will analyze the personas of app users of the three major convenience stores (7-Eleven, Lawson, and FamilyMart) using the newly added app analysis function of "Dockpit."


最新の投稿


Can Craft Cola Achieve the Popularity of Spiced Curry? Surprising Commonalities Revealed by Keyword Research

Can Craft Cola Achieve the Popularity of Spiced Curry? Surprising Commonalities Revealed by Keyword Research

We will analyze food trends while targeting marketers in the food industry or those interested in trends. Although seemingly unrelated, “craft cola” and “spiced curry” are both unique and playful "health-conscious" foods that "use spices." Here, we analyze the popularity of "craft cola" and "spiced curry."


【2022年8月29日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年8月29日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

競合サイト分析で自社サイトのアクセスを増やすには?ツールを使った分析手法が一般的になったSEOのほか、流入増の手段は一つではありません。広告出稿や顧客のペルソナの把握などの分野でも、ツールを使って競合サイトを分析することで、効率的に対策を立案することに役立ちます。Webサイトの流入構造の基本とツールを使った競合サイト分析手法についてまとめます。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら