40代~60代のアクティブ層が注目する<豪華列車の旅>

40代~60代のアクティブ層が注目する<豪華列車の旅>


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、今年話題を集めた「寝台列車」「豪華列車」「クルーズトレイン」について、動向を分析しました。

分析概要

ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、キーワード「寝台列車」「豪華列車」「クルーズトレイン」に注目し、その動向を分析した。
※サイト訪問者数や検索流入ユーザー数は、PCからのアクセスを集計。

考察サマリ

「豪華列車」「寝台列車」「クルーズトレイン」の関連検索は、1月・3月・5月に増加。

今年は豪華な寝台列車、クルーズトレインの運行開始が相次ぎ、話題を集めました。2017年5月に東京~北海道を走る「TRAIN SUITE四季島」(JR東日本)、6月に山陰・山陽を走る「トワイライトエクスプレス瑞風」(JR西日本)が、新たに運行開始となり、豪華な寝台列車へ注目が高まりました。また、7月には寝台列車ではないものの豪華な列車の旅が可能な、伊豆を走る「ザ・ロイヤル・エクスプレス」(東急電鉄・伊豆急行)も運行を開始しています。豪華な寝台列車は2013年より運行しており九州を走る「ななつ星」(JR九州)も合わせて、高額な旅行にもかかわらず、人気を集めているようです。

まず、2016年11月~2017年10月までの1年間で「寝台列車」、「豪華列車」、「クルーズトレイン」いずれかをタイトルに含むWebページへの検索流入ユーザー数を月別でみてみると、1月、3月、5月に検索流入が多いことがわかります。【図1】

【図1】「寝台列車」「豪華列車」「クルーズトレイン」関連ページへの検索流入ユーザー数推移

「寝台列車」の人気ワードは「サンライズ出雲」、「豪華列車」では「ななつ星」「四季島」「瑞風」

続いて、「寝台列車」「豪華列車」「クルーズトレイン」関連ページへの検索流入キーワードを、単語分割をしてみてみました。【図2】

【図2】「寝台列車」「豪華列車」「クルーズトレイン」関連ページへの検索流入ワードランキング

1位は、山陰エリア・四国エリアと東京を結ぶ寝台特急「サンライズ出雲」で、「寝台列車」というワードも2位にランクインしています。豪華列車では、具体的な列車名として「ななつ星」「四季島」「瑞風」などが挙がりました。

検索ユーザーは「寝台列車」関連は20代が多く、「豪華列車」「クルーズトレイン」関連は40代が多い

「寝台列車」と「豪華列車」「クルーズトレイン」、各関連ページへの検索流入ユーザーを年代別で比較してみると【図3】、「寝台列車」は、「サンライズ出雲」などお手頃の寝台列車の人気もあり20代が多いという結果でした。一方で、「豪華列車」は40代以上が70%以上を占めていました。
夜間に単に移動するという目的だけではなく、豪華な旅ができるクルーズトレインに関心が高いのは、40代~60才以上の年齢層であるということがわかりました。【図3】

【図3】検索ユーザーの年代構成(2016年11月~2017年10月)

「TRAIN SUITE四季島」、「トワイライトエクスプレス瑞風」、「ななつ星」、「ザ・ロイヤル・エクスプレス」の各公式サイトの訪問者年代は、40代、50代、60才以上の層が多い

次に、料金が10万円以上のクルーズトレインである「TRAIN SUITE四季島」(JR東日本)、「トワイライトエクスプレス瑞風」(JR西日本)、「ザ・ロイヤル・エクスプレス」(東急電鉄・伊豆急行)、「ななつ星」(JR九州)それぞれの公式サイトへの月別訪問者についてみてみました。【図4】

【図4】公式サイト月別訪問者数(2017年1月~10月)

また、各サイトの訪問者の年齢についてみたところ【図5】、40代~50代をメインに、60才以上、30代と続く結果となりました。

【図5】各公式サイト訪問者の年代構成(2017年1月~10月)

なお、各列車の最新のプランは下記となっています。(2017年11月13日時点、各公式サイト掲載情報より)

●「TRAIN SUITE四季島」上野~北海道1泊2日32万円~
●「ザ・ロイヤル・エクスプレス」横浜~下田1泊2日宿泊、観光、乗車付 13万5000円~
●「トワイライトエクスプレス瑞風」山陰山陽コース1泊2日25万円~
●「ななつ星」九州1泊2日31万5000円~

食事内容や立ち寄る観光、宿泊先なども豪華でこだわりがあるコースが多く、すでに来年の夏頃までの予約受付が終了しているものもあり、40代以上のこだわりアクティブ層の動向がうかがえます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


若者は海外旅行に積極的?最新の旅行需要を調査。航空会社大手、LCCの集客動向は

若者は海外旅行に積極的?最新の旅行需要を調査。航空会社大手、LCCの集客動向は

全国旅行支援や新型コロナウイルスの5類移行の影響もあり、徐々に人の移動が活発になってきました。今回は、昨今高まっている旅行需要に注目し、検索データを通じて旅行や観光への人々の関心を調査します。また、各航空会社の集客層の違いについても比較していきます。


若者層に広がるコンテンツの「考察」ブーム。検索データの分析からその思考に迫る

若者層に広がるコンテンツの「考察」ブーム。検索データの分析からその思考に迫る

ここ数年でよく耳にする、コンテンツへの「考察」。若年男女の間で特に人気になっています。対象となるコンテンツは幅広く、自分の意見を文章で表現できるメディアが「考察」の場として人気を集めています。「ネタバレ」「あらすじ」の検索者とは異なる「考察」人気の背景を、データから探ります!


What kind of people can only be reached through Instagram? And Twitter? Users “only” available from each major platform

What kind of people can only be reached through Instagram? And Twitter? Users “only” available from each major platform

Many think “most people use both X (formerly Twitter) and Instagram.” There are users who can only be reached through certain platforms. Using app activation data, we researched how many and what kind of users can be reached exclusively through each app and analyzed which users are most likely to purchase via ads, etc.


Instagramじゃないとアプローチできない人ってどんな人?Twitterの場合は?主要SNSの「のみ」ユーザーを調査

Instagramじゃないとアプローチできない人ってどんな人?Twitterの場合は?主要SNSの「のみ」ユーザーを調査

「X(旧Twitter)とInstagram、大体みんな両方使っているだろう」と何となく思っていませんか?狙いたいターゲットによっては、どちらかの媒体でしかアプローチできないユーザーが意外にも存在するかもしれません。今回はスマホアプリの起動データから、それぞれの「のみ」利用ユーザーがどれくらい存在し、彼らがどのような特徴をもった人々なのかを調査。広告が購買に繋がりやすいのはどちらの「のみ」ユーザー?など、施策を見据えて分析していきます。


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ